Ryze The Rogue Mage

ryze

Attack
■■
Defense
■■
Difficulty
■■■
Magic
■■■■■■■■■■
ロールMage, Fighter
価格450 [ip]260 [rp]最終更新v4.3
ステータスLv.1...Lv.18
Health500861962
Mana305551240
Armor18.93.985.2
M.Resist30
移動速度340
ステータスLv.1...Lv.18
HPreg4.90.5514.25
MPreg7.60.616.5
攻撃力553106
攻撃速度0.6252.11%0.849
射程550
スキル名効果

ryze
Ryze
(Ranged)

Arcane Mastery

Passive: スキルを使用するとそれ以外のスキルのCDが1秒解消される。

Overload

Passive: RyzeのスキルのCDが短縮される。

CD低減: 2/4/6/8/10%

Active: 対象の敵ユニットに魔法DMを与える。ダメージは自身の最大MNによって増加する。

魔法DM: 40/60/80/100/120 (+0.4) + [最大MN × 6.5%]

消費MN: 60 CD: 3.5s Range: 625

Rune Prison

Active: 対象の敵ユニットに魔法DMとSnareを与える。ダメージは自身の最大MNによって増加する。

魔法DM: 60/95/130/165/200 (+0.6) + [最大MN × 4.5%]

Snare: 0.75/1/1.25/1.5/1.75s

消費MN: 60/70/80/90/100 CD: 14s Range: 600

Spell Flux

Active: 対象の敵ユニットに魔法弾を飛ばし当たった敵ユニットに魔法DMとMR低下(5s)を与える。魔法弾は近くの敵ユニット及びRyze自身に4回まで跳ね返る(最大5hit)。この跳ね返りは同一ユニットに何度も跳ね返り、またRyze自身から跳ね返った弾は敵Championを優先で狙う。ダメージは自身の最大MNによって増加する。

魔法DM: 50/70/90/110/130 (+0.35) + [最大MN × 1%] 跳ね返りの範囲: 400

低下MR: 12/15/18/21/24

消費MN: 60/70/80/90/100 CD: 14s Range: 600

Desperate Power

Active: 一定時間Spellvampと移動速度が増加する。更にスキルに50%のスプラッシュダメージ(範囲200)が付与される。

効果時間: 5/6/7s

増加Spellvamp: 15/20/25%

増加移動速度: 80

消費MN: 無し CD: 70/60/50s

Manaを上げるとスキルのダメージが上がる。
v4.3

目次

Champion Spotlight

なし

考察

本作の主人公(一応)
スキルがAPよりもManaでスケールされ、瞬間火力よりも持続的に火力を出すことを得意とする

Pros
QとPassiveによる全スキルの圧倒的な回転率
Defensiveなアイテムとの相性が良く、生存力を高めやすい
便利な対象指定Snare
対象指定スキルしか持っていないので、十分近づいて視界があれば確実に攻撃が当たる

Cons
スキルのベースダメージの伸びが悪く、またビルドによっては序盤が苦しい
対象指定スキルしか持っていない為茂み付近での戦いが苦手であり、またRangeに劣る相手に対応しにくい

スキル紹介

Arcane Mastery.pngArcane Mastery
RyzeをDPS MageたらしめているPassive。Qの高回転率を受けて全スキル(Ultでさえも)のCDが著しく短くなる。
Overload.pngOverload
メイン火力。Manaでスケールするため中盤ではそこらのnukeスキルよりも高火力になる。これをスパムしまくるのが基本。

CD低減はこのスキル自体にも有効なので、実際のCDは3.43/3.34/3.29/3.22/3.15s。
アイテムやマスタリーなどのCD低減と同じ扱いなので上限(40%)に達しやすくなる。CD低減を稼ぐ場合は無駄にならないようにしよう。
Rune Prison.pngRune Prison
Qと同程度の火力が出るSnare。集団戦では2発と言わず3発は撃てる。
Spell Flux.pngSpell Flux
MR低下はスタックしない。
周囲が自分と相手だけで互いに近くにいれば確実に3ヒットするので、タイマン時にSnareから狙えば火力としても優秀。また、Ult使用時はAoEが付与されるため敵集団に投げ込めば優秀な火力になる。
Ult時に自分に跳ね返った場合はAoEダメージは発生しない点には注意。
また、最大射程より自分に跳ね返る射程が短いため、相手と自分だけで跳ね返らせたい場合はかなり接近する必要がある。(敵ユニットにはぽんぽん跳ね返るが、自分に跳ね返る範囲は範囲200ほどでありかなり狭い)
Desperate Power.pngDesperate Power
SpellVampにより粘り強くなり、また移動速度も上がる。劇的な効果はないがCDがとにかく早くMana消費もないため、Farmなどに気軽に使用できる。

