Lux: the Lady of Luminosity
ラックス:光の才女

lux

攻撃力
■■
防御力
■■■■
魔力
■■■■■■■■■
難易度
■■■■■
ロール

メイジ(Mage), サポート(Support)

実装日2010/10/19
価格3150 [ip]790 [rp]最終更新v6.23
ステータスLv.1...Lv.18
体力478791821
マナ384471183
物理防御18.7486.7
魔法防御30
移動速度330
ステータスLv.1...Lv.18
体力自動回復5.40.5514.8
マナ自動回復60.819.6
攻撃力543.3110
攻撃速度0.6251.36%0.77
射程距離550
スキル名効果

イルミネーション
(Illumination)

Passive: スキルでDMを与えた敵ユニットにイルミネーション(6s)を付与する。イルミネーションが付与された敵ユニットに対してAAかファイナルスパーク(R)でDMを与えるとイルミネーションを消費して追加魔法DMを与える。

追加魔法DM: 10 + (Lv × 10) (+0.2AP)

ライトバインド
(Light Binding)

Active: 指定方向に、一度だけ敵ユニットを貫通する光の玉を飛ばし、当たった敵ユニットに魔法DMとSnare(2s)を与える。

魔法DM: 50/100/150/200/250 (+0.7AP) 弾速: 1200

Cost: 50/55/60/65/70MN CD: 15/14/13/12/11s Range: 1175

プリズムバリア
(Prismatic Barrier)

Active: 指定方向に杖を投げ、自身と当たった味方ChampionにDMを軽減するシールド(3s)を付与する。杖は行きと帰りそれぞれに判定がありシールドは重複する。

シールド耐久値(1Hit毎): 50/65/80/95/110 (+0.2AP) 弾速: 1400

Cost: 60MN CD: 14/13/12/11/10s Range: 1075

シンギュラリティ
(Lucent Singularity)

Active: 指定地点に視界を確保する光の玉(5s)を設置し、範囲内の敵ユニットに継続的にSlowを与える。光の玉は5秒経つか再度スキルを使用する事で爆発し、範囲内の敵ユニットに魔法DMとSlow(0.25s)を与える。

魔法DM: 60/105/150/195/240 (+0.6AP)

Slow: 25/30/35/40/45% 効果範囲: 700 視界範囲: 1150

Cost: 70/85/100/115/130MN CD: 10s Range: 1100

ファイナルスパーク
(Final Spark)

Active: 1秒詠唱後、指定方向の直線状にいる全ての敵ユニットに魔法DMを与える。また効果範囲内の視界を確保する。Hitした敵にイルミネーション(P)を付与されていた場合、その分の追加魔法DMを与えた後に新たにイルミネーション(P)を付与する。

魔法DM: 300/400/500 (+0.75AP)

Cost: 100MN CD: 80/65/50s Range: 3340

終盤になると高火力広範囲のULTを集団戦で2回撃てたりする
Garenの妹
でまーしあー!
v6.23

目次

最終更新日時: 2016-11-22 (火) 17:19:57

Champion Spotlight

考察

シールドやスネア、スロウなど仲間を守れるスキルを多数持つ遠距離主体のMage
攻撃と援護の両方を可能とするが、スキルが強力な分操作難度も高い

Pros
PassiveによるLH精度の高さ
限定的なQを含め全スキルがAoEなので集団戦が得意
スキルの射程が長く、特にUltは射程・弾速・威力・CDに優れ視界も取れる破格の性能
命中すればどこからでもコンボ可能であり、高い瞬間火力を実現できる、最大2体に当たる長射程Snare
Wによるシールドは継続的に攻撃を防ぐことが可能

Cons
HP・両regが低く脆い上、ASも低いのでPassiveを生かし辛い面がある
Ult以外のスキルのCDが長めで、一つでも外すと危うくなりがち
低Lv時のARが低い
機動力がかなり低い

