LeBlanc: the Deceiver
ルブラン:幻惑の奇術師

leblanc

攻撃力
防御力
■■■■
魔力
■■■■■■■■■■
難易度
■■■■■■■■■
ロールAssassin, Mage実装日2010/11/02
価格3150 [ip]790 [rp]最終更新v6.1
ステータスLv.1...Lv.18
Health516751791
Mana334501184
Armor21.93.581.4
MResist30
MSpeed335
ステータスLv.1...Lv.18
HPreg7.40.5516.8
MNreg60.819.6
ADamage553.5114
ASpeed0.6251.4%0.774
Range525
スキル名効果

鏡像
(Mirror Image)

Passive: HPが40%以下になったとき、Lv比例のHPを持ったADが0の分身(8s)を作り出してインビジブル状態(1s)になる。分身はALTクリックかCTRLクリックで任意の操作が可能。分身を操作しない場合はランダムな方向に勝手に移動する。

分身HP: 53 + (Lv × 17)

固定CD: 60s

シジルマリス
(Sigil of Malice)

Active: 指定対象の敵ユニットに魔法DMとマーク(3.5s)を付与する。マークが付いている敵ユニットに再びスキルでDMを与えると、マークを消費して同様の魔法DMを与える。

魔法DM(1Hit毎): 55/80/105/130/155 (+0.3AP)

最大魔法DM: 110/160/210/260/310 (+0.6AP)

Cost: 50/60/70/80/90MN CD: 6s Range: 700

ディストーション
(Distortion)

Active: 指定地点までリープし、周囲にいる敵ユニットに魔法DMを与える。4秒以内の再使用時に元の地点に戻る。

魔法DM: 75/115/155/195/235 (+0.6AP) 効果範囲: 250 移動速度: 1450

Cost: 60/75/90/105/120MN CD: 18/16/14/12/10s Range: 600

エーテルチェイン
(Ethereal Chains)

Active: 指定方向に鎖を放ち、当たった敵ユニットの真の視界を得て魔法DMを与え、対象と鎖(最大1.5秒)で繋がる。1.5秒間、対象が鎖の範囲865に留まっていた場合、対象に同様の魔法DMとSnare(1.5s)を与え、対象の真の視界を得る。

魔法DM: 40/60/80/100/120 (+0.3AP)

起爆魔法DM: 60/90/120/150/180 (+0.7AP)

最大魔法DM: 100/150/200/250/300 (+1.0AP) 弾速: 1750

Cost: 70MN CD: 14/13.25/12.5/11.75/11s Range: 925

再演
(Mimic)

Active: 直前に使ったスキルと同じスキルを強化して使用する。スキルのDMはこのスキルのランクに依存する。

Cost: 無し CD: 60/45/30s

再演: シジルマリス(Q): マーク消費魔法DMは1Hit目の200%DMになる。

魔法DM: 70/140/210 (+0.4AP)

マーク消費魔法DM: 140/280/420 (+0.8AP)

最大魔法DM: 210/420/630 (+1.2AP)

再演: ディストーション(W): ディストーション(W)とは別々の地点に戻ることができる。

魔法DM: 150/300/450 (+0.75AP)

再演: エーテルチェイン(E):

魔法DM: 70/140/210 (+0.4AP)

起爆魔法DM: 140/280/420 (+0.8AP)

最大魔法DM: 210/420/630 (+1.2AP)

とてつもない瞬間火力が出るメイジアサシン
次のトリックで相手のライフバーを0にする
v9.14

目次

最終更新日時: 2019-07-17 (水) 12:40:57

Champion Spotlight

考察

単体に対し高い火力を持つAssassin/Mage
コンボにより高い瞬間火力を生み出す

Pros
コンボによる圧倒的瞬間火力によりlv6到達時の1v1が非常に強い
優秀なBlinkスキルによる奇襲・逃走

Cons
有効なAoEが少なく、Farm/Push力が低い
Sustainが無く、HarassやPokeに弱い
バーストを出す為には敵中に突っこむ必要がある為、事故に遭い易い
ステータスが低め
チェインは当てるのがやや難しく、snareになるまで時間がかかる

