#style(class=champion_stats){{{
//////// チャンピオンの名前 ////////
#rcs(name);

//////// チャンピオンの画像、性能指標(公式サイトより) ////////
#style(class=overview){{
&rcs(icon);
: 攻撃力 | &rcs(attack);
: 防御力 | &rcs(defense);
: 魔力 | &rcs(magic);
: 難易度 | &rcs(difficulty);
}}

//////// チャンピオンの情報 ////////
#style(class=details){{
|~ ロール | &rcs(role); |>|>| ''Fighter'' |~ 実装日 | 2009/08/19 |
|~ 価格 | 3150 &ip; | 790 &rp; |~ 最終更新 | v6.4 |
}}

//////// チャンピオンのステータス詳細 ////////
#style(class=stats){{
|~ ステータス |~ Lv.1 |~ ... |~ Lv.18 |
|~ 体力 | &rcs(hp1Lv); | '''&rcs(hpPerLevel);''' | &rcs(hp18Lv); |
|~ マナ | &rcs(mp1Lv); | '''&rcs(mpPerLevel);''' | &rcs(mp18Lv); |
|~ 物理防御力 | &rcs(armor1Lv); | '''&rcs(armorPerLevel);''' | &rcs(armor18Lv); |
|~ 魔法防御力 | &rcs(spellblock1Lv); | '''&rcs(spellblockPerLevel);''' | &rcs(spellblock18Lv); |
|~ 移動速度 |>|>| &rcs(movespeed); |

|~ ステータス |~ Lv.1 |~ ... |~ Lv.18 |
|~ 体力回復力 | &rcs(hpregen1Lv); | '''&rcs(hpregenPerLevel);''' | &rcs(hpregen18Lv); |
|~ マナ回復力 | &rcs(mpregen1Lv); | '''&rcs(mpregenPerLevel);''' | &rcs(mpregen18Lv); |
|~ 物理攻撃力 | &rcs(attackdamage1Lv); | '''&rcs(attackdamagePerLevel);''' | &rcs(attackdamage18Lv); |
|~ 攻撃速度 | &rcs(attackspeed1Lv); | '''&rcs(attackspeedPerLevel);%''' | &rcs(attackspeed18Lv); |
|~ 間合い |>|>| &rcs(attackrange); |
}}
#clear
}}}

#style(class=champion_abilities){{
|20%|80%|c
|~ スキル名 |~ 効果 |
#include(データベース/チャンピオン/パーツ/Gangplank)
}}

* 目次 [#jc7633ef]
#contents
最終更新日時: &lastmod;

* Champion Spotlight [#ifbc76f5]
#netvideos("3kysDbC-NTo",480,270);

* 考察 [#w18b9a50]
MeleeADCにも関わらず、遠距離攻撃主体という異色のFighter
Goldを稼ぎやすく、稼いだ金と専用リソースでスキルを強化する
活躍するには樽の配置と管理が重要


Pros
シナジーの高い各スキル群によるユーティリティ
E+Qによる高い集金能力によりビルド差を付けやすい
Passiveやビルドにより一時的にMSを上げやすく逃げ性能、追撃力が高い
True Damageや割合AR無視と高いダメージ保証
グローバルUltによる位置を問わない高い支援性能

Cons
基礎ステータスが低く、スキルもアイテムに強く依存する為装備依存度が非常に高い
Blinkを持たないことや、継続DamageのUlt、設置から破壊までかかるEなど咄嗟の状況に弱い
立ち回りの要である樽を破壊されやすい為Rangedを相手取るには工夫が必要
樽の扱いが難しく、うまく当てるには習熟が必要
終盤は柔らかく防御面はWに依存しがち

** スキル紹介 [#q0069db1]
#style(class=champion_summary_list){{
|50|750|c
|~&ref(./Trial_by_Fire.png,32x32);|LEFT:''Trial by Fire''&br;ベースダメージもレシオも高い上、タワーにも有効(ただしタワーに対するダメージは通常の半分)。Parrrleyにこの効果は乗らない。&br;Powder Kegを起爆することでCDを解消することが出来るだけでなく起爆した際も加速する為、連続で起爆することでかなりの速度で移動できる。|
|~&ref(./Parrrley.png,32x32);|LEFT:''Parrrley''&br;このゲーム中、実質最高のスケーリングを誇るADスキル&br;後半はこのスキルだけで相手のヘルスがかなり削れる。&br;通常攻撃と同じ扱いの為、On-hit-effects等が有効という特殊なスキル。&br;Sheen等の効果も有効であり、相性は抜群。&br;このスキルの追加DMはクリティカルで増幅されるので、クリティカルが出た時と出ない時の威力の差が激しい。&br;クリティカルダメージ200%の時のダメージは40/90/140/190/240 + [攻撃力 × 200%]となる。&br;勿論クリティカルダメージは増やせるので、Infinity Edgeを持つと威力が爆発的に増加する。&br;しかし、通常攻撃と同じ扱い故にPantheonのシールドで防がれ、Ninja Tabiでダメージが軽減される。|
|~&ref(./Remove_Scurvy.png,32x32);|LEFT:''Remove Scurvy''&br;クレンズと違いサプレッションも解除出来る。また詠唱(食事)モーションがあるので少しだけ足が止まる。&br;Healthが減っている程回復量が多いので、瀕死時の使用がより効果的。&br;余談だがScurvyとは壊血病のこと。果物を食ってビタミンCを取り、壊血病(とついでに他のCC)を治療しているのである。|
|~&ref(./Powder_Keg.png,32x32);|LEFT:''Powder Keg''&br;複数の樽の爆発に巻き込まれてもダメージは重複しない。また、誘爆する場合は現在の耐久値に関係なく爆発する。&br;Parrrleyで破壊すると、爆発で倒した敵ユニット全員から追加ゴールドが貰える上にSilver Serpentも溜まるためとてもおいしい。&br;Licn BaneやStatikk Shiv等の魔法ダメージは乗らないので注意。|
|~&ref(./Cannon_Barrage.png,32x32);|LEFT:''Cannon Barrage''&br;マップ内のどこでも指定できる。(3発を1セットとし、1秒ごとに1セット、計4セット砲弾が落ちてくる)&br;集団戦が始まったら撃ち込んであげたり、逃げる相手の道をふさぐように指定するといい。&br;・&ref(./20px-Death's_Daughter_item.png,20x20);-中央により強力な砲撃を行う(最初の砲撃時に中央にUltの1wave分のダメージの300%をTrueDamageとして与える。中央でhitした相手に60%slow/1.5s)&br;・&ref(./20px-Raise_Morale_item.png,20x20);-範囲内の味方は2秒間30%MS増加を得る(Ult範囲内にいる間は随時buff時間が2秒に更新される)&br;・&ref(./20px-Fire_At_Will_item.png,20x20);-通常の砲撃の間に追加で砲撃を行う(3発を2セット、計6発分追加で砲撃が行われる。2回目と3回目、3回目と4回目の間にそれぞれ追加されるので2回目以降は範囲内にいる相手を常時スロー状態に出来る)|
}}

** ビルド例 [#t43e5958]
#build(Gangplank)

** セリフ [#x67b972e]
'''Upon selection'''
''"Neither the flames nor the depths could claim me"''
 (未発表)

'''Upon starting a game'''
''"With sword and shot I'll take my island back."''
 この剣と銃で、俺は俺の島を取り戻す!
''"They took my ship - I'll take their lives."''
 奴らは俺の船を奪った。俺は奴らの全てを奪う!
''"My flesh will never burn."''
 俺の体が燃え尽きることなどない。
''"Bilgewater - home bitter stinkin' home."''
 ビルジウォーターか……苦くて臭い思い出ばかりだ!
''"Bilgewater - your king has returned."''
 ビルジウォーターよ……主が帰ったぞ!