スキル紹介

Illumination.pngIllumination
Nukeスキルを当てる毎に通常攻撃を加えることでかなりの火力が出る。Farmにも使える。
また、LuxはMageだが、このPassiveがある影響か通常攻撃の発生が早くモーションが優秀。
火力の低さを補ってくれるが、中盤以降で敵Championに近づくのは危険。
一応スキル(但しAoE)扱いであり、効果は微々たるものだがSpell Vampとrylaiscrystalscepterのスローが有効。
Light_Binding.pngLight Binding
Morganaのものと比べ威力は劣るが、一度だけ敵ユニットを貫通するので多少当て易い。
Minion1体までなら貫通して攻撃できる事と、Rank1の状態でも2秒間スネアできる事が強み。
Prismatic_Barrier.pngPrismatic Barrier
自身には確実に2度シールドが張られる。敵ユニットには何の効果も無いので注意。
発生と弾速が少し遅いので、味方が狙われそうになったら早めに使うと良い。
Lucent_Singularity.pngLucent Singularity
威力は若干低いが射程・範囲が優秀でハラスに使える。
CDが爆発時ではなく、射出時から始まる。
これを利用して、Minion同士の遭遇する場にEを置けば、スローで敵Minion全員を範囲内に収める事が出来、2発目のEも早く撃ててFarmが加速する。Qと合わせて敵の足止めにかなり有用。
視界も取れるので偵察にも使えるが、Rank毎のマナ消費増加量が大きいので使いすぎに注意。
Final_Spark.pngFinal Spark
レーザーをぶっ放す。CDが短いのでハラスやMinion処理に使うのもいい。
Rank3、CDR40%で30秒ごとにぶっ放せる。敵が狩っている中立Monsterのトドメを掻っ攫うのにも使える。
このスキルでもPassiveダメージが発生する為、QやEと絡むと想像以上にダメージが出る。

尚、このスキルの詠唱はオマケみたいなものであり、スタンやサイレンス等で詠唱が中断されても1秒後にはしっかりレーザーが発射される。
詠唱中にノックバックで吹き飛んだ場合でも、Ultを使用していた地点からレーザーが出現する(但し、レーザーのダメージ判定は吹き飛んだ先から発生する模様)。
なので複数hitを狙える状況なら、妨害されるのが確定だとしてもぶっ放すのが吉。
詠唱中に死亡した場合は残念ながら不発に終わる。

ビルド

    セリフ

    Upon Selection

    "Tactical decision, summoner!"

     戦術的な決定ね!

    Movement/Attacking

    "Going!"

     向かってるわ!

    "I love it when a plan comes together."

     計画通りって感じね。

    "We can do this."

     私たちならできるわ。

    "Lighting the way."

     この道を照らすわ。

    "I'll look into it."

     任せて。

    "Stay positive."

     ポジティブに行きましょう。

    "Great decision!"

     いい考えね!

    "I never think about losing."

     負けることなんか考えない。

    "Banish the shadows!"

     影を消してあげる!

    "Illuminate the enemy!"

     敵に光を!

    "Light'em up!"

     光よ!

    On Using LuxFinalesFunkeln.pngFinal Spark

    "Demacia!"

     デマーシアー!

    Taunt

    "With your power level, I suggest you forfeit instead."

     戦闘力5?はっきり言ってゴミね。

     #ドラゴンボールが元ネタ。「戦闘力たったの5か…ゴミめ…」)

    "In the name of Demacia, I will punish you!"

     デマーシアに代わって、おしおきよ!

     #セーラームーンが元ネタ。「月に代わっておしおきよ!」)

    Joke

    "Double rainbow? What does it mean?..."

     ダブルレインボー? 何それ、どういう意味?

    "Well, a "double rainbow" is a phenomenon of optics that displays a spectrum of light due to the sun shining on droplets of moisture in the atmosphere. Does that explain it?"

     ダブルレインボーとは、大気中の水滴の中で屈折した太陽光が観察者の目には屈折回数の異なる二通りのスペクトルに分かれて届くため、2つの虹があるように見えるの。お分かり?

     #元ネタ→http://www.youtube.com/watch?v=OQSNhk5ICTI&t=2m

    "Light mage? I'm just an ordinary mage."

     光の魔女? ううん、普通の魔法使いよ。

     #Luxのモデルである霧雨魔理沙の二つ名が「普通の魔法使い」であることにひっかけたネタ。

    "Shhh! I'm charging my laser..." (whispering)

     シーッ! ビームをチャージしてるの……。

     #元ネタ(音量注意)→http://www.youtube.com/watch?v=cAA7F7CDEIw

    Other

    "Attention Summoner!" (Minimap左上のAlert Pingのメッセージ)

     (対応台詞不明)

    (対応台詞不明)

     しっかり集中して。

     こっちが一枚上手なんだから。

    有志訳

    Upon Selection
    "Tactical decision, summoner!"
     戦術的決定ね、サモナー!

    Movement/Attacking
    "Going!"
     行きます!
    "I love it when a plan comes together."
     計画に沿って行動するのは好きよ。
    "We can do this."
     我々なら出来ます。
    "Lighting the way."
     道行を照らしましょう。
    "I'll look into it."
     調べてみます。
    "Stay positive."
     前向きに行きましょう。
    "Great decision!"
     素晴らしい判断です!
    "I never think about losing."
     敗北のことなど考えません。
    "Banish the shadows!"
     闇よ、消え去りなさい!
    "Illuminate the enemy!"
     敵を照らします!
    "Light'em up!"
     光よ!