スキル紹介

&ref(): File not found: "MirrorImage.jpg" at page "Champion/LeBlanc";Mirror Image
序盤の火力が低い時間帯では使えるが、中盤以降の火力が出始める頃になるとイマイチ。
分身中はターゲット不可という訳ではないのでMalzaharのUlt等を喰らった状態で分身してもチャネリングはそのままで何の意味も無くなる。
一応分身もChampion扱いなのでCaitのUlt等を防げたり出来るが、IreliaやWukongなどは強化されてしまう。
分身を倒すと25Goldが入るので、無闇に分身を突撃させるのは避けよう。
ステルスになった直後に分身を走らせて、本体はその逆方向に走れば一瞬だけ相手を惑わすことが出来る。

尚、分身の攻撃はOn-Hit Effectsの影響を受ける為、witsendなどを持つと分身による攻撃でもダメージが入る。
分身は赤Buffを引き継いだりしない為、殆ど意味は無いが。v5.22から分身も中立CreepのBuffを引き継ぐようになった。
&ref(): File not found: "SigilofSilence.jpg" at page "Champion/LeBlanc";Sigil of Malice
Range700を持つ優秀なスキル。
Q→Rのコンボは強力。
(※追加ダメージは本スキルを当てた相手に、もう一度スキルでダメージを与える事で発動する。E→Q→E追加効果(スネア発動)→R→W(追加ダメージ発動)。)
追加効果はスキルで攻撃した場合のみであり、アイテムのUNIQUE Active等ではマークは消費されない。
マーク持続時間とQのCDの関係上、Qのみで追加ダメージ発動は出来ない。
&ref(): File not found: "Distortion.jpg" at page "Champion/LeBlanc";Distortion
Blinkと範囲攻撃、元の位置に戻る事ができるトリッキーなスキル。
W→Rは移動力が凄まじく、敵に当てた場合は唯一のAoE大ダメージとなるが逃げる手段がなくなるので注意が必要。
仕様変更により、W→Rで連続使用した場合でも両方の地点に戻る事ができるようになった。
&ref(): File not found: "EtherealChains.jpg" at page "Champion/LeBlanc";Ethereal Chains
スロースネアを持つ唯一のCCスキルだが、Minionを盾にするChampionには当てづらい。
ヒット後スネア発動までの距離はかなり離れていても発動するので追撃は優秀。
&ref(): File not found: "Mimic.jpg" at page "Champion/LeBlanc";
&ref(): File not found: "MimicSigilofSilence.jpg" at page "Champion/LeBlanc";
&ref(): File not found: "MimicDistortion.jpg" at page "Champion/LeBlanc";
&ref(): File not found: "MimicEtherealChains.jpg" at page "Champion/LeBlanc";
Mimic
LeBlancの要のスキル。
Q→R→W→E→Qの火力は凄まじく、容易にGankが成功する。

ビルド例

セリフ

Upon Selection
"The Black Rose shall bloom once more."
 黒の薔薇は再び咲き誇る。
Attacking
"Time to make an appearance."
 ショーの始まりよ。
"There's no escape."
 逃がしはしないわ。
"Watch closely."
 よく見ておきなさい。
"What a treat."
 造作も無いわ。
"Right where I want them to be."
 思惑通りね。
"Surprised to see me?"
 驚いた?

Movement
"Where next?"
 お次は?
"It's all smoke and mirrors."
 トリックに大切なのは鏡と煙。
"Patience summoner."
 落ち着きなさい、サモナー。
"Tricky aren't you?."
 あら、意外とやるわね。
"Are you certain?"
 確信はあるの?
"Trust me."
 私を信じて。
"Classic misdirection."
 典型的なトリックね。
"Looks can be deceiving."
 見た目に惑わされないで。
"Would I lie?"
 嘘なんて吐いたことはないわ?

