#style(class=champion_stats){{{
//////// チャンピオンの名前 ////////
#rcs(name);

//////// チャンピオンの画像、性能指標(公式サイトより) ////////
#style(class=overview){{
&rcs(icon);
: 攻撃力 | &rcs(attack);
: 防御力 | &rcs(defense);
: 魔力 | &rcs(magic);
: 難易度 | &rcs(difficulty);
}}

//////// チャンピオンの情報 ////////
#style(class=details){{
|~ ロール | &rcs(role); |~ 実装日 | 2009/02/21 |
|~ 価格 | 450 &ip; | 260 &rp; |~ 最終更新 | v6.9 |
}}

//////// チャンピオンのステータス詳細 ////////
#style(class=stats){{
|~ ステータス |~ Lv.1 |~ ... |~ Lv.18 |
|~ 体力 | &rcs(hp1Lv); | '''&rcs(hpPerLevel);''' | &rcs(hp18Lv); |
|~ マナ | &rcs(mp1Lv); | '''&rcs(mpPerLevel);''' | &rcs(mp18Lv); |
|~ 物理防御 | &rcs(armor1Lv); | '''&rcs(armorPerLevel);''' | &rcs(armor18Lv); |
|~ 魔法防御 |>|>| &rcs(spellblock18Lv); |
|~ 移動速度 |>|>| &rcs(movespeed); |

|~ ステータス |~ Lv.1 |~ ... |~ Lv.18 |
|~ 体力自動回復 | &rcs(hpregen1Lv); | '''&rcs(hpregenPerLevel);''' | &rcs(hpregen18Lv); |
|~ マナ自動回復 | &rcs(mpregen1Lv); | '''&rcs(mpregenPerLevel);''' | &rcs(mpregen18Lv); |
|~ 攻撃力 | &rcs(attackdamage1Lv); | '''&rcs(attackdamagePerLevel);''' | &rcs(attackdamage18Lv); |
|~ 攻撃速度 | &rcs(attackspeed1Lv); | '''&rcs(attackspeedPerLevel);%''' | &rcs(attackspeed18Lv); |
|~ 射程距離 |>|>| &rcs(attackrange); |
}}
#clear
}}}

#style(class=champion_abilities){{
|20%|80%|c
|~ スキル名 |~ 効果 |
#include(データベース/チャンピオン/パーツ/Annie)
}}

* 目次 [#index]
#contents
最終更新日時: &lastmod;

* Champion Spotlight [#spot]
無し
//#netvideos("",480,270);

* 考察 [#h3691e6c]
スタンからの超火力コンボにより、敵を一瞬で蒸発させるのがお仕事
やる事がシンプルで操作も難しくないが、立ち回りがPassiveありきなので少し人を選ぶ
何よりかわいい

Pros
高めのMNreg・移動速度
低CDのQによる継続攻撃能力
コンボに繋げられる強力なAoEスタンを持つ
Ultによる限定的な追加戦力
W・Ultは使用後即着弾なので高い命中率を望める
高いAPレシオ

Cons
逃げ性能が悪い
瞬間火力こそ高いものの、ベースダメージは低め
Mageとしてはスキル射程が短く、遠距離戦に参加し辛い
要であるPassiveとUltのペットの扱いにクセがある
序盤の脆さ
Mana回復が遅め