    On Using LuxFinalesFunkeln.pngFinal Spark
    "Demacia!"
     Demacia!

    Taunt
    "With your power level, I suggest you forfeit instead."
     あなたの戦闘力では、あきらめた方がいいですよ(ドラゴンボールが元ネタ)
    "In the name of Demacia, I will punish you!"
     Demaciaに変わってお仕置きよ!(英語版セーラームーンの口上らしい)

    Joke
    "Double rainbow? What does it mean?..."
     虹が二つ?これが意味することは・・・?
    "Well, a "double rainbow" is a phenomenon of optics that displays a spectrum of light due to the sun shining on droplets of moisture in the atmosphere. Does that explain it?"
     さて。(早口で)double rainbowとは大気中に含まれる水滴が太陽光のスペクトルを表示する為に起こる光学現象である。これで説明付きました?
     #元ネタ→http://www.youtube.com/watch?v=OQSNhk5ICTI&t=2m
    "Light mage? I'm just an ordinary mage."
     光の魔法使い?わたしはただ普通の魔法使いよ。
    "Shhh! I'm charging my laser..." (whispering)
     シーッ!今レーザーをためているところよ・・・(ささやく)
     #元ネタ(音量注意)→http://www.youtube.com/watch?v=cAA7F7CDEIw

    Other
    "Attention Summoner!" (Minimap左上のAlert Pingのメッセージ)
     気をつけて、サモナー!

    小ネタ

    • リリースされる前にアートワークとモデリングが大幅に変更されている。初期のモデリングは色んな意味で注目された。
      旧モデリング
      旧アートワーク
    • Luxのデザイナーは東方Project好きのShurelia。霧雨魔理沙を意識してデザインした(Sorceress skinのモデル、一部の台詞、Ultの名称など似ている)。
      初期RiotにはShureliaを始めとした東方Project好きが多かった。
      LuxやyoumuusghostbladeYoumuu's Ghostbladeなど、そのままなのは原作者のZUNに対する敬意を示すため。
    • 実装当初のUltの名称はFinales Funkelnだったが、v1.0.0.144で名称がInfinite Lightになり、その次パッチのv1.0.0.145でFinal Sparkになった。
      関係者によるとFinales Funkelnは霧雨魔理沙のFinal Sparkのドイツ語で、Infinite LightにしたらイマイチでたったためFinal Sparkにした。
      Infinite Lightに変更された理由とアンケートはこちら
    • LuxはLightのラテン語訳。
    • フルネームはLuxanna "Lux" Crownguard 。当初はドイツ風のLuminance Fraeuleinになる予定だった。
    • Prismatic Waveはステルス付与になる予定だった。ストーリーの隠密行動はその名残。
    • ARAMのショップの店員のezrealEzrealに対する「君とCrownguard嬢とのうわさは本当かね?」や公式のイラストでEzrealとの交際を示唆している。

    ストーリー

    デマーシアの規範たる軍人一家の名門、クラウンガード家に生を受けたラクサーナは、生まれながらにして輝かしい将来を約束されていた。一家でただ一人の女児だったラックスは、幼い頃から名家の子女にふさわしい英才教育を受け、クラウンガード家にふさわしい豪奢な社交パーティにも顔を出した。やがて成長を重ねるにつれて、ラックスには特別な才能が備わっていることが明らかになっていく。彼女はその能力により、実在しないものすら見たことがあると人々を信じさせることができた。また、遮蔽物のない場所で姿を消したり、更には誰かが魔法を使うところを一度見ただけで、その仕組みを理解し、再現したりできたのである。神童と讃えられたラックスは、デマーシア政府や軍部はもちろん、市民からも大いに愛されることとなった。

    ラックスは、女性としては史上最年少で魔法学院の審査を受けた一人だったが、その際に光を操るという珍しい能力の持ち主であることが判明する。若きラックスは、その才能を大切な授かり物として受け止め、世のために役立てるべきだと考えた。やがてラックスの特殊能力を知ったデマーシア軍は、彼女を軍務に迎え入れ、秘密工作の訓練を施すこととなる。以後、危険な任務を次々と成功させていったラックスは、瞬く間に有能な軍人として広く名を知られるようになった。そしてついにはノクサス最高司令部の内部に直接潜入し、同国とアイオニアの紛争に関する重要な内部情報の入手に成功したのである。この功績によってデマーシアとアイオニアの両国から大いに称賛されることになったラックスだったが、偵察や諜報の任務を続けることを彼女は望まなかった。あくまでも人々を照らす光になりたいと願った彼女は、兄の足跡を辿ってリーグ・オブ・レジェンドの門を叩いた。そして才能を存分に発揮することで、今日もデマーシアの人々に希望を与えている。

    「他者を導くラックスの光を、敵は恐れている。だが最も恐ろしいのは、光が消えたときなのだ」
    - デマーシアの勇士、ガレン

    Born to the prestigious Crownguards, the paragon family of Demacian service, Luxanna was destined for greatness. She grew up as the family's only daughter, and she immediately took to the advanced education and lavish parties required of families as high profile as the Crownguards. As Lux matured, it became clear that she was extraordinarily gifted. She could play tricks that made people believe they had seen things that did not actually exist. She could also hide in plain sight. Somehow, she was able to reverse engineer arcane magical spells after seeing them cast only once. She was hailed as a prodigy, drawing the affections of the Demacian government, military, and citizens alike.

