Ryze The Rogue Mage

ryze

Attack
■■
Defense
■■
Ability
■■■■■■■■■■
Difficulty
■■■■■■■
ロールMage, Fighter実装日2009/02/21
価格450 [ip]260 [rp]最終更新v5.9
ステータスLv.1...Lv.18
Health558862020
Mana342551277
Armor21.6372.6
M.Resist30
移動速度340
ステータスLv.1...Lv.18
HPreg5.30.5514.6
MNreg5122
攻撃力553106
攻撃速度0.6252.112%0.849
射程550
スキル名効果

ryze
Ryze
(Ranged)

Arcane Mastery

Passive: スキル使用時に12秒間、Arcane Masteryのスタックを得る。5スタック時に、Ryzeは3 (+Desperate Powerのランク)秒間ダメージを防ぐシールドが付与される。シールドを保持している間はスキルを使用する毎に、他スキルのクールダウンが「Overloadのクールダウン数値分」解消(最小0.25秒まで)される。

シールド量: (20 + 5 per level) + [最大MN × 8%]

Overload

Active: 指定方向に魔法弾を放ち、当たった敵ユニットに魔法DMを与える。ダメージは自身の最大MNによって増加する。

魔法DM: 65/90/115/140/165 (+0.55) + [最大MN × 2/2.5/3/3.5/4%] 弾速: 1400

消費MN: 30/35/40/45/50 CD: 4s Range: 900

Rune Prison

Active: 対象の敵ユニットに魔法DMとSnareを与える。ダメージは自身の最大MNによって増加する。

魔法DM: 65/95/125/155/185 (+0.4) + [最大MN × 2.5%]

Snare: 0.75/1/1.25/1.5/1.75s

消費MN: 60/70/80/90/100 CD: 14s Range: 600

Spell Flux

Active: オーブを放って対象に魔法ダメージと5秒間のMR低減効果を与える。 オーブは最大6つの対象にバウンドして再び元の対象へと戻る。ダメージは自身の最大MNによって増加する。

魔法DM: 50/66/82/98/114 (+0.3) + [最大MN × 2%]

戻ってきた時のダメージ:25/34/43/47/56 (+0.15) + [最大MN × 1%]

低下MR: 8/9/10/11/12%(最大3スタック)

消費MN: 60/70/80/90/100 CD: 7s Range: 600

Desperate Power

Passive: RyzeのスキルのCDが短縮される。また、Arcane Masteryのシールド効果時間がスキルランク分延びる。

CD低減: 10/20/30%

シールド効果時間: 4/5/6s

Active: 一定時間Spellvampと移動速度が増加し、更にスキルに50%のスプラッシュダメージ(範囲200)が付与される。

効果時間: 4/5/6s

増加Spellvamp: 15/20/25%

増加移動速度: 80

消費MN: 無し CD: 80/60/40s

Manaを上げるとスキルのダメージが上がる。
v5.9

目次

Champion Spotlight

無し

考察

本作の主人公(一応)
スキルがAPと共にManaでスケールされ、瞬間火力よりも持続的に火力を出すことを得意とする。

Pros
Passiveにより、スキルの回転率が良い
Defensiveなアイテムとの相性が良く、生存力を高めやすい
便利な対象指定Snare

Cons
スキルのベースダメージの伸びが悪く、序盤が苦しい
スキルの回転率が良いからと連射すると、すぐにマナが枯渇する(特に序盤)