勘違いされやすいが、Ult効果中のQとWはAoEスキルではなく、AoEが付いた単体スキル(BrandのEみたいなもの)扱いになる。
なので、Ultを使ってもSpell vampの効果は落ちない(むしろAoE付与により上がる)。また、指定した対象に対してはRylai's Crystal Scepterのスローも35%のままなので安心しよう。

ビルド例

セリフ

Upon Selection
"Let's go, let's go!"
 行くぞ、さあ!

Movement/Attacking
"Can you handle this?"
 これがお前に扱えるか?
"Come on already!"
 早く来い!
"Don't hold me up"
 私を邪魔するなよ
"Let's go let's go!"
 行くぞ、さあ!
"Right back at ya!"
 すぐに帰ってくるさ!
"Unpleasant? I'll show you Unpleasant!"
 不愉快か? 本当の不愉快さというものを思い知らせてやろう!
"Zap!"

Taunt
"Take this scroll and stick it... somewhere safe."
 この巻物を貼りつければ……安全かもな。

Joke
"I got these tattoos in Rune Prison!"
 この入れ墨は"Rune Prison"で入れたんだ!

小ネタ

  • Riotのお気に入りChampionの一人であり、League of Legendsの看板とも言えるChampion。
    特にシーズン1のPVにおいて主役級の活躍を果たしている事から主人公と呼ばれている。

ストーリー

There are many on Runeterra who are attracted to the study of magic or, in recent times, the emerging field of techmaturgy. For most, pursuit of such knowledge is formalized in a college or university. The halls of traditional study were never for Ryze, however, who felt a more raw and primal connection to the magic of Runeterra than those who tried to teach him. He struck out on his own as a young man to discover what already called to him. Ryze traveled the world, seeking the wisdom of powerful hermits, witches, and shamans - anyone who had something to share beyond what was taught in the city-states of Valoran. When he had learned all he could from these fonts of wisdom, Ryze turned to seek the lost, forgotten, and forbidden knowledge in the world, delving into mystical worlds where others feared to tread.

Ryzeは伝統的な学び舎では満足できなかった。
彼はRuneterraで学んだ魔術よりも、より根源に近い魔法の力と自らが繋がっていることを感じていた。
若かった彼は、偉大な仙人や魔女、シャーマンの知識を求めて世界を旅した。
それら全てを学んだ彼は、やがて世界から失われ、忘れられ、禁じられた知識を求めるようになった。

Ryze's tireless searching for magical knowledge led him to an ancient form of spellcraft known as thorn magic. This art required Ryze to tattoo spells on his body, permanently infusing his being with vast arcane power and finally fulfilling his need to bond with the mystical energies of Runeterra. His travels also led him to uncover the giant indestructible scroll he now carries on his back - the purpose of the inscribed spell remains a secret only Ryze knows. He claims it is an abomination - something that he must safeguard from the world. This has piqued the curiosity of many, though no one is sure how to separate the scroll from Ryze, or if it is possible to overcome the rogue mage to do so. Since then, Ryze has joined the League of Legends to study the magical creatures and powerful will-workers that fight there, in order to complete his exploration of mystical Runeterra.

このことは"Thorn Magic(棘の魔法-自らの苦を以って得られる魔法)"として知られる古の魔法の一形態へと彼を導いた。
この魔法とは、彼の体に術式を入れ墨として彫ることでその計り知れない力を彼に与えるものだった。

また、この旅で彼は巨大な不滅の巻物を背負うこととなった。
そこに内包された呪文は彼の他に知る者はいない。
(彼はそれを忌むべき禁断の法、世界に解き放ってはならないものだと言っている。)

そして今日も、彼はRuneterraの神秘のすべてを探求するためLeague of Legendsに所属し、そこで戦っている魔法生物や、自らの意思の下に行動する強き人々(他のchamp達)のことを学んでいる。

