#style(class=champion_stats){{{
//////// チャンピオンの名前 ////////
#rcs(name);

//////// チャンピオンの画像、性能指標(公式サイトより) ////////
#style(class=overview){{
&rcs(icon);
: 攻撃力 | &rcs(attack);
: 防御力 | &rcs(defense);
: 魔力 | &rcs(magic);
: 難易度 | &rcs(difficulty);
}}

//////// チャンピオンの情報 ////////
#style(class=details){{
|~ ロール | &rcs(role); |~ 実装日 | 2011/05/10 |
|~ 価格 | 4800 &ip; | 880 &rp; |~ 最終更新 | v6.15 |
|~ 価格 | 4800 &ip; | 880 &rp; |~ 最終更新 | v6.17 |
}}

//////// チャンピオンのステータス詳細 ////////
//////// 公式サイトのデータは Lv0時の値 (+増加分) なので注意 ////////
#style(class=stats){{
|~ ステータス |~ Lv.1 |~ ... |~ Lv.18 |
|~ 体力 | &rcs(hp1Lv); | '''&rcs(hpPerLevel);''' | &rcs(hp18Lv); |
|~ マナ | &rcs(mp1Lv); | '''&rcs(mpPerLevel);''' | &rcs(mp18Lv); |
|~ 物理防御 | &rcs(armor1Lv); | '''&rcs(armorPerLevel);''' | &rcs(armor18Lv); |
|~ 魔法防御 |>|>| &rcs(spellblock18Lv); |
|~ 移動速度 |>|>| &rcs(movespeed); |

|~ ステータス |~ Lv.1 |~ ... |~ Lv.18 |
|~ 体力自動回復 | &rcs(hpregen1Lv); | '''&rcs(hpregenPerLevel);''' | &rcs(hpregen18Lv); |
|~ マナ自動回復 | &rcs(mpregen1Lv); | '''&rcs(mpregenPerLevel);''' | &rcs(mpregen18Lv); |
|~ 攻撃力 | &rcs(attackdamage1Lv); | '''&rcs(attackdamagePerLevel);''' | &rcs(attackdamage18Lv); |
|~ 攻撃速度 | &rcs(attackspeed1Lv); | '''&rcs(attackspeedPerLevel);%''' | &rcs(attackspeed18Lv); |
|~ 射程距離 |>|>| &rcs(attackrange); |
}}
#clear
}}}

#style(class=champion_abilities){{
|20%|80%|c
|~ スキル名 |~ 効果 |
#include(データベース/チャンピオン/パーツ/Vayne)
}}

* 目次 [#s75d32c6]
#contents
最終更新日時: &lastmod;

* Champion Spotlight [#ifbc76f5]
#netvideos("bzOZAoExUKQ",480,270);

* 考察 [#ye20a3fe]
スタイリッシュな動きで火力が増加するRanged DPS
AoEを持たないが、単体に対する火力は計り知れない

Pros
高い基礎ADとASの伸び
割合Trueダメージによるゲーム内屈指の対Tank性能をはじめとした、対ユニット性能
少数戦におけるUlt発動中の強いアドバンテージ
各スキル併用により高い追撃力を発揮する
即時に発動するダッシュ、Knockback、ステルスにより立ち位置を調整することが得意

Cons
AA射程まで近づかないと攻撃出来ないのでDPSは使用者の実力に強く依存する
脆く両regが低い
AoEスキルを持たないためFarmが遅め
CC、ステルス看破に弱い
対象を指定する攻撃しか持たない為、茂み付近での戦いが苦手
Wの特性上、一人を集中して狙わないと最大火力を出せない
ASの平凡な序盤は火力が出にくい