    As one of the youngest women to be tested by the College of Magic, she was discovered to possess a unique command over the powers of light. The young Lux viewed this as a great gift, something for her to embrace and use in the name of good. Realizing her unique skills, the Demacian military recruited and trained her in covert operations. She quickly became renowned for her daring achievements; the most dangerous of which found her deep in the chambers of the Noxian High Command. She extracted valuable inside information about the Noxus-Ionian conflict, earning her great favor with Demacians and Ionians alike. However, reconnaissance and surveillance was not for her. A light of her people, Lux's true calling was the League of Legends, where she could follow in her brother's footsteps and unleash her gifts as an inspiration for all of Demacia.

    ''Her guiding light makes enemies wary, but they should worry most when the light fades.''
    - Garen, The Might of Demacia

    Leagueによる審判

    展開する

    Candidate: Lux
    志望者:Lux

    Date: October 17, 20 CLE
    日付:CL暦20年10月17日

    OBSERVATION
    観察

    Lux runs briskly into the hallway, almost bursting with excitement. The light plays off of the young girl’s golden hair, emitting a brightness that almost gives her an ethereal air. Her colorful attire and disarming smile would fool any ignorant passerby, but the ease with which she wears her battle armor would give any seasoned warrior pause.
    興奮ではち切れんばかりになりながら、Luxは広間に元気よく走り入る。光がこの若い少女の金色の髪に対抗し、彼女にエーテル質の空気を与えんばかりの輝きを放っている。彼女の色鮮やかな服装と武装を解かせるような微笑みは無知な通行人全てを欺くだろうが、しかし彼女が自分の戦闘用の鎧を着用したままで気軽にしている事は熟練した戦士全てを一瞬の間固まらせるだろう。

    She pauses for a moment to take in the scenery, her intelligent eyes darting around. An intricate baton darts rapidly between her fingers, conveying her impatience.
    彼女は景色を見物するために一瞬の間を取り、彼女の知的な目は周囲に投げかけられる。一本の込み入った細工のバトンが彼女の指々の間で投げられ、彼女のせっかちさを伝達している。

    The truest opponent lies within.
    真の敵は内に在り。

    An unimpressed “hmph” spills out of her lips. Striding forward, she pushes firmly with a gloved hand to open the marble doors before her. With an effortless spin of her baton, her body is enveloped in a bright aura. She runs inside, undaunted by the complete darkness that swallows her up.
    感激の無い「ふーん」が彼女の唇から漏れる。闊歩前進し、彼女は目前の大理石の両扉を開けようと手袋をした手でしっかりと押す。彼女のバトンの努力の無い回転により、彼女の体は明るいオーラに包まれる。彼女を飲み込む完全な暗闇に臆せずに、彼女は内部に走る。

    REFLECTION
    反射

    Garen, the Might of Demacia, her long-lost brother, stood before her. His face was stern, yet kind, and exactly how she had imagined he would look in real life, having only seen him in the League match broadcasts since he had been taken away. “Why do you want to join the League?”
    彼女の長らく会っていない兄、the Might of Demacia(Demaciaの力)、Garenが彼女の前に立っていた。彼の顔は厳しかったが、しかし優しく、連れて行かれてからLeagueの試合の放送で見るだけであった彼が現実の生活でしているであろうと彼女が想像していたとおりの顔をしていた。「なぜLeagueに入りたいんだ?」

    Lux allowed herself a smile, trying to not seem smug. While anyone who had been subject to a League judgment was forbidden to discuss the trial, Lux had done her research, and she knew that they summoned illusions to extract their answers. It was mere child’s play for her; she could see right through it, and she knew what they wanted to hear.
    気取っているように見えないようにしながら、Luxは自分が微笑むのを許した。Leagueの審判の対象となった者は皆試験について議論する事を禁じられているのだが、Luxは自身のリサーチを完了し、そして彼女は彼らが答えを抽出するために幻影を召喚するのだと知っていた。彼女にとってそれはただの子供のお遊びであった。彼女はそのすぐ後ろを見通す事が出来、そして彼女は彼らが聞きたいと望むものを知っていたのだ。

