#style(class=champion_stats){{{
//////// チャンピオンの名前 ////////
#rcs(name);

//////// チャンピオンの画像、性能指標(公式サイトより) ////////
#style(class=overview){{
&rcs(icon);
: 攻撃力 | &rcs(attack);
: 防御力 | &rcs(defense);
: 魔力 | &rcs(magic);
: 難易度 | &rcs(difficulty);
}}

//////// チャンピオンの情報 ////////
#style(class=details){{
|~ ロール | &rcs(role); |~ 実装日 | 2011/08/09 |
|~ 価格 | 4800 &ip; | 880 &rp; |~ 最終更新 | v6.11 |
}}

//////// チャンピオンのステータス詳細 ////////
//////// 公式サイトのデータは Lv0時の値 (+増加分) なので注意 ////////
#style(class=stats){{
|~ ステータス |~ Lv.1 |~ ... |~ Lv.18 |
|~ 体力 | &rcs(hp1Lv); | '''&rcs(hpPerLevel);''' | &rcs(hp18Lv); |
|~ マナ | &rcs(mp1Lv); | '''&rcs(mpPerLevel);''' | &rcs(mp18Lv); |
|~ 物理防御 | &rcs(armor1Lv); | '''&rcs(armorPerLevel);''' | &rcs(armor18Lv); |
|~ 魔法防御 | &rcs(spellblock1Lv); | '''&rcs(spellblockPerLevel);''' | &rcs(spellblock18Lv); |
|~ 移動速度 |>|>| &rcs(movespeed); |

|~ ステータス |~ Lv.1 |~ ... |~ Lv.18 |
|~ 体力自動回復 | &rcs(hpregen1Lv); | '''&rcs(hpregenPerLevel);''' | &rcs(hpregen18Lv); |
|~ マナ自動回復 | &rcs(mpregen1Lv); | '''&rcs(mpregenPerLevel);''' | &rcs(mpregen18Lv); |
|~ 攻撃力 | &rcs(attackdamage1Lv); | '''&rcs(attackdamagePerLevel);''' | &rcs(attackdamage18Lv); |
|~ 攻撃速度 | &rcs(attackspeed1Lv); | '''&rcs(attackspeedPerLevel);%''' | &rcs(attackspeed18Lv); |
|~ 間合い |>|>| &rcs(attackrange); |
}}
#clear
}}}

#style(class=champion_abilities){{
|20%|80%|c
|~ スキル名 |~ 効果 |
#include(データベース/チャンピオン/パーツ/Skarner)
}}

* 目次 [#jc7633ef]
#contents
最終更新日時: &lastmod;

* Champion Spotlight [#ifbc76f5]
#netvideos("vLxbEDJykcI",480,270);

* 考察 [#k4fdd6fb]
Ultによる拉致が特徴的なMelee Fighter
高い基本ステータスを持つが遠距離攻撃手段に乏しい

Pros
Passiveによる高速周回やCounter Jungle、Dragon・Baronの優位性、高い安定性
Jungle内ではMana持ちが良い
Passiveにより相手側のオブジェクト管理数を強制的に増やす
連射できるQによる高いDPS
敵を引っ張るUltは使い勝手が良く様々に応用が利く
ステータスが高く比較的序盤でのタワーダイブからの拉致が可能

