ゲームの基本的な操作に慣れてきた人向けのテクニックをまとめました。
どのChampionでも使えるので、うまく活用して試合を有利にしましょう。

----

#contents

#BR
----
#BR

*Championの操作 [#bead414b]

#BR

**モーションキャンセル [#cp_mc]

通常攻撃(以下、AA)やスキルなどを組み合わせて使うことで、素早く次の行動に移るテクニックです。
これを基本として、他のテクニックへ応用します。

''[解説]''

AAとスキルには3つのモーションがあります。

 1.ターゲットを捕捉して構える
 2.攻撃する
 3.構えを解く

2つ目のモーションでAAとスキルは発動しているため、3つ目のモーションは無駄な時間となります。
この無駄な時間中に、別の行動(別のスキルを使用したり、移動するなど)をすることで
無駄なモーションをキャンセルして、素早く次の行動に移ることができます。

#BR

***AAリセット(auto attack timer reset)  [#cp_aar]

AA→スキル→AAと連続して使用するテクニックです。

通常は、ChampionのAS(1秒間に何回できるか)によってAAを出せる頻度が決まりますが
特定のスキルやアイテムを使用することで、オートアタックタイマーをリセットしてAAを連続して出せるようになります。

リセットできるスキルは、[[英語Wikiの「A list of abilities that refresh the attack timer」>http://leagueoflegends.wikia.com/wiki/Autoattack]]などを参考にしてください。

AAリセットをしている動画
例)Riven RivenのQはAAタイマーをリセットする効果がある。更にQのdmgが出た後の無駄なモーション+硬直をmoveによってキャンセル出来るため、QのAAキャンセル(attack animation cancel)しAAタイマーリセットする効果で素早くQ AAのcombo動画
-&c_riven;RivenのAAリセット → [[Boxbox: Riven fast combo (Q - Broken wings) with slow motion>https://www.youtube.com/watch?v=0qO715z_OKk]]

#BR

***スキルのモーションキャンセル [#cp_ft]

スキルもモーションキャンセルができます。
ちなみに、&i_tiamat;Tiamatはモーションキャンセルできますが、AAリセットはされません。 → [[League of Legends Fiora Double Auto Attack Reset(Cancel) >https://www.youtube.com/watch?v=r5LeBH5BmQ0]]


参考:[[Animation Cancelling with Graves>https://www.youtube.com/watch?v=HnqJD1SojC8]]

#BR

***アタックムーブ [#cp_am]

AAをした後に移動するテクニックです。

操作は移動するだけですが、敵を追撃したり、戦闘中の立ち位置を調整するなど様々な場面で活用できます。
どのChampionでも(特にADCは)大事なテクニックになります。

アタックムーブについては、この動画を参考にしてください。 → [[Stutter Step, Attack Move, and Awesome Keybinding Trick>https://www.youtube.com/watch?v=dgMMxTofZ5A]]

''[引き撃ち](Kite)''

 (動画の0:15〜0:25)
敵Championから逃げながら攻撃することで、ダメージを出しつつ生き残ることができます。

やり方は
 1.右クリックで敵Championを攻撃
 2.右クリックで後ろに移動
を繰り返します

#BR

''[追撃]''

 (動画の1:03〜2:30)
引き撃ちの逆ですが、モーションキャンセルを活用することでより多く攻撃できているのが分かると思います。

やり方は引き撃ちと同じです (敵Championの隣の地面をクリックする感じ)

#BR

''[Attack Moveコマンド]''

 (動画の2:30〜)
「敵を攻撃するつもりが、間違えて地面をクリックしてしまい敵の目の前まで歩いてしまった」
というミスをしてしまうことがありますが、それを回避できるのがAttack Moveコマンドです。

''Attack Moveコマンドの動作''
 1.地面を選択するとそこへ移動するが、途中で敵ユニットがAA範囲に入ると立ち止まり攻撃する。
 2.敵ユニットを選択するとそれを攻撃する。(これは普通に右クリックしたときと同じ)