    She straightened and looked the illusion of her brother straight in the eye. “To fight for justice in the name of Demacia.”
    彼女は姿勢を正し彼女の兄の幻影の目を真っすぐ見た。「Demaciaの名において正義のために戦うためです。」

    “What is the real reason, Luxanna?”
    「Luxanna、本当の理由は何だ?」

    “Victory for our allies, defeat for our enemies, and justice for all.” They were both quotes from The Measured Tread, the handbook that any self-respecting Demacian could recite on command, but they did not make them any less true for her own purposes.
    「我々の味方に勝利を、我々の敵に敗北を、そして全てに正義を。」これらはどちらも自尊心を持ったDemacia人なら誰でも命令に従って暗唱出来る便覧であるThe Measured Tread(「整然とした歩み」)からの引用であったが、しかしその事によってもそれらが彼女自身の目的に正直でなくなる事は無かった。

    Her brother frowned, and that was the last thing Lux saw before an explosion of light consumed them.
    彼女の兄は顔をしかめ、そしてそれは光の爆発が彼らを飲み込む前にLuxが見た最後のものであった。

    It was happening again. Sometimes, the light would bounce off the glass hall of the Demacian Royal Academy, casting a bewitching display of prisms in every direction. Lux’s skin would shimmer, as if composed from the dust of crystals. Her mood lifted and she let the light envelop her, rendering her invisible in plain sight.
    またこれが起きたのだ。光がthe Demacian Royal Academy(Demacia王立大学)のガラスの広間に跳ね返り、プリズムの幻惑的な眺めを全方位に投射した事は何度かあった。まるで結晶の塵によって構成されているかのように、Luxの肌はきらめくのだった。彼女の気分は上昇し、みるみるうちに自分を透明に塗っていく光が自分を飲み込むままにした。

    She hadn’t yet gained control over the odd occurrence, which was unfortunate as it would happen at random intervals during the most inopportune of moments. Lux ran off in the direction of her home, heart racing in the hopes that the illusion would stick around long enough for her to show her parents. There was only a fleeting twinge of guilt that struck her for leaving school, but her teacher would count her as absent anyway.
    彼女はいまだにこのような、最も不適切な瞬間にでたらめな間隔で起きるために不運で、そして妙な発生の制御を出来ずにいた。この幻影が彼女の両親に見せるのに十分な時間続くようにという願いで心を弾ませながら、Luxは彼女の家の方向に走り出した。学校を立ち去ったために彼女を襲うつかの間の心のうずきだけはあったが、しかし彼女の教師はいずれにしても彼女を欠席だとみなすだろう。

    Lux burst into the Crownguard residence. To her delight, she heard familiar voices speaking quietly in the kitchen. She found three military officials standing at attention, speaking to her parents. Her heart skipped a beat as she started to retreat back into the living room; they were discussing important business, and she had been taught better than to interrupt. She would have left the house entirely, except at that one dreadful moment, she heard her name.
    LuxはCrownguard家の邸宅に走り入った。彼女にとってありがたい事に、彼女はキッチンで聞き慣れた声々が静かに話しているのを聞いた。両親と話している三人の陸軍官吏達が行く手にいるのに彼女は気付いた。彼女の心臓は一拍を飛ばし、彼女はリビングルームに引っ込んだ。彼らは重要なビジネスについて議論しているのであり、そして彼女は割って入るような事をしないだけのしつけを受けていた。彼女が自らの名前を聞いたその恐ろしい一瞬が無ければ、彼女は家を完全に立ち去っていただろう。

    She froze.
    彼女は凍り付いた。

    “It is the greatest honor you could bestow upon our household to take Luxanna. She will serve you well, just as Garen has before her.” A chair scraped along the floor as her mother stood.
    「あなた方がLuxannaを迎えてくださる事により、私どもの家はこの上ない名誉を授かります。先にGarenのしたように、彼女もあなた方に良く仕えるはずです。」彼女の母親が立ち上がり、椅子が床に擦れた。

    “You are sure, Lilia? Your daughter is at the age where she needs her parents the most, especially after taking her older brother away.”
    「それで良いのか、Lilia?特に兄が遠くに連れて行かれた後であるし、あなたの娘は両親を最も必要とする歳であるぞ。」

    “It is all in the King’s name. You will provide all the parenting that she will need.” Her father’s tone was dismissive.
    「全ては王の名のためだ。お主達は彼女に必要な監護を全て与えるのであろう。」彼女の父の口調は冷ややかだった。