'''Attacking '''
''"Hack their kidneys out."''
 奴らの内臓を引きずり出せ。
''"They have no concept of misery."''
 容赦などするはずがあるまい。
''"One slash, ear to ear."''
 一振りで真っ二つだ!
''"Crying won't do any good."''
 泣き叫んでも無駄だ。
''"Pistols or blades, don't matter to me."''
 銃と剣、好きなほうを選べ。
''"Paint the docks in their blood."''
 波止場を奴らの血で染めろ!
''"Dead men tell my tale."''
 死人に口あり……だ。
''"Feed 'em their fingers."''
 鉛の弾を食らうがいい。
''"Their tears will salt the ocean."''
 ここを血の海にしてやろう。。
''"I'll take my time with 'em."''
 じっくりといたぶってやる。
''"I see corpses waiting to drop."''
 見えるのは死体の山だ。
''"Blade to bone, that's the way."''
 骨を断つ。それだけだ。
''"I will carve my name in their skulls."''
 奴らの骸骨に俺の名を刻んでやる。
''"This is mercy in Bilgewater!"''
 ビルジウォーターでの情けだ。
''"Toss 'em to the sharks."''
 鮫の餌にしてやる。
''"Bones'll splinter."''
 骨までバラバラにしてやる。
''"You haven't seen blood yet."''
 本物の血の雨を見せてやる。
''"Their bodies will choke the abyss."''
 死体で海を埋め尽くせ。
''"My heart is iron."''
 俺の心臓は鋼よ。

'''Movement'''
''"I'll burn it all down if I can't have it."''
 手に入らないなら燃やしてくれる。
''"I'll take back what's mine!"''
 俺のものは返してもらおうか。
''"I found my hate in the fire."''
 炎を見ると憎しみがよみがえる。
''"I rarely forget, and never forgive."''
 忘れはせんし、許しもせん。
''"A turned back deserves a knife."''
 裏切り者に罰を与えねば。
''"Hang 'em from the slaughterdocks."''
 全員波止場に吊るしてやる。
''"Never trust a bilgerat!"''
 ビルジウォーターには裏切り者しかおらん。
''"I lost my ship, but not my soul."''
 船は失ったが、魂までは失っておらん。
''"Do I look like a patient man?"''
 俺が我慢強い男に見えるか?
''"I am reborn of salt and brine."''
 海の底から甦ったぞ。
''"The sea has no memory - but I do."''
 海に記憶はないだろうが、俺にはある。
''"Betrayal stings like salt on a wound."''
 裏切りは傷に塩を塗るようなものだ。
''"Hate is a child's word。"''
 憎しみという言葉で言い表せるものではない。
''"My vengeance will be bloody."''
 俺の復讐は血まみれだ。
''"Tides of dead will herald my return!"''
 死体の山が俺の帰還を意味する。
''"The seas and men betray."''
 海も、人間も、裏切る。
''"Words mean nothing. Flesh carries weight."''
 言葉に重みはないが、死体にはある。
''"A slit throat is too painless."''
 簡単に殺しはせん。
''"I'll hack my way back to Bilgewater."''
 なんとしてもビルジウォーターへ戻るぞ。
''"Mercy sank with my ship."''
 情けなぞ俺の船と一緒に沈んだ。
''"A reckoning approaches."''
 これが復讐の足音だ。
''"A slow death will be their reward."''
 褒美としてゆっくりと死なせてやる。
''"Death spit me out."''
 死神ですら俺を吐き出した。※Gangplankは一度公式に「死んで」いるが復活を遂げた
''"Cruelty for all."''
 生ける者全てに苦痛を。

'''Joke'''
''"Yar ha har argh-! (coughs) Had something in my throat."''
 ヤーハハーハーー! ゴホッ、ゴホッ、喉が変だな。
''"They're not just oranges - they're blood oranges."''
 こいつはただのオレンジじゃない――ブラッドオレンジだ。
''"I've got it this time!"''
 うまくいったぞ。
''"I'm back at the helm."''
 主が戻ったぞ。(※at the helm:舵を取る、実権を握る)

'''Taunt'''
''"The flames are calling."''
 炎が呼んでいるぞ。
''"The smell of powder sets my blood to boil."''
 この火薬の匂い、血がたぎる。
''"Survive this, and you'll need a lot of rum."''
 怖いか?ラム酒でもあおるんだな。
''"Come, test yourself in the fire!"''
 来い!炎を味あわせてやる!

'''Taunting an enemy  &c_graves;Graves'''
''"You will never have a grave, Graves."''
 グレイブズ、お前には死に場所すらやらんぞ!
''"You will never have a grave, Graves... see, it's 'cause your name, it's... your name is like a grave, it's - I - never mind."''
 グレイブズ、お前には死に場所すらやらんぞ!つまり、お前の名前が……なんでもない。
 #Gravesとgrave(墓)をかけたダジャレ。
''"Can't light cigars on the bottom of the sea."''
 海の底では葉巻に火も点けられんだろう。
''"Will your partner try to avenge you? I hope so."''
 お前の連れが仇を討ってくれるのか?そいつはいい。
''"You talk a lot for a dead man, Graves."''
 死人の癖によく喋るな、グレイブズ。

'''Taunting an enemy  &c_missfortune;Miss Fortune'''
''"Only thing worse than a traitor is a bad shot."''
 狙いが外れるのは裏切りよりも辛いな。
''"Can't wear the crown till the king's dead, little girl."''
 俺が生きている限り、お前にこの島はやらんぞ。
''"I don't leave anything to fortune any more."'' 
 昔から幸運には縁が無いな。
''"Some bounties aren't worth taking, Fortune."''
 関わらないほうがいい賞金首ってのもいるんだ。 

'''Taunting an enemy  &c_twistedfate;Twisted Fate'''
''"Sealed your fate when you crossed me, boy."''
 俺に逆らった時点で貴様は終わりだ、小僧!
''"The seafloor is littered with your ilk, gambler."''
 海の底にはお前のような奴らが大勢沈んでるぞ。
''"Maybe your cards will mourn you."''
 お前の死を悲しむのもカードぐらいなものだろう。
''"I don't need a good hand to see your fate."''
 お前の運命を占うのにカードは必要ないようだな。

'''Upon casting &ref(./Parrrley.png,32x32);Parrrley'''
''"Everyone pays!"''
 逃がさん!
''"Scum!"''
 クズが!
''"Filth!"''
 野郎!

'''Upon casting &ref(./Remove_Scurvy.png,32x32);Remove Scurvy'''
''"That's better."''
 うまいな。
''"Needed that."''
 これに限る。
''"Hits the spot."''
 うーむ。

'''Upon removing crowd control with &ref(./Remove_Scurvy.png,32x32);Remove Scurvy'''
''"Not today!"''
 また今度だ!
''"How they try!"''
 効かんな!
''"No chance!"''
 残念だったな!
''"Never!"''
 無駄だ!

'''Upon detonating &ref(./Powder_Keg.png,32x32);Powder Keg'''
''"Barrel!"''
 食らえ!
''"Another!"''
 もう一発!
''"More powder!"''
 火薬が足らんぞ!
''"Burn!"''
 燃えろ!

'''Upon detonating a chain of &ref(./Powder_Keg.png,32x32);Powder Kegs'''
''"Line 'em up!"''
 そこになおれ!
''"Three in a row!"''
 三連続だ!
''"Fish in a barrel!"''
 楽勝だ!
''"That's a chain!"''
 見たか!
''"Combo!"''
 連続攻撃だ!

'''Upon casting &ref(./Cannon_Barrage.png,32x32);Cannon Barrage'''
''"Bathe 'em in iron!"''
 食らえ!
''"Volley fire!"''
 一斉砲撃!
''"Cannons!"''
 撃てーッ!
''"Broadside!"''
 撃ちまくれ!

'''Upon buying &ref(./Death's_Daughter_item.png,32x32);Death's Daughter''' 
''"Main cannon at the ready!"''
 主砲、準備!
''"Load up the hull buster!"''
 大砲に弾をこめろ!
''"Heavy artillery for these cowards!"''
 馬鹿ともに大砲をお見舞いしてやれ!

'''Upon buying &ref(./Fire_At_Will_item.png,32x32);Fire At Will'''
''"I'll rain fire upon 'em!"''
 弾の雨を降らせてやる。
''"All cannons!"''
 撃ち方用意!
''"I'll hit 'em with everything!"''
 全弾、叩き込め!

'''Upon buying &ref(./Raise_Morale_item.png,32x32);Raise Morale'''
''"Powder'll get 'em moving!"''
 逃げ惑え!
''"Charge beneath the barrage!"''
 一斉砲撃、用意!
''"They'll have reason to run!"''
 命乞いするなら今だ!