"Ryze is no longer just a mage - he has become a creature of magic itself." - High Councilor Heywan Relivash
 「もはやRyzeは単なる魔術師ではない。彼は魔、その物となったのだ。」 - 審議官の高官 Heywan Relivash

Leagueによる審判

展開する

Candidate: Ryze
Date: 24 September, 10 CLE

志望者:Ryze
日付: CL暦10年 9月24日

OBSERVATION
観察

Ryze strides along the marbles halls; face deliberate, jaw set and determined. His eyes hold a sense of urgency and undeniable purpose that is mirrored in his gait. His simple traveler's clothes pose a stark contrast to the elaborate tattoos that snake their way across his wiry frame, marring every inch of his exposed flesh.

Ryzeは大理石の広間を早足で歩いている。彼の表情は知性にあふれており、その口元は決心を示すかのように固く結ばれている。
彼の両眼からは差し迫った様子と明白な決意が窺え、それは彼の足取りにも表れている。
彼が纏っている質素な旅装束が彼の精巧な刺青を一層際立たせる。彼の屈強な身体を這い回るように彫られた刺青は、まるで彼の露出した肉体の片々を繋ぎ合わせているかのようだ。

Slung over his powerful back hangs a scroll; precious cargo from how he cradles it. From the embossed spellbook in his grip to the lesser scraps of parchment at his side, nothing is borne with more reverence. He stops for a moment beneath an archway marked by a double door and an inscription: "The truest opponent lies within." The Rogue Mage extends a hand, parting the portal, before striding boldly inside.

彼の力強い背中には一巻の巻物が掛けられている。彼の丁重な扱い方から察するに、どうやら貴重品のようだ。
手に持っている浮彫模様の魔術書から脇腹に着けている羊皮紙の小片に至るまで、どれをとってもその巻物ほど敬意に満ちた扱いを受けてはいない。
彼はアーチ道の下で一瞬立ち止まった。そこには両開きの門があり、"真の敵は内にあり"と銘が刻まれている。
The Rogue Mageは手を伸ばし正面の扉を開くと、堂々と中へ入っていった。

REFLECTION
反応

Ryze stood for a moment in the dark, calm but alert. He sniffed the air. There was something here... a tangible presence.

少しの間、Ryzeは落ち着きながらも警戒して暗闇の中に立っていた。
彼は辺りの匂いを嗅いだ。
辺りには何か...実体を持つ何者かがいた。

"A visitor?" called a voice from the black, "How strange. I loathe uninvited guests!"

「誰?」暗闇から声が聞こえた。「どういうこと?勝手に入って来ないで!」

Every muscle in his body tightened like a coiled spring. Out of the darkness strode a lithe, beautiful woman, dressed in a loose fitting dress. From neck to fingertips, she was covered in tattoos.

彼の全身がまるでバネのように緊張した。暗闇からゆるやかなドレスに身を包んだ、しなやかで美しい女性が現れた。

"Lilith?" he gasped, "How did you find me?"

「Lilith?」彼は息を呑んだ。「どうやって私を見つけた?」

She reached out a slender hand, lightly drawing her long nails down Ryze's bare chest.

彼女はすらりとした手を伸ばし、長く伸びた爪先でRyzeの胸を軽く撫で下ろした。

"Ryze," she purred, "You cannot hide from me." She drew in closer, catching him in her embrace. "I have a secret," she whispered, pulling herself close to his cheek. "I will never let you go!" she snarled, biting his earlobe suggestively. He shivered.

「Ryze、」彼女は甘い声で彼の名前を呼んだ。「隠れても無駄よ。」
彼女は近づき、彼を抱き締めた。
「それは秘密。」彼女は顔を彼の頬に近づけて囁いた。
「もう逃がさないわ!」語気を荒げたかと思うと、彼の耳たぶに思わせぶりな態度で甘噛みをした。
彼は身震いした。

The pinch in his ear became a sharp sting. He heard an impact and fell reeling to the ground, catching himself on pure, unmarked hands. He recognized them as his own, but that was impossible. He hadn't seen his bare flesh in years.

突如、噛まれた彼の耳に鋭い痛みが走った。
衝撃音が聞こえ、彼はよろめきながら地面に手をついて倒れたが、そこには刺青の無い純然たる手があった。
彼はその手が自分のものだと理解したが、それはあり得ないことであった。
彼が自身のありのままの身体を最後に見たのは、もう随分前のことであった。

"Trespasser!" rasped Lilith's voice.

