このページの目的

このページでは、LoLにおける戦術・役割の一つであるJungling・Junglerについて解説しています。
Junglingについて知りたい・Junglerをやりたいと考えている初心者・初級者向けのページですが、いくつかの専門用語(AD・Gankなど)については注釈なしで使用していますので、初心者向け/用語集などを参照してください。

Junglingの目的

Jungle(各レーンの中間地帯)を周り、中立クリープを狩って経験値とゴールドを獲得していく、それがJunglingです。
しかしJunglingを行う人(Jungler)に求められるのは単にジャングルを周ることだけではありません。
状況を見ながら各レーンをカバー(cover)し、敵を襲撃(gank)、相手Junglerの出方を見ての敵ジャングルへの侵入(counter jungle)、味方と協力してタワー破壊・ドラゴン、バロンの獲得……
Junglerに求められる能力とは、すなわちマップの各状況を見極めて戦況を有利に運ぶための手立てを行う、
いわゆるマップコントロールと呼ばれる把握能力です。
味方が不利な状況ならGankするか、あるいはすんなりCoverするか?
敵のJunglerの位置が把握できていればCounterを行うか、あるいはDragonを獲るか?
TowerやInhibitarを折るか、あるいはBaronを獲るか?……
Junglerには、常に状況状況を判断して素早く決断していくことが求められます
これを行うためには、LoLというゲームに対する知識、豊富な経験が必要になっていきます
(プロのチームにおいても、Junglerは年長者が務めることが多いようです)。
一方、ラストヒットの確実性、素早い操作能力は比較的求められないロールでもあります。

戦術

有志で作成した研究記事?※古い内容が多いので注意
小ネタ・小技/中立クリープ?

  • Gankを狙う時間とJunglingを集中して行う時間を決めてプレイする。
    • 青バフがある時はJungling、赤バフがある時はGank。Ultが使えるときにGank、CD中はJungling等メリハリをつける。
  • GankでKillをとれないと思っても、Healthやサモナースペル(特にFlash)を消耗させることが重要。
  • 中盤以降はDragon前にWardを置いて、タイミングを見計らい仲間と協力して狩る。
  • 両buff(5分)・Dragon(6分)・Baron(7分)の発生時間を把握しておく。DragonとBaronはZキーを押せばチャットログで把握可能(視界が取れているときのみ)余裕があれば敵Jungleのbuff時間も把握。
  • 相手のWardを予想して行動する。sweepinglensvisionwardで敵Wardを破壊。
    • 不用意にDragon前を通らない、川の近くの草むらにはWardがあることが多いので少し離れた場所から一気に走ってGankする等。
  • レーンのカバー中はLHだけを狙ってレーンをPushしないようにする。

準備

マスタリー

Runic Affinity Runic Affinity: Neutral BuffとDominionで得られるBuffの効果時間が20%(+30秒)増加。
Utilityツリー3列目
赤、青Buffの効果時間が延びる為Gankに行き易く、またJunglingの効率も上がります。
特に青Buffが重要となるChampionは振っておくといいでしょう。

Butcher Butcher: 中立Monsterと敵Minionに対して、通常攻撃と単体ダメージスキルによるダメージが2増加する。
Offenseツリー1列目
ボス格中立MinionのHealthは非常に高く、少しでもダメージの底上げしないとやってられません。

Tough Skin Tough Skin: 中立Monsterから受けるダメージが減少する。被ダメージ減少: 1/2。
Defenseツリー1列目
中立Minionから受けるダメージはある程度決まっているので、調整に役立ちます。
このマスタリーはあくまで中立Minionにのみ作用し、通常の敵Minionには働きません。

Bladed Armor Bladed Armor: 中立Monsterからダメージを受けると、攻撃者を出血状態にさせ、1秒毎に [目標の現在HPの1%] の物理ダメージを与える。
Defenseツリー2列目
Defenseに4ポイント投入&Tough Skin(Rank2)を取得しないと取得できません。HPに依存
Jungling効率がかなり上昇するため、Junglingに自信が無ければこのマスタリーを取得すれば確実です。
HPが多いDragonやBaron相手にも有効。