''メリット''
 1.ミスクリックを防ぐ
   敵ユニットをクリックしようとして、間違えて地面をクリックしても、立ち止まって攻撃します
 2.引き撃ちが楽になる
   近くの地面をクリックすれば、追いかけてくる敵Championへ攻撃します
   (Attack Moveコマンドでは、一番近くの敵ユニットを攻撃するので意図しない結果になることもあります)
 3.視界に入ったらすぐに攻撃できる
   敵が草むらに逃げたときや、草むらに&c_teemo;Teemoのキノコが設置しているときなど…
   Attack Moveでは視界に入ればすぐに攻撃するため、[[この動画>https://www.youtube.com/watch?v=obJPXSDP4Eg]]のようなことにはなりません

ちなみに、Attack Moveコマンドは、Shiftキーを押しながら右クリックで使用できます。

#BR

**Flashトリック [#cp_ft]

&c_gragas;GragasのEなど突進系のスキル中に、タイミングよく&s_flash;Flashを使用すると、Flash先にも効果が出ます。
他にも、モーションキャンセルを活用してスキルの発生を速くすることもできます。

参考:[[Quick Tip/Tricks #9 - (Flash) Dash Extensions/Animation Cancelling>https://www.youtube.com/watch?v=QGmKXpP-wtw]]

#BR
----
#BR

*レーン戦 [#rn]

**ラストヒットを取る [#rn_lh]

ミニオンを倒すことをラストヒット(以下、LH)を取るといい、この精度がLoLのうまさといっても過言ではないかもしれません。
ミニオンを15体倒すと、Championのキルと同じくらいGoldを取得できることからも重要性が分かると思います。

#BR

***タワー下でのラストヒットの取り方 [#rn_lh_tw]

レーンをプッシュされた場合、タワー下でファームをすることになります。
タワーからの攻撃が非常に強力なので、LHを取るのが難しいですが、下の基本を押さえて取れるようにしましょう。

大事なのは、タワーは1体しか攻撃しないということです。
どのミニオンが攻撃されているか見て、焦らずにLHをとりましょう。

#BR

''[タワー下のLH基本]''

-Meleeミニオン:タワーからの攻撃を2回受けると、AA1発で倒せる
-Mageミニオン:タワーからの攻撃を1回受けると、AA2発で倒せる

ただし、MageなどADが低いChampionではAA1発で倒せないため
タワーから攻撃される前にAAを1発入れておくか、スキルを使ってLHを取ることになります。

Botレーンの場合は、サポートがAAを1発入れておくと、ADCがLHを取りやすくなります。

#BR

**ダメージ交換 [#rn_dm]

自分が有利になるように、敵のHPを減らします。(減らしに行くことを''ハラス''、相手が反撃してきたら''ダメージ交換''といいます)
「HPが低くてLHを取りに前に出ると殺されるかもしれない」という状態にできれば大成功です。

ダメージ交換については、この動画が参考になります。 → [[Basic Mechanics Leaguecraft 101>https://www.youtube.com/watch?v=6ywhB-2h2AE]]
説明が英語なので、このページを見ながら見ると分かりやすいと思います。 → [[トレードについて - League of Legends 考察まとめ>http://www.leagueoflegendsmatome.com/category36/category17/entry172.html]]

#BR

**ゾーニング [#rn_tr]

ゾーニングとは、敵を自分のゾーン(AAやスキルの射程内)に入れないようにして、LHや経験値の取得を邪魔するテクニックです。

やり方は、この動画が参考になります。 → [[yorick ゾーニング やり方>https://www.youtube.com/watch?v=VipQg9gsiZw]]

簡単に言うと
 1.ハラスをしてHPを減らすことで、敵が前に出れない状況にする
 2.プッシュせずに、自分のタワー手前にミニオンの位置を調整する

この状況が続くと、敵はLHや経験値が取れないため成長度に大きな差が生まれます。

#BR
----
#BR

*Waveコントロール [#wc]