「不法侵入よ!」Lilithの鋭い声が聞こえた。

"Pardon, mistress," he started, climbing to his feet on the ramshackled porch of a lonely cabin, "I am weary and in search of shelter for the evening. The Howling Marsh is no place to be caught after dark."

「御婦人、すみませんが」彼が話し始めた。彼はとある寂れた民家のガタガタになったポーチに立っていた。
「実は今晩の宿を探しているのです。The Howling Marshではそのような所が見当たらなくて。もうくたくたなんです。」

"I do not shelter insufferable wayfarers," she replied, folding her arms implacably. A slight breeze caught her wild hair.

「私は横柄な旅の者を泊めるようなことはしないわ。」彼女は腕を組み、容赦無く答えた。
微かな風が彼女の乱れた髪をなびかせた。

Ryze sneered. "I am not to be trifled with..."

Ryzeは鼻で笑った。「冗談でしょう?人をバカにするにも程がある...」

She cut him off. "Trifled?!" she screeched, extending a finger. Energy crackled along the patterns on her arm, racing across the distance between them. First it was just the jolt. The breath rushed from his lungs and for a moment he blacked out. The next thing he knew he was lying on his back in the mud, gasping. His body tingled, and he shook from head to foot. Lilith stood over him, silhouetted in the setting sun, energy still coursing along the ink in her tattoos.

彼女は話をさえぎった。「冗談!?」指を突き出しながら彼女は叫んだ。
彼女の腕に刻まれた紋様を伝うようにエネルギーがあふれ出し、激しい音を立てて二人を挟んだ空間をほとばしった。
強い衝撃が襲った。彼は激しい息切れを起こし、一瞬気を失った。
次に彼が気づいたとき、彼は喘ぎながらぬかるみの中で仰向けになっていた。
彼の身体は痛み、全身が痺れていた。
Lilithは彼に跨って立ち、夕陽を背に黒く影を浮かべていた。エネルギーは未だに彼女の刺青のインクを駆け巡っていた。

"You will learn respect, vagabond," she said, even voiced once again.

「敬意を覚えなさい、浮浪者が」彼女はさらに同じ言葉を繰り返した。

"Please, mistress," Ryze gasped, "spare my life."

「お願いです、御婦人」Ryzeは息も絶え絶えの様子で言った。「どうか命だけは。」

She knelt over him, leaning in just inches from his nose, her hair falling into his face. She dug her fingernails into the shirt over his chest, "Why, pretty thing? Why should I spare your life?"

彼女は彼の上で膝を折り、彼の顔の間近の高さまで屈んだ。彼女の髪が彼の顔に垂れ下がる。
彼女は指先で彼の上着の胸元をまさぐった。「どうして、坊や。私があなたを殺す訳無いでしょう?」

He inhaled sharply through the pain in his chest, "Because I have been searching for you for my entire life," he stammered, "and it would break my heart to die, now."

彼は胸に痛みを感じながら大きく息を吸い、とぎれとぎれに言った。
「私は今までずっとあなたを捜し続けていたからです。」
「そして今、ここで死ぬのは私にとって悲しいことです。」

Lilith sat up slightly. She smiled. "How interesting," she replied. Ryze's strength failed him and he passed out.

Lilithはゆっくりと上体を起こした。彼女は微笑んでいた。「面白いわね。」彼女は答えた。
Ryzeは力尽き、意識を失った。

He awoke lying face down on a plush mattress, arms and legs spread wide. He tried to move, but found himself bound tightly in place. Next to him on the pillow lay a series of razor sharp thorns and a font of violet liquid.

彼が目覚めると、ベッドの上に大の字の状態でうつ伏せになっていた。
彼は動こうとしたが、身体をきつく縛り付けられ固定されているのが分かった。
彼の脇にある枕の上には、数本の鋭い棘と紫色の液体で満たされた器があった。

"Awake so soon," Lilith muttered coyly, entering the room through a beaded curtain. She climbed onto the bed with him, straddling his lower back. "Tell me, wayfarer," she quipped, reaching for her implements, "what is it about me that is so fascinating?" She dipped a barb into the inkwell.