ルーン

ルーンはマスタリーと同じく重要です。一部のJunglerはルーンの有無がJunglingの成否に関わってくることもあります。
各レーンのそれぞれのチャンピオンと同様に、AD系ならAS・AD・ARpen、AP系ならAP・MRpen、TankならAR・Health等が推奨されます。
それぞれのチャンピオンによって事情がだいぶ異なるので、各チャンピオンの個別ページ、各種ビルドサイトを参考にしてください。

Greater Seal of Resilience Greater Seal of Resilience: +1.00 armor
ほぼ必須と思われるお薦めルーン。Armorを上げる事でダメージを大幅に低減します。1個205IPと非常に安価なのもポイント。

Greater Quintessence of SwiftnessGreater Quintessence of Swiftness +1.5& Movement Speed
Jungleのモンスターを倒すのには役立たないので優先順位は低いですが、Gank時の助けになるのでよく使用されます。
巡回速度もごく僅かに増加し、カウンタージャングル時でも有効。

*注意*
Wisdom(取得経験値上昇)のルーンはバグで効果を発揮しないケースがあります。購入は厳禁。きょt
効果を発揮していないのではなく敵を倒したときの表示に変化がないだけらしい?(どちらにせよこのルーンはあまり評判はよくない)

アイテム

各チャンピオンの個別ページ、各種ビルドサイトも参考に!

  • 初手アイテム huntersmacheteHunter's Machetehealthpotionx5
    • Season3のJungle調整により、上記のアイテム構成が殆どのChampionにおいてほぼ鉄板になりました。nunuwarwickなど序盤からJunglingが安定するChampionにおいては、healthpotionの数を減らしてsightwardvisionwardを持つこともあります。
    • TrinketはまずCounterやGank警戒のためにwardingtotemを持ち、途中でsweepinglensに持ち替えることが多いようです。
  • huntersmacheteの上位アイテム(Jungle専用アイテム)
    • wriggleslantern Wriggle's Lantern:AD・ASが上昇するDPS系Jungler御用達アイテム。3分ごとに無料のWardをおくことができます。敵Championキル/アシストまたは、中立Monsterの頭を倒す度にスタックが1増加し、30スタックでferalflareに変化します。スタックはhuntersmachetemadredsrazorsの状態から加算されます。スタックは変化後も増加し、通常攻撃にスタック数に応じた追加ダメージを付与します。またWardを置ける距離も大幅に延長されます。
    • spiritoftheancientgolem Spirit of the Ancient Golem:Health上昇にCD低減がついたTank向けアイテム。35%のTenacity(CC低減)も付きます。このアイテムを購入するときは、Tenacityの効果が被ってしまうともったいないので靴はmercurystreads以外がいいかもしれません。 Patch4.11でTenacityが無くなりました。 しかし他のItemでHealthを上げると、このItemから得られるHealthもあがっていくPassiveを持っており、UniquePassiveも合わせて強力なCC持ちのTank系JunglerにはJungling効率・安定度も大幅に上がり、なおかつ効率よく固くなることが出来るので非常に相性がいいです。 更にActiveでは3分ごとに無料のWardをおくことができるので、序盤に弱いChampionはCounterjungleを未然に防ぐことが出来、安心してJungleを周ることができます。
    • spiritoftheelderlizard Spirit of the Elder Lizard:AD増加にCD低減がついたAD系Jungler向けアイテム。通常攻撃と物理ダメージの付くスキルにTrueDamageが付与され、Jungle周回力が大いに高まります。
    • spiritofthespectralwraith Spirit of the Spectral Wraith:AP増加にCD低減がついたAP系Jungler向けアイテム。AP増加のスタックもあります。
  • bootsofspeedと上位アイテム
    • マップを動き回るJunglerにとって移動速度は非常に重要であるため、bootsofspeedと上位アイテムは早めに購入することが推奨されます。特にbootsofmobilityBoots of Mobilityは安価に移動速度が大幅に向上されるためお勧めです。

その他

サモナースペルは極力smiteSmiteを持って行くようにしましょう。
また、Buff持ちMinionやDragon/Baronを狩る際、Smiteで素早くトドメを刺すようにしていれば、敵のSmiteで横取りされることがありません。
Smiteのアイコンにカーソルを合わせればダメージが表示されます。Smiteのダメージと中立Minionの残Healthを確認しSmiteでトドメを刺せる範囲まで削ったら即座にSmiteを使いましょう。
スタートする際にleashしてもらう時間を短縮するために、できるだけbotlane寄りのbuffスタートをしましょう。