** スキル紹介 [#w72ea79f]
#style(class=champion_summary_list){{
|50|750|c
|~&ref(./Annie_Pyromania.png,32x32);|LEFT:''Pyromania''&br;どの場面でも有効なお手軽スタン。集団戦前には必ず調節しておくこと。&br;スタック3で止めて敵が近付いたらEで準備→即Ultによる奇襲もアリと言えばアリだが、スタック数はHPバーの下で確認されてしまうので注意。&br;4スタック時にスキルを使用した場合、初めに着弾したスキルにStunが付与される。&br;例えば、4スタック時にQWの順にスキルを発動してWの方が先に着弾した場合、WのスキルにStunが付与される。&br;もし&ref(Champion/Annie/Annie_Disintegrate2.png,32x32);Q:Disintegrateの着弾前に対象が死亡または&c_fizz;Fizzの&ref(Champion/Fizz/Fizz_Playful.jpg,32x32);&ref(Champion/Fizz/Fizz_Trickster.jpg,32x32);E:Playful/Tricksterなどでターゲットされない状態になったり、&br;&c_yasuo;Yasuoの&ref(Champion/Yasuo/Yasuo_Wind Wall.png,32x32);W:Wind Wallで防がれた場合、Stunは消費されない。(W,Rの場合は消費される。)|
|~&ref(./Annie_Disintegrate2.png,32x32,Annie_Disintegrate.png);|LEFT:''Disintegrate''&br;LHを積極的に狙っていこう。序盤はこれでハラスもあり。|
|~&ref(./Annie_Incinerate2.png,32x32,Annie_Incinerate.png);|LEFT:''Incinerate''&br;範囲攻撃。序盤に使いすぎるとすぐにManaがなくなるので注意。&br;一見&c_yasuo;Yasuoの&ref(Champion/Yasuo/Yasuo_Wind Wall.png,32x32);W:Wind Wallで防がれそうだが、弾速を持たず一瞬で発動するため防がれない。|
|~&ref(./Annie_Molten Shield.png,32x32);|LEFT:''Molten Shield''&br;CDがそこそこ短く消費マナが非常に少ない為Passiveのスタック増加に一役を買う。&br;射程が短くMageの割にインファイトが多いAnnieにとってDM軽減は意外とバカにならない。&br;それなりに硬くなれるので集団戦の始まる前に使用するといい。&br;Blind状態の敵ユニットからのAAに対してDMは適用されない。|
|~&ref(./Annie_SummonTibbers1.png,32x32);&br;&ref(./Annie_SummonTibbers2.png,32x32);|LEFT:''Summon: Tibbers''&br;このスキルでStunを入れるとgood。追撃も忘れずに。&br;Tibbersによる毎秒魔法DMはRylai's Crystal ScepterのスローとSpell vampが有効。&br;単発のダメージは低めだが、スタンの間に熊の毎秒魔法ダメージとパンチが刺さるので実際のダメージは相当高い。&br;熊のパンチは一見物理だが実際は魔法ダメージ。ちなみに熊を召喚した時からCDが開始される。&br;Pet扱いなのでタワー下で敵チャンピオンにティバーズで魔法DMを与えると、タワーの攻撃対象がティバーズではなくアニーになるので注意。|
}}

** ビルド例 [#build]
#build(Annie)

** セリフ [#x6e18e57]
#tab(日本語,英語(有志訳)){{
// ---------- 公式 ----------
'''チャンピオン選択時'''
''「一緒にあそぼ? 楽しいよ!」''

'''攻撃時'''
''「くらえー!」''
''「痛いの痛いのあーげる!」''
''「ど・れ・を・も・や・そ・う・か・な!」''
''「はーい! 5つ数えるよ!」''
''「あたしの番だもん!」''
''「遊ぼう!」''
''「あたしが一番だもーん!」''
''「楽しい!」''
''(ハミング)''

'''移動時'''	
''「あたしのクマさん、ティバーズっていうの!」''
''「こっちこっち!」''
''「はやくはやく!」''
''「ねえねえ、まだ?」''
''「火遊びなんてしないもん!」''
''「ほら、全然怖くないもん!」''
''「ホップ、スキップ、ジャンプ!」''
''(ハミング)''

'''挑発時'''
''「ティバーズのパーティーに呼んであーげない! ふん!」''
''「いじわるする子は……燃えちゃえ!」''
''「女の子に負けちゃうんだ……ふん!」''

'''ジョーク時'''
''「好きな動物なあに? もしかしてクマさん?」''
''「ねえねえ、なんか焦げ臭いよ? ふふふ」''

'''&ref(Champion/Annie/Annie_SummonTibbers1.png,32x32);Summon: Tibbers使用時'''
''「ティバーズ、やっちゃえ!」''
''(笑い声)''
''「ティバーズ!」''
''「お願い!」''
''「見ーつけた!」''

'''死亡時'''
''「うう……ティバーズ……」''\

// ---------- 有志訳 ----------
'''Upon Selection'''
''"You wanna play too? It'll be fun!" ''
 一緒にあそぼ? きっと楽しいよ!