** スキル紹介 [#ube4a0f2]
#style(class=champion_summary_list){{
|50|750|c
|~&ref(./Vayne_NightHunter.png,32x32);|LEFT:''Night Hunter''&br;自分から見て効果範囲内の敵がいる方向180度に向かって移動するときだけ加速を得られる。&br;範囲は2000ほど。視界内にいる敵Champion限定で茂みやステルスの敵Championには反応しない。|
|~&ref(./Vayne_Tumble.png,32x32);|LEFT:''Tumble''&br;自分の向いている方向に関係なく、Qを押したときにカーソルがある方向に移動する。&br;(かなり難しいが)特定の壁なら抜けることが出来る([[参照>https://www.youtube.com/watch?v=G49t4r0G3SU]])。要練習。また、Championがスキルで生成した壁(Anivia、Jarvan IV、Trundleのもの等)は簡単に越えられる。&br;建物に対してはダメージ上昇は発生しない。&br;Ultがactiveの状態で発動した際、ステルス化の影響で右クリックでオートアタックしていた相手からターゲットが外れて棒立ちになってしまうことがあるので注意。&br;スキル使用後攻撃しないとスキルのクールダウンのカウントが開始されない為、追撃時、引き撃ち時、どちらも通常攻撃を入れた方が有効。一応攻撃せずとも6秒後にはカウント開始+lv5時のCD2秒で8秒前後で攻撃せずとも使用できる。|
|~&ref(./Vayne_SilveredBolts.png,32x32);|LEFT:''Silver Bolts''&br;3回攻撃するごとに割合True Damage。当然だが建物には発生しない。&br;割合でTrueなのでAR/MRを無視し、敵最大Healthが多いほど実ダメージが大きくなる。これのおかげで対タンク性能が非常に高い。&br;発動させるには同じターゲットを続けて3回攻撃する必要があり、違う敵を攻撃すると前の相手のスタックは消滅する。|
|~&ref(./Vayne_Condemn.png,32x32);|LEFT:''Condemn''&br;Poppyの突進(E)の遠距離&物理バージョン。&br;Poppyのものと同様、タワーやその残骸にぶつけても追加効果が発生し、Championがスキルで生成した壁に対しても有効。&br;壁のぶつけた時の総合ダメージは凄まじく、そこからの追い討ちが非常に強いのでVayneの序盤戦を支えてくれる。&br;Qで素早く移動して壁にぶつける事が出来る角度から狙おう。&br;&br;着弾時にWの効果が乗るので一見On-Hit-Effect有効に見えるが、実際は無効。&br;壁ドンさせるとクリティカルの表示が出るが、通常のクリティカルとは関係が無い。またWの効果は着弾時のみに乗り、壁ドンには乗らない。|
|~&ref(./Vayne_FinalHour.png,32x32);|LEFT:''Final Hour''&br;発動すると背中の巨大なクロスボウを構え、Vayneの能力が全般的に上昇する。&br;ステルスは一瞬で発動するので、一部Championのスキル(MaokaiのWなど)を回避するのに役立つ。&br;前述の通りPassiveはVayneの視界内に敵がいないと発動しないので、味方にVayneがいたら視界の確保をサポートしてあげよう。|
}}

** ビルド例 [#p8b286a1]
#build(Vayne)

** セリフ [#z9df4f12]
#tab(日本語,英語){{
//---------- 日本語 ----------
'''Upon selection''' 
''「闇に堕ちた連中を狩るとしよう」''

'''Attacking'''
''「すぐに終わらせてやる」''
''「苦しみから解放してやる」''
''「裁きを受けろ!」''
''「浄化するのみ」''
''「銀の矢で清めてやる」''

'''Movement'''
''「注意を怠るな」''
''「闇夜に紛れ進もう」''
''「罪無き者の嘆きが聞こえる」''
''「闇の魔術の臭いがする」''
''「影を恐れよ」''
''「暗闇では、いかなる者も無防備だ」''
''「闇はどこにでも潜んでいる」''
''「闇よ、私を恐れるがいい」''

'''Upon learning &ref(./Vayne_SilveredBolts.png,32x32);Silver Bolts''' 
''「銀で充つる月よ!」''
''「浄化する!」''
''「銀の力よ!」''

'''Upon activating &ref(./Vayne_FinalHour.png,32x32);Final Hour'''
''「正義の名のもとに!」''
''「賽は投げられた!」''
''「不浄な愚か者どもめ!」''