Laneが押される条件は
1. 敵のMINIONの数 > 味方のミニオンの数
2. 敵シージミニオンが生きている&味方シージミニオンが死んでいる
このふたつです。

LaneがFREEZEする条件は
1. 敵のMINIONの数 = 味方のミニオンの数

ミニオンのLHをとるときのみ、お互いが攻撃した場合
ミニオンの数は変わらず、ミニオンの移動はありません。

Aがミニオンで近くでBを攻撃した場合、Bミニオンのタゲ(aggro)がAに移り
その間、Aミニオンはダメージを受けなくなります。
結果、Bミニオンが早く死に、Aはレーンを押してしまいます。

ミニオンのタゲの決定には7つの要素があります。(上から順番に優先度が高い)
1. 敵のチャンピオンが味方のチャンピオンを攻撃してる(on-hit)
2. 敵のミニオンが味方のチャンピオンを攻撃している
3. 敵のミニオンが味方のミニオンを攻撃している
3. 敵のタワーが味方のミニオンを攻撃している
4. 敵のチャンピオンが味方のミニオンを攻撃している
5. 一番近いミニオン
6. 一番近いチャンピオン

1番目の要素で(ON−HIT)となっているのが非常に重要です。
要するにON-HIT-Effectがないスキルではミニオンのタゲを取りません。
例:TEEMOのQ

Minionには攻撃範囲があります。
Melee minion: 100
Mage minion: 600
Siege minion: 450

@@ 攻撃範囲=Aggro Range は別でした。

**Lane リセット [#dbfe38fd]
ミニオンがタワーのレンジに入った場合
タワーはミニオンを攻撃しはじめます。
タワーは非常に強いため、ミニオンをすぐに倒してしまいます。
ミニオンは30秒ごとにスポーンするため、タワーがすべてのミニオンを30秒以内に倒した場合
次のミニオンはレーンの真ん中で戦いはじめます。
これをレーンリセットといいます。

もし味方のミニオンの数が圧倒的に多い場合、レーンは押してしまいます。
しかし、完全に相手のタワーしたまで押し込むことによってレーンリセットを行うと
またレーンの真ん中で戦うことができるようになります。

**Minion tanking [#kfe78ffb]
敵のミニオンが多い場合、そのレーンは押されてしまいます。
その状態のままだとタワー下まで押し込まれてしまいレーンリセットが起きてしまいます。
味方のミニオンの数が0で敵のミニオンが3だとします。
この場合、タワーの下まで下がるとミニオンはタワーに殺され、レーンリセットが起きます。
ここで、敵ミニオンがタワーレンジのぎりぎり外側で止まるように移動し、わざと殺さずに残しておきます。(これをMINIONをTANKするといいます)
そうすることによって、次の味方のミニオンWAVEがタワーレンジぎりぎりに立っている敵ミニオンを攻撃するためにそこで移動をやめます。
これにより、もし少しでも相手が押してしまった場合、タワーの下でタワーの妨害を受けずに安全にファームすることが可能になります。
注意点:
低レベル(lv 1 - 5) の間はミニオンのダメージがばかになりません。
相手がわざとプッシュしてくる場合、敵のCASTERミニオンを1匹だけ残すように立ち回りすると必要以上にTANKするのを回避することができます。
参考URL: [http://www.youtube.com/watch?v=tj2l3ilS2Fo Minion Tanking]