Cons
瞬間火力が低い
遠距離攻撃手段が低威力のEのみかつ、弾速が遅め
Tanky気味でないと集団戦で苦労する
敵にもGoldを与える柱

** スキル紹介 [#qc7155f7]
#style(class=champion_summary_list){{
|50|750|c
|~&ref(./Skarner_CrystallizingSting.png,32x32);|LEFT:''Crystal Spires''&br;マップの数ヵ所に水晶が配置され、占領している水晶の範囲内では強力なbuffを受ける。&br;junglingは極力水晶の効果範囲内で行いたい。|
|~&ref(./Skarner_CrystalSlash.png,32x32);|LEFT:''Crystal Slash''&br;スタックは5秒間持続する為、当て続ければ常に物理DMに加え追加魔法DMを与えるスキルになる。&br;詠唱モーションがないため移動しながら使用できる(EveのQに近い)が空撃ちではスタックは得られない。&br;元々持っていた通常攻撃によるCD解消のPassiveはv4.10からこのスキルにのみ残された。|
|~&ref(./Skarner_CrystallineExoskeleton.png,32x32);|LEFT:''Crystalline Exoskeleton''&br;自身へのシールドに加えて徐々にMSが上がる。&br;シールドがなくなると同時にBuffも消えてしまうので注意。&br;防御・逃走だけでなくGankなどにも活躍するが、最大速度に達するまで3秒かかるためある程度早めに使用しておくことが重要。|
|~&ref(./Skarner_Fracture.png,32x32);|LEFT:''Fracture''&br;射程が長く幅もそこそこあり、敵ユニット貫通&スローの効果も優秀だが弾速がかなり遅くダメージも貧弱。&br;このスキルを当てないと接近できないので、要練習。|
|~&ref(./Skarner_Impale.png,32x32);|LEFT:''Impale''&br;拘束している相手は水晶体になり、その間Skarner自身は通常攻撃、E、サモナースペルのFlashが使用不可能になる。&br;QとWは使えるので、引っ張っている間にQを入れてスタックを稼ごう。&br;サモナースペルのGhostやアイテムのActiveも使えるので、Ultを決めたら高速で拉致する事も出来る。&br;&br;発動中は自分から少し離れた間合いで敵を引きずる(尻尾の長さ?)ため、全力で引っ張っている状態で効果時間が終わると&br;追撃のQが入らず敵を取り逃がしてしまう。終了間際に停止して密着状態に間合いを調整すること。&br;また拘束中の敵Championは固定される為、ノックバックで吹き飛ばそうとしてもビクともしなくなる。&br;(拘束中にSkarner自身が敵のノックバックで吹き飛ぶと敵Championも引き回される)&br;kalistaのultを併用することで長距離拉致が可能。Threshのランタンはult発動中には掴むことができない|
}}

** ビルド例 [#n8c8eab9]
#build(Skarner)

** セリフ [#gc756220]
#tab(日本語,英語){{
//---------- 日本語 ----------
'''Upon selection''' 
''「俺の針で残忍な死を与えよう」''

'''Attacking'''
''「戦いの時間だ」''
''「八つ裂きにしてやる!」''
''「引きちぎってやる!」''
''「爪なら届くぞ」''
''「恐怖を教えてやる」''
''「串刺しにしてやる!」''

'''Movement'''
''「行くぜ」''
''「気が合うな、サモナー」''
''「いい判断だ」''
''「仲間に会いたい」''
''「何とも奇妙な世界だ」''
''「俺らの時代が待ち遠しい」''
''「戦いになるぞ」''
''「クリスタルスカーが泣いている」''
''「いつでも貫ける」''

'''Upon using &ref(./Skarner_Impale.png,nolink,Impaleは直訳で「串刺しにする」等,32x32);Impale'''
''「どうだ痛いか!」''
''「捕まえたぞ!」''
''「もう逃げられん!」''

'''Taunt''' 
''「俺は長い時を生きてきた!お前なんか虫ケラに過ぎねえ!」''

'''Joke''' 
''「虫って気持ち悪いよな……」''
 ''おっと!親戚を踏み潰してしまった……」''

'''Special''' 
 スカーナーー!
 #特定の草むら(試合毎に異なる)の中で12秒間ほど棒立ちしていると一試合に一回だけ発言、(ポケモンの「ピッピカチュウ!」的な鳴き声との考察あり。参考資料:http://www.youtube.com/watch?v=rMLSFF1Re84)\

//---------- 英語 ----------
'''Upon selection''' 
''"My stinger brings ugly death."'' 
 俺の針は無残な死を与えるのだ。

'''Attacking'''
''"Time to fight!"'' 
 戦いの時だ!
''"Limb from limb!"'' 
 八つ裂きだ!
''"I will tear them apart."''
 俺が奴らを引き裂いてやる。
''"In claw's reach."''
 ハサミの射程内だ。
''"I'll show you monstrous."'' 
 これが"怪物"だ。
''"Fear my sting."''
 俺の一刺しを恐れろ。

'''Movement'''
''"On all legs."'' 
 全"足"力で向かう。
''"We think alike, summoner."'' 
 同感だな、サマナー。
''"I see the wisdom in that."'' 
 聡い選択だな。
''"I miss my kind."'' 
 仲間が懐かしい。
''"This world is so strange."'' 
 妙な世の中になったものだ。
''"We await our time."''
 俺達の時代を待っていたんだ。
''"The battle approaches."'' 
 戦いが近いな。
''"The Crystal Scar is weeping."'' 
 Crystal Scarが泣いている。
''"My stinger is ready."'' 
 俺の針は準備万端だ。

'''Upon using &ref(./Skarner_Impale.png,nolink,Impaleは直訳で「串刺しにする」等,32x32);Impale'''
''"FEEL MY STING!"'' 
 俺の針を食らえ!
''"Now I've got you..."'' 
 さぁ、捕まえたぞ……。
''"Ahahahaha!"'' 
 ヒャッハァ!
''"You'll never escape!"'' 
 絶対に逃げられないぞ!