スキル紹介

Ryze_Arcane Mastery.pngArcane Mastery
RyzeをDPS MageたらしめているPassive。Qの高回転率を受けて全スキル(Ultでさえも)のCDが著しく短くなる。
リメイクにより0.25sの最小CDが設定され、リメイク前みたいに物凄い勢いでスキルを連射する事は不可能になった。
RyzeOverload.pngOverload
メイン火力。Manaでスケールするため中盤ではそこらのnukeスキルよりも高火力になる。これをスパムしまくるのが基本。
Ryze_Rune Prison.pngRune Prison
地味だがQと同程度の火力が出るSnare。集団戦では2発と言わず3発は撃てる。
Ryze_Spell Flux.pngSpell Flux
リメイクによりMR低下がスタックするように。
周囲が自分と相手だけで互いに近くにいれば確実に連続ヒットするので、タイマン時にSnareから狙えば火力としても優秀。
また、Ult使用時はAoEが付与されるため敵集団に投げ込めば優秀な火力になる。
Ult時に自分に跳ね返った場合はAoEダメージは発生しない点には注意。
最大射程より自分に跳ね返る射程が短いため、相手と自分だけで跳ね返らせたい場合はかなり接近する必要がある。
(敵ユニットにはぽんぽん跳ね返るが、自分に跳ね返る範囲は範囲200ほどでありかなり狭い)
Ryze_Desperate Power.pngDesperate Power
Spell Vampにより粘り強くなり、また移動速度も上がる。劇的な効果はないがCDがとにかく早くMana消費もないため、Farmなどに気軽に使用できる。

勘違いされやすいが、Ult効果中のQとWはAoEスキルではなく、AoEが付いた単体スキル(BrandのEみたいなもの)扱いになる。
なので、Ultを使ってもSpell Vampの効果は落ちない(むしろAoE付与により上がる)。また、指定した対象に対してはrylaiscrystalscepterのスローも35%のままなので安心しよう。

ビルド例

    セリフ

    Upon Selection
    "Let's go, let's go!"
     行くぞ、さあ!

    Movement/Attacking
    "Can you handle this?"
     これがお前に扱えるか?
    "Come on already!"
     早く来い!
    "Don't hold me up"
     私を邪魔するなよ
    "Let's go let's go!"
     行くぞ、さあ!
    "Right back at ya!"
     すぐに帰ってくるさ!
    "Unpleasant? I'll show you Unpleasant!"
     不愉快か? 本当の不愉快さというものを思い知らせてやろう!
    "Zap!"

    Taunt
    "Take this scroll and stick it... somewhere safe."
     この巻物を貼りつければ……安全かもな。

    Joke
    "I got these tattoos in Rune Prison!"
     この入れ墨は"Rune Prison"で入れたんだ!

    小ネタ

    • Riotのお気に入りChampionの一人であり、League of Legendsの看板とも言えるChampion。
      特にシーズン1のPVにおいて主役級の活躍を果たしている事から主人公と呼ばれている。

    ストーリー

    There are many on Runeterra who are attracted to the study of magic or, in recent times, the emerging field of techmaturgy. For most, pursuit of such knowledge is formalized in a college or university. The halls of traditional study were never for Ryze, however, who felt a more raw and primal connection to the magic of Runeterra than those who tried to teach him. He struck out on his own as a young man to discover what already called to him. Ryze traveled the world, seeking the wisdom of powerful hermits, witches, and shamans - anyone who had something to share beyond what was taught in the city-states of Valoran. When he had learned all he could from these fonts of wisdom, Ryze turned to seek the lost, forgotten, and forbidden knowledge in the world, delving into mystical worlds where others feared to tread.

    Ryzeは伝統的な学び舎では満足できなかった。
    彼はRuneterraで学んだ魔術よりも、より根源に近い魔法の力と自らが繋がっていることを感じていた。
    若かった彼は、偉大な仙人や魔女、シャーマンの知識を求めて世界を旅した。
    それら全てを学んだ彼は、やがて世界から失われ、忘れられ、禁じられた知識を求めるようになった。

    Ryze's tireless searching for magical knowledge led him to an ancient form of spellcraft known as thorn magic. This art required Ryze to tattoo spells on his body, permanently infusing his being with vast arcane power and finally fulfilling his need to bond with the mystical energies of Runeterra. His travels also led him to uncover the giant indestructible scroll he now carries on his back - the purpose of the inscribed spell remains a secret only Ryze knows. He claims it is an abomination - something that he must safeguard from the world. This has piqued the curiosity of many, though no one is sure how to separate the scroll from Ryze, or if it is possible to overcome the rogue mage to do so. Since then, Ryze has joined the League of Legends to study the magical creatures and powerful will-workers that fight there, in order to complete his exploration of mystical Runeterra.