'''Taunt''' 
''「私を殴るだと?まるでシャドーボクシングだな」''

'''Joke''' 
''「貴様の戯言に付き合う暇など無い」''
''「ジョーク?どういう意味だ?」''\

//---------- 英語 ----------
'''Upon selection''' 
''"Let us hunt those who have fallen to darkness."'' 
 闇に堕ちた者達を共に狩り出そう。

'''Attacking'''
''"I bring swift death."''
 速やかに死をもたらそう。
''"I release them from their pain."''
 罪なき者たちを奴らのもたらす苦痛から解放する。
''"I pass judgment."'' 
 私が決断を下す。
''"They will be purified."'' 
 奴らを浄化する。
''"Cleansing blood with silver."'' 
 しろがねの力にて穢れた血を浄化する。

'''Movement'''
''"Beware!"'' 
 気を付けろ!
''"On wings of night."'' 
 夜の翼で。
''"I hear the innocent cry out."'' 
 罪なき者たちの悲鳴が聞こえる。
''"I smell black magics."'' 
 黒魔術の臭いがする。
''"The shadows are to be feared."'' 
 我が影を恐れよ。
''"In the dark all is laid bare."''
 闇の中で全てがさらけ出される。
''"Evil lurks around every corner."'' 
 邪なる者はどこにでも潜んでいる。
''"The dark should fear me."'' 
 闇も私を恐れるだろう。

'''Upon learning &ref(./Vayne_SilveredBolts.png,32x32);Silver Bolts''' 
''"Silver of the moon."''
 しろがねは月の輝き。
''"The purifying element."''
 悪しき霊を浄化しよう。
''"Purged with silver."''
 しろがねを開放する。

'''Upon activating &ref(./Vayne_FinalHour.png,32x32);Final Hour'''
''"Time for reckoning."''
 年貢の納め時だ。
''"The die is cast..."''
 賽は投げられた……。
''"Impure fools."''
 不純なる愚者共に鉄槌を。

'''Taunt''' 
''"Hitting me is like boxing with shadows."'' 
 私を打つことは影を捕らえようとすることと同じだ。
 #boxing with shadowsのダブルミーニングによるジョーク

'''Joke''' 
''"I have no time for nonsense."'' 
 くだらん事に付き合っているヒマはない。
''"Joke? What do you mean?"''
 ジョーク? どういうことだ?\
}}

** 小ネタ [#a015c5de]

** ストーリー [#ab3740a6]
#tab(日本語,英語){{
//---------- 日本語 ----------
&rcj(lore);\

//---------- 英語 ----------
&rce(lore);\
}}

**Leagueによる審判 [#qbb26888]
#fold(展開する){{{
Candidate: Vayne
Date: 6 May, 21 CLE

志望者:Vayne
日付:CL暦21年 5月6日

''OBSERVATION''
''観察''

She doesn't need to bend to examine the road. The witch's trail is obvious, even by moonlight. That last silver bolt had hit home, if the blood is any indication. The prey is slowed.
彼女は道路を調べるために身をかがめる必要も無かった。月明かりの中でさえ、魔女の痕跡ははっきりしている。血がその兆候となるのであれば、最後に放ったあの銀のボルトは命中したのだ。獲物は動きを鈍らせている。

The trail leads her past a public house. Though a few of the patrons cast wary glances as she walks past, the ruckus will cover up any unwanted noise. She hopes none of them have the sense to call the constabulary before she's done.
痕跡がとある酒場へと彼女を導く。
彼女が通り過ぎる様子に、少数の客が慎重な視線を投げかけるが、浮かれ騒ぎが望まない雑音をかき消すだろう。彼女がその仕事を果たすまで、彼らが警察隊を呼ぶという事を考え付かないよう、そう彼女は望む。