「もう起きたの。」ビーズカーテン越しに部屋に入ってきたLilithがはにかみながら小声で言った。
彼女は彼のベッドに乗り、彼の腰に馬乗りになった。
「教えて、旅人さん」彼女は道具に手を伸ばしながら、からかうような口調で話した。
「私のどういうところに魅力を感じたの?」
彼女はインク壺に棘の先端を浸した。

"I have studied magic since I was a boy," Ryze croaked into the pillow. He felt a twinge in the nape of his neck and he winced.

「私は幼い頃から魔術を勉強してきたんです。」Ryzeはかすれた声で枕の方に話しかけた。
彼はうなじに刺すような激痛を感じ、縮み上がった。

"Don't squirm!" Lilith shouted, bring a hand down hard on his shoulder with an audible smack. Ryze gritted his teeth through the pain and continued. The burning sensation spread as she went about her bloody work.

「動かないで!」Lilithは大声を上げた。強く振り降ろした腕が彼の肩を叩き、大きな音が鳴った。
刺すような痛みが続き、その間Ryzeは歯を食いしばった。
彼女がその血生臭い作業を進めるにつれて灼けるような感覚が拡がっていった。

"Always, my masters taught me patience, to remain in control, to never surrender to my passions," she changed needles. He could feel blood and ink pooling in his open wounds. "They called me a liability; refused to finish training me," he went on, "You know another way."

「いつでも、師匠たちが私に教えるのは堪えることばかりだった。制御を保つ方法、決して感情に身を任せないようにする方法」
彼女が棘を持ち替えた。
彼は血が流れ出し、開いた傷口にインクが溜まるのを感じとれた。
「挙句彼らは私を足手まとい呼ばわりして,私を育て上げることを拒んだのです。」彼は続けた。
「あなたは別の方法を知っているはずだ。」

"Charlatans," Lilith spat, wiping the blood from his back with her dress. She bent low over him, her hot breath on his neck. She whispered, "but we know better, don't we. Magic is energy. All our enthusiasm; our rapture; our fury. They are conduits for our power." She licked her lips. "I can show you the way."

「ペテン師の戯言ね」Lilithは吐き捨てるように言い、彼の背中から流れる血をドレスで拭った。
彼女は彼に跨ったまま上体を低くし、熱い吐息が彼の首筋に触れた。
彼女は囁きかけた。「でも私たちは理解しているでしょう。魔法は活力よ。熱意、歓喜、憤怒。それが私たちの力を導くもの。」
彼女は舌なめずりをした。「あなたに見せてあげるわ。」

She freed his limbs. "Now roll over," she snapped, another needle clutched lightly in her fingers, "I haven't finished."

彼女は彼の四肢を解放した。「さあ、仰向けになって。」
彼女は鋭い口調で命令すると、別の針を指で軽くつまんだ。「まだ終わってないの。」

Ryze grudgingly obeyed, though his body throbbed with pain. Above him in the rafters hung an elaborate scroll on stretched parchment, larger than a tapestry. "What is that?" he asked, remembering himself.

彼の身体には痛みが走っていたものの、Ryzeは仕方なくこれに従った。
すると彼の真上の垂木に、タペストリーよりも大きな羊皮紙で丹念に作られた巻物が延びた状態で垂れかかっていた。
「あれは何だ?」彼は正気を取り戻した。

Lilith's face grew ashen. The room around him fell away to darkness. "You stole it from me!" she shrieked, arms flailing, tears streaming down her face, "How could you?! Betrayer! Betrayer!" She struck him a dozen times before he could restrain her.

Lilithの顔が青ざめ、彼のいる部屋は闇に包まれた。
「お前が盗んだ物よ!」彼女は鋭い声をあげた。両腕を振り回し、涙を流しながら。
「どうして!?裏切り者!この裏切り者!」彼が抑えつけるまで、彼女は彼を何度も殴った。

"I had no choice!" he cried, "You wouldn't listen! You would bring ruin on us all!"

「仕方無かったんだ!」彼が叫んだ。「あなたは聞く耳を持たなかったじゃないか!皆を破滅させようとしたから!」

Lilith scoffed. "Why do you want to join the League, Ryze?"

Lilithは嘲笑を浮かべた。「なぜLeagueに入りたいと思ったの、Ryze?」

Ryze released her and she pulled away. He adjusted the scroll on his back. "I must keep it safe."