    このことは"Thorn Magic(棘の魔法-自らの苦を以って得られる魔法)"として知られる古の魔法の一形態へと彼を導いた。
    この魔法とは、彼の体に術式を入れ墨として彫ることでその計り知れない力を彼に与えるものだった。

    また、この旅で彼は巨大な不滅の巻物を背負うこととなった。
    そこに内包された呪文は彼の他に知る者はいない。
    (彼はそれを忌むべき禁断の法、世界に解き放ってはならないものだと言っている。)

    そして今日も、彼はRuneterraの神秘のすべてを探求するためLeague of Legendsに所属し、そこで戦っている魔法生物や、自らの意思の下に行動する強き人々(他のchamp達)のことを学んでいる。

    "Ryze is no longer just a mage - he has become a creature of magic itself." - High Councilor Heywan Relivash
     「もはやRyzeは単なる魔術師ではない。彼は魔、その物となったのだ。」 - 審議官の高官 Heywan Relivash

    Leagueによる審判

    展開する

    Candidate: Ryze
    Date: 24 September, 10 CLE

    志望者:Ryze
    日付: CL暦10年 9月24日

    OBSERVATION
    観察

    Ryze strides along the marbles halls; face deliberate, jaw set and determined. His eyes hold a sense of urgency and undeniable purpose that is mirrored in his gait. His simple traveler's clothes pose a stark contrast to the elaborate tattoos that snake their way across his wiry frame, marring every inch of his exposed flesh.

    Ryzeは大理石の広間を早足で歩いている。彼の表情は知性にあふれており、その口元は決心を示すかのように固く結ばれている。
    彼の両眼からは差し迫った様子と明白な決意が窺え、それは彼の足取りにも表れている。
    彼が纏っている質素な旅装束が彼の精巧な刺青を一層際立たせる。彼の屈強な身体を這い回るように彫られた刺青は、まるで彼の露出した肉体の片々を繋ぎ合わせているかのようだ。

    Slung over his powerful back hangs a scroll; precious cargo from how he cradles it. From the embossed spellbook in his grip to the lesser scraps of parchment at his side, nothing is borne with more reverence. He stops for a moment beneath an archway marked by a double door and an inscription: "The truest opponent lies within." The Rogue Mage extends a hand, parting the portal, before striding boldly inside.

    彼の力強い背中には一巻の巻物が掛けられている。彼の丁重な扱い方から察するに、どうやら貴重品のようだ。
    手に持っている浮彫模様の魔術書から脇腹に着けている羊皮紙の小片に至るまで、どれをとってもその巻物ほど敬意に満ちた扱いを受けてはいない。
    彼はアーチ道の下で一瞬立ち止まった。そこには両開きの門があり、"真の敵は内にあり"と銘が刻まれている。
    The Rogue Mageは手を伸ばし正面の扉を開くと、堂々と中へ入っていった。

    REFLECTION
    反応

    Ryze stood for a moment in the dark, calm but alert. He sniffed the air. There was something here... a tangible presence.

    少しの間、Ryzeは落ち着きながらも警戒して暗闇の中に立っていた。
    彼は辺りの匂いを嗅いだ。
    辺りには何か...実体を持つ何者かがいた。

    "A visitor?" called a voice from the black, "How strange. I loathe uninvited guests!"

    「誰?」暗闇から声が聞こえた。「どういうこと?勝手に入って来ないで!」

    Every muscle in his body tightened like a coiled spring. Out of the darkness strode a lithe, beautiful woman, dressed in a loose fitting dress. From neck to fingertips, she was covered in tattoos.

    彼の全身がまるでバネのように緊張した。暗闇からゆるやかなドレスに身を包んだ、しなやかで美しい女性が現れた。

    "Lilith?" he gasped, "How did you find me?"