The glow from the end of the alley reveals her prey. The witch is attempting to use hemomancy to close her wounds. From the looks of things, more than one of the silver bolts has landed. However, now the witch sees her and the magic changes. Droplets of blood fly towards her like a cloud of razors, but she effortlessly tumbles over a barrel and out of the way. Her crossbow is up before her feet even touch the ground and she fires. The bolt flies true, impaling the witch's casting hand and halting her vile spells.
通路の末端の蛍光が彼女の獲物をさらけ出す。魔女がその傷を塞ぐために血術を使おうとしているのだ。状況から見て、銀のボルトは一本以上当たっているようだ。しかし今、魔女は彼女に気づき、そして魔術が変化する。血の飛沫が刃の雲のように彼女に飛び掛るが、彼女は難なく樽の上を転がり、その目標から外れる。足が地面に付かないうちに彼女のクロスボウが巻かれ、そして彼女はボルトを放つ。ボルトは目標をしっかり捕らえ、魔女が魔術を放つ手を貫き、悪しき術を鎮める。

"Haley Manner, you have fallen to the practice of the black arts. You have willingly harmed others. You are condemned."
「Haley Manner、貴様は黒魔術の虜に落ちた。貴様は意図的に他人を害した。貴様は破滅を宣告された」

She does not wait for the witch to respond with lies. She draws the great crossbow over her shoulder and unleashes its massive projectile. It strikes the witch with such force that it carries her back and into the wall of the public house, impaling her there, limp and silent at last.
彼女は魔女が偽りに満ちた返答をするのを待たない。彼女は肩越しに巨大なクロスボウを手繰り寄せ、その最大級の投射物を解き放った。その衝撃は魔女を後方に、酒場の壁に持って行き、そこに磔にし、そして萎えて静かにさせるほどであった。

She can already hear the hue and cry. Though she is an agent of justice – many would say vengeance – Vayne's activities are not sanctioned by Demacian law. Nimbly, she leaps up, grabs hold of a ledge, and flips herself on top of the building. Leaping from roof-top to roof-top, she fades away into the darkness.
彼女はすでに野次と叫び声を聞くことが出来ている。彼女が正義の使者(復讐の使者と呼ぶものもいるが)であるにも関わらず、Vayneの活動はDemaciaの法に認可されたものでは無い。素早く彼女は飛び去り、窓の縁を掴み、そしてその体を建物の頂上へと跳ね上がらせる。屋根の上から屋根の上へと飛び、彼女は闇の中へ消えていく。

Such is the way of the Night Hunter. 
これがNight Hunterのやり方なのだ。

''REFLECTION''
''反応''

The summoners stared at her uneasily. After all, few potential champions have ever broken into one of the inner sanctums of the Institute of War, startled powerful summoners, and plainly demanded to be allowed into the League of Legends. Fortunately, Vayne's reputation had preceded her, so there was no need for violence.
サモナー達は彼女を不安げに見つめていた。the Institute of Warの内部の聖域に押し入り、有力なサモナーを跳び上がらせ、そしてただ単にthe League of Legendsに入る事を許可するように求めるチャンピオン候補は、未だに稀であった。
幸運な事に、Vayneの評判は彼女を先回りしており、暴力の必要は無かった。

The room in which she sat now was sparse – nothing more than a fireplace with a few chairs. Vayne reflexively adjusted the crossbow on her arm. "When do we begin?" she asked.
彼女が座っている部屋には人の気が無かった。暖炉、そして椅子が何個かあるだけだ。Vayneは思わしげに彼女の腕のクロスボウを調整した。「いつ始めるのだ?」彼女は尋ねた。

The summoner who seemed to be in charge of this process turned away from the fire. He was a gracefully aging man, approaching middle-age, with a quiet authority borne of true power. "In moments. First, I want to ask you how you managed to get past our defenses to gain access to the deeper chambers of the Institute."
この過程の責任者であるように見えるサモナーが、火の方から振り返った。彼は優雅に年を重ねつつある男で、壮年に近づきつつあり、真の力を帯びた静かな権威を漂わせていた。「今すぐに。まず私は、あなたがInstituteの深部にたどり着くため、どうやって我々の警備をかいくぐることが出来たのかを尋ねたい」

