Nautilus: the Titan of the Depths
ノーチラス:深海の巨人

Nautilus

攻撃力
■■■■
防御力
■■■■■■
魔力
■■■■■■
難易度
■■■■■■
ロール

タンク(Tank), ファイター (Fighter)

実装日2009/02/21
価格4800 [ip]880 [rp]最終更新v7.18
ステータスLv.1...Lv.18
体力576862038
マナ334471133
物理防御26.53.7590.2
魔法防御32.11.2553.4
移動速度325
ステータスLv.1...Lv.18
体力自動回復8.40.5517.7
マナ自動回復8.60.517.1
攻撃力583.3114
攻撃速度0.6131%0.717
間合い175
スキル名効果

鉄の錨
(Staggering Blow)

Passive: AAに追加物理DMとSnareが付与される。同一の対象には9/8/7/6秒に一度しか発動しない。Lv1/6/11/16で再発動までの時間が短くなり、Lv1/6/11/16/18で効果時間が上昇する。

追加物理DM: 2 + (Lv × 6)

Snare効果時間: 0.5/0.75/1/1.25/1.5s

錨投げ
(Dredge Line)

Active: 指定方向に錨を投げ、最初に命中した敵ユニットに魔法DMを与えて自身の方向にPullし、その後極短いKnockbackを与える。また自身も敵ユニットの方向に移動する。錨が壁に命中した場合、コストの50%のMNが回復し、このスキルのCDが50%解消されて壁の方向にダッシュする。

魔法DM: 80/120/160/200/240 (+0.75AP)

Cost: 60MN CD: 18/16/14/12/10s Range: 950

大海の激憤
(Titan's Wrath)

Active: 自身にDMを軽減するシールド(10s)を付与し、シールドが持続している間にAAを行うと、対象の敵ユニットとその周囲にいる敵ユニットに2秒間かけて魔法DMを与える。このスキルは使用時にAAタイマーをリセットする。

シールド耐久値: 65/70/75/80/85 + [最大HP × 9/11/13/15/17%]

魔法DM: 30/40/50/60/70 (+0.4AP)

Cost: 80MN CD: 18s Range: 350

粉砕水
(Riptide)

Active: 周囲を爆発させ命中した敵ユニットに魔法DMとSlow(1.5s)を与える。Slowの効果は1.5秒かけて元に戻る。爆発は自身を中心に3回まで発生し、同一対象に対して複数Hitする。2発目以降は本来の50%分の魔法DMを与える(3Hitで合計200%の魔法DM)。

魔法DM(1Hit目): 55/85/115/145/175 (+0.3AP)

Slow: 30/35/40/45/50%

Cost: 50/60/70/80/90MN CD: 7/6.5/6/5.5/5s Range: 600

爆雷発射
(Depth Charge)

Active: 対象の敵Championに衝撃波を放ち、移動中の衝撃波に当たった敵ユニットに魔法DMとKnockup(1s)を与える。衝撃波が対象の敵Championに当たると爆発し、対象とその周囲にいる敵ユニットに魔法DMとKnockup(1s)を与える。対象の敵Championと衝撃波に当たった敵にはKnockupと同時にStunを与える。なお同一の対象に衝撃波と爆発時の両方のDMが当たる事はない。

魔法DM(衝撃波): 125/175/225 (+0.4AP)

魔法DM(爆発時): 200/325/450 (+0.8AP)

Stun効果時間: 1/1.5/2s

Cost: 100MN CD: 120/100/80s Range: 825

CCを数多く持ち敵を引いたら逃さない
深海を彷徨う元船乗り
v7.18

目次

最終更新日時: 2017-09-14 (木) 12:30:18

Champion Spotlight

考察

Kassadin並の直球ストレートな外見と二つ名を持つTank兼Disabler
巨体に違わずとっても鈍重

Pros
Snare,Pull,Knockback,Slow,Knockup+Stunと抜群に豊富なDisableを持ち、集団戦に強い
Q + 各種スキルからの高いInitiate、Gank性能
高いPeel性能
確実性が高く強力なULT

Cons
Meleeの割に基礎MSが最低値
ASの初期値・伸びが最低クラス
通常攻撃(Passive)の発生が異常に遅い
防御スキルのCDが長い
W効果中でなければ持続火力がない