'''Upon buying &i_bilgewatercutlass;Bilgewater Cutlass'''
''"Forged in blood and bile."''
 修羅場をくぐってきた逸品だ。
''"Nothing cuts dirtier than Bilgewater steel."''
 ビルジウォーターで鍛えた剣に限るな。
''"A dirty blade for a dirty job."''
 汚れ仕事には汚れた刃がふさわしい。

'''Upon buying &i_infinityedge;Infinity Edge'''
''"This blade's got bite!"''
 こいつはいい代物だ!
''"Sharp enough to etch bone."''
 骨でも彫れる鋭さよ。
''"This is a flayin' tool."''
 皮も綺麗に削げるな。

'''Upon buying &i_statikkshiv;Statikk Shiv'''
''"Always have a shiv at the ready."''
 いい短剣は手放せんな。 ※Shivはジャックナイフを指す
''"Watch 'em twitch."''
 痺れる切れ味だ。

'''Upon buying &i_thebloodthirster;The Bloodthirster'''
''"Sometimes you gotta' get your hands bloody."''
 また手を血で染めるか。
''"Blood begets blood."''
 血が血を呼ぶってやつだな。
''"Killing's the only way to survive."''
 血に餓えた剣か。

'''Upon buying &i_trinityforce;Trinity Force'''
''"Got every angle covered."''
 周囲に目を光らせろ。
''"A captain can't have any blind spots."''
 死角はないな。
''"An all-purpose artefact."''
 こいつは大したお宝だ。

'''Upon placing a &i_sightward;&i_visionward;ward'''
''"Keep a weather eye out."''
 見張っておけ。
''"Always watch your back."''
 目は多いほうがいい。
''"Trust nothing to chance."''
 何も見逃すな。

'''Upon casting &ref(images/masteries2_Utility_04_Improved_Recall.png,center,nolink,32x32,Improved Recall);Recall'''
''"I'll come back stronger."''
 覚えておれ。
''"Don't get comfortable in my absence."''
 心配するな、すぐ戻る。
''"I'm far from done killing."''
 まだまだ血を流し足りんな。


#fold(有志訳){{{
'''Upon selection'''
''"Neither the flames nor the depths could claim me"''
 燃える炎も暗い海でさえも俺から奪うことは出来ない。

'''Upon starting a game'''
''"With sword and shot I'll take my island back."''
 俺のシマを取り返す、この剣と鉛玉でな。
''"They took my ship - I'll take their lives."''
 奴等は俺から船を奪った――なら俺は奴等の命を奪う。
''"My flesh will never burn."''
 俺の体が焼け落ちることなどない。
''"Bilgewater - home bitter stinkin' home."''
 Bilgewater――酷く汚れてるが、俺の家だ。
''"Bilgewater - your king has returned."''
 Bilgewater――王の帰還だ。

'''Attacking '''
''"Hack their kidneys out."''
 奴等の臓物を引きずり出してやる。
''"They have no concept of misery."''
 奴等は本当の「苦痛」というものを知らない。
''"One slash, ear to ear."''
 左耳から右耳へ、一撃だ。
''"Crying won't do any good."''
 泣き喚いても無駄だ。
''"Pistols or blades, don't matter to me."''
 銃でも剣でも、俺はどちらでも構わんぞ。
''"Paint the docks in their blood."''
 船渠を奴等の血で染めてやろう。
''"Dead men tell my tale."''
 死者が俺の物語を語る。
''"Feed 'em their fingers."''
 奴等の指を食い千切ってやる。
''"Their tears will salt the ocean."''
 奴等の涙が海を濡らす。
''"I'll take my time with 'em."''
''"I see corpses waiting to drop."''
 俺に撃ち抜かれるのを待っている死体共が見える。
''"Blade to bone, that's the way."''
 骨に斬りつける、それがやり方だ。
''"I will carve my name in their skulls."''
 俺の名を奴等の頭蓋に刻んでやろう。
''"This is mercy in Bilgewater!"''
 これがBilgewaterの慈悲だ!
''"Toss 'em to the sharks."''
 奴等を鮫共の餌にしてやる。
''"Bones'll splinter."''
 骨まで粉々にしてやる。
''"You haven't seen blood yet."''
 お前はまだ血を見ていない。
''"Their bodies will choke the abyss."''
 奴等の死体は水底を詰まらせるだろうよ。
''"My heart is iron."''
 俺の心臓は鋼鉄だ。

'''Movement'''
''"I'll burn it all down if I can't have it."''
 俺の手に入らないものがあるなら、全て燃やし尽くしてやる。
''"I'll take back what's mine!"''
 失ったものを取り戻す!
''"I found my hate in the fire."''
 炎に憎しみを見出したのさ。
''"I rarely forget, and never forgive."''
 俺は滅多に忘れない、そして絶対に許さない。
''"A turned back deserves a knife."''
 臆病者はナイフで一突きだ。
''"Hang 'em from the slaughterdocks."''
 屠殺室に吊るしてやる。
''"Never trust a bilgerat!"''
 汚ネズミは信用するな。
''"I lost my ship, but not my soul."''
 俺は船は失った、だが魂は失ってはいない。
''"Do I look like a patient man?"''
 俺が我慢強いように見えるか?
''"I am reborn of salt and brine."''
 潮と海水が俺を甦らせた。
''"Betrayal stings like salt on a wound."''
 裏切りは傷口に塩を塗りこむように痛む。
''"Hate is a child's word。"''
 憎しみなんてものはガキの戯言だ。
''"My vengeance will be bloody."''
 俺の復讐は血で染まるだろう。
''"Tides of dead will herald my return!"''
 死の波は俺の帰還の前触れになるだろう!
''"The seas and men betray."''
 海も人も裏切るものだ。
''"Words mean nothing. Flesh carries weight."''
 言葉に意味などない。死肉だけが重みを持つ。
''"A slit throat is too painless."''
 喉を掻っ切られれば苦しまずに済む。
''"I'll hack my way back to Bilgewater."''
 Bilgewaterへの帰路は俺が切り拓く。
''"Mercy sank with my ship."''
 慈悲の心は俺の船と共に沈んだ。
''"A reckoning approaches."''
 清算の時は近い。
''"A slow death will be their reward."''
 苦痛の死が奴等への褒章だ。
''"Death spit me out."''
 三途の川が干上がっちまった。※Gangplankは一度公式に「死んで」いるが復活を遂げた
''"Cruelty for all."''
 誰にも容赦はしない。

'''Joke'''
''"Yar ha har argh-! (coughs) Had something in my throat."''
 ヤーハハーハーー! ガハッゴホッ。喉をヤっちまったようだ。
''"They're not just oranges - they're blood oranges."''
 これはただのオレンジじゃない――ブラッドオレンジだ。
''"I've got it this time!"''
''"I'm back at the helm."''
 俺は帰ってきぞ、野郎共!(※at the helm:舵を取る、実権を握る)

'''Taunt'''
''"The flames are calling."''
 炎が呼んでいるぞ。
''"The smell of powder sets my blood to boil."''
 火薬の匂いが俺の血を滾らせる。
''"Survive this, and you'll need a lot of rum."''
 生き残ってみせろ、お前は多くのラム酒が必要になるだろうよ。
''"Come, test yourself in the fire!"''
 来い、炎の中で試してみせろ!

'''Taunting an enemy  &c_graves;Graves'''
''"You will never have a grave, Graves."''
 お前の墓は必要ないな、Graves。
''"You will never have a grave, Graves... see, it's 'cause your name, it's... your name is like a grave, it's - I - never mind."''
 お前の墓は必要ないな、Graves……分かるか、これはお前の名前と掛けてある、そう……お前の名前がGrave(墓)と似ているから、だから――俺は――いや何でもない。
''"Can't light cigars on the bottom of the sea."''
 煙草の火ごときで暗い海の底は照らせん。
''"Will your partner try to avenge you? I hope so."''
 相棒はお前に復讐するつもりか? だといいんだが。
''"You talk a lot for a dead man, Graves."''
 お前は死人にしては喋りすぎだな、Graves。

'''Taunting an enemy  &c_missfortune;Miss Fortune'''
''"Only thing worse than a traitor is a bad shot."''
 裏切り者より性質が悪いのは的を外れた弾丸だけだ。
''"Can't wear the crown till the king's dead, little girl."''
 王が死ぬまでは冠はお預けだぜ、お嬢さん。
''"I don't leave anything to fortune any more."'' 
 俺はもう運なんぞに任せたりはしない。
''"Some bounties aren't worth taking, Fortune."''
 獲る価値のない賞金首ってのも居るもんだ、Fortune。 

'''Taunting an enemy  &c_twistedfate;Twisted Fate'''
''"Sealed your fate when you crossed me, boy."''
 俺と相見えた時お前の運命は決まっていたんだよ、若僧。
''"The seafloor is littered with your ilk, gambler."''
 海の底にゃあお前のような奴が腐る程眠ってるぜ、賭博師。
''"Maybe your cards will mourn you."''
 お前のカードは主の死を嘆くだろうよ。
''"I don't need a good hand to see your fate."''
 お前の運命を見通すのに、そこまで良い手札はいらないな。

'''Upon casting &ref(./Parrrley.png,32x32);Parrrley'''
''"Everyone pays!"''
 通行料だ!
''"Scum!"''
 クズめ!
''"Filth!"''
 汚え奴だ!