**Slow Pushing [#fc68e96c]
Slow Pushing とはタワーダイブができる性能のチャンプ等で非常に有効なMinion Controlのひとつです。(riven, panth, renek, Jayce, trynd, vlad等)
Zoningの次の段階で、これをマスターすればタワーがあろうがなかろうが敵を殺すことができます。
まず、味方Minionの数 > 敵Minionの数をつくり(差が1−3程度)そこから"Zoning"しながらLast Hit のみを取っていきます。
※最初のMinion差を作るときは、後方のCaster Minionを優先的に殺して調整してください。(重要です。)
そうすると味方ミニオンが2-3 wave ほど溜まります。(3 waveのミニオンはChamp1体程度の強さがあります。)
この状態(味方minion >> 敵minion)を続けると、上記で説明した通りLaneを押してしまい、最終的に敵のタワーまで押してしまいます。
敵はタワー下でCSを取ろうとしますが、こちらには3waveのminionがいます。そのままタワーしたでAll in してしまいましょう。
敵が一度でもAA またはon-hitを使った場合 3waveのminion が一斉に攻撃をしかけます。
ここで大事なのは、3wave は 1kill と同程度のGoldなので、そのままタワーの下で相打ちになってもDenyした分のgoldとEXPが非常に大きいので、死んだあとにworth! と叫んでもかまいません。
※タワーダイブ前にGankされた場合でも、Minionが溜まっていて、LanerのHPが50%程度であるならば、ミニオンの近くで戦うことにより、2対1であっても勝つことができます。

**Pushing and Freezing lane [#kdf35538]
レーンをプッシュする利点
・TOWERによるLHの妨害
・Tower Diveの準備
・Roaming(サイドレーンへのGANKやbuff steal等)
・対面がいない場合にCS,EXPをdenyすることができる。(対面がリコールしたとき、対面を殺したとき)
・Brush gank(lane gank)を防ぐことができる。逆にBrush gank が可能になる。
・Bush gank(lane gank)を防ぐことができる。逆にBush gank が可能になる。

レーンを押させ、フリーズさせる利点
・タワーの近くなので安全にファームできる。
・相手はタワーから遠くなるのでgankに弱くなる
・相手はHPが低くなるとタワーから離れることができなくなるため、CS,EXPをdenyできる。(Zoning)

**Brush Gank [#f50faa3c]
レーンを押されてしまった場合、レーンの視界が狭くなり敵のJunglerがBrushに入り込んでくることがあります。
**Bush Gank [#f50faa3c]
レーンを押されてしまった場合、レーンの視界が狭くなり敵のJunglerがBushに入り込んでくることがあります。
この後タワーまで押されてしまうとレーンリセットが起きてしまいます。
こういったBrush Gankは、川のワード等では察知できないので非常に有効です。
こういったBush Gankは、川のワード等では察知できないので非常に有効です。
対策としては、完全に押される前にワードを刺す。またはレーンをフリーズさせることです。
レーンリセットが起きたあとに、敵が積極的にTradeしようとするポジションをとってきた場合はBrush Gankを疑いましょう。
レーンリセットが起きたあとに、敵が積極的にTradeしようとするポジションをとってきた場合はBush Gankを疑いましょう。

・味方がBrush Gankにきた場合
・味方がBush Gankにきた場合
Tradeを行い、敵のスキルをCDにさせる、またはHPを削る。
または、Ganker からのItiniateにあわせる。

Gankが成功しなかった場合、MinionのAggroの関係でかならずレーンを押してしまいます。
Junglerに手伝ってもらいレーンを押し、レーンリセットを行ってからリコールするといいでしょう。
ここでレーンリセットを行わなかった場合、敵のJunglerがよってきた場合にZoningまたは殺されてしまう可能性が高いです。

#BR
----
#BR

*Warding [#wd]

・ワード
使用するとステルス状態になり、以後3分間にわたって視界を得る。配置後 少しの間敵からも視認、攻撃可能。
・ピンクワード
基本的には通常のワードと同じだが、True sightを持つので、ステルスを看破できる。
例:ほかのワード:evelynn(stealth中), rengar(ult中), Teemo(passive発動中)&キノコ, akali(煙幕)

Laning においてワードは非常に大切です。
敵のGankを防ぐことだけがWardの仕事じゃありません
***Gankを察知した場合。 [#za66123b]
敵JungleからLaneへの通り道にワードを指し、敵のGankを未然に防ぎます。
相手チャンピオンのgank能力によってはレーンすぐ近くの茂みに現れてから逃げても逃げきれない事も多いので
junglerの持つスキル・装備や自軍チャンピオンの逃げ性能などを考慮し、レーンから離れた場所に置くことも必要になることがあります
そのレーンにジャングラーがいるということは、ほかのレーンにはいないということです。
敵のJunglerのLv,HP,装備,Buffを確認してください。Buffとゲーム時間は非常に重要です。