スキル紹介

Nautilus_StaggeringBlow.pngStaggering Blow
追加物理DMのお陰でNautilusの初段火力はかなり高く、攻撃速度の遅いNautilusのLHを支える重要なダメージ源となる。
Snareの拘束時間は短いが、Q→通常攻撃のコンボは単純ながら序盤から使えて強力。
勘違いされやすいが、このPassiveのモーション(錨を振り下ろす)が異常に遅いだけで、Passiveの効果が無い通常攻撃モーションは並。
Nautilus_DredgeLine.pngDredge Line
BlitzcrankとAmumuのQを足して2で割ったようなスキル。
但しAmumuのものと異なり、bansheesveilなどで防がれると突進も発生しなくなる。
相手を引き寄せつつ、自分も接近するため、各Champと同じような使い方は出来ない。
また移動スキルに分類されるため、Snare中は使えない(Snare被弾前に使用していればSnare中でも移動できる)。
CD低減を稼いで壁に向かって打ち続ければ、さながらフックショットのように移動できる。
壁に当たると否応なく自分を引き寄せてしまう。壁越しに相手に当てたり、壁を通り抜ける事は出来ない。
一部壁を通り抜けることが出来る。不可能になりました。
壁に対する判定は甘く、インジケータの矢印よりも頭一つ分離れた壁にも錨を打ち込むことが出来る。
Nautilus_TitansWrath.pngTitan's Wrath
DoTとシールドの持続/耐久力のバランスが良好。コレのお陰でjungleが回りやすい。
Debuffを活かす為にも、危なくなってから付けるのではなく、戦闘が始まる直前に付けると良い。
複数の対象にDebuffを付与しても、DoTが重なる事は無い。
また、このスキルを使用するとオートアタックタイマーがリセットされる。jungle時に活用しよう。
DoTはSpell Vampとrylaiscrystalscepterのスローは無効。
尚、シールドの消費優先度はかなり低めなので、locketoftheironsolariなど他のシールドと併用すればその分長く持続させられる。
敵ユニットが死亡した場合でもDebuffは残り、DoTはその敵ユニットの死体から発生する。
Nautilus_Riptide.pngRiptide
AoEダメージ、多段hit、スロー、低CDと非常に強力。
追撃や逃走の際に使ったり集団戦でばら撒くなど、様々な用途に使える。QやSnareが決まった時は複数回hitを狙おう。
Nautilus_DepthCharge.pngDepth Charge
かなり癖があるものの、AoE、打ち上げ、スタン、高威力なのでinitiateに使える優秀なスキル。
射程は長いが発動と弾速が遅く、射程ぎりぎりからこのスキルを使用すると、敵に命中するまでに結構な時間がかかる。
(Blinkスキルを使用され、塔の下に逃げられてからスキルが命中する事もある)
なので即座に当てたい場合は近距離での使用も考慮に入れよう。

複数の敵を打ち上げるには、衝撃波と爆発に敵をうまく巻き込む必要があるが、上述の通り弾速に難があるため対応されやすい。
対象の敵に当てるだけでも打ち上げ+スタンと優秀なので、無理に複数の敵に当てようとして撃つタイミングを逃すことが無いようにしたい。

このスキルの衝撃波はノーチラスの斧から発射されるためこの動画のようにスタート地点をずらすことができる。
さらにAAと組み合わせるとAAの対象の位置から衝撃波が出るので、背後の敵ユニットを対象にしてもAAの対象も打ち上げることができる。

ビルド例

    セリフ

    Upon Selection

    「深海に恐怖するがいい!」

    Attacking

    「溺れてしまえ」

    「必ず復讐してやる」

    「このままでは済まさん」

    「深みに引きずり込んでやる」

    「眠りはしない」

    「水圧に押しつぶされるがいい」

    Movement

    「奴らを許しはしない!」

    「潮が引いてゆく」

    「深淵を覗き込め」

    「進め、前進だ」

    「誰も助けに来なかった!」

    「奴らは見殺しにした!」

    「聞こえるか、深海が呼んでいるぞ!」

    「永遠に歩むのだ」

    「深淵の呼び声が聞こえる」

    Taunt

    「お前も深みに嵌ったな。ハッハッハ!」

    Joke

    「時にはこの碇を落として泳ぎ回りたくもなるさ。ララリー、ラララー、ララルー」 (ハミングしながら空を泳ぐ)

    Upon Selection

    "Beware the depths."

     深い海には気をつけろ。

    Attacking

    "All will drown."

     沈め。

    "I will have vengeance."

     復讐してやる。

    "They will pay."

     償わせてやる。

    "Drag them down."

     引きずり込め。

    "I will not rest."

     休む事無く。

    "Fear the ocean's weight."

     水圧の恐怖を。

    Movement

    "Find the guilty."

     罪人を探しに。

    "The tide ebbs."

     引き潮のように。

    "Peer into the darkness."

     深淵を覗きに。

    "Forward, forward."

     前進あるのみ。

    "Lost and forgotten."

     迷えば忘れ去られる。

    "Left to die."

     死を待つばかり。

    "Echoes from the deep."