"The same way I know that you are Senior Summoner Ezekiel Montrose and that the woman with you is Summoner Lessa Carin. The same way I know that you take rose-hip tea every day, the route you walk to your home, and that you sleep on a very uncomfortable bed.
I am the Night Hunter. Now get on with it. I have already submitted to your authority."
「私が、お前の事をSenior Summoner(サモナー長)のEzekiel Montroseであり、そしてお前と共にいる女性がSummonerのLessa Carinであると知ったその方法と同じ方法で。私が、お前が毎日ローズヒップティーを飲む事、お前が家まで歩く道筋、そしてお前がとても寝心地の悪いベッドで寝る事を知ったその方法と同じ方法で。
私はNight Hunterだ。さあ、とっとと始めたらどうだ。私はすでにお前の支配下にいるのだ」

After a moment of stunned silence, Senior Summoner Montrose finally spoke. "Since yu are not one for pleasantries..."
気圧された沈黙の後に、Senior SummonerのMontroseはついに話し出した。「あなたは愛想の良い人ではないのだからな……」

In an instant, it was as if the world had exploded. Then, as quickly as it came apart, it was back together again. However, it was many years ago, when Vayne was just a girl. She was back in the cupboard again.
一瞬、まるで世界が爆発したかのようになった。そして、それは開けると共に、再び一つになった。しかしながら、それは何年も前、まだVayneが女の子だった時であった。
彼女は再び戸棚の中に戻っていた。

"Come out, little girl. Come out, or I will do to mummy what I have already done to daddy." The crone suspended her mother above the floor of the moonlit kitchen, the poor woman's limbs painfully and helplessly outstretched. Blood slowly dripped from her, dribbling from a hundred impossibly small cuts.
「出ておいで、お嬢ちゃん。出ておいで、でなきゃダディーにした事をマミィにもしてしまうよ」月光の差し込むキッチンの床の上で、彼女の母親は皺の寄った婆によってはり付けられ、引き伸ばされていた。哀れな彼女の肢々は痛々しく、そして絶望的に伸びきっていた。無数の不可解なほど小さな傷からにじみ出た血が、ゆっくりと彼女から滴っていた。

The young Shauna Vayne was too terrified to move. There she was, trapped, frozen, and forced to watch through a crack in the cupboard door as the twisted witch brutally tortured the woman she loved more than any other.
若いShauna Vayneは、動くには怯えすぎていた。そこに彼女はおり、逃げ道を塞がれ、硬直して、誰よりも彼女が愛した女性を歪んだ魔女が残酷に拷問するのを戸棚の割れ目から見る事を強いられていた。

"I'll give you one last chance to come out, lassie." To punctuate, the crone made some mystical gesture that caused her mother to cry out in agony.
「出てくる最後のチャンスをあげるよ、嬢ちゃん」区切りをつけるため、皺の寄った婆は何がしかの怪しげな仕草を行い、そして彼女の母親は苦痛に叫び声を上げた。

Even if she'd wanted to, Shauna couldn't even cry out. The vise-like grip of fear prevented that.
彼女がそうしたくとも、Shaunaは叫ぶ事すら出来なかった。万力のように掴んでくる恐怖が、それを阻んでいたのだ。

The crone cackled, the horrible sound echoing off the walls. "You are an awful child, girl, to make your mummy die this way."
皺の寄った婆は甲高く笑い、その恐ろしげな音は壁に反響した。「お前はひどい子供だねぇ、娘さんや、おまえのマミィをこんな風に死なせるなんてねぇ」

With each more horrifying shriek of pain and suffering that issued from her mother, something warm and bright in Vayne died. However, in its grave were planted the first seeds of a searing, merciless, and never-ending hatred...
彼女の母親から発せられる痛みと苦しみによる金切り声がよりひどくなってゆくにつれ、Vayneの中の温かく明るい何かが死んでいった。
しかしながらその墓所には、焼け付く、無慈悲で、そして終わる事の無い憎悪の最初の種が播かれていた……。

Disorientation, a blur of reality, and she was back in the Institute of War. Senior Summoner Montrose did his best to keep his composure, while all the color had drained from Summoner Carin's face. He broke the silence first. "I'm sorry for your loss."
方向感覚が失われ、現実性が歪み、そして彼女はthe Institute of Warに戻っていた。SummonerであるCarinの顔からは全ての色が抜けていたが、Senior SummonerであるMontroseは彼の平静を保つ最大の努力をしていた。彼が最初に沈黙を破った。「あなたの失った物に対し、私は悲しみを感じている」