・Lv差がある場合、HPが低い場合
カウンターで殺せるかもしれません、味方ジャングラーを呼んでもいいでしょう。

・カウンターできなそうな場合
この時、もしもレーンを押していてかつフリーズされた場合
あなたはCS,EXPともに取ることができません。
敵のぎりぎりの視界でリコールをかける振りをしてみましょう。
こちらがレーンを離れると思うとレーンを押そうとするかもしれません。
結果、Junglerがいるのにもかかわらず、レーンを押してしまい
あなたはタワー下で安全にファームができます。
Junglerの時間も無駄にできて一石二鳥です。
*HPが低い場合、ミニオンが多すぎる場合はタワーダイブの可能性を十分に警戒する必要があります。

・敵がバフをひとつ、またはもっていない場合
カウンタージャングルができる可能性があります。
敵のバフをPINGし、味方のJUNGLERを走らせます。
ゲーム時間が3:30-4:00, 13:00 - 13:30 このあたりはバフの時間だと常に頭に入れておくことが大切です。

***敵のワードの有無を確認する [#nb6ee6e3]
先にワードを差しておくことにより、敵がワードを刺した瞬間にワードがみえます。
ゲーム時間+3分を計算し、発言の後、ワード地点をPingします。
例:ゲーム時間3分の場合→ 6:00 ward → ping 
***敵のワードを破壊する [#r165b230]
Topで勝っている場合、レーンをフリーズさせZoningしたいはずです。
しかしながら、リードが圧倒的でないかぎり相手はワードを刺してGankを警戒しつつCSを取ってきます。
そこで、ピンクワードを使い敵のワードを破壊することにより、こちらのFreezeの効果をあげることができます。
***敵のリコールのタイミングを知る [#l4e9823c]
敵をZoningした場合、相手はいったんあきらめてリコールするかもしれません。
敵が視界外でリコールした場合、あなたはZoningもなにもやっていないことになります。
ここで、敵のタワー近くのBrushにワードを刺していた場合、敵がリコールをした瞬間からレーンをプッシュし
ここで、敵のタワー近くのBushにワードを刺していた場合、敵がリコールをした瞬間からレーンをプッシュし
レーンに戻ってくる間のCS,EXPをDenyすることができます。
このタイミングで自分もRecallするのがベストです。
***敵のJukeを防ぐ、追撃 [#ja2e931d]
味方のJunglerがGankに来たときや、殺されそうになったとき、相手は逃げるためにBrushに逃げ込むことがあると思います。
そこのBrushにワードを刺してみましょう。
味方のJunglerがGankに来たときや、殺されそうになったとき、相手は逃げるためにBushに逃げ込むことがあると思います。
そこのBushにワードを刺してみましょう。
75 Goldをケチる必要はありません。
逃走、Juke、接近、Gankなどいろいろな利用ができます。
***Brush [#f3c85cdc]
Brushは対面の継続的なハラスがきついとき等にも利用できます。
***Bush [#f3c85cdc]
Bushは対面の継続的なハラスがきついとき等にも利用できます。
(例:Yorickのグール)
Brushに入ることにより、ターゲット指定のスキルを使用を防ぐことができます。Ranged チャンピオンはAAもできません。
Brush内に敵がいることを知る方法がいくつか存在します。
Bushに入ることにより、ターゲット指定のスキルを使用を防ぐことができます。Ranged チャンピオンはAAもできません。
Bush内に敵がいることを知る方法がいくつか存在します。
・ward
・使用した瞬間に視界を得るスキル(例:Jarvanの旗、Luxの光る玉、Caitのトラップ、eliseのE(蜘蛛)、Khazix passive など)
・敵が触れると”敵”の視界を得るスキル(例:Nidalee、Caitのトラップ、LeesinのQとEなど)
・方向指定スキル スキルが途中で止まったり、命中時の音などでわかります。
・対象を移動させるスキル (例:BlizのQ, DariusのE, ThreshのQ,E など)
・対象がいないと使用できないスキル
対象がいないと使用ができないため、使用できるということは対象がいるということです。
(例:katrina ult, morgana ult, soraka Q, tryn W, Twitch E(対象がpoison時) など)