    「Lilith?」彼は息を呑んだ。「どうやって私を見つけた?」

    She reached out a slender hand, lightly drawing her long nails down Ryze's bare chest.

    彼女はすらりとした手を伸ばし、長く伸びた爪先でRyzeの胸を軽く撫で下ろした。

    "Ryze," she purred, "You cannot hide from me." She drew in closer, catching him in her embrace. "I have a secret," she whispered, pulling herself close to his cheek. "I will never let you go!" she snarled, biting his earlobe suggestively. He shivered.

    「Ryze、」彼女は甘い声で彼の名前を呼んだ。「隠れても無駄よ。」
    彼女は近づき、彼を抱き締めた。
    「それは秘密。」彼女は顔を彼の頬に近づけて囁いた。
    「もう逃がさないわ!」語気を荒げたかと思うと、彼の耳たぶに思わせぶりな態度で甘噛みをした。
    彼は身震いした。

    The pinch in his ear became a sharp sting. He heard an impact and fell reeling to the ground, catching himself on pure, unmarked hands. He recognized them as his own, but that was impossible. He hadn't seen his bare flesh in years.

    突如、噛まれた彼の耳に鋭い痛みが走った。
    衝撃音が聞こえ、彼はよろめきながら地面に手をついて倒れたが、そこには刺青の無い純然たる手があった。
    彼はその手が自分のものだと理解したが、それはあり得ないことであった。
    彼が自身のありのままの身体を最後に見たのは、もう随分前のことであった。

    "Trespasser!" rasped Lilith's voice.

    「不法侵入よ!」Lilithの鋭い声が聞こえた。

    "Pardon, mistress," he started, climbing to his feet on the ramshackled porch of a lonely cabin, "I am weary and in search of shelter for the evening. The Howling Marsh is no place to be caught after dark."

    「御婦人、すみませんが」彼が話し始めた。彼はとある寂れた民家のガタガタになったポーチに立っていた。
    「実は今晩の宿を探しているのです。The Howling Marshではそのような所が見当たらなくて。もうくたくたなんです。」

    "I do not shelter insufferable wayfarers," she replied, folding her arms implacably. A slight breeze caught her wild hair.

    「私は横柄な旅の者を泊めるようなことはしないわ。」彼女は腕を組み、容赦無く答えた。
    微かな風が彼女の乱れた髪をなびかせた。

    Ryze sneered. "I am not to be trifled with..."

    Ryzeは鼻で笑った。「冗談でしょう?人をバカにするにも程がある...」

    She cut him off. "Trifled?!" she screeched, extending a finger. Energy crackled along the patterns on her arm, racing across the distance between them. First it was just the jolt. The breath rushed from his lungs and for a moment he blacked out. The next thing he knew he was lying on his back in the mud, gasping. His body tingled, and he shook from head to foot. Lilith stood over him, silhouetted in the setting sun, energy still coursing along the ink in her tattoos.

    彼女は話をさえぎった。「冗談!?」指を突き出しながら彼女は叫んだ。
    彼女の腕に刻まれた紋様を伝うようにエネルギーがあふれ出し、激しい音を立てて二人を挟んだ空間をほとばしった。
    強い衝撃が襲った。彼は激しい息切れを起こし、一瞬気を失った。
    次に彼が気づいたとき、彼は喘ぎながらぬかるみの中で仰向けになっていた。
    彼の身体は痛み、全身が痺れていた。
    Lilithは彼に跨って立ち、夕陽を背に黒く影を浮かべていた。エネルギーは未だに彼女の刺青のインクを駆け巡っていた。

    "You will learn respect, vagabond," she said, even voiced once again.

    「敬意を覚えなさい、浮浪者が」彼女はさらに同じ言葉を繰り返した。

    "Please, mistress," Ryze gasped, "spare my life."

    「お願いです、御婦人」Ryzeは息も絶え絶えの様子で言った。「どうか命だけは。」

    She knelt over him, leaning in just inches from his nose, her hair falling into his face. She dug her fingernails into the shirt over his chest, "Why, pretty thing? Why should I spare your life?"