    “Very well. It is done.”
    「良いだろう。決まりだ。」

    Lux fell to the ground, the repressed memories unforgivingly rushing back into her mind. Her parents delivering the news. Lux barricading herself in her room. The pain in her arms as they forcibly dragged her away from her home. Her hair draped across her face as she refused to look at her parents. The burn of her tears as she cried herself to sleep every night. The booming voices yelling at her to focus. Her screams as she cursed her family for doing this to her.
    Luxは地面にくずおれ、抑圧された記憶達が再び彼女の精神に容赦無くなだれ込んできた。彼女の両親が知らせを持ってくる。Luxが自分の部屋にバリケードを築いて立てこもる。彼らが家から彼女を強制的に引きずっていく時の彼女の腕の痛み。自分の両親を見る事を拒み、彼女の髪が顔に掛かった。彼女が毎晩寝る時に一人で泣いた時の涙の焼け付き。彼女に集中するよう怒鳴りつける轟く声。家族が自分にそういった事をするのを彼女が呪った時の叫び。

    Then, her own voice echoing back at her, reciting the Justice Pledge alongside her fellow recruits. The comfort of re-reading The Measured Tread cover to cover countless times. The indoctrination of the new incoming class, led by Lux herself. The pride swelling in her heart as she marched forth under Demacia’s shining banner. The accolades in praise of her exemplary work. The absolute love for her country. The emptiness of realization of what she had willingly grown to love.
    そして、彼女の同僚の新兵達と共にthe Justice Pledge(「正義の誓約」)を暗唱する彼女自身の声がこだまとなって彼女にかえって来た。The Measured Treadを最初から最後まで読み直す満足。Lux自身によって率いられる新たな次のクラスの教化。Demaciaの輝く旗の下で行進する時に彼女の心の中で膨らむ誇り。彼女の模範的な働きをほめ讃える賞賛。彼女の故国への絶対の愛。彼女が意識的に愛するようになってきていた物を認識した事による空虚。

    The assault of memories subsided, and she was left slumped in the darkness. She knew the League had retreated from her mind, but the test wasn’t over yet. Someone was standing before her, and she didn’t even have to look up to know who it was.
    記憶の強襲は止み、そして彼女は暗闇の中にへたり込んだままでいた。彼女はLeagueが自らの精神の中から退いた事を知っていたが、しかし試験は未だに終わっていなかった。誰かが彼女の前に立っており、そして彼女はそれが誰なのか知るために見上げる必要が無かった。

    “Will you admit the real reason why you want to join the League now?”
    「今ならLeagueに入りたいと思う本当の理由を告白してくれるか?」

    Her labored breaths caught in her throat just long enough for her to whisper, “Because I have nothing else…”
    彼女の疲労した息は、彼女がささやくのに足るだけの間のみ彼女の喉に捕えられた、「私には他に何も無いから…」

    The darkness shattered around her, falling to the ground in shards. She crumpled to the ground, heaving sobs racking her body.
    暗闇は彼女の周囲で砕け、欠片となって地面に落ちた。呻くすすり泣き声が彼女の体を苦しめるままに、彼女は地面に伏せった。

    Garen remained standing, his normally kind face gruff and unreadable as the illusion dissolved around them. “You have just shared your mind with me. To become a champion of the League, you must allow others into your mind, and they will know your true conviction and purpose better than you yourself. If you are prepared, you know what you must do.”
    幻影が彼らの周囲で解ける中、彼の普段であれば優しい顔が無愛想で判読しにくい状態で、Garenは立ったままでいた。「今、お前は俺と精神を共有した。Leagueのチャンピオンになるためには、精神に他人が入る事を許さなければならず、そして彼らはお前の真の信念と目的をお前自身より良く知ることになるんだ。もしお前の準備が出来ているならば、お前は自分が何をするべきか知っているはずだ。」

    Her brother turned and strode through the hallway that stretched before them to another set of double doors. He did not stop to lend her a hand, nor did he glance backwards to see if she would follow.
    彼女の兄は踵を返し、彼らの前からまた別の両扉の前まで伸びた広間を闊歩した。
    彼は彼女に手を貸さず、彼女が付いてくるかを見るために後ろを一瞥する事もなかった。

    He didn’t need to. Lux remained on the floor, composing herself. For a moment, she considered calling out to her brother or running back into the Great Hallway, out of the League’s penetrative gaze. This was the first challenge that ever daunted her, even moreso than when she was being tested by Demacia’s top magicians or sneaking through Noxus’s innermost tunnels. But she was a Crownguard, and she knew that she would overcome this challenge, just as she had overcome all other challenges in her life.
    彼には必要が無かった。Luxは床の上にたたずみ、気を落ち着けていた。一瞬の間、彼女は兄の事を呼んだり、Leagueの貫くような視線から逃れてthe Great Hallway(「大広間」)に走って戻ったりする事を考えた。これは、Demaciaの最高の魔術士達から試験を受けた時やNoxusの最も奥まったトンネルを隠れて通った時にもまさる、彼女をひるませた実に最初の試練であった。しかし彼女はCrownguard家の者であり、そして彼女は自らの人生における他の全ての試練と同じように、自分がこの試練を乗り越えられるであろうと知っていた。

