小ネタ・小技/ストーリー

mapofvaloran.jpg

Runeterra

わずか20年前まで、Runeterraは災難との連続だった。
古代、Runeterraの住人が種族として団結すると対立種族はすぐに異論を唱え戦争を仕掛けた。
時代に関係なく、もっとも好まれた戦闘方法は魔法の使用であった。
軍は呪文やルーンを使い、軍を強化し、殺戮した。
軍の勝利のために戦士達の多くは魔道具で強化された。
Summoner(Valoranの政治勢力の事実上のリーダー)は先の事などまったく考えず容赦なく魔力を開放した。
彼らは大量の魔力を振るったが、魔法の研究を進めることに関してはまったく興味がなかった。

しかしながらここ200年で、この危険な魔力による武力行使はRuneterraの脆さをValoranに住むすべての人々に気が付かせた。
第二次Rune戦争はValoranに強烈な地形変動をもたらした、そしてその後でさえ魔法は地形変動を元に戻すために使われた。
民衆への殺戮行為の前に、激しい地震と魔力の嵐はValoranの生命に危機をもたらし、
そしてもう一度Rune戦争が起これば世界をバラバラに引き裂くと言われていた。

世界の発達と政治的不安要素(強力な力を持った多くのSummoner等)への直接的な反応として、戦争をコントロールでき尚且つシステム的に解決する方法が必要であるという結論に達した。
世界はValoranの政治的対立を規則に従い解決し、監視するLeague of Legendsと呼ばれる組織を作った。
管理された中での組織的な戦争、すなわちLeagueはValoranにより完全に管理され、そしてLeague内での戦争の結果は承認される。

Valoran

Runeterraの地域の一つ。
League of Legendsが位置する場所。


スポンサードリンク