'''Taunt''' 
''"I... am... ancient! You are nothing more than an insect to me!"'' 
 おれ……は……生きる伝説! お前など虫ケラに過ぎん!

'''Joke''' 
''"Eeaugh! Bugs are gross! Ugh!"'' 
 ひぎぃ! 虫キモい! うぇぇ!
''"Oh no! I seem to have stepped on one of my cousins!"'' 
 ああッ、従兄弟を一体踏んでしまった!

'''Special''' 
''"SKA-SKA-SKARNER!"''
 スカスカスカーナー!
 #特定の草むら(試合毎に異なる)の中で12秒間ほど棒立ちしていると一試合に一回だけ発言、(ポケモンの「ピッピカチュウ!」的な鳴き声との考察あり。参考資料:http://www.youtube.com/watch?v=rMLSFF1Re84)\
}}

** セリフ(Battlecast Alpha Skarner Skin) [#r195e6db]
'''Upon starting a game'''
''"Abduction protocol in effect. Isolate high potential subjects."''
「拉致プロトコル作動。高ポテンシャル体ノ隔離ヲ開始」
''"The Creator requires additional organic templates."''
「創造主ハサラナル生体標本ヲホッシテイル」
''"Biological samples detected. Dispose of all unusable materials."''
「有機標本ヲ発見。不要ナ物質ノ排除ヲ開始」
''"The will of the Creator must be enacted."''
「創造主ノ意志ハナサレネバナラヌ」

'''Attacking'''
''"The Creator awaits."''
「創造主ガ待ッテイル」
''"Contemptible biological unit."''
「唾棄スベキ肉体ダ」
''"Emotion puppet."''
「感情ノアル人形メ」
''"We have need of your subtype."''
「我ラニハオマエガ別ノ形デ必要ナノダ」
''"Escape is statistically improbable."''
「統計学的ニハ逃走ナドアリエナイノダ」
''"You will be incorporated."''
「オマエハ我等ニ”編入”サレルノダ」
''"Die, passing obstructions!"''
「過去ノ遺物メ、シネ!」
''"An unsuitable model."''
「不格好ナ出来ダナ」
''"Comply with your discontinuation."''
「止マリヤガレ!」
''"Survival is a delusion."''
「生ナドマドワシニスギン」
''"Your design requires improvement."''
「キサマノ設計ニハ『改良』ガ必要ダナ!」
''"Abandon your kind."''
「種ナド捨テ去レ」
''"Expediting incapacitation."''
「解放ヲ手伝ッテヤロウジャナイカ」
''"Activating chain blades."''
「チェインブレード作動」
''"Allowances will not be made."''
「キサマヲ許容ナドセンゾ」
''"Collect what can be re-purposed."''
「何ガ再利用デキルカ選バネバ」

'''Movement'''
''"Useful components will be preserved."''
「役ニ立チソウナ部品ハ残シトイテヤルヨ」
''"I will find them."''
「見ツケタ」
''"Root out valuable biological units."''
「生命体ヲ根絶スル」
''"I do not deviate from my course."''
「俺ハコースアウトナドセンゾ」
''"Organic weaponry is inconsequential."''
「生身ニヨル武器ナド、取ルニモ足ラナン」
''"Looping self-diagnostic."''
「自己診断中ーー自己診断中ーー自己診断中」
''"Specialization: target apprehension."''
「確保モードヘ移行」
''"The resistance is a lie."''
「レジスタンスハウソ」
”portalに出てくるcake is a lie の捩り?あちらも狂った機械の創造主が出てくる。書いたのは人間だが”
''"I cannot be impeded."''
「俺ノジャマハサセンゾ」
''"The machine expansion is irreversible."''
「機械ノ発展ハモハヤ戻ラヌ」
''"This world is in need of retrofitting."''
「世界ハ修復ヲサレネバナラナイ」
''"No locations are inaccessible to me."''
「俺カラニゲルコトナドデキン」
''"Calculating optimal abduction opportunity."''
「最上ノ拉致条件ヲ計算中」
''"Referencing local area schematic."''
「ローカルマップヲ更新中」
''"Capture exceptionals specimen."''
「高価値ノ生体ヲ捕獲」
''"Our progress will not be abated."''
「我等ノ進歩ハ止メルコトナドデキン」
''"Establishing strategic positioning."''
「戦略的配備ヲ確立」
''"Involuntary extraction authorized."''
「全自動引キ抜キヲ認可」