Taunt
"For a moment I thought I'd broken a sweat."
 あらあら、少しはできる相手かと思ったのに。

Joke
"Lying is like ninety five percent what I do."
 私の95%は嘘で出来ているのよ。
"For my next trick I'll make their life bar disappear."
 次のトリックで奴らのライフゲージを消して御覧に入れましょう。

有志訳

Upon Selection
"The Black Rose shall bloom once more."
 Black Roseはもう一度栄えるでしょう。

Attacking
"Time to make an appearance."
 そろそろ姿を現そうかしら。
"There's no escape."
 逃げ場はないよ。
"Watch closely."
 良く見なさい。
"What a treat."
 本当に、凄くイイわ。
"Right where I want them to be."
 あいつらおあつらえ向きの場所にいるね。
"Surprised to see me?"
 私に会って驚いたかい?

Movement
"Where next?"
 次はどこ?
"It's all smoke and mirrors."
 こいつは全部煙と鏡さ。
"Patience summoner."
 焦らないで、サモナー。
"Tricky aren't you?."
 あんたも狡賢いわね。
"Are you certain?"
 本気で言ってんの?
"Trust me."
 私を信じなさい。
"Classic misdirection."
 古典的トリックってやつさ。
"Looks can be deceiving."
 外見は簡単に偽れる。
"Would I lie?"
 私が嘘を言うと思う?

Taunt
"For a moment I thought I'd broken a sweat."
 一瞬、本気出そうかと思っちゃった。

Joke
"Lying is like ninety five percent what I do."
 あたしのすることの95%はウソさ。
"For my next trick I'll make their life bar disappear."
 次のトリックであいつらのライフバーを消してご覧に入れましょう。

小ネタ

ストーリー

Every city has its dark side, even one whose reputation is already of a questionable hue. Noxus - though its name is already invoked with a mixture of reverence and revulsion - is no exception to this simple truth. Deep within the winding dungeons that honeycomb the earth beneath its dark, meandering streets lies the real underbelly of this sprawling metropolis, a haven for all manner of malevolence. Amongst the cults, covens, and secret societies that call this labyrinth their home, LeBlanc, the Deceiver, presides over the Black Rose, a remnant from a lost, yet similarly unscrupulous time in Noxian history. Ruthless and seemingly ageless, LeBlanc and her ilk were a mainstay in Noxian political affairs during the era before the militarization of the Noxian government. In those days, this guild of powerful magicians met in secret to further their hidden agenda, and to hone a craft more subtle than that preferred by those currently in power.

全ての都市には暗黒面がある、たとえその評判がすでに芳しからざる傾向にある所でさえもそうなのだ。
Noxusもまた、その名前はすでに敬愛と嫌悪の混合物と共に喚起されるものであるものの、この単純な真理の例外では無い。
その暗く、あてども無い通りの下、地面を蜂の巣状にくり貫く曲がりくねった迷宮の奥深くに、この不規則に広がる巨大都市の真の下腹部、あらゆる形態の悪意の避難所が横たわっている。
この迷路を彼らが棲家とする、カルト教団、魔女集会、そして秘密結社の只中で、the Deceiver(欺く者)、LeBlancは、失われてはいるがしかしながら同様にNoxusの歴史の中において無節操な時代からの遺物である、the Black Rose(黒薔薇社)を統括している。
冷酷で見た目上は年を取らないLeBlancと彼女の同類達は、Noxusの軍国化以前の時代においては、Noxusにおける政治的問題に対しての大黒柱であった。
その当時においては、彼らの隠された協議を進めるため、また、その時力を握っていた者達が好むよりもさらに巧妙に技術を研鑽するために、この強力な魔術士達のギルドは秘密裏に会合を開いていた。

While their exact motives have always remained mysterious, it was widely believed that the Black Rose was the true power behind the throne while the aristocracy still reigned in Noxus. When raw martial prowess became the ultimate determination of whose will held sway in the Empire, the Black Rose seemed to vanish overnight. Many believed that perhaps their time had simply passed, and that its members had put aside their quests for social and political dominance. When LeBlanc reemerged at the gates of the Institute of War, however, it became clear that these masters of shadow and flame had simply been biding their time, waiting for a new global authority to emerge: the League of Legends.