**wardの置き方例 [#y59825db]

※ビルド「S4ドラン盾でDiamondまで楽に上がるLeonaSupport」から転記

この項目はそれぞれの時間帯や状況でのwardの置き方について説明する
supportだけでなくjunglerでも流用できる配置が多数あるので是非覚えてくれ
全roleで言えることだが、折角wardを置いてもMapを確認していなければ意味がないので置いただけで安心しないように


そしてレーン戦でwardを置く時に重要な事だが、
&color(red){''adcにも判るようにチャットなどでwardを置きに行く事を伝える事!!''};
よくsupportがwardを置きにいってるのが目に入らず1v2を仕掛けて返り討ちにあったり、こちらがwardを置いている間に相手が戦闘を仕掛けてきてやられたりするadcが多い
アホな奴は「wtf support?」など喚いてくるが、何の意思表示もなしにwardを置きに行ったならsupportにも非がある
私はよく「ward time care solo bot」とチャットを残して1回だけDangerのpingを鳴らしてwardを置きに行く
こうするとlaneが上がっている状態でもあほみたいにpushしたりハラスせず、戻ってきて中立クリープを狩ったりするadcが多いので是非何か一声かけてからwardを置こう


**midとbot両方の1本目のタワーが折れるまで [#ic7b7ea1]
レーン戦での基本的なwardの置き方を図を使って解説する
#tab(青側,紫側){{

&ref(Leona_wardb1.png);&ref(Leona_wardb1-2.png);
重要度★★★☆☆
置き易さ★★★★☆
除去耐性★★★★☆
・ドラゴン左上のward
基本的には&i_sightward;を置く位置
botレーンより遠いので本来はmidかjunglerが置くべき場所だが、相手junglerがmid側から裏を取ったりカウンターjungleをある程度確認できるのが強み
後述の&i_visionward;を置く事でこの場所に置く必要性がかなり下がるため重要度はそこまで
&i_sightstone;を買ったらレーンに余裕がある時はここに立ち寄って置いてくことをオススメする
なお'の位置に置いた場合図でわかるとおり敵青の上のルートからmidへのgankの全てのルートを確認できるため、余裕があるならあの位置に置こう

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

&ref(Leona_wardb2.png);
重要度★★★★★
置き易さ★★★★☆
除去耐性★☆☆☆☆
・ドラゴン前のward
ドラゴンの管理+junglerのgankのため必ず置いておきたい場所
このwardがない時に相手junglerとbotやmidがいなくなると確実にドラゴンを狩っているのでなるべくきらさないようにしよう

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

&ref(Leona_wardb3.png);
重要度★★★★☆
置き易さ★★★☆☆
除去耐性★★★★☆
・紫側botタワー1本目のジャングル入り口の茂み
意外に効果の高い場所
相手のドラゴン前のwardがなければ置きに来た事すらわからない、なのに特定のチャンピオンのgankやjunglerの動向が判るオススメポイント
特に対面が&c_thresh;等の場合この茂みに潜んでいるjunglerがランタンで引っ張られて一緒に飛んでくることなどざらにあるので必ず置いておきたい
&c_pantheon;や&c_nocturne;が相手のjunglerの場合、この位置から飛んでくる事が多々あるのでしっかり置こう
画像の赤○の松明の部分に密着してぎりぎりで置くと図の位置に置く事ができるが、ここに置いておくとWightを狩っているjunglerのHealthなどもギリギリ確認出来たりする
無理に上側に置く必要性はないが置ける時は図の位置に置こう