'''Joke'''
''"My stinger consists of metal matrix composites, thermoplastic polymers and... ugly death."''
「俺ノ針ハ複合金属材料デ出来テイルノダ、熱可逆性物質ニ重合体……ソシテ、醜イ死ダ!」
''"Skar-skar-skarner... rebooting system."''
「スカースカースカナー……再起動中」
''"Squish. Plod. I'm a human."''
「ビシャビシャ、ボトボト、ボクハニンゲン」

'''Taunt'''
''"How do you sustain respiratory function with such meager processing power?"''
「ドウヤッタラ呼吸ナンカデソンナニ貧弱ナパワーが出セルンダイ?」
''"Biology is the study of defective systems."''
「有機学ハ致命的ナ欠陥ノアル学問ダ!」
''"You have taught us many methods through which you can die."''
「貴様ハ数エキレンクライノ方法デ死ネルホド丈夫ダナ!」

'''Dance'''
''"Boogie protocol engaged."''
「ロックンロールプロトコル作動」

'''Upon casting &ref(./Skarner_CrystallineExoskeleton.png,nolink, ,32x32,);Crystalline Exoskeleton'''
''"Accelerating."''
「加速スル」
''"Bolstering exoplating."''
「装甲ヲ強化」
''"Reinforcing hull."''
「外皮ヲ補強」
''"Boosters activated."''
「ブースター作動」

'''Upon casting &ref(./Skarner_Impale.png,nolink, ,32x32);Impale'''
''"You are coming with me."''
「サァ、ツイテキナ!」
''"Cease your movement."''
「歩ミヲ止メロ」
''"You have been chosen."''
「貴様ハ選バレタノダ」
''"Prepare for disassembly."''
「『解放』ニ備エロ」
Skarner laughs.
Skarner laughs.
Skarner laughs. 

'''Upon buying &i_iceborngauntlet;Iceborn Gauntlet'''
''"Employing thermal suppression."''
「熱阻害システムヲ使用」
''"Shape unsuited to forelimbs - adjusting."''
「俺ノ腕ノ形ニ合ワネェ! ーー調節中」

'''Upon buying &i_sunfirecape;Sunfire Cape'''
''"Effective against biologicals and their bacterical contaminants."''
「有機体及ビソレラノ細菌汚染ヘノ効果有リ」
''"Seek out biological clusters."''
「有機体ノ集団ヲ補足中」

'''Upon buying &i_trinityforce;Trinity Force'''
''"Integrating tri-core processing."''
「統合トライコアヲ加工中」
''"Multiple systems enhanced."''
「複合システム強化」

'''Upon buying &i_warmogsarmor;Warmog's Armor'''
''"Maximizing defensive output."''
「最大防御ヲ出力」
''"Damage absorption potential boosted."''
「ダメージ吸収性能増大」

'''Upon placing &i_stealthward;Stealth Ward'''
''"Surveillance deployed."''
「監視ヲ配備」
''"Area monitored."''
「エリアヲモニター完了」
''"Remote sensor activated."''
「反応センサー起動」

'''Upon casting &ref(./Recall.png,nolink, ,32x32,);Recall'''
''"Rearming in progress."''
「再武装ヲ行ウ」
''"Update required."''
「アップデートノ必要アリ」
''"Return imminent."''
「今スグ戻ネバ」

'''Upon dying'''
''"Error..."''
「エラー……」
''"Skar-skar..."''
「スカースカー……」

** 小ネタ [#g3b03ed7]
-Skarner同士で同時に引っ張り合うと[[こんなこと>http://www.youtube.com/watch?v=HoGmTHTeM1s]]になる。

** ストーリー [#w77c8e5d]
#tab(日本語,英語){{
//---------- 日本語 ----------
&rcj(lore);\

//---------- 英語 ----------
&rce(lore);\
}}

**Leagueによる審判 [#ea8a2fc7]
#fold(展開する){{{
Candidate: Skarner
Date: 5 August, 21 CLE 

志望者:Skarner
日付:CL暦21年 8月5日

''OBSERVATION''
''観察''

The silence is eerie. The village was once an endless flurry of activity, with the chorus of pickaxes, rolling mining carts, and shouts of laborers comprising the song of Kalamanda audible during every moment of the day. Now, it is deathly silent, lacking even the far-away cries of birds or the whispers of winds moving through the grass. A blue bubble shimmers overhead, enclosing all life inside without regard to the malice or innocence present in the hearts of the trapped.
沈黙が不気味である。
つるはしの合唱、回るトロッコ、労働者の怒鳴り声によって構成される、日がな一日聞こえるKalamandaの歌をもって、この村はかつては際限無い活発な騒ぎとなっていた。
今や、遠くの鳥達の鳴き声や草を渡る風のささやきすらも欠き、死んだように静かである。
頭上には一つの青い泡がぬめるように輝き、全ての命を、その封じられたものの心の中に存在している悪意やあるいは純真さを考慮する事無く、中に閉じ込めている。
 