'''Upon casting &ref(./Remove_Scurvy.png,32x32);Remove Scurvy'''
''"That's better."''
 良いぞ。
''"Needed that."''
 こいつが必要だ。
''"Hits the spot."''
 身に沁みるな。

'''Upon removing crowd control with &ref(./Remove_Scurvy.png,32x32);Remove Scurvy'''
''"Not today!"''
 残念だったな!
''"How they try!"''
 何かしたか?
''"No chance!"''
 無駄だ!
''"Never!"''
 効かねえな!

'''Upon detonating &ref(./Powder_Keg.png,32x32);Powder Keg'''
''"Barrel!"''
 樽だ!
''"Another!"''
 追加だ!
''"More powder!"''
 もっと火薬を!
''"Burn!"''
 燃えろ!

'''Upon detonating a chain of &ref(./Powder_Keg.png,32x32);Powder Kegs'''
''"Line 'em up!"''
 整列しろ!
''"Three in a row!"''
 三連続だ!
''"Fish in a barrel!"''
 容易いぞ!
''"That's a chain!"''
 連鎖したな!
''"Combo!"''
 コンボだ!

'''Upon casting &ref(./Cannon_Barrage.png,32x32);Cannon Barrage'''
''"Bathe 'em in iron!"''
 奴らを鉄屑の風呂に沈めてやれ!
''"Volley fire!"''
 一斉射撃だ!
''"Cannons!"''
 砲弾直撃!
''"Broadside!"''
 左舷斉射!

'''Upon buying &ref(./Death's_Daughter_item.png,32x32);Death's Daughter''' 
''"Main cannon at the ready!"''
 主砲を用意しろ!
''"Load up the hull buster!"''
 でけえのを積み込みな!
''"Heavy artillery for these cowards!"''
 臆病者共の為に重砲を持って来てやれ!

'''Upon buying &ref(./Fire_At_Will_item.png,32x32);Fire At Will'''
''"I'll rain fire upon 'em!"''
 奴等の脳天に砲弾の雨をくれてやる!
''"All cannons!"''
 一斉砲撃だ!
''"I'll hit 'em with everything!"''
 全弾お見舞いしてやる!

'''Upon buying &ref(./Raise_Morale_item.png,32x32);Raise Morale'''
''"Powder'll get 'em moving!"''
 火薬がなけりゃあ動かねぇよな!
''"Charge beneath the barrage!"''
 砲撃の下に突撃しろ!
''"They'll have reason to run!"''
 駆け足の理由ができただろう!

'''Upon buying &i_bilgewatercutlass;Bilgewater Cutlass'''
''"Forged in blood and bile."''
 血と怒りで鍛えられた剣だ。
''"Nothing cuts dirtier than Bilgewater steel."''
 汚らしく斬り刻むならBilgewaterの鋼に限る。
''"A dirty blade for a dirty job."''
 汚れた剣は穢れた仕事の為に。

'''Upon buying &i_infinityedge;Infinity Edge'''
''"This blade's got bite!"''
 この刃は食い込むぞ!
''"Sharp enough to etch bone."''
 骨に刻み付けるには丁度いい切れ味だ。
''"This is a flayin' tool."''
 こいつは皮を剥ぐ道具なのさ。

'''Upon buying &i_statikkshiv;Statikk Shiv'''
''"Always have a shiv at the ready."''
 ナイフはいつだって持っておくもんだ。 ※Shivはジャックナイフを指す
''"Watch 'em twitch."''
 奴等が痺れるのを見てやろう。

'''Upon buying &i_thebloodthirster;The Bloodthirster'''
''"Sometimes you gotta' get your hands bloody."''
 いつかその手を血で染めるだろうな。
''"Blood begets blood."''
 血は血を呼ぶものだ。
''"Killing's the only way to survive."''
 生き残るには殺すしかないんだよ。

'''Upon buying &i_trinityforce;Trinity Force'''
''"Got every angle covered."''
 これで全方位に対応できる。
''"A captain can't have any blind spots."''
 船長に死角はない。
''"An all-purpose artefact."''
 万能だ。

'''Upon placing a &i_sightward;&i_visionward;ward'''
''"Keep a weather eye out."''
 用心を怠るなよ。
''"Always watch your back."''
 常に背後に気を配れ。
''"Trust nothing to chance."''
 チャンスなど無いものと思え。

'''Upon casting &ref(images/masteries2_Utility_04_Improved_Recall.png,center,nolink,32x32,Improved Recall);Recall'''
''"I'll come back stronger."''
 強くなって戻ってくる。
''"Don't get comfortable in my absence."''
 俺が居ないからといって安心しないことだな。
''"I'm far from done killing."''
}}}

#fold(Captain Gangplank skin:公式訳){{{
'''Upon selection'''
''"They can pay in gold... or blood."''
 金が無いなら、血で払ってもらおう。

'''Upon starting a game'''
''"Cannons will sing 'em to sleep."''
 大砲の音が奴らのレクイエムだ。
''"Cutthroats, criminals and thieves... my kind of people."''
 人殺し、罪人、そして盗人……ご同業のようだ。
''"The sharks are circling."''
 鮫がやってきたな、血の匂いを嗅ぎつけたようだ。
''"The docks may be ugly, but they're home."''
 俺の帰る場所は、あの血まみれの波止場だ。

'''Attacking '''
''"Brutality brings loyalty."''
 恐怖が忠誠を生むのだ。
''"Cut 'em from stem to stern."''
 切り刻んでやる。
''"They're sailing into dark waters."''
 沈め。
''"Grind 'em to chum."''
 魚の餌となるがいい。
''"Hoist the colours!"''
 ヨーソロー!
''"I'll make sails of their skin."''
 皮を剥ぎ、帆にしてやる。
''"I'm a fair and just man."''
 俺は公平かつ公正な男だ。
''"March into the ocean's embrace."''
 海へ還してやる。
''"Gut 'em like fish."''
 はらわたを引きずり出せ。
''"Strike while the barrel's hot."''
 銃が冷える間もない。
''"Dash 'em against the rocks."''
 岩場に放り込んでやる。
''"The depths are calling."''
 海の底を味わってみるか。
''"I'll grant their death wish."''
 くたばれ。
''"I'll have their guts for garters."''
 食らい尽くしてやる。
''"Heave to!"''
 船を風上に向けろ。
''"Face me, swab!"''
 雑魚風情が!
''"Out with the tide."''
 海に叩き込んでやる。
''"To the hilt!"''
 剣を味あわせてやる。
''"Time for an example."''
 見せしめにされたいようだな。

'''Movement'''
''"A scared man is a loyal man."''
 怯えてる奴は従順だ。
''"Tongueless men can't talk back."''
 舌さえ切ってしまえば口答えできまい。
''"A blade in the gut solves most problems"''
 大抵のことは腹に剣を刺せば解決するものだ。
''"Into the wind!"''
 風上へ進路を取れ!
''"My ship is my soul."''
 船こそ俺の魂よ。
''"All I ask is a good ship, and a bad crew."''
 最高の船に、最高の手下だ。
''"No-one steals from me."''
 俺のものに手を出すやつはおるまい。
''"Sink or swim, lads."''
 泳ぐか沈むか選べ。
''"Fight like a man, or die like a dog."''
 男なら戦え。さもなくば惨たらしく死ね。
''"Cowards understand fear. They're smart."''
 臆病者は恐怖を知っている。それでいい。
''"I judge a man by his scars."''
 古傷を見ればそいつがわかるというものだ。
''"The sea may be wicked, but I'm worse."''
 海は恐ろしい。だが俺はそれ以上だ。
''"Cruelty with purpose, boys!"''
 残酷? 違うな。
''"There's only one way in Bilgewater; mine."''
 ビルジウォーターでは俺がルールだ。
''"I'll carve my name into their bones."''
 奴らの骨に俺の名を刻んでくれる。
''"It's sweeter when it's stolen."''
 大事なものは失って初めてわかる。
''"Give me a sea dog over a saint any day."''
 聖人などに用はない。海の男を寄越せ。
''"A messy death is your first warning."''
 俺からの最初の警告は、無様な死だ。
''"Leave 'em with nothing but their fear."''
 俺がくれてやるのは恐怖のみだ。
''"I am as unsinkable as my ship."''
 俺も、俺の船も、沈まん。

'''Joke'''
''"They're not just oranges... they're blood oranges!"''
 ただのオレンジじゃない……ブラッドオレンジだ! ※ブラッドオレンジ(品種名)をかけている
''"I have a deficiency... of cares."''
 俺に足りないもの? 情けくらいなもんだ。 ※英語は注意力不足とビタミンC不足と掛けている
''"Keep your eye on the ball."''
 目を見開いてしっかり見ておけ!