Junglerへの配慮

Leashする、開幕Gank(invade)を予防する為にJungleを見張る

  • Leashをする事によりJunglerが1週目では貴重なhealthpotionを節約できると共に回る時間が短縮されるので、その分早期Gank又はカウンタージャングルを可能とします。
  • 尚、小型ウルフ、小型レイスは経験値とGoldが非常に少なくJungler以外が倒してしまってもJunglingに影響は出ません(小型リザードとゴーレムは経験値が多いので倒さないように)。
  • 敵JunglerがSmiteなどでレイスやゴーレム等をこっそり奪いに来るケースもあるので、中立Minionが発生するまで自チームのJungleを見張るとJunglerのためになります。
  • 味方にShacoまたは赤/青Buffを特に重要とするChampionがいた場合、敵が5人で妨害(invade)に来る事があります。場合によっては集団戦も発生するので覚悟しましょう。

中立Minionの経験値は横取りしない

  • 味方Junglerがボス格Minionを狩っている場合、範囲400以内に近づかない様にしましょう。
    (但し、JunglerがLv6になったら特に気にしなくていいです。)
  • レーン戦における経験値を最優先と言う事で、レーンの味方と経験値を山分けするパターンもあります。

Wardを設置し、相手Junglerへの妨害(カウンタージャングル)及びGank、味方JunglerのGankを防ぐ

  • お互いのチームにJunglerがいる事は珍しい事ではありません。
    敵のJunglerを潰すのは重要です。
  • Wardの設置場所はここを参考に。更に詳しく知りたい場合はコチラ(英語)
  • 同時に、Jungler同士でぶつかったり、味方JunglerがGankされている場合は即座にフォローに向かいましょう。
    Junglerは赤、青Buffを所持してる事が多く、それを奪われる事は痛手になります。

Dragon狩りのフォローを行う

  • 中立MinionのDragonは、撃破ボーナスとしてチーム全体に190Goldが入ります。
    合計950Gのボーナスとなり、非常に有益です。
  • とはいえ、Dragon前には大抵sightwardが置いてあります。
    普通にDragonを狩りに行ったらGankされるのがオチでしょう。
  • Dragonを狩るベストのタイミングは、MidかBotレーンをGankして敵Championの数を減らした状態です。
    必ずしもkillを取る必要はなく、敵が1人でもRecallすれば十分チャンスです。
    MidのGankが成功し、Midの味方Championと共にDragonを狩れば、Botから敵が来てもBotの味方Championと共に挟み撃ちにできます。
    BotでGankが成功した場合も同様に、Midから来た敵Championを挟み撃ちにする事が出来ます。
  • Dragonを狩る際にsweepinglensvisionwardを置いて敵ワードを破壊しておけば更に確実。

ソロレーン潰しによるJungling妨害

  • Junglerがいる場合、基本的にTopがソロになります。
    TopがソロでBotが二人の理由は、Dragonのフォロー及びGankの為です。
  • TopかMidをGankして潰せれば、倒したChampionが復帰するまで敵のJunglerをレーンに引っ張り出す事が可能です。
  • 引っ張り出したJunglerも倒す事が出来ればBuffも奪える為、大幅に有利になるでしょう。

JunglingがオススメされやすいChampionの長所・短所

Jungleを周るだけならほぼ全てのChampionで周ることが可能ですが、各Championの能力によってJunglingの向き不向きがあります。
基本的にはCC・移動スキル・瞬間火力によるGank能力、回復・AoE・防御スキルによるJungle内でのクリープ処理能力、Jungler同士で鉢合わせた場合の1vs1能力が高いChampionが推奨されます。

初心者・初級者お勧めChampion

3150IP以下で購入でき、Creep処理が安定していて、操作が比較的容易、という基準で選定してみました。

Champion概要
amumu
Amumu
長所
・Champion Passive + W + Eによる素早く安定したJungling性能。
・QとUltによる非常に高いGank性能。
・そもそもレーンで弱い為、Jungleに行った方がいい。