Suddenly, the ground in the center of the village bursts upwards. The League recovery crew stationed in Kalamanda is unprepared, staring blankly as a wickedly sharp crystal rises out of the ground. It lingers for a moment, as if tasting the air, and suddenly shoots out towards the humans standing close by. They barely manage to dodge out of the way, stumbling over themselves as the rest of the body attached to the crystal surges through the dirt.
突如、この村の中心の地面が上方に吹き上がる。
Kalamandaに駐留するThe Leagueの修復部隊は準備が出来ておらず、地面から一つの邪悪なほど鋭い結晶が湧き上がるのを呆然と見ている。
それは、まるで空気を味わうかのように、しばらくの間そこに留まり、そして突然付近に立っていた人間達に飛び掛る。
彼らはほとんどその進路を回避する事が出来ず、土を裂いて湧き上がる結晶に残りの体が付着するにつれ、よろめき倒れこむ。
 
It is a massive creature, seemingly carved out of the earth's most precious gemstones. The light gleams off of each facet of its segmented body, a halo crowning the unnatural creature's birth into the world. Menacing claws lash out towards the humans, snapping at everything in its path. The League crew defend themselves the best that they can, yelling out hopelessly to yield.
それは巨大な生物であり、見たところ大地の最も貴重な宝石で形作られているようである。
その分断された体のあらゆる面から光がきらめき、この超常の生物の世界への誕生に後光が輝いている。
威嚇するような爪が人間達に向けて振りかぶられ、その進路上のあらゆる物を引き裂いていく。
Leagueの者達は、屈服するよう叫ぶという、出来る限りの最善の方法で自分達を守る。
 
The crystal scorpion lets out a guttural roar, one that is as full of anger as it is of sorrow.
かの結晶のサソリは、怒りと、そして同時に悲しみに満ちた、腹に響き渡る雄叫びを発する。

''REFLECTION''
''反応''

Skarner scurried through the Institute of War, his limbs cramped from trying to avoid scraping his sides on the tiny hallways. It didn't help that humans kept cluttering the way, staring at him instead of making space for their unexpected visitor. An escort led him through an enormous set of double doors, where a human was waiting alone in a dark room. He was relieved to be away from prying eyes, though he knew that what was to come would pry into him far more deeply.
Skarnerはthe Institute of Warを小走りに急ぎ、その側面を小さな回廊にこすり付ける事を避けようと、彼の脚は縮こまった様子である。
その事によっても、人間が道に散らばり、その予期せざる訪問者のために場所を譲る代わりに彼を見つめてくる事に対しては、特に効果は無かった。
数え切れないほどの数の両開きの扉のつがいをくぐり、先導者が彼を、とある人間が暗い部屋の中で待っている所へ導いた。
詮索の目から離れた事に彼は安堵したものの、これから起こる事は彼を寄り深く詮索するものである事を、彼は知っていた。
 
The human's honest demeanor betrayed his purpose before he even spoke. 
その人間の誠実そうな物腰は、話し出すその前から、彼の目的をばらしていた。

"I am Bertrand Wordsworth, keeper of history in the Arcanum Majoris. It is an incredible honor to meet one of your kind. I have never found any mention of the brackern in all my studies." Bertrand's eyes darted about, taking in Skarner's impressive form.
「私の名はBertrand Wordsworth、the Arcanum Majoris(大魔術書庫)における歴史記録者です。
あなたの種族に会えるとは驚くべき光栄です。
私の研究の限りにおいて、the brackernについてのいかなる記述も見た事はありません」
Bertrandの目は観察のために素早く動き、Skarnerの印象的な体付きの情報を吸収していた。
 
"So it would seem that humans seek to eliminate our species, but the knowledge that we ever existed at all as well." Skarner replied evenly.
「つまりは人間共は俺達の種族のみならず、俺達がかつて居たという知識をも同時に消し去ろうとしていたようだな」
Skarnerは冷静な様子で返答した。
 
The historian flushed. "I apologize for being so forward. I wasn't thinking." 
歴史家は顔を赤らめた。「大胆な事を言ってすみません。そんな事は考えていませんでした」