'''Taunt'''
''"A truce? I'll stop shooting when you die!"''
 交渉だと? 死んでから出直しな!
''"You'll be dinner for the devilfish."''
 ちょうど魚の餌が欲しかったところだ。
''"Which of you cowards wants to cook?!"''
 死にたい奴から前に出な!
''"I'm gonna' hear your innards sizzle!"''
 消し炭にされたいようだな!
''"In good time, the fire'll find ya'!"''
 いつでも見せしめにしてやる!

'''Taunting an enemy  &c_gragas;Gragas'''
''"What shall we do with a drunken sailor?"''
 酔っぱらいの船乗りか? 質が悪い。
'''Taunting an enemy  &c_graves;Graves'''
''"You talk a lot for a dead man, Graves."''
 死人のくせによく喋るな、グレイブズ。
''"Who let the dog out of his cage?"''
 誰がこいつを檻から出しやがった?
''"Graves, two barrels all ya' got?"''
 そんな銃で俺を殺せると思ってるのか? ※英語は「樽」と「銃身」をかけている。

'''Taunting an enemy  &c_missfortune;Miss Fortune'''
''"Prepare to be boarded." ''
 甲板の修理に使えそうだな。ハッハッハッ。 ※英語はリメイク前のPick時の台詞でもある
''"Smiling won't get ya' out of dying, Fortune."''
 微笑んだって無駄だぜ。 ※Fortuneのpickセリフとかけている。
''"My bounty's on the board, Fortune, and there it stays."''
 相手を間違えたな、小娘!
''"A big gun only hides a small girl." ''
 面白いブツ持ってるじゃねえか。
''"You're gonna' need a lot more than fortune."''
 幸運だけじゃ生きていけねえ!

'''Taunting an enemy &c_nautilus;Nautilus'''
''"Sailor take warning!"''
 お前さんも船乗りか? 先に警告しとくぜ!
''"Nautilus, I see you dressed for your destination."''
 ノーチラス、海底に沈む準備は出来てるってことか?

'''Taunting an enemy  &c_twistedfate;Twisted Fate'''
''"You're gonna' get blood on your dress, Fate."''
 その一張羅、血で汚れることになるぜ。
''"Feast your eyes on the king, Jack."''
 俺がジャックなら、俺はキングだ。
''"You're a losing bet, Fate."''
 お前の負けだな、フェイト!
''"You're just a chip in my game, Fate."''
 フェイト、お前は切り札にすらなれない。


'''Upon casting &ref(./Parrrley.png,32x32);Parrrley'''
''"Everyone pays!"''
 ツケを払いな!
''"Scurvy wretch!"''
 マヌケが!
''"No quarter!"''
 無駄だ!
''"Yo ho!"''
 ハッハー!

'''Upon casting &ref(./Remove_Scurvy.png,32x32);Remove Scurvy'''
''"Refreshing."''
 うーむ。
''"Ah."''
 ああ……。
''"Hits the spot."''
 まだ青いな。

'''Upon removing crowd control with &ref(./Remove_Scurvy.png,32x32);Remove Scurvy'''
''"Not today!"''
 ぬるいわ!
''"Try again!"''
 甘い!
''"Free and clear!"''
 ハッハー!
''"Never!"''
 無駄だ!

'''Upon detonating &ref(./Powder_Keg.png,32x32);Powder Keg'''
''"Eat powder!"''
 食らいな!
''"Barrel!"''
 ほらよ!
''"Have at ya'!"''
 ここだ!

'''Upon detonating a chain of &ref(./Powder_Keg.png,32x32);Powder Kegs'''
''"Line 'em up!"''
 派手に行け!
''"Three in a row!"''
 三連発だ!
''"Fish in a barrel!"''
 そらよ!
''"That's a chain!"''
 吹き飛べ!
''"Combo!"''
 味わいな!

'''Upon casting &ref(./Cannon_Barrage.png,32x32);Cannon Barrage'''
''"Bring the rain!"''
 砲弾の嵐だ!
''"Mortars to the mast!"''
 野郎ども!
''"Cannons!"''
 ぶっ放せ!。
''"Broadside!"''
 撃てぇい!

'''Upon attacking the Dragon '''
''"Here be dragons!"''
 ドラゴン如きが! ※「Here be dragons」というフレーズは英語で未開の地域や危険な地域を意味する

'''Upon buying &ref(./Death's_Daughter_item.png,32x32);Death's Daughter''' 
''"Ready the main cannon!"''
 主砲、用意!
''"Prepare the hull buster!"''
 艦砲射撃、用意!
''"Bring out the heavy artillery!"''
 一番でかい大砲を持って来い!

'''Upon buying &ref(./Fire_At_Will_item.png,32x32);Fire At Will'''
''"More cannons!"''
 火薬をつめろ!
''"All cannons at the ready!"''
 欠片も残すな!
''"Get ready to hit 'em with all we got!"''
 これで奴らも仕舞いよ!

'''Upon buying &ref(./Raise_Morale_item.png,32x32);Raise Morale'''
''"A little powder gets 'em moving!"''
 野郎ども、わかってるな?
''"Charge beneath the barrage!"''
 これでいい。
''"This'll give 'em a reason to run!"''
 一人も残すな! 

'''Upon buying &i_bilgewatercutlass;Bilgewater Cutlass'''
''"Forged in blood and bile."''
 そう、この切れ味だ。
''"Nothing cuts dirtier than Bilgewater steel."''
 ふむ。いい鋼を使っているな。
''"A dirty blade for a dirty job."''
 奴らを切り刻むにはちょうどいい。

'''Upon buying &i_infinityedge;Infinity Edge'''
''"Now this blade's got bite!"''
 こいつの切れ味を試すとするか。
''"Sharp enough to etch bone."''
 骨も刻める鋭さだな。
''"This is a flayin' tool."''
 皮を剥ぐのに使えそうだ。

'''Upon buying &i_ravenoushydra;Ravenous Hydra'''
''"Got every angle covered."''
 なかなかのお宝だ。
''"A captain can't have any blind spots."''
 船長に甘えは許されん。

'''Upon buying &i_statikkshiv;Statikk Shiv'''
''"Always good to have a shiv at the ready."''
 短剣とはいえ、いいものだ。
''"I love watching 'em twitch."''
 これで黙らせて……っと。

'''Upon buying &i_thebloodthirster;The Bloodthirster'''
''"Sometimes you gotta' get your hands bloody."''
 こいつはいいデザインだな。
''"Blood begets blood."''
 血の流れは止まらん。
''"Killing's the best way to survive."''
 生きたければ殺せ。それだけだ。

'''Upon buying &i_trinityforce;Trinity Force'''
''"An all-purpose artefact."''
 こいつはいい。

'''Upon placing a &i_sightward;&i_visionward;ward'''
''"Keep a weather eye out."''
 嵐が来ないか見張っておけ。
''"Always watch your back."''
 気を抜くな。
''"Trust nothing to chance."''
 見えるものだけを信じろ。

'''Upon casting &ref(images/masteries2_Utility_04_Improved_Recall.png,center,nolink,32x32,Improved Recall);Recall'''
''"All ashore that's going ashore." ''
 陸に戻るなら今か。
''"I'll be needing more grog."''
 ラム酒が待っているぞ。
''"Set course for the docks."''
 港へつけろ!
'''Unknown'''
''"What shall we do with a drunken sailor?"''
 酔っ払いの船乗りか?タチが悪い。
}}}

#fold(Captain Gangplank skin;有志訳){{{
'''Upon selection'''
''"They can pay in gold... or blood."''
 奴等に選ばせてやる、金で払うか……血で払うかをな。

'''Upon starting a game'''
''"Cannons will sing 'em to sleep."''
 砲声が奴らの子守歌になる。
''"Cutthroats, criminals and thieves... my kind of people."''
 人殺しに罪人、盗人……俺と同類の連中だ。
''"The sharks are circling."''
 鮫共が獲物を探してやがる。
''"The docks may be ugly, but they're home."''
 汚い埠頭かも知れんが、俺の故郷なのさ。