'''Attacking'''
''"Take that!"''
 これでもくらえ!
''"Don't make me hurt you!"''
 やな事しちゃうかもよ!
''"Eeny, meeny, miny, burn!"''
 ま・み・む・め・燃えちゃえ!
 (Eeny, meeny, miny, moeは数え歌の一種で鬼ごっこの鬼役などを決める時に使われる)
''"Let's count to 5!"''
 5数えて!
''"I want a turn!"''
 回る所が見たいな!
''"Play time!"''
 お遊戯の時間だよ!
''"Can they do this?"''
 こんな事、あの人達にできるかな?
''"This is fun!"''
 たのしいな!
''"Ashes, ashes, they all fall down."''
 灰やこんこん、降っても降っても〜。

'''Movement'''	
''"Have you seen my bear Tibbers?"''
 あたしのクマちゃんのTibbersを見なかった?
''"This way!"''
 こっちよ!
''"Try to keep up!"''
 ついてらっしゃい!
''"Are we there yet?"''
 まだ着かないの?
''"I never play with matches."''
 マッチで遊んだりなんかしないわよ!
''"Don't be a scaredy cat!"''
 よわむし猫ちゃんにならないでね!
''"Hop, skip, jump!"''
 ぴょん、ぴょこ、ぴょん!
''"Come out, come out, wherever you are!"''
 出てこい、出てこい、どっかにいるんでしょ!

'''Taunt'''
''"You can't come to Tibbers' tea party, ha!"''
 Tibbersのお茶会に呼んであげないよ、ふーんだ!
''"I'm rubber and you're... on fire!"''
 悪口言ったら……燃えちゃうんだからね!
''"Beaten by a little girl... Hah!"''
 女の子に負けるなんて……あはは!

'''Joke'''
''"What's your favorite aminal? A bear?"''
 あなたの好きな動物なあに? クマちゃん?
''"You smell like... burning!"(Annie giggles)''
 あなた……焦げてる匂いがする!

'''Upon using &ref(Champion/Annie/Annie_SummonTibbers1.png,32x32);Summon: Tibbers'''
''"Get 'em, Tibbers!"''
 Tibbers、やっちゃえ!
''"Bear hug!"''
 ベア・ハッグだよ!
''"Tibbers!"''
 Tibbers!
''"Yay, Tibbers!"''
 よーし、Tibbers!
''"Found him!"''
 見っけたよ!

'''Upon dying'''
''"Uh... *cough* Tibbers."''
 うわーん、(ゲホン)Tibbers!\
}}

** 小ネタ [#wcb3230b]
-''Annie''はRiotGamesのGameplayProducerのガールフレンドの名前から取られた。
ペットの''Tibbers''は彼女のお気に入りのテディベアの名前である。
-''Annie in Wonderland''スキンはTibbersの外見を変更したいというプレイヤーの要望によって作られた。
-&c_annie;''Red Riding Annie''と&c_warwick;''Big Bad Warwick''(赤ずきんつながり)
&c_annie;''Annie in Wonderland''と&c_shaco;''Mad Hatter Shaco''(アリスつながり)
&c_annie;''Prom Queen Annie''と&c_amumu;''Almost Prom King Amumu''(プロムつながり)
という別のキャラクターと対になる3つのスキンを持っている。
//強いて言えば''Reverse Annie''も標準のスキンと対になる。
-''Annie''は一度ルックスの改善がなされた。改善前の''Annie''は死んだらパンチラする仕様だったが、改善後は見えなくなった。
デザイナーが他のChampのルックスについて話すスレで''Annie''のパンツを「Champの大事なデザイン要素」の例として言及し、えらい騒ぎになったことがある。Riotには大勢のロリコンがいる模様。
-2015バレンタインスキンである''Sweetheart Annie Skin''のスプラッシュアートのTibberの顔がどうみても[[Pedobear>http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%83%BC#.E6.97.A5.E6.9C.AC.E5.9B.BD.E5.A4.96.E3.81.AB.E3.81.8A.E3.81.91.E3.82.8B.E3.82.AF.E3.83.9E.E3.83.BC]]である。ゲーム内では口を閉じているため[[ケアベア>http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B1%E3%82%A2%E3%83%99%E3%82%A2]]がデザインのモデルになっていると分かるのだが、Riot...