"No. It is I who should be apologizing." Skarner's jaws clenched. "Forgive me. This new world is so very strange, and the grievances of centuries past are still recent to my memory."
「いや。俺の方こそ謝らなければならない」Skarnerの顎は引き締められた。
「許してくれ。この新たな世界はとても奇妙で、そして何世紀も前の不平の種は俺の記憶にまだ新しいのだ」
 
"Understandably so." 
「まったくその通りでしょうね」

"So, shall we get on with your rituals of judgment, then" The brackern was eager to be away.
「だから、お前達の審判の儀式を済ませてしまおう、それから」このbrackernは立ち去りたくて仕方が無かった。
 
"On the contrary, your little show back in the village, in addition to our conversations, has already answered all of our questions regarding your eligibility for entry into the League. Your commitment to fight for your kind to return is honorable. It is also a thrill for us to receive one as unique as yourself into the organization." He hesitated.
「とんでもない、私達の会話に加えて、あなたが以前に村で行った多少の興行により、Leagueへと加入する資格に関する私達の質問にはすでに答えが出ています。
自分の種族の帰還のために戦うという、あなたの献身は賞賛に値します。
また組織の中にあなたのような特殊な者を迎え入れる事は、私達を興奮させるものです」
彼はへりくだった。
 
"But you want to know the story of the brackern." 
「しかしお前はthe brackernの来歴を知りたがっている」

"Indeed." Bertrand raised a scroll in his hand. "I have a spell here, one that will take us back in time."
「その通りです」
Bertrandは1つの巻物を手に取った。
「私はここに、私達を逆行した時間の中に連れていく呪文を持ってきました」
 
The crystal scorpion did not answer for a moment. The desire to see his brothers again was too strong to ignore, but he knew the cost. He nodded his consent.
結晶のサソリはしばらくの間答えなかった。
彼の兄弟達を再び見たいという欲求は抑えられないほど強かったが、しかし彼はその代償を知っていた。
彼は承諾の意をもってうなずいた。
 
A swell of magic flared through the room. Suddenly, Skarner was again seeing the world as it once was.
魔術の波が部屋を照らした。突如、Skarnerは世界がかつてそうあった所を再び見ていた。
 
The cold dirt of the earth surrounded him, a comforting sensation on his tired limbs. He recognized the exhaustion and madness that consumed him he was in the final moments of his life's quest. Skarner had not seen his kind for years, journeying into the depths of the mountains to find the one crystal in the world that would resonate with his life essence. Skarner's desperation threatened to consume him, after unearthing crystal after crystal that was not meant to be his. With his last ounce of strength, he reached out with his claws through the dirt and finally found the Arachia that would bind to him for the rest of his life.
彼の疲れた脚に心地よい、大地の冷たい土が彼を取り巻いていた。
生涯をかけた使命の最後の瞬間に彼を飲み込んだ疲労と狂気を、彼は感じた。
Skarnerは彼の命の源と交感できるただ一つの結晶を求めて山の深部に向かって旅を続けており、何年にも渡って自分の種族を見ていなかった。
彼の物にはならない結晶を次から次へと掘り出した後に、Skarnerの絶望は彼を飲み込まんとしていた。
最後の力の欠片をもって、彼はそのハサミを土に伸ばし、そしてついに、残りの生涯に渡って彼に属する事となるであろうthe Arachiaを見つけ出した。
 
Skarner uncovered it carefully, relief and awe washing over him, leaving him breathless. The crystal was the largest of any that he had ever seen, let alone those that had responded to a brackern. He pored over the intricate carvings sprawled across every gleaming facet, marveling at the residue from the earth weaving its knowledge into the gemstone for centuries. Skarner curled around the crystal as it began to pulse, soothing all his fears that he would die alone in disgrace if he hadn't found his Arachia.
Skarnerはそれを慎重に掘り出した、安堵と恐れが彼を洗い流し、息を飲ませた。
その結晶は、今までbrackernに呼応した結晶は言うまでもなく、それどころか彼が今まで見た結晶の中で最も大きかった。
彼はほのかに光る面の全てにのたくっている複雑な彫刻を熟視し、大地が何世紀にも渡ってこの宝石に織り込んできた知識の残留物に驚嘆していた。
もしそのArachiaを見つけることが出来なかった場合には不名誉の中一人きりで死んでしまっていただろうという彼の恐怖の全ては癒され、結晶が脈動し始めると、Skarnerはそを抱くようにうずくまった。
 