'''Attacking '''
''"Brutality brings loyalty."''
 野蛮さが忠義を生む。
''"Cut 'em from stem to stern."''
 膾切りだ。
''"They're sailing into dark waters."''
 奴等は暗い海を渡っているのさ。
''"Grind 'em to chum."''
 すり潰して魚の餌だ。
''"Hoist the colours!"''
 帆を上げろ!
''"I'll make sails of their skin."''
 皮を剥いで帆にしてやる。
''"I'm a fair and just man."''
 俺は公明正大なんだ。
''"March into the ocean's embrace."''
 海の底まで行進だ。
''"Gut 'em like fish."''
 魚くせえはらわたを引きずり出せ。
''"Strike while the barrel's hot."''
 樽は熱いうちに撃つんだ。
''"Dash 'em against the rocks."''
 岩礁に叩きつけてやれ。
''"The depths are calling."''
 海底が呼んでいるぞ。
''"I'll grant their death wish."''
 死にたがりの願いを叶えてやるだけだ。
''"I'll have their guts for garters."''
 奴らの腸でガーターが作れるな。
''"Heave to!"''
 停船!
''"Face me, swab!"''
 来い、間抜け!
''"Out with the tide."''
 海水を吐き出しな。
''"To the hilt!"''
 徹底的にだ!
''"Time for an example."''
 見せしめの時間だ。

'''Movement'''
''"A scared man is a loyal man."''
 脅せば人は従うもんだ。
''"Tongueless men can't talk back."''
 喋れなくしてしまえば口答えは出来ない。
''"A blade in the gut solves most problems"''
 剣を突き刺せばだいたいの面倒は片付く。
''"Into the wind!"''
 風の中へ!
''"My ship is my soul."''
 俺の船は俺の魂だ。
''"All I ask is a good ship, and a bad crew."''
 俺が必要なのは良い船と、悪い野郎共だけだ。
''"No-one steals from me."''
 誰も俺から奪う事は出来ない。
''"Sink or swim, lads."''
 沈むか泳ぐかだ、ネズミ共。
''"Fight like a man, or die like a dog."''
 人のように戦うか、犬のように死ぬかだ。
''"Cowards understand fear. They're smart."''
 臆病共は賢い。恐怖を理解しているからな。
''"I judge a man by his scars."''
 傷跡を見ればそいつのことは分かる。
''"The sea may be wicked, but I'm worse."''
 海ってのは性悪かもしれないが、俺ほどじゃないな。
''"Cruelty with purpose, boys!"''
 冷酷さには訳があるんだ、小僧ども!
''"There's only one way in Bilgewater; mine."''
 俺に従え;Bilgewaterで他に生きる道はない。
''"I'll carve my name into their bones."''
 奴らの骨に俺の名を刻んでやる。
''"It's sweeter when it's stolen."''
 奪われる時こそ恋しくなるのさ。
''"Give me a sea dog over a saint any day."''
 いつだって必要なのは聖者より老練な船乗りだ。
''"A messy death is your first warning."''
 気づいた頃にはお前は惨たらしく死んでるだろうよ。
''"Leave 'em with nothing but their fear."''
 恐怖以外は何も残さない。
''"I am as unsinkable as my ship."''
 俺の船が沈まないように俺を殺す事も不可能なんだよ。

'''Joke'''
''"They're not just oranges... they're blood oranges!"''
 これはただのオレンジじゃない……ブラッドオレンジだ! ※ブラッドオレンジ(品種名)をかけている
''"I have a deficiency... of cares."''
 俺には足りないんだ……注意力がな ※注意力不足とビタミンC不足と掛けている
''"Keep your eye on the ball."''
 タマを良く見な。

'''Taunt'''
''"A truce? I'll stop shooting when you die!"''
 止める? 俺が撃つのを止めるのはお前が死ぬ時だけだ!
''"You'll be dinner for the devilfish."''
 タコ共の餌にしてやろう。
''"Which of you cowards wants to cook?!"''
 臆病共のどいつが料理されたいんだ!?
''"I'm gonna' hear your innards sizzle!"''
 お前等の内臓が焼ける音を聴いてやろう!
''"In good time, the fire'll find ya'!"''
 砲火が照らす、お楽しみの時間だ!

'''Taunting an enemy  &c_gragas;Gragas'''
''"What shall we do with a drunken sailor?"''
 酔いどれ水夫はどうしてやろうか?
'''Taunting an enemy  &c_graves;Graves'''
''"You talk a lot for a dead man, Graves."''
 死人にしてはおしゃべりだな、Graves。
''"Who let the dog out of his cage?"''
 犬を檻から出したのは何処のどいつだ?
''"Graves, two barrels all ya' got?"''
 Graves、「バレル」が2つしかないようだが? ※「樽」と「銃身」をかけている。

'''Taunting an enemy  &c_missfortune;Miss Fortune'''
''"Prepare to be boarded." ''
 乗船の準備をしやがれ、なんてな。 ※リメイク前のPick時の台詞でもある
''"Smiling won't get ya' out of dying, Fortune."''
 笑顔はお前を死から救ってくれはしないぞ、Fortune。
''"My bounty's on the board, Fortune, and there it stays."''
 俺の懸賞金は甲板の上にあるぞ、Fortune、まだ間に合うだろうよ。
''"A big gun only hides a small girl." ''
 大きな銃は小さな少女しか隠せない。
''"You're gonna' need a lot more than fortune."''
 幸運なんぞよりも必要なものがあるんじゃないか。Fortune 。

'''Taunting an enemy &c_nautilus;Nautilus'''
''"Sailor take warning!"''
 気を付けるんだな、船乗り!
''"Nautilus, I see you dressed for your destination."''
 Nautilus、身支度はできたようだな。

'''Taunting an enemy  &c_twistedfate;Twisted Fate'''
''"You're gonna' get blood on your dress, Fate."''
 血化粧がしたいのか、Fate。
''"Feast your eyes on the king, Jack."''
 喜んでキングを迎えろ、ジャック。
''"You're a losing bet, Fate."''
 お前は賭けに負けたんだ、Fate。
''"You're just a chip in my game, Fate."''
 俺のゲームに乗ったな、Fate。

'''Upon casting &ref(./Parrrley.png,32x32);Parrrley'''
''"Everyone pays!"''
 通行料だ!
''"Scurvy wretch!"''
 卑しい奴め!
''"No quarter!"''
 容赦はしねえ!
''"Yo ho!"''
 ヨーホー!

'''Upon casting &ref(./Remove_Scurvy.png,32x32);Remove Scurvy'''
''"Refreshing."''
 生き返るな。
''"Ah."''
 ああ。
''"Hits the spot."''
 丁度いい。

'''Upon removing crowd control with &ref(./Remove_Scurvy.png,32x32);Remove Scurvy'''
''"Not today!"''
 残念だったな!
''"Try again!"''
 もう一度やってみろ!
''"Free and clear!"''
 綺麗さっぱりだ!
''"Never!"''
 効かねえな!

'''Upon detonating &ref(./Powder_Keg.png,32x32);Powder Keg'''
''"Eat powder!"''
 火薬を喰らいな!
''"Barrel!"''
 樽だ!
''"Have at ya'!"''
 お前の取り分だ!
'''Upon detonating a chain of &ref(./Powder_Keg.png,32x32);Powder Kegs'''
''"Line 'em up!"''
 整列しろ!
''"Three in a row!"''
 三連続だ!
''"Fish in a barrel!"''
 容易いぞ!
''"That's a chain!"''
 連鎖したな!
''"Combo!"''
 コンボだ!

'''Upon casting &ref(./Cannon_Barrage.png,32x32);Cannon Barrage'''
''"Bring the rain!"''
 奴らに砲弾を振らせてやれ!
''"Mortars to the mast!"''
 マストを狙え!
''"Cannons!"''
 大砲を放て!
''"Broadside!"''
 片舷斉射!
'''Upon attacking the Dragon '''
''"Here be dragons!"''
 ここにドラゴンが居るぞ! ※「Here be dragons」というフレーズは英語で未開の地域や危険な地域を意味する

'''Upon buying &ref(./Death's_Daughter_item.png,32x32);Death's Daughter''' 
''"Ready the main cannon!"''
 主砲を用意しろ!
''"Prepare the hull buster!"''
 船がぶっ壊れても構わねえな!
''"Bring out the heavy artillery!"''
 重砲を持ってこい!