彼らの正確な動機は常に謎になっていたが、Noxusが未だに貴族政治によって統治されていた時には、the Black Roseは玉座の背後にある真の力だと広く信じられていた。
生のままの軍事的剛勇こそが、誰の意思が帝国の中において多大な影響力を持つのかを究極的に決定する力となった時、the Black Roseは一夜の内に消え去ったように見えた。
多くの者が、彼らの時代は単に終わり、その構成員達は社会的政治的支配への探求を脇へ置いたのかもしれないと信じた。
しかしながら、LeBlancがthe Institute of Warの門に再び姿を現した時、彼ら影と炎の支配者達はただ単にその時機を待ち、新たな普遍的な権威、the League of Legendsを待っていたのだという事が明らかとなった。

"The world is very different for those who cannot see beyond what is placed before their very eyes." - leblancLeBlanc, the Deceiver
 「自分のまさに眼前にある以上のものを見通すことができない者にとっては、世界は全く異なって映る。」 - LeBlanc, the Deceiver

Leagueによる審判

展開する

Candidate: LeBlanc
Date: 29 October, 20 CLE

候補者:LeBlanc
日付:CL暦20年 10月29日

OBSERVATION
観察

LeBlanc's measured strides carry her along the polished marble with unparalleled grace and decorum. Her ornate magician's garb, stylish and well-kept, lends her a stately appearance seldom seen outside of a royal court. In her delicate hands she clasps a long staff topped with a series of multi-faceted crystals suspended by an unknown force. Pinned in her lustrous hair sits another such crystal, scattering the torchlight in all directions as she passes.

比べる物の無い気品と端正さを伴ったLeBlancの整然とした大股の歩みが、磨かれた大理石を通じて彼女を運んでいる。彼女の装飾の施された魔術士の服装は、スタイリッシュで手入れが行き届いており、王宮の外においては滅多に見る事の無い気品ある風采を彼女に貸し与えている。その繊細な手で、未知の力によって吊るされている複数の面を持った結晶の数々をその頂に持つ長い杖を、彼女は握り締めている。彼女の艶めく髪に留められている物には、そのような結晶のまた別の一つが飾られており、彼女が通り抜ける中で松明の明かりをあらゆる方向へと散らしている。

She comes to a halt in front of an ornate door, taking a moment to peruse the inscription. "The truest opponent lies within," she reads whimsically. The irony curls the edges of her lips to a brief smirk, but only for an instant. A moment later, her face is implacable once more; an emotionless puzzle, but still captivatingly beautiful. She reaches out a single perfectly manicured hand, easily parting the doors despite their obvious weight. She peers for a moment into the oppressive blackness before taking even strides into the murk.

彼女は装飾の施された扉の前で動きを止め、碑文を精読する瞬間を取る。「真の敵は内にあり、」彼女は茶化すように読む。その皮肉が彼女の唇をかすかな嘲りへと捲り上げたが、しかしそれは一瞬の事である。一瞬の後に、彼女の表情は今一度読みがたいものとなる。感情の無いパズルであるが、しかしそれでもなお魅惑的に美しい。彼女は完璧なマニキュアの施された手を伸ばし、その明らかな重みにも関わらず、扉を容易く開き分ける。彼女は一瞬の間重苦しい黒色の中を覗き込み、そして真っ暗闇の中へ、大胆にも大股の歩みを進める。

REFLECTION

The darkness grew cold. She pulled the robe close about her to ward off the chill, suppressing a slight shiver. A cowled figure shuffled by with a hooded lantern in its hands. In the dim lamplight she could make out the stones and mortar on either side. Water was dripping somewhere further off, and the stink of mildew filled her nostrils.