    彼女は彼の上で膝を折り、彼の顔の間近の高さまで屈んだ。彼女の髪が彼の顔に垂れ下がる。
    彼女は指先で彼の上着の胸元をまさぐった。「どうして、坊や。私があなたを殺す訳無いでしょう?」

    He inhaled sharply through the pain in his chest, "Because I have been searching for you for my entire life," he stammered, "and it would break my heart to die, now."

    彼は胸に痛みを感じながら大きく息を吸い、とぎれとぎれに言った。
    「私は今までずっとあなたを捜し続けていたからです。」
    「そして今、ここで死ぬのは私にとって悲しいことです。」

    Lilith sat up slightly. She smiled. "How interesting," she replied. Ryze's strength failed him and he passed out.

    Lilithはゆっくりと上体を起こした。彼女は微笑んでいた。「面白いわね。」彼女は答えた。
    Ryzeは力尽き、意識を失った。

    He awoke lying face down on a plush mattress, arms and legs spread wide. He tried to move, but found himself bound tightly in place. Next to him on the pillow lay a series of razor sharp thorns and a font of violet liquid.

    彼が目覚めると、ベッドの上に大の字の状態でうつ伏せになっていた。
    彼は動こうとしたが、身体をきつく縛り付けられ固定されているのが分かった。
    彼の脇にある枕の上には、数本の鋭い棘と紫色の液体で満たされた器があった。

    "Awake so soon," Lilith muttered coyly, entering the room through a beaded curtain. She climbed onto the bed with him, straddling his lower back. "Tell me, wayfarer," she quipped, reaching for her implements, "what is it about me that is so fascinating?" She dipped a barb into the inkwell.

    「もう起きたの。」ビーズカーテン越しに部屋に入ってきたLilithがはにかみながら小声で言った。
    彼女は彼のベッドに乗り、彼の腰に馬乗りになった。
    「教えて、旅人さん」彼女は道具に手を伸ばしながら、からかうような口調で話した。
    「私のどういうところに魅力を感じたの?」
    彼女はインク壺に棘の先端を浸した。

    "I have studied magic since I was a boy," Ryze croaked into the pillow. He felt a twinge in the nape of his neck and he winced.

    「私は幼い頃から魔術を勉強してきたんです。」Ryzeはかすれた声で枕の方に話しかけた。
    彼はうなじに刺すような激痛を感じ、縮み上がった。

    "Don't squirm!" Lilith shouted, bring a hand down hard on his shoulder with an audible smack. Ryze gritted his teeth through the pain and continued. The burning sensation spread as she went about her bloody work.

    「動かないで!」Lilithは大声を上げた。強く振り降ろした腕が彼の肩を叩き、大きな音が鳴った。
    刺すような痛みが続き、その間Ryzeは歯を食いしばった。
    彼女がその血生臭い作業を進めるにつれて灼けるような感覚が拡がっていった。

    "Always, my masters taught me patience, to remain in control, to never surrender to my passions," she changed needles. He could feel blood and ink pooling in his open wounds. "They called me a liability; refused to finish training me," he went on, "You know another way."

    「いつでも、師匠たちが私に教えるのは堪えることばかりだった。制御を保つ方法、決して感情に身を任せないようにする方法」
    彼女が棘を持ち替えた。
    彼は血が流れ出し、開いた傷口にインクが溜まるのを感じとれた。
    「挙句彼らは私を足手まとい呼ばわりして,私を育て上げることを拒んだのです。」彼は続けた。
    「あなたは別の方法を知っているはずだ。」

    "Charlatans," Lilith spat, wiping the blood from his back with her dress. She bent low over him, her hot breath on his neck. She whispered, "but we know better, don't we. Magic is energy. All our enthusiasm; our rapture; our fury. They are conduits for our power." She licked her lips. "I can show you the way."