'''Upon buying &ref(./Fire_At_Will_item.png,32x32);Fire At Will'''
''"More cannons!"''
 もっとだ!もっと持ってこい!
''"All cannons at the ready!"''
 一斉砲撃の準備だ!
''"Get ready to hit 'em with all we got!"''
 食らった分だけ食らわせてやれ!

'''Upon buying &ref(./Raise_Morale_item.png,32x32);Raise Morale'''
''"A little powder gets 'em moving!"''
 尻に火をつけな!
''"Charge beneath the barrage!"''
 砲撃の下に突撃しろ!
''"This'll give 'em a reason to run!"''
 駆け足の理由ができただろう!

'''Upon buying &i_bilgewatercutlass;Bilgewater Cutlass'''
''"Forged in blood and bile."''
 血と怒りで鍛えられた剣だ。
''"Nothing cuts dirtier than Bilgewater steel."''
 汚らしく斬り刻むならBilgewaterの刃物に限る。
''"A dirty blade for a dirty job."''
 汚れた剣は穢れた仕事の為に。

'''Upon buying &i_infinityedge;Infinity Edge'''
''"Now this blade's got bite!"''
 こいつは今まさに噛むことを覚えた!
''"Sharp enough to etch bone."''
 こいつは骨に刻み付けるにゃあ丁度いい切れ味だな。
''"This is a flayin' tool."''
 皮剥用の道具だ。

'''Upon buying &i_ravenoushydra;Ravenous Hydra'''
''"Got every angle covered."''
 全方位に対応できるぞ。
''"A captain can't have any blind spots."''
 船長に死角はない。

'''Upon buying &i_statikkshiv;Statikk Shiv'''
''"Always good to have a shiv at the ready."''
 いつでもナイフを使えるようにしておくことだ。
''"I love watching 'em twitch."''
 痺れてるヤツを見るのが好きなんだ。

'''Upon buying &i_thebloodthirster;The Bloodthirster'''
''"Sometimes you gotta' get your hands bloody."''
 いつかその手を血で染めるだろうな。
''"Blood begets blood."''
 血は血を呼ぶものだ。
''"Killing's the best way to survive."''
 生き残りたいのなら殺すのが一番賢い選択だ。

'''Upon buying &i_trinityforce;Trinity Force'''
''"An all-purpose artefact."''
 万能だな。

'''Upon placing a &i_sightward;&i_visionward;ward'''
''"Keep a weather eye out."''
 天候をよく見な。
''"Always watch your back."''
 常に背後に気を配れ。
''"Trust nothing to chance."''
 チャンスなど無いものと思いな。

'''Upon casting &ref(images/masteries2_Utility_04_Improved_Recall.png,center,nolink,32x32,Improved Recall);Recall'''
''"All ashore that's going ashore." ''
 岸から岸へ。
''"I'll be needing more grog."''
 ラム酒がもっと必要になるだろうよ。
''"Set course for the docks."''
 ドックに向かえ。
'''Unknown'''
''"What shall we do with a drunken sailor?"''
 酔っぱらいの船乗りには何をしてやるべきかな?
}}}

#fold(旧ボイス){{{
'''Upon Selection'''
''"Prepare to be boarded!"''
 乗船の準備をしやがれ!

'''Movement/Attacking'''
''"C'mere, me beauty! Hehehe."''
 来いよ、カワイ子ちゃん! ヘッヘッヘ。
''"Ya-ha-har!"''
 ヤーハーハー!
''"YAARRR!"''
 ヤアアァァゥ!
''"Yo ho ho, and a bottle of... rum!"''
 ヨーホーホゥ、そんでもって……ラム酒を一本!
''"I ain't got me ground legs yet, landlubber!"''
 地面を歩くのには慣れねえぜ、陸(おか)の野郎!
''"Ahoy!"''
 アホイ!
''"Well blow me down!"''
 倒せるもんなら倒してみやがれ!
''"Avast, me hearties!"''
 行くぞお前ら!
''"Nothin' but a bilge rat!"''
 てめえなんかドブネズミみてえなもんだ!
''"Swab the poop deck!"''
 船尾楼甲板を掃除しておけ!
''"Shiver me timbers!"''
 くそったれ!
''"I'll be usin' ye for chum!"''
 お前を魚の撒き餌に使ってやるぜ!
''"I won't rest till I see ye hangin' from the yardarm!"''
 俺は休まねえぜ。お前らが桁端からぶら下がるところを見るまではな!
''"Look what trawled out of the bunghole!"''
 ケツ(樽)から何が釣れるんだろうな!

'''Taunt'''
''"Enjoy your visit to the depths of the sea, landlubber!"''
 新入り、海の奥深さを味わっていきな!

'''Joke'''
''"Wanna know why me Roger is so Jolly? Heheheh..."''
 ロジャーがジョリーの理由が知りてえか? ヘッヘッヘ……。
 #Jolly Roger=海賊旗、でかけている
}}}

** 小ネタ [#vc66cadd]
-2015/07/30 AM 7:20に突如Miss Fortuneの手下に撃たれて死亡してしまった。公式でも「Gangplank is dead and has been disabled in all queues.」のアナウンスと共に使えなくなってしまった。
――だったのだが、Patch5.15実装と同時に更なるヴィジュアルリメイクとともにLeague of Legendsに復活し、再び使用可能となった。このヴィジュアルリメイクと同時に、Patch5.14のリメイク時のClassic SkinがCaptain Gangplank Skinとして使えるようになった。ちなみに、Patch5.14実装から、このときから始まったBilgewaterイベントが終わるまでの間にGangplankを持っていて、かつ一度でも使用したすべてのサモナーにこのCaptain Gangplank Skinが無料で配布された。
このようなリメイク方式がとられたのは、Gangplankが初めて。

** ストーリー [#story]
#fold(長いので格納){{{
''"I was cutting throats and sinking Noxian war galleys when you were still pissing your britches, boy. You don't want to take me on."''

「てめえが半パンに小便垂れてた頃には、俺は何人もの首を掻っ切って、Noxus軍のガレー船を沈めてたんだ、坊主。てめえは俺には関わりたくねえだろうよ」

''As unpredictable as he is brutal, the self-appointed reaver king known as Gangplank rules Bilgewater through a mix of fear, violence, and cunning. ''

彼自身の冷酷さと同じくらい何をしでかすか予想しがたい、略奪王を自称する海賊、Gangplank。彼はBilgewaterの町を恐怖と暴力、それと狡猾さを以って支配している。

''Where he goes, death and ruin follow, and such is his infamy and reputation that the merest sight of his black sails on the horizon causes panic among even the hardiest crew.''

彼の征くところには死と破滅が付き纏い、そしてその悪名と世評は、水平線上に彼の黒旗がちらりとひらめくのが見えただけでも、熟練の船乗りたちを震え上がらせる程のものだ。

''Having grown rich preying upon the trade routes of the Twelve Seas, Gangplank has made himself many powerful enemies. ''

十二の海に広がる通商海路で狩りを行っては富を手にし続ける上で、Gangplankは多くの敵を作ってきた。

''In Ionia, he incurred the wrath of the deadly Order of Shadow after ransacking the Temple of the Jagged Knife, and it is said that the SwainSquare.''

Ioniaでは「鋸刃の寺院」を襲ったことであの恐ろしいOrder of Shadow(Zedが乗っ取ったあとのKinkou Order)の怒りを買った、さらにはあのSwainにも付け狙われていると言われている。

''Grand General of Noxus himself has sworn to see Gangplank torn asunder after the pirate stole the Leviathan, Swain's personal warship and the pride of the Noxian fleet.''

というのも、NoxusのGrand General(Swainのこと)は、彼私有の戦艦であり、同時にNoxus艦隊の誇りでもあった「Leviathan」号をその海賊、Gangplankめに分捕られてからというものの、彼をバラバラに引き裂いて殺すことを宣誓しているのだ。

''While Gangplank has incurred the wrath of many, none have yet been able to bring him to justice, despite assassins, bounty hunters, and entire armadas being sent after him.''

このようにGangplankは多くの強大な権力を敵に回しては、暗殺者や賞金稼ぎ、そして大艦隊を差し向けられてきた。しかして、誰一人、そう、何者も彼に「正義」の一撃を加えることはできやしなかった。

''He takes grim pleasure in the ever-increasing rewards posted for his head, and makes sure to nail them to the Bounty Board in Bilgewater for all to see whenever he returns to port, his ships heavy with loot.''