暗闇が冷たくなってきた。彼女はかすかな震えを押し殺し、寒気を防ぐために衣服を肌に引き寄せた。頭巾を被った人影が、覆いのあるランタンをその手に持って彼女の傍をいざり過ぎた。その暗い明かりによって、彼女は辛うじて左右に石と漆喰を見出す事が出来た。水がどこか遠い離れた所から滴り落ちており、白カビの臭気が彼女の鼻を満たしていた。

Another shadowy figure shambled by her, part of a procession. Falling in behind the rest of her ilk, LeBlanc took a moment to examine herself. Draped over her traditional court finery was a jet black cloak, bound with an onyx black rose. Her staff was gone, as was the brooch in her hair. Ahead, the tunnel broadened into a chamber, and she could see a crowd forming in the darkness. LeBlanc pushed her way through to the front. The crowd parted before her and she gasped. There, in the middle of the throng of onlookers, she stood face to face with herself. Well, herself in a manner of speaking. The situation was instantly familiar, and she waited patiently for her moment to come.

また別の薄暗い人影が、行列の一端として、よろよろと彼女の傍を通り過ぎた。彼女の同類達の残り全員から後に残され、LeBlancは彼女自身を観察する瞬間をとった。彼女の伝統的で華麗な宮廷の服の上に着られているのは、オニキスの黒薔薇で留められた、漆黒の黒い羽織である。彼女の杖は消え、そして彼女の髪には髪留めがあった。目の前では、トンネルが1つの部屋へと広がっており、そして彼女は暗闇の中に群衆が寄り集まっているのを辛うじて見て取れた。LeBlancは最前列へと自分の道を押し進めた。群衆は彼女の前で分かれ、そして彼女は息を呑んだ。見物人達の人だかりの真っ只中、そこには、彼女が彼女自身に顔を向けて立っていた。いや、ある意味においての彼女自身だ。状況は即座になじんだものであり、そして彼女は自分の時が来るのを辛抱強く待った。

One of the hooded onlookers stepped forward, addressing the doppelganger. "LeBlanc," he rasped to the woman at the center of the circle, "Why have you summoned us? These are dangerous times for the Black Rose to meet in numbers."

頭巾を被った見物人達の1人が前へ踏み出し、かのドッペルゲンガーに近づいた。「LeBlanc、」彼は輪の中心にいる女性に耳障りな声で話した、「なぜ我々を召喚したのか?今はthe Black Rose(黒薔薇社)が大勢で会合するには危険な時だ。」

The woman opened her mouth to speak, but a sharp wheeze cut her short. She snatched an embroidered handkerchief, speckled in blood, from the folds of her dress and used it to stifle a cough. She cleared her throat. "Brothers and sisters," she spoke weakly, "I have summoned you because I am old, and I have grown frail. I shall be one with the earth soon." She smiled, "The time has come for me to abdicate my position as Matron of the society." She coughed again, louder this time.

かの女性は話そうと口を開いたが、しかし鋭い喘息が彼女の喉を裂いた。彼女は衣服の折り目から、血の飛沫に塗れた、刺繍の施されたハンカチを引っつかみ、咳をもみ消すためにそれを使った。彼女は咳払いをした。「兄弟そして姉妹達よ、」彼女は弱々しく言った、「私が年寄りであり、私が老いぼれになってしまったために、私はお前達を召喚した。間もなく、私は大地と共にある者となるはずである。」彼女は微笑んだ、「この結社のマトロンとしての我が地位を放棄する時が私にやってきた。」今回はより大きく、彼女は再び咳き込んだ。

"There is one among you who has shown great promise and leadership," she continued, "One whose talents are outstripped only by her ambition and loyalty." She plucked the sparkling brooch from her hair, and the illusion fell away. Her porcelain skin turned ashen, her hair thin and stringy, and her eyes sunken. She extended a wrinkled hand towards LeBlanc, "Evaine, step forward and be recognized." LeBlanc stepped forward, accepting the bauble and nestling it into her neatly styled hair. Her predecessor offered her the staff. "Strange," remarked the old woman, "It's like looking in the mirror." LeBlanc accepted the staff, and the scene about her fell away.