    「ペテン師の戯言ね」Lilithは吐き捨てるように言い、彼の背中から流れる血をドレスで拭った。
    彼女は彼に跨ったまま上体を低くし、熱い吐息が彼の首筋に触れた。
    彼女は囁きかけた。「でも私たちは理解しているでしょう。魔法は活力よ。熱意、歓喜、憤怒。それが私たちの力を導くもの。」
    彼女は舌なめずりをした。「あなたに見せてあげるわ。」

    She freed his limbs. "Now roll over," she snapped, another needle clutched lightly in her fingers, "I haven't finished."

    彼女は彼の四肢を解放した。「さあ、仰向けになって。」
    彼女は鋭い口調で命令すると、別の針を指で軽くつまんだ。「まだ終わってないの。」

    Ryze grudgingly obeyed, though his body throbbed with pain. Above him in the rafters hung an elaborate scroll on stretched parchment, larger than a tapestry. "What is that?" he asked, remembering himself.

    彼の身体には痛みが走っていたものの、Ryzeは仕方なくこれに従った。
    すると彼の真上の垂木に、タペストリーよりも大きな羊皮紙で丹念に作られた巻物が延びた状態で垂れかかっていた。
    「あれは何だ?」彼は正気を取り戻した。

    Lilith's face grew ashen. The room around him fell away to darkness. "You stole it from me!" she shrieked, arms flailing, tears streaming down her face, "How could you?! Betrayer! Betrayer!" She struck him a dozen times before he could restrain her.

    Lilithの顔が青ざめ、彼のいる部屋は闇に包まれた。
    「お前が盗んだ物よ!」彼女は鋭い声をあげた。両腕を振り回し、涙を流しながら。
    「どうして!?裏切り者!この裏切り者!」彼が抑えつけるまで、彼女は彼を何度も殴った。

    "I had no choice!" he cried, "You wouldn't listen! You would bring ruin on us all!"

    「仕方無かったんだ!」彼が叫んだ。「あなたは聞く耳を持たなかったじゃないか!皆を破滅させようとしたから!」

    Lilith scoffed. "Why do you want to join the League, Ryze?"

    Lilithは嘲笑を浮かべた。「なぜLeagueに入りたいと思ったの、Ryze?」

    Ryze released her and she pulled away. He adjusted the scroll on his back. "I must keep it safe."

    Ryzeは彼女を引き離し、巻物を背負った。
    「これを守らなくては。」

    She smiled. "How does it feel, exposing your mind?"

    彼女は微笑んだ。「あなたの心をさらけ出して、どう思った?」

    Ryze determined countenance returned. "I will do what I must," he replied.

    彼に決意の表情が戻った。「自分の義務を果たそうと思ったよ。」彼は答えた。

    He raised a hand to shield his face as the doors to the League of Legends swung open, and light came pouring in.

    彼は顔に手を翳した。League of Legendsへの扉が開き、光が差し込んだ。

    変更履歴

    • vX.XX:
      • XXXXXXXXXX
        XXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