Ryzeは彼女を引き離し、巻物を背負った。
「これを守らなくては。」

She smiled. "How does it feel, exposing your mind?"

彼女は微笑んだ。「あなたの心をさらけ出して、どう思った?」

Ryze determined countenance returned. "I will do what I must," he replied.

彼に決意の表情が戻った。「自分の義務を果たそうと思ったよ。」彼は答えた。

He raised a hand to shield his face as the doors to the League of Legends swung open, and light came pouring in.

彼は顔に手を翳した。League of Legendsへの扉が開き、光が差し込んだ。

変更履歴

  • vX.XX:
    • XXXXXXXXXX
      XXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

コメント

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照 <<過去ログはこちら>>

スポンサードリンク
  • Ryzeの後ろ向きながらスキル打てるのは仕様なのでしょうか? -- 2014-11-01 (土) 03:53:24 <1008846709>
  • Scriptっていうチートを使っていると後ろを向きながらスキルを打ってきます。 必ずレポートしましょう。 -- 2014-11-01 (土) 06:15:08 <3158984437>
  • 強すぎる -- 2014-11-02 (日) 19:00:48 <3029487659>
  • 中盤以後はともかく、「Ryzeは序盤も強い」って言われる理由が分からん。非力だしモーション悪いからハラス狙われやすいしマナ不足で相手追い返すのも辛いしスネアは短いしベタ足でGankも怖いしで弱点だらけだと思う。 -- 2014-11-02 (日) 23:13:13 <2003438564>
  • お前それVladやらkarthusの前でも同じこと言えんの? -- 2014-11-02 (日) 23:19:22 <2578363925>
  • AAQAAで一方的に削られるし、ブリンクなかったら近づけもしないしで相手次第だけど序盤強いほうだと思うよ? -- 2014-11-02 (日) 23:57:07 <2097465757>
  • 初手サファイアでQをマナが尽きるまで打たれるだけで対面は相当苦しいぞ。すぐに涙を積んでくるしマナ不足にはならないと思うがなあ -- 2014-11-03 (月) 00:04:36 <3755692502>
    • 苦しいだけで致命まで持ってく前にガス欠するし、涙積んだ直後じゃ大したマナ供給量じゃないやん。ブリンク持ちが序盤はほんとに苦手で、突っ込んでダメ交換狙われるとジリ貧。ミニオン処理も遅いから押し込まれて相手自由になるし、ジャングラーとお手軽タワーダイブで溶ける。序盤に防御的なアイテムはほぼないし、押し込まれてる状況で防具優先したらタワー折られて全体不利が付くよね。 -- 2014-11-03 (月) 09:27:31 <2003438564>
    • ガス欠は立ち回りが悪いとしか ちゃんとQにAA挟んでる?相手ビルドがMR+Pot鬼積みなら流石にマナが持たないからAA多目CS重視に切り替えるとか Blink殺す気ドラ剣マンとかなら初手涙じゃなくて初手カタリストまで強い時間帯拒否SafeFarmするとか ぶっちゃけやりようある キツそうならHP差致命的になる前にハラスPushやめてワードだけ撒いてRoam警戒してから殴り合い拒否シコFarmモードに切り替えりゃええんちゃうの腐るよりマシやろ -- 2014-11-03 (月) 11:01:42 <1995271979>
    • killにつながらないにしても前に出れないくらいまで苛められれば十分強い部類だと思うけども 涙積んでからマナ足りないって言ってるんなら流石になにやってだって感じだけど 押し込まれた時に辛いのはまぁ仕方ない、そう言うChampだし -- 2014-11-03 (月) 11:46:56 <2578363925>
    • 押し込まれた時がホントに辛くて、それでいて押し込まれやすいのが青ハゲなわけじゃん。ベタ足単体Mageの宿命だけども。そのスペックに序盤押されるってそれ、Ryzeだけじゃなく大半のチャンプに序盤負けるだろうし、現環境のTopでそもそも居場所ないだろって思う。MidRyzeの序盤に負ける相手とか居たらもうどんだけって感じだし。 -- 2014-11-03 (月) 16:51:34 <2003438564>