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

&ref(Leona_wardb4.png);
重要度★★☆☆☆
置き易さ★★☆☆☆
除去耐性★★★★☆
・紫側ゴーレム近くの茂み
置くのに若干リスクが伴う場所
別のレーンに相手のjunglerがいる時などに置いておきたい
やて瑛&c_pantheon;や&c_nocturne;が相手のjunglerの場合こことを確保していると高確率でultを使ったgankを確認する事が出来る
そして6:30〜7:00ぐらいに置けば青スタートのjunglerの場合2回目の青の時間を確認できるのが最大の強み
味方のjunglerが強気にカウンターjungleをしているなら是非置いてみよう
'とここを両方置いておくと上手く行けば相手をkillできる事もあるのでMapの確認は怠らないように


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ここからは&i_visionward;の候補地
A
&ref(Leona_wardb5.png);
重要度★★★★★
置き易さ★★★★★
除去耐性★★★☆☆
・ドラゴン左上の孤立した茂み
&i_visionward;を是非置きたい場所
意外に除去されにくく、この位置のwardの有用性を理解していない相手の場合、開始6分で置いてもそのまま20分以上放置される事もある場所
midへの右側下2ルートの視界確保、カウンターjungle、ドラゴンやmidからbotへのgankを全てこの一つで賄える優良地
除去耐性が3なのは上記のとおりなかなか壊されない場合が多い事と理解している相手なら頻繁に確認する事もあって平均の3
余談だがこの下の茂みに隠れ、壊しに来たjunglerなどにコンボを決めてbaitできるなど応用性も高い
紫側でもここの有用性は高いので&i_sightward;を置いていても壊されたりする事が多いので注意

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
B
&ref(Leona_wardb6.png);
重要度★★★★☆
置き易さ★★★★★
除去耐性★★★☆☆
・赤バフ右上の茂み
Aが頻繁に壊される場合の代替地
置き易いが紫側のmidやjunglerが&i_sightward;を置きに来る事が多い場所
botから離れているため除去に間に合わない事も多い
mid方面からのgankやカウンターjunglerを防ぐ事が出来るのでAが壊されまくるならここに置こう

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
C
&ref(Leona_wardb7.png);
重要度★★☆☆☆
置き易さ★★★★★
除去耐性★★★☆☆
・青側三叉路
 A、Bが頻繁に壊されるor相手がここに執拗にwardを置いてくる場合の候補地
基本的には味方のjunglerがgankをしやすいようにする目的で置く事が多い
左端ぎりぎりに置いているのはこの場所に置いておけば相手supportが除去しづらいため
なお、ここにおいてもミニゴーレム前ルートをとおってきた場合は三叉路直前まで確認が不可能なため完全に安全ではない事を忘れないように
余談だがこの三叉路を通って相手がgankをしに来る場合、見えた時点でレーンの状況にもよるが高確率でgankが成功するため後手に回りやすい
相手がpushをしてきてTowerdiveする気満々等の場合は&i_sightward;を置いておくのも手。(その時の重要度は★★★★☆)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
&ref(Leona_wardb8.png);
この画像は◆↓、Aを置いた場合のMapの状況だ
αは相手側の茂みに置いているものだが全てのbolaneへのgankルートが確認できるのが判るだろう
αをadcに置いてもらい'にwardを置いた場合は下側からのmidへのgank、ドラゴン、カウンタージャングルの全てが早い段階で確認できる状況だ
1回目のリコールからbotの1本目のタワーが折れるまでは常にこの状態は維持しておきたい
もちろんこちらが劣勢で1本目や2本目のタワーを折られている場合は自陣jungleにwardを置かなければならないが……\
紫側は青に比べて置ける場所が少ない
ただし一部の場所がほぼ必須であり除去されやすいためwardのストックを常に多めに維持しておきたい