** ストーリー [#n4a11d39]
#tab(日本語,英語){{{{
//---------- 日本語 ----------
&rcj(lore);\

//---------- 英語 ----------
''In the time shortly before the League, there were those within the sinister city-state of Noxus who did not agree with the evils perpetrated by the Noxian High Command. The High Command had just put down a coup attempt from the self-proclaimed Crown Prince Raschallion, and a crack down on any form of dissent against the new government was underway. These political and social outcasts, known as the Gray Order, sought to leave their neighbors in peace as they pursued dark arcane knowledge. The leaders of this outcast society were a married couple: Gregori Hastur, the Gray Warlock, and his wife Amoline, the Shadow Witch. Together they led an exodus of magicians and other intelligentsia from Noxus, resettling their followers beyond the Great Barrier to the northern reaches of the unforgiving Voodoo Lands. Though survival was a challenge at times, the Gray Order's colony managed to thrive in a land where so many others would have failed.''

Leagueの時代のほんの直前、悪名高き都市国家のNoxusに、NoxusのとあるHigh Command(司令官)の悪行に反発する者達がいた。
この司令官はCrown Prince(皇太子)を自称するRaschallionのクーデター計画を鎮圧したばかりであり、いかなる形であろうと新しい政府への異議には弾圧が加えられようとしていた。
Gray Orderと呼ばれる政治的にも社会的にも孤立した者達は、闇の秘術の知識の探求をしていたために、平和裏にこの地から離れる事を模索していた。 
このはぐれ者達のリーダーは結婚した夫婦であった。the Grey warlock(灰色の魔導師)と呼ばれるGregori Hastur、および、彼の妻である、the Shadow Witch(影の魔女)と呼ばれるAmolineである。 
彼らは共に、魔法使い達や他の知識階級の者達から成るNoxusからの亡命者達を引き連れ、the Great Barrierを越え、人を拒むVoodoo Landsの北方へと、その支持者達を移住させた。 
しばしば生存には試練がつきまとったが、Grey Orderの植民地は、他の大多数が失敗したであろう土地で、富み栄えることに何とか成功した。

''Years after the exodus, Gregori and Amoline had a child: Annie. Early on, Annie's parents knew there was something special about their daughter. At the age of two, Annie miraculously ensorcelled a shadow bear - a ferocious denizen of the petrified forests outside the colony - turning it into her pet. To this day she keeps her bear Tibbers by her side, often keeping him spellbound as a stuffed doll to be carried like a child's toy. The combination of Annie's lineage and the dark magic of her birthplace have given this little girl tremendous arcane power. It is this same girl who now finds herself as one of the most sought-after champions within the League of Legends - even by the city-state who would have exiled her parents had they not fled beforehand.''
 
移住を終えて数年経ち、GregoriとAmolineの間にはAnnieと言う子が生まれた。
早期より、Annieの両親は自分達の娘に特別な何かがある事を知った。
Annieは2歳の時に、植民地の外にある化石化した森の凶暴な住民であるshadow bearの一匹に、信じられない事に術を掛けペットとした。
彼女はこの日より、彼女のクマちゃんのTibbersを、しばしば子供のおもちゃのように持ち運ぶため術でぬいぐるみにした上で、そばに置いている。
Annieの血筋と、彼女の生まれた地の暗黒の魔力の組み合わせが、この小さな女の子に膨大な魔力を与えたのだ。 
この女の子こそ、今や自分がLeague of Legendsで最も人気のチャンピオンの一人であり、事前に彼女の両親が逃げ出さなければおそらく彼らを追放していたであろう都市国家にすら珍重されていると知っている子なのである。

''"Annie may be one of the most powerful champions ever to have fought in a Field of Justice. I shudder to think of her capabilities when she becomes an adult."'' - High Councilor Kiersta Mandrake
 「今までField of Justice内で戦ったチャンピオンの中で、Annieは最も強力なチャンピオンの一人であるかもしれない。彼女が成長した時の可能性を考えると、私はぞっとするよ。」 - High Councilor(高等審議官) Kiersta Mandrake

}}}}

**スプラッシュアート [#s3a6f1cf]
&splash(Annie);

* コメント [#vccbe266]
#pcomment_nospam(コメント/Annie,20)

* 変更履歴 [#qfcde59e]
//// 変更履歴を記入 ////
#history{{
- vX.XX:
-- XXXXXXXXXX
--- XXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

- v1.0:
-- League of Legendsと同時に実装
}}
----