He murmured the words of binding, and felt his soul sing as it became one with the earth. His first meditation with the crystal left him paralyzed for days, the knowledge of eons past flooding into his mind. The voices of the natural world whispered to him, sharing the secrets of primal magic and the history of centuries past. In the decades that followed, Skarner communed with the crystal almost daily, and only barely started to explore all of the knowledge imbued within it. Skarner passed on everything he had learned to his fellow brackern, and each creature in turn fed the knowledge back into his own Arachia for future brackern.
彼は結合の言葉を唱え、そして、彼の魂が大地と共にあるものとなるにつれて歌い出すのを感じた。
この結晶と初めて共にする瞑想は彼を何日にも渡って麻痺させ、彼の精神には太古の知識が流れ込んだ。
自然界の声々が彼にささやきかけ、何百年も昔の出来事や生のままの魔力の秘密について分かち合った。
その後何十年にも渡り、Skarnerはほぼ毎日その結晶と交感したが、それでもその中に吹き込まれた全ての知識をやっと知り始めるのみであった。
Skarnerは彼の学んだ事を仲間のbrackernに伝え、そして未来のbrackernのために、お互いに自分のArachiaに知識を返し蓄えていたのだった。
 
Then, a devastating explosion rocked the land. Skarner knew what was coming next.
そして、破滅的な爆発が大地を岩と成した。Skarnerは次に何が来るのかを知っていた。
 
Seconds later, a noxious cloud engulfed the valley, and the crystals vibrated with an alien glow. A piercing hum grew in volume to a deafening shriek. One by one, the crystals began to shatter, spraying glowing shrapnel in all directions. The brackern that were bound to the crystals screamed, dropping to the ground in writhing agony.
何秒と経たない内に、毒の雲が谷を飲み込み、そして結晶が異質な輝きと共に震え始めた。
つんざくような唸る音が、耳を塞ぐような金切り声になった。
一つまた一つと結晶は砕け散り、全方位に輝く破片を散らした。
その結晶に結び付けられていたbrackernは叫び声を上げ、苦悶させる激痛の中地面に倒れ込んだ。
 
Chaos erupted. The brackern called healing magics upon their dying brothers and conjured up shields around the valley. But it was all to no avail - the brackern continued to fall until their numbers dwindled. Eventually, the brackern's desperate pleas awoke the ancient magic in the Arachia crystals, who called them underground. The brackern would fuse with the crystals, their mutual strength protecting each other until the world was safe again for both to exist.
混沌が破裂した。
brackern達は彼らの死にゆく兄弟達に治癒の魔術を掛け、谷の周囲にシールドを召喚した。
しかし、何の効果も無かったーーbrackern達は倒れ続け、その数が減少するまでになった。
その後に、brackern達の必死の嘆願はthe Arachia crystalの中の古代の魔力を呼び覚まし、それらは彼らを地下へといざなった。
brackern達は結晶と融合し、彼らの相互の力により、再び世界がお互いにとって安全になるまで、互いに守りあう事にした。
 
Skarner was one of the last to remain awake, assisting the stragglers underground. His last view of the surface was another wave of unnatural energy rippling through the valley, before he plunged into the ground and cast the spell of hibernation, a prayer for his kind on his tongue.
Skarnerは、はぐれた者達を地下へ案内するために、最後まで起きたままでいる者達の一人であった。
彼が最後に地上で見た物は、谷に広がる自然でないエネルギーの更なる波であり、そして彼は地面の中に潜り込み、自分の種族への祈りの言葉である、冬眠の呪文を唱えた。
 
Sleep began to overtake him. Suddenly, a piercing glow jolted him awake, and his eyes flew open. His Arachia crystal was pulsing, and the scorpion knew something was wrong. This had not happened before in his memory. Skarner reached towards the crystal, and he was abruptly tossed backwards in time once again.
眠りが彼を支配し始めた。
突然、まばゆい光が彼を揺さぶり起こし、そして彼の目は見開かれた。
彼のArachia crystalは脈動し、そしてこのサソリは何かがおかしい事に気が付いた。
彼の記憶の中では、以前にこのような事は起こらなかった。
Skarnerは結晶に手を伸ばし、そして再び彼は過去の時間の中に不意に投げ出された。
 
The Odyn Valley appeared as it had long ago, but something was wrong. No brackern were in sight, and humans had overrun the gorge, engaged in war. Robed humans surrounded numerous runes meticulously placed in the center of a circle. Their voices rose in unison, and suddenly the runes fractured and disappeared. In their place, an intense concentration of energy lingered for a second before winking out of existence. A second later, the entire valley shook violently, as an entire city in the distance disappeared in a massive explosion.
The Odyn Valleyは遠い昔のままのようではあったが、しかし何かが違っていた。
brackern達は誰一人視界に映らず、人間達が峡谷に溢れかえり、戦争を行っていた。
ローブを着た人間達が、円の中心に注意深く配置された数多くのルーンを取り囲んでいた。
一斉に彼らは声を上げ、そして突然ルーンは砕け散り消えた。
彼らの位置で、緊張したエネルギーの集中が一瞬の間続き、その後きらめいて存在が消えた。
一瞬の後、遠方の都市全体が巨大な爆発の中に消え去ると共に、谷全体が激しく震えた。
 