短所
・序盤はAmumu単体は貧弱でGank・カウンタージャングルに弱い。特にLv1〜3ではChampion同士の戦いにおいて最弱クラス。
・序盤の青Buffの依存率が高い。
fiddlesticks
Fiddlesticks
長所
・HPを吸収するWによる非常に安定したJungling性能。
・Q + W + Ultによる非常に高いGank性能。
・同様にJungler同士の戦いで強い。
・青Buffがあれば低Lvでも単独でDragonを処理できる。

短所
・Wのチャネリングを簡単に止められるJungler相手だと、Jungler同士の戦いでは極端に不利になる。
・Ultを覚えるまではGank性能がやや低い。
・序盤の青Buffの依存率が非常に高い。
・Eのレベルが低いうちはCreep処理が遅い。
masteryi
Master Yi
長所
・Passive + Q + UltによるGank性能。
・運次第だがQの追加DMによりJungling効率がトップクラスになる可能性がある。

短所
・CCスキルを持たない為、赤BuffがないとGankしても逃げられ易い。
・Ultを覚えるまでは逃げ性能が低くGankに弱い。
nunu
Nunu
長所
・回復 + 大ダメージのQによる素早く安定したJungling性能およびSmiteを併用した全時間におけるカウンタージャングル性能。
・HP回復の為にBaseに戻る必要が殆ど無い。
・優秀なChampion Passiveにより青Buffの依存度が低い。

短所
・序盤からGankかカウンタージャングルを決めていかないと空気になりやすい。
pantheon
Pantheon
長所
・WとUltによる高いGank性能。
・Jungler同士の戦いで強い。
・レーン戦でも強く、相手の構成次第でレーン交換が容易い。

短所
・Rune等でASを強化しないと効率が悪い。
・逃げ性能が低くGankに弱い。
rammus
Rammus
長所
・Q + EによるトップクラスのGank性能。
・Passive + Wによる安定したJungling。
・そもそもレーンで弱い為、Jungleに行った方がいい。

短所
・低レベル時は1vs1性能やCreep処理能力が低めで、積極的に荒らしにくるJunglerに抗する術がない。
udyr
Udyr
長所
・W + R or Q による非常に安定したJungling性能。
・E + R or Q + EによるGank性能。
・Jungler同士の戦いで非常に強い。

短所
・序盤の青Buffの依存率が高い。
・CCに弱く、相手によってはGankが決まりづらい。
warwick
Warwick
長所
・Champion Passive + Q + Wによる極めて安定したJungling性能。
・Ult + Eによる非常に高いGank性能。
・Jungler同士の戦いで強い。

短所
・Eが機能しない状態では逃げ性能が低くGankに弱い。
・Ultを覚えるまではGank性能が低い。
・AoEスキルを持たないのでCreep処理が遅い。
xinzhao
Xin Zhao
長所
・E + W + QによるGank時の圧倒的攻撃力。
・Jungler同士の戦いで強い。

短所
・Rune等でASを強化しないと多少効率が悪い。
・逃げ性能が低くGankに弱い。
・効率よくjungleを周回するため・Gank時にフルコンになりがちでManaが枯渇しやすい

4800IP以上のオススメChampion

Champion概要
Hecarim
Hecarim
長所
・E + Ultによる非常に高いGank性能。
・Q + Wによる素早く安定したJungling性能。

短所
・Ultを覚えるまではCCに乏しくGank時は赤Buffの依存率が高くなる。
・序盤の青Buffの依存率が高い。
maokai
JarvanIV
長所
・E + Q + Ultによる高いGank力と逃げ性能。
・各スキルによる素早く安定したJungling。

短所
・序盤の青Buff依存率が高め。
Nautilus
Nautilus
長所
・Passive + Q + Eによる序盤からの高いGank力。Ult習得後は更に強化される。
・W + Eによるそこそこ安定したJungling。

短所
・カウンタージャングルに弱い。
・序盤の青Buff依存度が高め。
nocturne
Nocturne
長所
・Champion Passive + Qによる安定したJungling。
・Ult + Q + Eによる高いGank力。