「お前達の中に1人、大いなる前途と指導力とを見せた者がいる、」彼女は続けた、「彼女の野望と忠誠のみがその才能を上回る者である。」彼女はその髪から輝きを放つ髪飾りを引き抜き、そして幻影は遠く消え去った。彼女の磁器の肌は青ざめ、彼女の髪は薄く筋張り、そして彼女の目は落ち窪んだ。彼女は皺の寄った手をLeBlancの方へ伸ばし、「Evaine、前へ出てお目見えせよ。」LeBlancは前に踏み出し、かの安く光る飾りを受け取って自らの小奇麗に整えられた髪にそれをうずめた。彼女の前任者が彼女に杖を差出した。「奇妙じゃな、」老女は感想を言った、「まるで鏡を見ているようじゃ。」LeBlancは杖を受け取り、そして彼女の周りの光景は遠く消え去った。

A moment later she was sitting in her study, the staff cradled delicately in the crook of her elbow as she sipped tea from an ornate cup. Across from her sat a decrepit figure, his fragile body enveloped in a tightly pulled military garb. A large raven sat perched on his shoulder.

一瞬の後、彼女は自身の書斎に座っており、彼女が装飾の施されたカップからティーを啜る中、かの杖は彼女の曲げられた肘の内側に優雅に抱きかかえられていた。彼女の対面には、よぼよぼとした人影が座っており、彼のひ弱な体はきつく体に寄せられた軍服に包まれていた。大きな烏が彼の肩を止まり木としていた。

"To what do I owe the pleasure of this visitation, Jericho Swain?" she asked. Swain's crooked hand curled around the handle of his teacup and he put the steaming hot beverage to his lips.

「Jericho Swain、この訪問の喜びを何に対して負いましょう?」彼女は尋ねた。Swainの皺の寄った手が彼のティーカップの持ち手の周りで曲げられ、彼は湯気の立つ熱い飲料をその唇へと運んだ。

"Exquisite," he rasped. "Matron LeBlanc, you have always had impeccable taste."

「絶妙な、」彼は耳障りな声で話した。「マトロンLeBlanc、あなたは常に欠点の無い趣味を身につけておられるな。」

"I have," she agreed with a smile; but there was only sadness in it. She stretched an arm across the table, clasping his scarred hand in hers. "But then, you already knew that. You knew it before you sold yourself."

「そうですわね、」彼女は微笑んで肯定した。しかしそこにはただ悲しみのみが含まれていた。彼女はテーブル越しに腕を差し伸ばし、彼の傷の刻まれた手を彼女の手で握った。「しかしながら、あなたは既にその事を知っています。あなたは自分を売るその前からその事を知っている。」

Swain pressed a thorned onyx ring into her hand. "It is true. I have made sacrifices. But I made them for us. The Black Rose is yours, Matron, but I have become something greater." As if in agreement, the raven on his shoulder cawed. "The time has come. Join me in fellowship, and we can restore what was taken from us by Boram Darkwill."

Swainは彼女の手に棘のついたオニキスの指輪を押し込んだ。「それは真実であるな。私は犠牲を捧げた。しかし私は我々のために捧げたのだ。The Black Roseはあなたのものだ、女伯よ、しかし私はそれより大いなる何かになったのだ。」まるで同意であるかのように、彼の肩の烏がしわがれた鳴き声を上げた。「時は来た。共同者として私に加われ、さすれば我々はBoram Darkwillに取り上げられたものを回復出来よう。」

She gazed at the ring, "You have forsaken your identity to gain Darkwill's trust. The rest will not be so eager."

彼女は指輪を凝視し、「あなたはDarkwillの信頼を得るため、自身の身元を放棄した。他の者達はそれほどには熱心にはならないわ。」

"Perhaps. But there are other ways," Swain continued.

「おそらくは。しかし他の方法がいくつかある、」Swainは続けた。

A porter arrived in the doorway to announce an additional guest. "General Du Couteau is here to see you, Matron."

ボーイが1人、追加のゲストを知らせるために戸口に到着した。「マトロン様、Du Couteau将軍があなたにお目にかかるためやって来ました。」

LeBlanc shot Swain a curious glance. "Send him up," she replied. The porter exited the study. "Du Couteau is that vulgar General's lapdog," she spat. "He will be of no use to us, Jericho."