    コメント

    最新の20件を表示しています。 コメントページを参照 

    • ムラマナバグだったとはいえこの勝率でnurfされてなにも上方修正ないのな -- 2015-05-14 (木) 12:05:09 <2127384704>
    • シールド保持している間はpassive発動だったか、今はEあげのほうがいいかな -- 2015-05-14 (木) 12:21:55 <1037254014>
    • こいつ今olafing状態…? -- 2015-05-14 (木) 17:17:13 <2127414804>
    • ところでこいつのサポ運用はどうなの?やったこと無いけど。 -- 2015-05-14 (木) 17:21:07 <1897951044>
    • 以前なら簡単にW回ったけど今は条件が厳しくなって難しいんでないか?以前もsup難しかったと思うけど -- 2015-05-14 (木) 18:33:25 <978399790>
    • Qでminionを倒したら最大Manaが増加するようにしようぜwww -- 2015-05-16 (土) 04:56:31 <985117750>
    • QのLHが平均100クリープとして1体につき1MNならQの威力が4上がるw。1体につき10,計1000マナくらいあがると設定するとQWE火力が[+85](杖効果で+25)でシールドが80増えるな。まぁVeigarさんがゆるさんだろうw -- 2015-05-16 (土) 06:16:16 <978399790>
    • こいつの装備どうすればいいんだろ、涙は確定として、まだROAでいいんかね? -- 2015-05-16 (土) 23:26:39 <1037254014>
    • APとManaとHP付いてるRoA入れない手はないんじゃね?その次に移動速度とミニオン処理のechoは欲しい。 -- 2015-05-17 (日) 12:30:51 <978399790>
      • さんくす、echoは考えてなかったな -- 2015-05-17 (日) 21:47:48 <1037254014>
      • ミニオン処理はecho積むころにはRつきE一発でミニオン沈むからあまり意味ない気が echo積むこと自体は悪くないと思うけど -- 2015-05-17 (日) 23:05:50 <3020589845>
    • RoA涙後はフルタンクだ。まず前衛にフルコン叩き込んでもう一度スタック溜まったらUlt使って突撃だ。勝率6割以上の俺が言うんだから間違いない -- 2015-05-18 (月) 10:59:39 <3540113027>
      • たんく -- 2015-05-18 (月) 16:33:23 <828909572>
      • タンクのほうが強いよな 自分もroaセラフMR靴zzrotroaGAで勝率60後半ウロウロしてる -- 2015-05-18 (月) 16:37:31 <828909572>
    • Wで捕まえてもMinion邪魔でQ入らないこと多いしQが敵を貫通するようにしよう -- 2015-05-17 (日) 21:46:17 <985534861>
    • 範囲攻撃になってむしろ強くなるのか。 いやUltのSVがAoE判定になって弱体化になるのか・・? -- 2015-05-17 (日) 21:53:38 <3022962709>
      • Ultのスプラッシュが大量に発生してもちろん強くなる -- 2015-05-18 (月) 10:57:47 <985534861>
    • veigみたいに2体まで貫通してもバチは当たらんよね 2体目に与えるダメージは初撃の75%でいいから頼むでRiot -- 2015-05-18 (月) 16:48:35 <985117750>
    • 一番のダメージ源のQが確定じゃなくなってほんと弱くなったよな -- 2015-05-18 (月) 01:52:11 <3750083864>
    • 上のほうで、サポートどうなの?って聞いた奴だけど、意外にありな気がしてきた。まあランク怖すぎてまだ行けないけど、ノーマルでは結構面白いぞこれ。 -- 2015-05-19 (火) 16:40:37 <1897951044>
    • SS、5靴、FQC、旗、アビセプあたりを積むのかね?  -- 2015-05-21 (木) 05:19:08 <2003438564>
      • サポ青、サイトストーン、5靴、涙(セラフ)、ROAくらいで大体試合が終わる。poke系サポートメイジ(karma、brand、annie)のような位置づけだから相手を潰してADCを守る感じですね。試合が長引くか育つようであれば、void、エコー、ミカエル、旗あたりから必要に応じてって感じ。上のほうでも書いてあるように、涙roaだけでもダメージは結構出せるので、サポートでもタイマンならADCを持っていけるポテンシャルはある。 -- 2015-05-21 (木) 10:36:21 <1897951044>
    • Qのレンジって650とか700ぐらい? -- 2015-05-21 (木) 06:27:21 <460979420>
    • え? -- 2015-05-21 (木) 07:28:17 <978399790>