    • コレ多分Ryzeどうこうじゃなくてニキがミニオン管理出来なくてかつ被push状況クッソ苦手なだけじゃないの(適当 -- 2014-11-03 (月) 18:01:42 <1995271979>
  • Wが有るからMeleeには有利。一部キツイ奴やRange相手にもレーンちょい下げでfarmし易いから序盤弱いとまでは思わない。1つ言えるのは、今Gnarと並んで一番topで強いとされているから批判も多いということ -- 2014-11-03 (月) 21:01:52 <1924423808>
  • この木主はなんなんだ。悪い所しか見てないの?良い所も探しなよ。そうすれば扱い方わかるから -- 2014-11-19 (水) 21:42:48 New <462386304>
  • メレー相手にならRangedってだけで序盤有利だろ。低CDスネアによる一方的なAAできるし -- 2014-11-03 (月) 17:02:58 <2121485332>
  • Meleeでこいつにあたったらどうすりゃ良いんだ本当・・タワー下でファーム仕様としてもQでハラスしてくるし・・Gankきてくれればなんとかなりそうだけど味方がFFジャングラーとかだったらもう絶望しかない -- 2014-11-04 (火) 07:58:12 <458719597>
  • IreJaxrenekとかなら2まで茂み使ってHPキープしつつ経験値吸って Lv2になったらignite使っていいから殺せFlash吐かせたらちょっと釣ってもっかい飛び付いて殺せ 茂みからならCS犠牲にHP温存しつつ経験値吸える特にこいつ対象指定しか持ってないから茂み大事 Melee対Rangedは序盤AllinかGank待ちに命掛けるべき -- 2014-11-04 (火) 09:21:12 <1995271979>
    • 逃げ性能もよわいしWは1体しかとめられないから引き気味でレーン維持しながらjg呼べば簡単にやれる。こいつのハラスくらいまくるのは茂み使ってなかったりミニオンキルに意識行きすぎ -- 2014-11-04 (火) 15:01:23 <978399790>
    • こいつの場合殴り合いも強いからIreliaやらを除く並の強さのチャンプではオールインしても勝てないで -- 2014-11-04 (火) 18:20:55 <458300969>
  • 一重にmeleeといってもチャンプによると思う wuやJ4なんかはレベル2で既にRyzeni -- 2014-11-05 (水) 17:47:27 <1701817090>
  • 棒立ちしてガチャ押ししてるだけで強いってのが理不尽 -- 2014-11-04 (火) 18:19:42 <458300969>
  • こいつでルーンにMS入ってる理由を誰か説明してくれまいか。手数あるし単純にAPとかで一発の威力上げちゃダメなの? -- 2014-11-04 (火) 20:06:25 <2114810187>
  • スキルの射程が全体的に短め + 全てのスキルが対象指定 =自分の足で近づくしかスキルを当てる手段が無い為、足が遅いと相手に追いつけなくDMを出せない。からじゃないかな。集団戦で敵チャンプがゴタゴタしている時は別だけども。 -- 2014-11-04 (火) 21:08:46 <1790735570>
  • 基本的にADCのようにスキル→移動→スキル移動って感じで繰り返すからワンコン入れるとき足が遅いとQから入れなくてWから入らなきゃいけなくなるってところがでかい  他にもスキル回しをしながら集団戦するから微妙な距離感保ちながら闘えるから大事  他にもW以外に逃げ、追いの技が少ないからブリンク、ヘイスト、スローもちから少しでも逃げれるようにってのも理由の一つ -- 2014-11-05 (水) 22:31:33 <1924211814>
  • APratioが低いからAPルーンの効率が良くない かと言ってMpenやManaルーンも効率微妙 後は上の人の説明通り単純にMSが欲しい -- 2014-11-07 (金) 01:40:34 <3704879253>
  • Qのベースダメが2/3まで落ちるのか。S5は全体的なMNregも増えるみたいだし、poke持ちやコンボ火力高い相手に辛いRyzeには相対的に影響が出そうだ。 -- 2014-11-05 (水) 00:27:58 <2003438564>
  • 今までありがとうRyzeくん。君のことは忘れない。さよなRyze! -- 2014-11-05 (水) 07:28:17 <2076610366>
  • これ好き(小並感) -- 2014-11-05 (水) 17:56:49 <978399790>
  • またRyzingされるのか… -- 2014-11-06 (木) 12:27:18 <2114800367>