Vayne took several measured steps towards him. "Stay out of my head, summoner," she said in a surprisingly even tone. "You won't like what you find in the shadows."
Vayneは彼に向かって幾分か歩みを進めた。「私の頭から離れていろ、サモナー、」彼女は驚くほど変わりの無い調子で答えた。「影の中でお前が見つける物は、お前の好みに合わん」

"We must," replied Summoner Carin, whose tiny frame carried a core of inner strength. "It is the way of the Judgment. How does it feel exposing your mind?"
「我々は合わせなければならないのです、」SummonerのCarinは答えた。彼女の小さな体格はその中に秘めた強さを持っていた。
「それがthe Judgmentの方法なのです。あなたは心をさらけ出してどう思いましたか?」

However, Senior Summoner Montrose raised his hand to stop her. "I think the answer to that is obvious, Lessa. Shauna Vayne, let me ask you one simple question. Why do you want to fight in the League of Legends."
しかしながら、Senior SummonerのMontroseはその手を上げ、彼女を止めた。「その事に対する答えは明白だろう、Lessa。Shauna Vayne、一つ単純な質問をさせて欲しい。なぜthe League of Legendsで戦おうと思う」

"To know my enemies. Though your magics keep them alive through defeat, I will learn more hunting those champions who are abominations than I would hunting their inferiors in the world."
「私の敵を知るため。お前達の魔術は敗北した後も奴らを生かすが、奴らの手先を世界中で狩るよりは、私は例の醜怪なチャンピオンどもを狩る方法を学びたい」

Senior Summoner Montrose considered her for a moment. "You will be a part of the League of Legends, Night Hunter. However, you must never violate our trust again. Agreed?"
Senior SummonerのMontroseは、しばらく彼女の言葉について考えた。「あなたはthe League of Legendsの一部となるだろう、Night Hunterよ。しかしながら、あなたは我々の信頼を二度と破ってはならない。同意するか?」

Vayne only nodded in assent. With that, she turned and walked from the room. Summoner Carin, confused for a moment, followed shortly behind her.
Vayneはただうなずき、賛成した。そして彼女は振り返り、部屋から歩き去っていった。SummonerのCarinは、しばらく混乱していたが、彼女のすぐ後に従っていった。

A voice spoke from the shadows. "I do not trust her. Her mind is not an open book. She will only show us what she wants us to see." Emerging, as if one with the darkness around him, stepped Senior Summoner Sander Grieve. The intense-looking man was clad entirely in black, the Noxian cloak-clasp the only clue as to his heritage.
影から声が語りかけた。「俺は彼女を信頼しない。彼女の精神は開いた本ではない。彼女は俺達に見せたいものだけを見せるだろう」姿を現し、まるで暗闇と繋がる何かが彼の周りにあるかのように、Senior SummonerのSander Grieveは歩みを進めた。
凄みのある容貌のこの男は黒づくめの姿で、Noxusの服留めだけが彼の価値観の証拠であった。

"Yes," replied Montrose. "But I would rather have her here where we can watch her."
「そうだ、」Montroseは答えた。「しかし私は、我々が彼女を見る事の出来るこの場所に彼女を置いておきたい」

Grieve sighed. "This will end badly. Mark my words." 
Grieveはため息をついた。「これは悪い結果に終わるぞ。俺の言葉を書きとめておくがいい」

Montrose gave Grieve a piercing stare. "End badly for whom?"
MontroseはGrieveに貫くような視線を送った。「誰にとって悪い結果だ?」
}}}

* コメント [#zdfdc351]
#pcomment_nospam(コメント/Vayne,20)

* 変更履歴 [#sf77f5b3]
//// 変更履歴を記入 ////
#history{{
- vX.XX:
-- XXXXXXXXXX
--- XXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

- v:
-- 実装
}}
----