    She stood, clutching the baton deftly in her hand. She would prove that her dedication to her city-state was true, and that she had not been lying when she first answered their question.
    彼女は立ち上がり、手で器用にバトンを掴んだ。彼女は自分の都市国家への献身が真実である事、そして彼女が最初に彼らの質問に答えた時に嘘をついていたのでは無いという事を証明するだろう。

    コメント

    最新の20件を表示しています。 コメントページを参照 <<過去ログはこちら>>

    • そろそろエレメンタルスキンのセリフ集誰か載せてくれませんかね・・・・ -- 2017-01-06 (金) 14:38:52 <2646632695>
    • にわかエレメンタルスキンラックス多すぎて草対面すると大体勝てるわ -- 2017-01-25 (水) 12:42:56 <2123924935>
    • 対面にZed来ると体売りそうなくらい社会に絶望するんだけどどうしてる? -- 2017-01-29 (日) 11:37:36 <1789712966>
    • ジークハービンジャー買おうぜ! -- 2017-02-01 (水) 10:33:20 <2118306174>
      • シーカーアームガードじゃなくてかい -- 2017-02-01 (水) 21:21:57 <3020576319>
    • 帰ったらポーション5個買って常に9割以上ヘルス保つとかなりソロキルは減る -- 2017-02-03 (金) 04:10:39 <838683565>
    • 帰るたんびにポーション5個買いなんてしてたらビルド大幅に遅れるしお金の無駄。そもそもハラスが強いE、当たればスネア入るQ、超火力のult,スキルは全部Range: 1000以上あるんだからソロキル自体そんなにされない・・・ソロキルされまくってるなら立ち回りが悪いかgankされてる場合の方が多い -- 2017-02-03 (金) 04:35:23 <712869445>
      • ソロキルは立ち回りが悪いのは確かだけど、Ziggsみたいに遠距離からペシペシしてりゃ良いってキャラじゃないからな -- 2017-02-07 (火) 19:06:08 <829276236>
      • まぁ(ult使えば別だけど)他のmidレーナーと比べてサクっとウェーブ処理し辛いしその癖相手のオールインに対してもしんどいチャンプではある -- 2017-02-11 (土) 09:01:02 <2037526517>
    • 仕方ねぇな こいつのスキルの躱し方を教えてやる まずCDを覚えろ そして歩きながら「打ってくるなこいつ」というタイミングで逆に歩くんだよ 相手も打つために寄ってくるようなやつならこれでかわせる 寄ってこないなら打たせるためにちょっと近づく そして90°向きを変えて歩いてかわす こいつのスキルはかわせるようにできてる かわせ -- 2017-02-15 (水) 11:47:43 <3069942091>
    • Lux関係ないし、Lux側も避けれないようにスロー当ててからとかCSに意識が向いたときとかやるに決まってるだろ。 -- 2017-02-17 (金) 12:21:32 <979154882>
    • diaになってから使い始めたけどくssssssssっそつかいやすいしレーン事故らないからいいわ -- 2017-02-17 (金) 12:09:22 <1008876965>
    • スペルシーフスキンが一番美人。 異論は少しだけ認める -- 2017-02-17 (金) 19:53:30 <3710644919>
    • wいらなくね?って思ってたけど最近強引はアシスト稼ぐのに超便利だと気付いた。 -- 2017-02-23 (木) 12:22:25 <3069801935>
    • "強引に"です失礼 -- 2017-02-23 (木) 12:23:51 <3069801935>
    • オーウレインボォー? -- 2017-02-23 (木) 13:26:00 <2035657910>
    • wはイグナイトに刺さるだろ nerfされたけども -- 2017-02-23 (木) 13:36:20 <3674948478>
    • 適当に投げてオールチャットLOLするだけで簡単にチームファイト勝てるほど強かったからな -- 2017-03-06 (月) 02:26:03 <2128114684>
    • うまい人が対面だとEのハラスが全くあてられなくて、E外したらそのまま敵が攻めてきてHP交換不利になるって感じになっちゃうんですが、当てるの無理そうだと思ったらミニオンに使っちゃってもいいんでしょうか・・・それとも当てられそうなときまでずっと待って的確に当てられるときだけ使うのが正解なんですかね? -- 2017-02-27 (月) 09:50:42 <3734052355>
    • Eの広範囲はCSに合わせるとほぼ必中じゃね?追撃のAAは危険なときあるけど -- 2017-02-27 (月) 21:44:40 <2090853568>
    • この範囲でまったく当てられないって場合は相手よりも自分に原因があると思うのですが・・・ちゃんと即爆破してる?QとかCD回復したらすぐ撃ってないだろうな?EとAAでハラスしてQ温存しておけば相手もそうそう攻めてこないと思うが・・・ -- 2017-02-27 (月) 22:49:49 <712869449>