短所
・Rune等でASを強化しないと多少効率が落ちる(QによりADが大幅に上がるのでARpenでも可)
・逃げ性能が低めでGankに弱い。
Sejuani
Sejuani
長所
・Q + Ultによる非常に高いGank性能。
・各スキルによる安定したJungling性能。

短所
・序盤の青Buffの依存度が若干高め。
・Healthを維持する手段がなく、Jungling速度を決めるWの威力を出すためにもRuneやMastaryをHealthに寄った調整をしておく必要がある
・序盤はやわらかく1:1も強くないのでカウンタージャングルに弱い
Vi
Vi
長所
・Q,Ultによる高いGank力。
・各種スキルによる安定したJungling。

短所
・Ultがない状態ではGank力が低め。'
・序盤の青Buffの依存率が高い。

3150IP以下だが癖の強いChampion

Champion概要
chogath
Cho'Gath
長所
・Champion Passiveによる回復と実質3種類のAoEによる素早く安定したJungling性能。
・Minionに1000ダメージを与えるUlt+Smiteによる強引なSteal。
・防衛の立場でなくなる分戦況次第ではレーンにいるよりUltスタックを素早く溜められる
・レーン戦でも強く、相手の構成次第でレーン交換が容易い。

''短所'
・Gank性能はQの精度次第であり、Qを当てられなければ話にならない。
・序盤の青Buffの依存率が高い。
drmundo
Dr.Mundo
長所
・各スキルによる非常に早いJungling及び高いカウンタージャングル性能。
・マナを持たないので青Buffの依存率が低い。

短所
・Gank性能はQの精度次第であり、Qを当てられなければ話にならない。
・Rune等でASを強化しないと効率が悪い。
・スキルは一定量のHPを消費するので、特に序盤はHealth管理を慎重に行う必要がある。
evelynn
Evelynn
長所
・Passive + Wによる非常に高いGank性能。ステルスにより敵Sight Wardに捕捉されない。
・Q + Eによる素早いJungling。
・Passiveでマナ回復できるため青Buffの依存率が低め。

短所
・CCに乏しいため相手によってはGankが決まりづらく育っていないと空気になりやすい。
jax
Jax
長所
・Q + EによるGank力。
・各スキルによる素早いJungling。

短所
・森の中では逃げ性能が低い。(Wardを持っていればWardにQで飛びつく事である程度補える)
・RuneとMasteryを整えていないと効率がだいぶ落ちる。
malphite
Malphite
長所
・QとUltによる非常に高いGank性能。
・Champion Passive + W + Eによる安定したJungling性能。

短所
・序盤の青buffの依存率が高い。
・ULTがない状態ではGank性能が低い。
nasus
Nasus
長所
・Passive + UltによりDragonとBaronの処理が極めて早く、尚且つ安定している。
・Passive + Q + Eによる安定した素早いJungling。
・W + EによるGank性能。
・Wの強力なCarry無力化を試合早期からBotレーンに持ち込む厄介さ。

短所
・レーンと比べるとQが育ちにくい。
・Slowは強力だがMeeleかつBlinkや加速スキルを持たないので接近にはGhostや工夫を必要とする。
olaf
Olaf
長所
・Champion Passive + Wと、Q足元連射によるトップクラスのJungling速度。

短所
・素早くJunglingするには瀕死になる必要があるためリスキー。逃げ性能も低め。
・Gank性能がとても低い。
shaco
Shaco
長所
・Q + EによるトップクラスのGank及び逃げ性能。
・W連続置きにより、Smiteを使わずに赤、青Buffを狩れる。
・各スキルによる高いカウンタージャングル性能。

短所
・Jungleの手順が有名で確実に妨害を受けるので、仲間の協力が必要不可欠。
・W連続置きの最中にGankを受けやすい。
・育っていないと空気になりやすい。
tryndamere
Tryndamere
長所
・E + W + Ultによる高いGank力と逃げ性能。
・Lv1から35%以上のクリティカル率を持ち、Lifestealと組み合わせることで高速かつ安定したJunglingを行える。
・マナを持たないので青Buffの依存率が低い。

短所
・RuneとMasteryを整えていないと効率がだいぶ落ちる。またクリティカル次第で効率が多少左右される。
・Furyの仕様上、Furyを十分に維持した状態でのGankは難しいのでGank時はクリティカルが特に不安定。