LeBlancはSwainに興味深い視線を送った。「彼をここに連れてきなさい、」彼女は答えた。ボーイは書斎から立ち去った。「Du Couteauはあの俗悪な将軍の愛玩犬よ、」彼女は吐き捨てた。「彼は私達にとって何の役にも立たないわ、Jericho。」

"Perhaps you're mistaken, Deceiver. He is of noble blood," said Swain.

「おそらくあなたは勘違いをしておるのだ、Deceiver(欺く者)よ。彼は高貴な血統の者だ、」Swainが言った。

LeBlanc held up the ring. "But he is not one of us!"

LeBlancは指輪を握り締めた。「でも彼は私達の一人じゃないわ!」

Swain nodded. "Why do you want to join the League, LeBlanc?"

Swainはうなづいた。「なぜLeagueに入ろうと思うのだ、LeBlancよ?」

"I mean to reclaim my people's birthright," she proclaimed, flames burning in her eyes, "And believe me. I shall succeed."

「私は同胞の生まれついての権利を取り戻すつもりよ、」彼女の目に炎を燃やし、彼女は宣言した、「そして私を信じて。私は成功してみせるわ。」

Jericho Swain got up from the table and gently caressed her face. "How does it feel, exposing your mind?"

Jericho Swainはテーブルから立ち上がり彼女の顔を優しく撫でた。「あなたの心をさらけ出して、どう思ったか?」

LeBlanc threw back her head and laughed. "You think that I'm exposed, summoner?" she jeered. "You will never know LeBlanc. She is far older than I. She is older than your precious League." Swain nodded. The doors before her flew open, leaving her alone in the light. The League of Legends awaited her.

LeBlancはその頭を後ろに反らして笑った。「私がさらけ出されたと思うの、サモナー?」彼女は冷やかした。「貴方がLeBlancを知る事は決して無いわ。彼女は私より遥かに年を経ているの。彼女はあなたの大事なLeagueより年を取っているのよ。」Swainはうなづいた。彼女の前の扉は広がり分かれ、彼女をただ一人光の中に残した。The League of Legendsが彼女を待っていた。