    • wiki見てるくせにスキルの説明すら読まないのか・・・・ -- 2015-05-21 (木) 10:38:27 <1897951044>
    • 900のはずなのに短く感じる不思議  -- 2015-05-21 (木) 16:09:10 <985118856>
      • まあ、方向指定スキルは大抵1000越えてるのが多いからね。 -- 2015-05-21 (木) 16:52:10 <1897951044>
    • リワークしまくった結果主人公とは思えぬ勝率になった哀れなハゲ 450IP組の恥じさらし -- 2015-05-22 (金) 23:42:40 <1950670771>
    • 敵後衛を一瞬で消せる火力無いのにメインのQを指定じゃなくして、スキル回転も条件付にして下がらない理由がわからない。シールド消えたら回転とまるのにシールドくそしょぼいし5スタック必要とか、得たものと失ったものがつりあって無さすぎる -- 2015-05-24 (日) 05:27:31 <978399790>
    • 誰がやりたいんだよこんなチャンプ -- 2015-05-27 (水) 23:48:48 New <2100739757>
    • E上げでdianaボッコボコに出来たゾ -- 2015-05-24 (日) 18:02:49 <2011588200>
    • というか、コイツの場合セラフ+RoA複数+α(EchoとかVoid etc)とか普通にアリじゃね? -- 2015-05-26 (火) 02:33:30 New <1923948435>
    • topで普通に強い -- 2015-05-26 (火) 12:36:25 New <2037552583>
    • しかもbuffが来るという 手のひらひっくり返されないことを祈ってる -- 2015-05-28 (木) 15:44:25 New <2575481462>
      • 結構なbuff来るんだから使われるようになっても手のひら返しとは言えないだろ -- 2015-05-28 (木) 21:21:56 New <3710613104>
      • buffきたあとに手の平返すとか言ってる人に指摘してもたぶん理解できないよ手の平返しの意味を分かってるかさえ怪しい -- 2015-05-29 (金) 00:15:46 New <1917146921>
    • WのCDをスキルレベルで短くしよう。対象指定blinkやシールド付き方向dashが6秒の奴等もいるんだし対象指定snareが10秒になってもバチは当たらんだろ -- 2015-05-26 (火) 14:17:12 New <2581901744>
    • qにcsごとに最大MN+3くらいほしい どうせ対象指定はかえしてくれないだろうから代わりに -- 2015-05-27 (水) 14:48:52 New <828900999>
    • スキン強者のイメージあったけど、レガシーばっかで普通に買えるのは2つしか無いのかこいつ・・・ -- 2015-05-27 (水) 23:03:34 New <1981178056>
    • マスタリーも変更でRiotの青ハゲbuffが止まらない そろそろ輝きそう -- 2015-05-28 (木) 19:27:31 New <2943151576>
    • 彡⌒ミ -- 2015-05-28 (木) 19:33:28 New <3538760912>
    • (´・ω・`) また髪の話してる・・・ -- 2015-05-28 (木) 19:33:40 New <3538760912>
      • かつらズレてたで -- 2015-05-28 (木) 23:04:38 New <3069900810>
    • passiveの効果が一律6秒…かなり変わりそう -- 2015-05-28 (木) 20:33:03 New <2581861271>
    • マスタリーをユーティリティに振ればRoAセラフ積んでもマナ切れるとかいうことにはならなくなりそうだね つーかチャンプ性能も合わせて超buffじゃね?これはスゴイことになりそうですよ -- 2015-05-28 (木) 21:03:32 New <2110105992>
    • シールド消えてもCD解消は残るね -- 2015-05-28 (木) 22:45:02 New <2581861271>
    • 前から強かったのに手のひらクルー勢が猛威を振るいそう。Yasuoと同じパターン -- 2015-05-30 (土) 10:14:07 New! <3540113027>
    • 性能変更に伴う評価変更は掌返しとは言わないんだが…と思ったら、すぐ上にも同じ話題があってワロタ。どうやら本気で理解できないみたいだな。 -- 2015-05-30 (土) 11:03:11 New! <3029454564>
    • なんていうか、育てるのが楽なNasusって感じだな・・・ -- 2015-05-30 (土) 16:32:23 New! <1923948435>
    お名前:

    コメント欄は投稿時の注意事項を守ってご利用ください。

    階層があるコメントは「Shift」+「左クリック」で全コメントの表示・非表示を切り替えられ、「右クリック」で対象コメントの表示・非表示を切り替えられます。



    スポンサードリンク