その他Junglerとしてよく見かけるChampion

Champion概要
Elise
Elise
長所
・各スキルによるJungling性能及びGank性能。

短所
・Gank性能はE(スタン)の精度に左右されやすい。
KhaZix
Kha'zix
長所
・Q + Wによる安定した素早いJungling。
・Passive + W + 進化EによるGank性能。

短所
・CCがスローのみ。
・Eを進化させるまで接敵や戦線離脱能力があまり高くない。
leesin
Lee Sin
長所
・Q + Eによる高いGank性能。Lv2即Gankも可能。
・各スキルによる素早く安定したJungling。
・マナを持たないので青Buffの依存率が低い。

短所
・操作難易度が高くQを当てれないと話にならない。
maokai
Maokai
長所
・W + Qによる高いGank力。
・Q + Eの連続置きによるそこそこ安定したJungling。
・長時間視界を確保するEによる視界確保及び敵Junglerの妨害。

短所
・序盤の青Buffへの依存度が非常に高く、無いと効率がガタ落ちする。
・逃げ性能が低く、Gankに弱い。
・開幕の連続置きの最中に妨害を受けやすい。
Rengar
Rengar
長所
・Ult + Eによる非常に高いGank性能。
・マナを持たないので青Buffの依存率が低く、優秀な自己Healにより多少のレベルと装備が揃うとほぼ無限にjunglingを行える。

短所
・Ultを覚えるまではGank性能が低め。
・スキルの回転が悪い序盤ほどHealth維持力が低くGankがリスキーでカウンタージャングルにも弱い。
・敵ユニットが密集していると狙った相手にEでCCをかけるのが非常に難しい。
Shyvana
Shyvana
長所
・各スキルによる非常に素早いJungling性能。
・マナを持たないので青Buffの依存率が低い。
・W + Ultによる高い逃げ性能。

短所
・CCスキルがUltのみであり、UltのCCも対して強くないためGankしても逃げられ易い。
skarner
Skarner
長所
・各スキルによる移動速度増加/3種類のCCを利用した非常に高いgank力。
・各スキルによる素早く安定したJungling。

短所
・JunglingにもGankにもスキルを連発するため青Buffの依存率が高い。
・Eのスローが当たらないとGankが決まりにくい。
trundle
Trundle
長所
・Champion Passive + Q + Wによる素早いJungling。
・W + Eによる高いGank及び逃げ性能。
・(DPSビルドなら)Dragonを一人で処理できるようになる時間が早い。
・カウンタージャングルの耐性が非常に高い。

短所
・Wのエフェクト(沼地)により位置を特定される可能性がある。
・AoEスキルを持たないので一周目のJunglingが遅い。
Volibear
Volibear
長所
・W + Eによる高速で安定したJungling。
・Q + EによるGank力。

短所
・Passiveによって粘り強さはあるが逃げ性能が若干低い。
・CCに弱く、相手によってはGankが決まりづらい。
wukong
Wukong
長所
・W + E + Q (+ Ult)による非常に高いGank力。
・各種スキルを利用した素早い中立Creep処理。

短所
・Rune等でADを強化しても序盤のCreep処理が辛く、Hard Leashが必要。
Zac
Zac
長所
・各スキルによる安定したJungling。
・E + Ultによる高いGank力。
・長射程のEによりWardを無視したGankが可能。
・マナを持たないので青Buffの依存率が低い。

短所
・Eを当てないと話にならない。
・瞬間火力が非常に低く味方に依存する。

中立Minionを狩る手順・Junglingスタート箇所

※※※要編集※※※

中立Minion一覧

以下、略称
エルダーリザード・・・赤Buff
エンシェントゴーレム・・・青Buff

各中立Minionの取得経験値はこちら

最近はHard Leashが基本となっており、最初に狩る赤/青BuffにSmiteを使わないことが大半となっています。
Season4では仕様変更によりSmiteのCD待ち時間が短縮されたため、再び赤/青BuffにSmiteを使うようになりました。
カウンターによる青/赤Buffのスティールが非常に活発となっているため、ウルフやレイス等を無視して真っ先にBuffを狩ってBuffを確保するのが基本となっています。

青Buffスタート

青Buff (Smite)  → 赤Buff道中のキャンプ → 赤Buff (トドメSmite) → Gank!