The earth shuddered and reached out with fingers of magic for help. They found small creatures, fierce despite their own size, and called them to crystals hidden deep underground. There, the earth imbued the scorpions with power from the crystals, and from their union, the brackern emerged.
大地は戦慄し、助けを求め魔力の指を伸ばした。
それらは、大きさにも関わらず獰猛な、小さな生物を見つけ出し、そして彼らを地下深くに隠れた水晶の元へ呼び寄せた。
そこにおいて、大地はサソリ達に結晶からの力を吹き込み、そして彼らの融合により、the brackernはその姿を現した。
 
The scene dissolved around them, bringing them back to the present. Both brackern and human remained silent as the gravity of revelation weighing down upon their hearts.
この光景は彼らの周りで解け、現在へと彼らを引き戻した。
開示による重みが心に圧し掛かり、brackernと人間の両方が沈黙したままであった。
 
Human mistakes robbed them of life. Human mistakes raised them out of nothingness.
この人間は彼らの命が奪われたと誤解している。この人間は彼らが取るに足らない生き物から生まれてきたのだと誤解している。
 
Consumed with rage and sorrow, he roared, lashing his tail wildly around the room. The scorpion slammed the ground repeatedly with his claws, as if he could knock the vivid images of his dying brothers out of his mind. Bertrand barely managed to dive out of the way, cowering in the corner until Skarner's emotions subsided.
怒りと悲しみに飲み込まれ、彼は凶暴にその尻尾を部屋中に振り回し、雄叫びを上げた。
このサソリは、兄弟が死んでゆく鮮烈なイメージを彼の精神から叩き出せでもするかのように、地面を繰り返しハサミで叩き付けた。
Bertrandは辛うじてその方向から飛び抜け、Skarnerの感情が収まるまで隅にうずくまっていた。
 
Bertrand eventually spoke. 
その後に、Bertrandは話し始めた。

"I'm so sorry to make you experience all of that. Yet, it was... necessary." The historian made an honorable, yet poorly veiled attempt to hide his excitement over such an amazing reveal of history.
「あなたにあんな事を経験させてしまって本当にすみません。でも、これは……必要な事でした」
この歴史家は、かくも驚くべき歴史の開示に対する彼の興奮を隠そうとする、賞賛すべくもしかしお粗末に隠された試みを成した。
 
The brackern's voice was gruff and low, the weight of loss heavy on him. "To have the story of our kind told and remembered is worth reliving the sorrow a thousand times. Have you all the answers that you came for?
brackernの声はしわがれて低く、喪失の重みが彼に重圧を与えていた。
「俺の種族の来歴を語り記憶させる事は、悲しみを千回解きはなつ事に値する。お前が求めた答えは全て手に入れたのか?」
 
"Far more than I ever expected." Bertrand was awestruck. 
「私が期待した以上でした」Bertrandは恐れおののいていた。

"Then we are done here." 
「それではここでの俺達の仕事は終わりだ」

Bertrand made a motion as if to comfort the creature, but he knew no words that could bring any sort of relief. He bowed deeply, then turned and fled from the room in a flurry of robes.
Bertrandはこの生物を慰めるような仕草をしたが、しかし解放を与えることの出来るような言葉を彼は知らなかった。
彼は深く頭を下げ、そして振り返るとローブを着た突風となって逃げ出した。
 
Skarner remained in the room, the bitter sting of realization lingering. 
There was so much in this strange world yet to understand. Every breath, every moment, and every fight in this League of Legends would be a step closer to bringing the brackern closer to living once again.
Skarnerは、認知の苦い一刺しが続く中、部屋の中に留まっていた。
この奇妙な世界にはまだ理解すべき事がたくさんある。
全ての息遣いが、全ての瞬間が、そしてこのLeague of Legendsの中の全ての戦いが、the brackernを再び生きるように近づける一歩となるだろう。
}}}

* コメント [#c8e5080c]
#pcomment_nospam(コメント/Skarner,20)

* 変更履歴 [#v8e4152e]
//// 変更履歴を記入 ////
#history{{
- vX.XX:
-- XXXXXXXXXX
--- XXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

- vX.XX:
-- 実装
}}
----