コメント

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照 <<過去ログはこちら>>

  • ぶっこむだけぶっこんでスッと逃げていくの原辰徳 -- 2019-02-25 (月) 11:56:24 <1933963100>
  • こいつの最大バーストコンボってQREWで合ってます? -- 2019-03-02 (土) 13:49:50 <2055514991>
  • 短時間だったらそう。だけどQREとERQ、つまり強化Qと強化EはDM量が同じだから、最大DMを出すにしてもどちらを再演するか(より短時間のバーストDM or より長時間のSnare)の判断が重要 -- 2019-03-02 (土) 15:58:39 <461907903>
    • なるほどそういうコンボも……ご指導あざっす!! -- 2019-03-02 (土) 18:01:00 <2055514991>
    • 強化Qと強化Eのダメージ同じなの知らんかった… -- 2019-03-02 (土) 18:21:11 <1877980058>
  • 対面にクインきてどうあがいても勝てなかったんですけど -- 2019-03-03 (日) 02:59:22 <2579166243>
  • 基本紐から当てないと勝てないマッチ -- 2019-03-10 (日) 14:15:58 <2048632814>
  • lebの分身の操作altなの押せないんだけどキー設定のどこで変えたらいい? -- 2019-03-10 (日) 21:46:55 <2048632814>
  • ペットの操作だったと思われる -- 2019-03-11 (月) 19:37:50 <235680160>
  • 使っててふと冷静になって見るとこの見た目で戦闘スタイルが人間ミサイルなの面白すぎるな -- 2019-04-04 (木) 23:29:31 <2581267655>
  • 悩殺ボディープレスやぞ -- 2019-04-04 (木) 23:58:57 <1783186816>
    • えっちだ...w -- 2019-04-06 (土) 18:16:05 <235680160>
    • AOEだから複数プレイか -- 2019-04-06 (土) 18:23:53 <1877980536>
  • ARAMで後ろの方でちょろちょろしながらペンタ狙ってる敵イーがいたんで、Q確認からのルブランの帰還ブリンクで釣って5人で囲って上げれて気持ちよかったです -- 2019-04-07 (日) 20:28:19 <2055514991>
  • Wでマーク付与してからQを連鎖させてウェーブクリアするのがめっちゃ気持ちよかった記憶 -- 2019-04-23 (火) 18:49:24 <1009470693>
  • 無かったことになったんだから早く忘れるのだ -- 2019-05-02 (木) 08:01:04 <828908275>
  • ウェーブクリア楽だしRR楽しかったからしょーもないのに戻さないでほしかったな -- 2019-05-20 (月) 07:48:31 <2085904139>
  • 対ルブランサポートやったけどadcの力じゃ一切ダメージ交換成り立たなくてレーンくっそきつかったわ -- 2019-04-26 (金) 12:13:39 <2748420620>
  • いろんな統計サイト見るけどどこ見ても勝率Tier共に低いな、メタにあってないとか? -- 2019-05-04 (土) 03:54:35 <1924764883>
  • 結構前に分身を見分けにくくする変更あったけど、ヴェインのWとかエコーのPassiveとかのスタック付いてると見分けられるのは仕様なのだろうか・・・? -- 2019-05-04 (土) 05:00:49 <3064448432>
  • レーンでwqreの一方的ハラスしたろ!!ってなるとなぜか再演がwの方に掛かる現象…指が追い付いて無いんやろうなぁ -- 2019-05-07 (火) 11:47:07 <1790187794>
  • Wで再演ってことは、Wの後にQが発動する前にRないんじゃない? -- 2019-05-12 (日) 07:32:57 <1013613206>
    • 修正:R入力してるんじゃない? -- 2019-05-12 (日) 07:34:06 <1013613206>
  • Qの射程外で入力したからじゃねーかな -- 2019-05-27 (月) 13:59:43 <714308292>
  • くっだらね ダメージは良いとしてWの汎用性が高すぎんだよCDも戻れる距離もnerfするべき -- 2019-05-12 (日) 09:52:50 <3682179705>
  • えげつないnerf食らったのに全然ピンピンしてんな -- 2019-05-14 (火) 02:30:18 <3054822631>
  • クッソくだらねぇチャンプ -- 2019-05-14 (火) 03:16:04 <1923517625>
  • 9.10でバグってないか?分身の移動できないんだが -- 2019-05-15 (水) 00:08:31 <1924764883>
  • 気のせいでした -- 2019-05-18 (土) 00:30:45 <1924764883>
  • パッシブとWに疑似タンク性能があるのがね・・・ -- 2019-05-19 (日) 19:36:00 <2128294441>
  • Wに疑似タンク性能ある? -- 2019-05-27 (月) 14:16:39 <1036326950>
    • パッシブはともかくWはなんだろうね 狙わなきゃいけない所が増えるから敵のスキルショットスカしやすいって話かな -- 2019-05-31 (金) 08:47:50 <2089719969>
  • ただただ不快指数が高いチャンピオン -- 2019-05-29 (水) 01:57:14 <1787115703>
  • ARAMでマルザ使ってたら相手のルブランがクッソうざかったのでRは毎回こいつに使ってやった(日記) -- 2019-06-13 (木) 13:02:51 <3532185395>
  • 対面がスマーフのこいつだとレーンイーブンにするのキツすぎる どうしようもなくね? -- 2019-06-23 (日) 19:19:15 <1924764883>
  • スマーフなら何使われてもどうしようもないでしょう -- 2019-06-24 (月) 00:16:36 <3029587354>
    • こいつだと余計にさあ... -- 2019-06-24 (月) 00:39:13 <1924764883>
  • プレイヤーに語りかけてくるの好きすぎるんだ -- 2019-07-05 (金) 12:39:32 <2129242002>
  • ??「何度もしつこいぞ愚か者が」 -- 2019-07-09 (火) 10:59:05 <235570625>
お名前:

コメント欄は投稿時の注意事項を守ってご利用ください。

階層があるコメントは「Shift」+「左クリック」で全コメントの表示・非表示を切り替えられ、「右クリック」で対象コメントの表示・非表示を切り替えられます。

変更履歴

  • vX.XX:
    • XXXXXXXXXX
      • XXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
  • v:
    • 実装