赤buffの道中のキャンプに行かないと赤buffを狩ってもレベル3にはならないので注意!
効率重視。しかし青BuffスタートはGankを受けやすくリスキーである事を忘れずに。
狩る優先度はBuff持ちMinion>雑魚です。雑魚の攻撃力は微々たるものなので、Buff持ちを先に狩ればその分ダメージを最低限に抑えられます。
また、Jungle効率があまり良くないChampionはLv30でマスタリー、ルーンを完備してギリギリで青Buffを狩れる状態なので注意。
この時点ではLv3なので、Lv4でのGankが重要なChampionはもう少し周回してLv4にする必要があります。

赤Buffスタート

赤Buff (Smite温存) → 青Buff道中のキャンプ → 青Buff (トドメSmite) → Gank!

青buffの道中のキャンプに行かないと青buffを狩ってもレベル3にはならないので注意!
こちらは青Buffを重要としないChampion向け。殆どのマナ無しJunglerは赤Buffスタートになります。
一周目の青Buffを味方Championに譲るケースも稀にありますが、経験値とGoldが厳しいので殆どの場合はJunglerが青Buffを取ります。

即Gankルート

赤Buff or 青Buff (トドメSmite or Smite温存) → Gank!

Lv2即Gank。Lv2(つまり2個のスキルだけ)で高いGank力を持つChampionが可能とするルートです。
v1.0.0.130でゴーレムの経験値が半減した分、赤BuffのみでLv2になる事が可能になった為、
Shaco以外のChampionでも赤BuffによるLv2即Gankが可能となりました。(但し、Leashを貰わないとそれなりに削られます)
仕様変更により赤Buff/青BuffどちらでもLv2即Gankが可能ですが、余ったBuffをスティールされ経験値を大幅に失うリスクも高いです。

即カウンタージャングルルート

赤Buff or 青Buff (Smite温存) → 敵Jungle侵入!

Lv2即カウンタージャングル。
基本的にこのSmiteは敵の赤/青Buffを狩る際に使用します。敵がAmumuやFiddlesticksなど、何処でスタート(この場合は大抵青Buff)するかわかっているのなら
それなりに動きやすいですが、そうでない場合は味方のCV等でサポートしてもらう必要があります。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照 <<過去ログはこちら>>

スポンサードリンク
  • Nunuに至ってはプロシーンでピックされることもあるくらい現役なんだけど・・・ -- 2014-09-20 (土) 11:07:19 <1908777895>
  • 全部書き直してもいいレベルで古い情報しか無いな -- 2014-09-27 (土) 20:03:39 <2022354598>
  • yiがbanされるのはyi強いと勘違いした味方にpickされたときほぼ確実にfeedするから、味方に使わせたくないだけ -- 2014-09-29 (月) 22:05:08 <998585828>
  • poppyの記述がねぇじゃねえか! -- 2014-10-04 (土) 20:27:13 <828466352>
  • 書き直しても良いと言うのに書き直さないのか(困惑) -- 2014-10-07 (火) 16:38:04 <2094262031>
  • Sionってどこに入るかな?3150IP以下だが癖の強いChampionかな -- 2014-11-16 (日) 11:40:54 <604148585>
  • 大幅に変わったなぁ -- 2014-11-22 (土) 07:37:05 New <1941030936>
  • 頑張って更新するしかないっしょ -- 2014-11-22 (土) 09:19:09 New <3158982889>
  • もしかしてrangeのdoragonのひきつけハメできなくなってる? -- 2014-11-22 (土) 10:03:08 New <978399790>
  • 一部のOPチャンポン除いて、Bot側ダブルゴーレムorカエル(leash,Smite)>Bot側Buff>ウルフ(Smite)>HomeでSmiteを紫強化>Top側ダブルゴーレムorカエル(Smite)>Top側Buffで安定する。 -- 2014-11-22 (土) 12:52:49 New <1869030199>
お名前:

コメント欄は投稿時の注意事項を守ってご利用ください。

階層があるコメントは「Shift」+「左クリック」で全コメントの表示・非表示を切り替えられ、「右クリック」で対象コメントの表示・非表示を切り替えられます。



スポンサードリンク