&ref(Leona_wardp1.png);
重要度★★★☆☆
置き易さ★★★☆☆
除去耐性★★★☆☆
・敵赤右上の茂み
中盤まで壊されにくい位置
midからのbotへのgankを早期に視認できる場所だが、相手の&i_visionward;で除去されやすい位置でもある
本来はmidやjunglerが置くべき場所だが、supportが置く事で彼らのwardを別の場所に使えるのが特徴

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

&ref(Leona_wardp2.png);
重要度★★★★★
置き易さ★★★★★
除去耐性★☆☆☆☆
・ドラゴン前
最重要場所
mid方面からのgankの1ルートとドラゴンを常に監視できる
青側同様処理されやすい

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

&ref(Leona_wardp3.png);
重要度★★★★★
置き易さ★★★☆☆
除去耐性★★☆☆☆
・bot三叉路の茂み
最重要場所その2
ここのwardがない時点で一部のjunglerのgankがほぼ100%決まると言っても過言ではない場所
地形上、安易に置きに行きにくくかつ相手の&i_visionward;を処理しづらいのに重要度が高い
ここのためにwardのストックは最低でも1は残しておきたい

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

&ref(Leona_wardp4.png);
重要度★★★★☆
置き易さ★★☆☆☆
除去耐性★★★★★
・bot三叉路左下の茂み
位置の関係上0幣紊肪屬にくい場所だが効果は高い
先にの相手のwardを除去してから置けばほぼ100%除去されない
基本的にbotに相手のjunglerが来る場合、状況を見てミニゴーレムを狩ったりするので把握がしやすい
特に相手のsuppoerが&c_thresh;の場合ランタンを使った強引なgankを未然に確認して防げるので是非置いておきたい
さらに&c_wukong;&c_leesin;や&c_pantheon;&c_nocturne;のgank警戒も確認しやすいので余裕があるなら置こう


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
A
&ref(Leona_wardp5.png);
重要度★★★★★
置き易さ★★★★☆
除去耐性★★☆☆☆
・ドラゴン左上の孤立した茂み
青側同様多数の恩恵を受けれる場所
除去に関しては若干相手側に近い位置にあるのでよく通ってばれやすいのが難点
両軍共に視覚を確保しておきたい場所なので定期的に確認と更新を行おう

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
B
&ref(Leona_wardp6.png);
重要度★★★★☆
置き易さ★★★☆☆
除去耐性★★★☆☆
・botレーン手前の川の茂み
&i_visionward;だけでなくを確保できない時は置いておきたい重要個所
&i_visionward;が残っていれば長時間相手のwardingを監視できるので除去がしやすくなる
図のように自身のjunglerから範囲ぎりぎりで置く事で強引に置く事ができる場所なので
押されぎみだが相手のjunglerが見えず張り込まれていそうな場合などはこんな風に安全に視界を確保しよう
また&i_visionward;の場合&c_evelynn;が草むらを確認しない限りこちらが視認できている事が判らないので、返り討ちにできるといった小技もある

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
C
&ref(Leona_wardp7.png);
重要度★★☆☆☆
置き易さ★★★★★
除去耐性★★★★☆
・botレーン入り口の茂み
基本的に劣勢の時やjunglerのgankのために置く場所
相手のsupportがこちらのgankを警戒している場合この位置にwardがある事が多いのでそれを除去できるのが強み
特に&i_visionward;を置いていても相手が除去するにはかなりのリスクになる
また劣勢で相手がjunglerを含めてdiveしてきそうな場合はこのルートを通る事が多いので&i_sightward;などできっちり視界の確保をしておこう

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
&ref(Leona_wardp8.png);
,,,Aに置いた場合のMapがこちら
αは青同様味方のadcに置いてもらえば全てのbotレーンのgankが防げる事になる
αにない場合でも相手がjunglerからでなく直接botlaneの一番下を通らない限りgankを早期に確認できる
}}

#BR
----
#BR

*コメント [#id501c37]

#pcomment_nospam(コメント/小ネタ・小技/テクニック,10)