    • Luxに限った話じゃないけど、↑↑の方も言ってるように基本的に相手がラストヒットとりにくるところを狙うとほぼ当たるよ。 -- 2017-02-28 (火) 00:12:18 <1031619943>
    • ありがとうございます まだレベル10なんですが対面でゴールドのカタリナの人と当たってしまって手も足も出なかったので・・・ミニオンのラストヒットですか!次試してみようと思います -- 2017-03-03 (金) 20:51:13 <3734052355>
    • あー初心者でカタリナ対面は仕方ないわ あれは知ってないと無理 -- 2017-03-03 (金) 22:39:31 <1011343649>
    • 高レート帯だと勝率がワーストクラスなのはなんででしょう? -- 2017-02-28 (火) 18:06:40 <1787090554>
    • 今のMidのメタは押し込んでからRoamだったり敵の森に入ったりって言う動きなんだけどLuxはそれができない&やられても対処できないから -- 2017-03-03 (金) 22:34:29 <2122243843>
    • プッシュメタなのもあるけどそれ以前にスキルの回転率の悪さ、スキルセット的に上に行けば行く程対処されやすい。 -- 2017-03-04 (土) 15:52:16 <2089572962>
    • こいつのEどうしたらいいんや ハラスお手軽すぎるやろ -- 2017-03-10 (金) 00:26:34 <2118500172>
    • NAでボイス追加されるみたいだけどエズリアルとの交際関係の話なくなったってマ? -- 2017-03-10 (金) 13:43:13 <1012564028>
    • 処女厨からのクレームが多かったかららしいよ、 という今考えたもっともらしいデマ -- 2017-03-11 (土) 05:57:28 <1788616544>
    • ランクでほとんど見ないけどこいつ強いかなー使おうかなーって思ってwiki欄身に来たらスキルが軒並み弱くて草生えたわ こんなの使える気がしない -- 2017-03-14 (火) 20:37:43 <1888167684>
    • こいつ使うくらいならシンドラ使った方が強い -- 2017-03-14 (火) 20:52:00 <1786994070>
    • 汎用APルーンだとEで後衛ミニオンがギリギリHPミリ残るのモヤモヤする 時間とともにミニオンもHP増えてくからずっとミリ残る -- 2017-03-19 (日) 20:22:16 <2110287619>
    • PBEの変更やばくね?ウルトでキル取るとCD変換されるヤツ -- 2017-03-23 (木) 00:40:21 New <2123196044>
    • チョガスにでもくれてやれよって感じ -- 2017-03-23 (木) 00:41:51 New <1012854105>
    • 上手いことやれば集団戦で2回使えるし、そうじゃないにしてもKSの価値が増えたな -- 2017-03-23 (木) 15:21:16 New <2122243843>
    • こういうの、ガレンにもほしい… -- 2017-03-23 (木) 23:03:31 New <712987885>
    • 誰かnewvoiceのまとめ動画出してくれないかなあ -- 2017-03-23 (木) 23:14:32 New <2578503173>
    • https://www.youtube.com/watch?v=K6RUZTgT43M 見つけてきたぞ -- 2017-03-24 (金) 03:29:20 New <1789343069>
      • ちなみに3分26秒ぐらいにあるEzへ挑発したときのボイスがクソかわいい -- 2017-03-24 (金) 03:34:40 New <1789343069>
      • 有能かよ 個人的には1:31のボイスが癖になる -- 2017-03-24 (金) 05:10:12 New <2578503173>
      • アハハーナニソレオモシローイ -- 2017-03-24 (金) 08:17:04 New! <2123270516>
    • ガレ↑ン -- 2017-03-24 (金) 08:21:01 New! <2123270516>
      • ポッピーも同じイントネーションやしあれがデフォなんやろなあ -- 2017-03-24 (金) 20:25:45 New! <3720043628>
    • Qってさ一度だけ貫通するって書いてあるけど3体に当たってることない? -- 2017-03-24 (金) 01:41:56 New <2081570950>
    お名前:

    コメント欄は投稿時の注意事項を守ってご利用ください。

    階層があるコメントは「Shift」+「左クリック」で全コメントの表示・非表示を切り替えられ、「右クリック」で対象コメントの表示・非表示を切り替えられます。

    変更履歴

    • vX.XX:
      • XXXXXXXXXX
        • XXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
    • vX.XX:
      • 実装


    スポンサードリンク