  • ライジング(皮肉 -- 2014-11-06 (木) 12:29:32 <2575580200>
  • Mid運用さよなら・・・ -- 2014-11-07 (金) 07:39:19 <2114242356>
  • 序盤→mana使い切るぐらいハラスしても相手5割ぐらいで余裕に、中盤→1体の敵を倒すのにQが余分に1発必要になったりギリギリで倒せなくなる→終盤今までと同じレベル 序盤もきついけど中盤の集団戦がマジできつくなったわ -- 2014-11-07 (金) 15:51:50 <1980638901>
  • 相変わらずこのwikiはnerfはいるたびにもうダメおわった弱すぎっていうな、前がえぐすぎただけでtop rangeとしてはまだ十分機能してるじゃねーか -- 2014-11-07 (金) 19:46:44 <2122390745>
  • ベースダメージが2/3って言っても初期マナを考えれば実質lv1の段階でもせいぜい3/4倍くらいで済んでるものな  -- 2014-11-07 (金) 20:03:59 <2575580200>
  • 勝てた殴り合いで負けるし、ハラスしても減らないしすげー弱くなったように感じるわ -- 2014-11-08 (土) 11:37:44 <2119002045>
    • 逆にメレー相手にノーリスクでハラスできてスネアあってダメージ糞高くてスキル回転率が良すぎて強すぎたんだ!流行る前のryzeに戻った感じなんじゃね -- 2014-11-10 (月) 00:32:46 <3679174341>
    • 流行る前よりは弱くなってるわけだがな -- 2014-11-10 (月) 20:32:37 <2575823370>
  • まぁダメージのNerfだからいつもどおり半年後くらいにまたクソOPとして君臨するんじゃね?とりあえず今はさよなRyze!!! -- 2014-11-09 (日) 17:51:21 <2115200090>
  • 後半化け物になる癖に前みたいに何故か前半に殴り合いして勝ってるのが異常だったという事でひとつ。 -- 2014-11-10 (月) 01:37:03 <2581375345>
  • ナーフ前の感覚で前衛ミニオンのCSをQでとろうとするとミリ残る -- 2014-11-10 (月) 20:16:03 <3064620170>
  • ほぼ全てのMelleをTankAssasin問わず封殺できてたし仕方ないね。相手からしたら後半勝ち目ないのに前半から勝ち目ないとかpickされるだけでクソゲーでしょ -- 2014-11-17 (月) 15:02:55 New <2121485332>
  • lolkingで最近の勝率45%か、たまげたなぁ。 -- 2014-11-20 (木) 10:18:20 New <2003438564>
  • あんだけゴッツリベースダメージ削られて下がらない訳ないんだよなぁ -- 2014-11-20 (木) 10:30:27 New <2578205974>
    • 時計爺みたいにグローバルパッシブが変わったとかならチーム全体の勝率に影響出るのも分かるが、陸の孤島のTopレーナーなのにチーム勝率にガッツリ響いてるってのがね。試合全体に対して負の影響力が出るほどコケやすく立ち直りにくいチャンプになってるって事だろう。 -- 2014-11-20 (木) 13:56:52 New <2003438564>
  • やっぱりOlafingじゃないか… -- 2014-11-20 (木) 11:22:24 New <2047972571>
    • まだされて当たり前のnerfをolaffingとかいう奴がいるのか -- 2014-11-20 (木) 12:11:19 New <3723624746>
    • 俺はこの言葉を何回でも言い続けるよ。JPwikiではnerfされることをOlafingと言います(笑 -- 2014-11-20 (木) 12:28:09 New <2634991730>
    • 元から弱いのを更にnerfするのがolafing そうでもないのをnerfし過ぎるのは…なんていうんだろうね -- 2014-11-20 (木) 14:29:36 New <2578205974>
  • じゃあ俺、Swainさんに乗り換えるから… -- 2014-11-21 (金) 14:09:31 New! <2047972571>
  • じゃ俺はVladに乗り換えるわ -- 2014-11-21 (金) 19:09:38 New! <2114412037>
お名前:

コメント欄は投稿時の注意事項を守ってご利用ください。

階層があるコメントは「Shift」+「左クリック」で全コメントの表示・非表示を切り替えられ、「右クリック」で対象コメントの表示・非表示を切り替えられます。



スポンサードリンク