彼は自身にかけられた賞金額が膨れ上がっていくのを見てはにやりと笑い、そしてBilgewaterの賞金首掲示板に自身の名と賞金が書かれたポスターを貼り付けて、彼と略奪品が詰まった彼の船団が港へ帰ってくる度に眺めている。


''In recent times, Gangplank has been brought down by the machinations of the bounty hunter MissFortuneSquare.png Miss Fortune.''
 
最近のことだ。GangplankはMiss Fortuneの罠に掛けられ「王」の座から引きずり下ろされた。

''His ship was destroyed with all of Bilgewater watching, killing his crew and shattering his aura of invincibility. ''

彼の船はBilgewaterの人々の眼前で打ち沈められ、彼の部下たちは死に、無敵であるとすら思われていた男はその霊妙さを失ったのだ。

''Now that they have seen he is vulnerable, the gangs of Bilgewater have risen up, fighting amongst themselves to claim dominion over the port city.''

彼が無敵の存在ではないことを誰もが知った今、押さえつけられていたBilgewaterのならず者達はその港町の覇権を握るべく日夜争い続けている。

''Despite receiving horrific injuries in the explosion, Gangplank survived. ''

爆発でひどい傷を負いながらも、Gangplankは生き延びた。

''Sporting a multitude of fresh scars, and with a newly crafted metal arm to replace his amputated limb, he is now determined to rebuild his strength, reclaim what he sees as rightfully his - and to ruthlessly punish all those who turned against him.''

彼は数多の傷跡が残るその身体と、千切れ飛んだ片腕に新しく設えた鉄の腕を以って、喪われた彼自身の力を、彼が所有していた筈のものを再び勝ち取ることを、そして裏切り者共を無慈悲に叩き潰すことを決意した。


''The massive Noxian war captain shuddered and dropped his axe as Gangplank rammed his cutlass deep into the man's gut. ''

Gangplankが舶刀をがっしりとした体格のNoxus軍前線指揮官の腸に叩き込むと、その男は握っていた斧を落とした。

''Blood bubbled from the warrior’s tattooed lips as he mouthed an unheard curse.''

彼はもう誰にも聞こえないであろう呪詛を吐こうとしたが、その刺青の入れられた唇からは血の泡が吹き出すばかり。

''Gangplank pulled his blade free with a sneer and shoved the dying man to the deck.''

Gangplankは刃を引き抜くと、嘲笑とともに死に瀕した男の身体を甲板へと蹴り出した。

''He collapsed in a clatter of heavy armor, his blood mingling with the seawater sloshing across the war galley's foredeck. ''

彼は重鎧をがちゃがちゃと鳴らしながら崩れ落ちて、その血はNoxus軍のガレー船の上甲板で、潮水と混ざり合っていく。

''The black-painted hull of Gangplank's ship loomed above, the two vessels locked together with boarding grapples and lines.''

黒に染まったGangplankの船の船体がぼんやりと見える。二つの船は乗り込んでの白兵戦闘を行うために、互いに繋げられていた。

''Gangplank's black and gold teeth gritted in suppressed pain - the Noxian had almost bested him. ''

Gangplankの黒と金の歯が、押し殺していた筈の痛みに耐えかねてガチガチと打ち鳴らされる。あのNoxus人の戦士はほとんど彼を打ち倒しかけていたのだ。

''Nevertheless, he refused to let his crew see his weakness, forcing his lips into a wicked smile.''

しかし、それでも彼の唇は不敵な笑みを形作る。部下共に自分が痛みに悶える姿を見せる訳にはいかない。

''Wind and rain whipping at him, he turned to survey the rest of the Noxians.''

雨風に打たれながら、彼は残りのNoxus軍人の方を振り向いて、見下ろす。

''He'd issued a blood-challenge to the enemy captain, and now that he'd won, their will to fight evaporated.''

彼は頭目同士、一対一の決闘を敵の指揮官に挑み、そして打ち勝ったのだ。彼らの戦意は失われたろう。

''"This ship is now mine," Gangplank roared, loud enough to be heard over the driving gale. "Does anyone else have anything to say on the matter?"''

「これでこの船は俺のもんだ」Gangplankは船中に響き渡るよう、声を張り上げて叫ぶ。「他に文句がある奴は居るか?」

''One of the Noxians, a huge warrior with blood-cult tattoos upon his face and garbed in spiked armor glared at Gangplank.''

残されたNoxianの一人、血の意匠が凝らされた刺青を顔にいれ、トゲのついた鎧を着た大柄の戦士がGangplankを睨み付けて言う。

''"We are sons of Noxus," he bellowed. "We would all gladly die before we let our ship be taken by the likes of you!"''

「我等はNoxus男児」彼は怒鳴り上げる。「貴様のような外道に我等が船を明け渡すくらいならば、喜んで死を選ぶ!」

''Gangplank frowned, then shrugged.''

Gangplankは眉をひそめ、肩を竦めた。

''"Fair enough," he said, and turned away.''

「上等だ、」彼はそう言って、踵を返した。

''Gangplank favored his crew with a vicious smile.''

Gangplankは残忍な笑みを見せながら、部下たちに命じた。

''"Kill them all," he roared. "And burn their ship to the waterline!"''

「皆殺しだ、」彼は吠えた。「それから船を焼き払って海に沈めてやれ!」
}}}

#fold(旧ストーリー){{{
''Gangplank was born the son of the dread pirate captain Vincent the Shadow - one of the most wealthy and feared pirates in all of Blue Flame Island. One might think this would have spoiled the boy with a cushioned life of privilege, but the truth is quite the opposite. Growing up in the city of Bilgewater isn't easy; pirates are not known for their compassion, and that most certainly extends to their families. Vincent wanted his son to grow up tough and strong, so he was extremely hard on the young Gangplank. Even as a child, Gangplank was as mean as a snake and is said to have slept with his eyes open. As he grew, the young man rapidly became the most ruthless and feared pirate in all of Bilgewater, and his daddy was never more proud than on the day of his son's eighteenth birthday - when Gangplank stabbed his old man in the back and claimed the famed pirate ship, the Dead Pool, for his own.''
 
Gangplankは、Blue Flame Islandで最も恐れられ最も稼ぎの良い海賊達の一人であるVincent the Shadow船長の息子として生まれた。
息子という特権はこの少年を堕落させると考える者もいたかもしれないが、現実は正反対であった。
Bilgewaterの町で育つことは簡単なことではない。海賊たちは思いやりというものを知らず、それは家族であっても同様であった。
Vincentは、彼が強く逞しく育つことを望み、若かったGangplankに厳しく当たった。
子供の時でさえ、Gangplankは狡猾で、目を開けて寝ていたと言われている。
成長と共に、その若者は急速にBilgewater中で最も冷酷で恐れられる海賊になった。
彼の父は自分の息子が18歳の誕生日を迎えた時ほど誇りに思ったことは無い。その日、Gangplankは父親を後ろから刺し、悪名高き海賊船「the Dead Pool」を寄こすよう要求したのだ。

''The continent of Valoran, however, is a dangerous place for pirates; Gangplank could read the writing on the wall. The den of pirates known as Bilgewater would soon be pulled down by the undertow of Valoranian politics and the Institute of War. It was time for Bilgewater to have their own champion to represent them in the League of Legends, and who better than the fiercest pirate of them all? It is said that Gangplank has enough power and favor to claim the title of the Pirate King back home, but that he is simply biding his time and building his reputation as a champion before he returns to a life of piracy.''

しかし、Valoranの大陸は海賊にとって危険な場所だろう ― Gangplankには不吉な前兆があると読み取れた。
Bilgewaterという名の海賊たちの根城は、まもなくValoranの政治とInstitute of Warの意思によって壊滅させられる機運があったのだ。
その時こそBilgewaterが彼らを代表するchampionをLeague of Legendsに送り出すべき時だった。そして最も残忍な海賊よりも相応しい者がいただろうか?
一説には、Gangplankは、既に「Pirate King」の称号を要求して帰郷するのに十分な実力と功績を得ていると言われているが、海賊暮らしに戻る前に、機が熟すまでchampionとしての名声を築いている。

''"Yo ho, blow the man down. Or at least shoot him when his back is turned and steal all his booty."''
 「ヨーホー!奴らをぶちのめせ!出来なきゃ後ろから撃ってお宝を全部ぶん取っちまえ!」
}}}

* コメント [#me557d95]
#pcomment_nospam(コメント/Gangplank,20)

* 変更履歴 [#w53ef28b]
//// 変更履歴を記入 ////
#history{{
- v5.14:
-- スキルとヴィジュアルのリメイク

- v:
-- 実装
}}
----