     "深海からの呼び声。

    "The endless march."

     終わらぬ進軍。

    "Do you hear them calling?"

     奴らの呼び声が聞こえたか?

    Taunt

    "You are in the deep end now!"

     お前はもう沈んでいる!

    Joke

    "Sometimes I think this anchor just weighs me down." (swims in the air and hums)

     たまに思うんだ、この錨のせいで沈んでいるんじゃないかって。 (ハミングしながら空を泳ぐ)

    小ネタ

    • 元ネタはBioShockのBigdaddy

    ストーリー

    かつてビルジウォーターの船乗りであったノーチラスは、抗争統制省より命を受け、「守護者の海」で未踏査海域の調査に参加していた。未知の海域の奥深くへと船を進めていた調査団は、やがて広い海域の一角が黒い液体で覆われているのを発見した。船員たちの中にも、その液体の正体を知る者は誰一人としていなかった。彼らは新たな発見があれば調査せよと命を受けていたものの、この黒い海域を調べようと名乗り出たのはノーチラスただ一人であった。しかし、大がかりな潜水服を身に着けたノーチラスが甲板の手すりを乗り越えようとしたそのとき、黒い水に潜む何かが彼をがっしりと掴んだのだ!とっさに船にしがみついたノーチラスだったが、謎の存在は凄まじい力で彼を水中へと引きずり込もうとし、その勢いに船は大きく傾いた。恐怖に浮き足立った船乗りたちは、ここで残酷な決断を下す。手すりにすがりつき、仲間たちに向かって必死に助けを求めるノーチラスの手を無理矢理ひらき、漆黒の海へと投げ出したのである。そして黒く渦巻く海は、必死の思いで船の錨をつかんだノーチラスを包み込み、底知れぬ深みへと飲み込んでいった。もはや為すすべもないノーチラスの眼前で、仲間たちの乗る船の底はみるみるぼやけ、やがてすべてが真っ暗になった。

    ノーチラスが再び目覚めたとき、彼はなにか――異形のものであった。巨大な鉄の潜水服は殻となり、その内に潜む恐ろしい真実を封印するかのように、隙間なく身体を覆っていた。記憶はぼんやりと霞み、細部を思い出すことはできなかったが、一つの明確な事実だけは認識できた。彼は仲間から見捨てられ、日の光も届かぬ深海に置き去りにされたのだ。その両手には、自分を捨てて逃げた者たちが乗っていた船の錨が、しっかりと握られていた。他になんの目的も見出せなかった彼は、その手がかりだけを頼りに、答えを求めて海底をゆっくりと歩きはじめた。その重い体では、泳ぐことも、走ることもできなかったのだ。永遠に覚めない夢を見ているかのように、方向の感覚も時間の感覚もないまま、ノーチラスはただ彷徨い続けた。そしてついにビルジウォーターの岸に辿り着いたとき、そこにはかつての自分につながる手がかりは何も残されていなかった。家も、家族もなく、以前の生活を取り戻すすべはどこにも見つからない。ノーチラスの話を聞かされていた船乗りたちは恐れおののき、彼を抗争統制省に送り出したが、サモナーたちは当時船に乗っていた船員たちの名を明かそうとはしなかった。この時すでにリーグ・オブ・レジェンドについて聞き及んでいた“深海の巨人”ノーチラスは、自分を見捨て、かけがえのない人生を奪った者たちを見つけ出して罰するため、チャンピオンとなったのである。

    「完全な闇に包まれてしまったとき、できることはただ前に進み続けることだけだ」
    -- ノーチラス

    Once, Nautilus was a sailor commissioned by the Institute of War to explore the uncharted reaches of the Guardian's Sea. This expedition took him deep into unknown waters where he and his crew found a vast section of black oozing liquid that none of the crew could identify. Though their job was to investigate anything new that they found, no man aboard was willing to brave the murk except Nautilus. Only moments after he donned the hulking diver's suit and climbed over the ship's rail, something lurking in the muck grabbed hold of him. He clung to the side of the ship, but the thing below pulled him fiercely, rocking the entire ship. The other sailors grew afraid and made a terrible decision. As he stared and pled for help, they wrenched his grip free of the rail. He tumbled into the ink, grabbing the anchor in futile desperation. Dark tendrils enveloped him and he could do nothing but watch as the dimming outline of his ship faded away. Then everything went black.

    When Nautilus awoke, he was something... different. The great iron suit had become a seamless shell around him, concealing whatever awful truth lay inside. All the details of his memory seemed fuzzy and indistinct but one fact remained clear: he was left here, alone in the sunless depths, to die. In his hands he still clutched the anchor that belonged to the men who had condemned him. Having no other purpose, he took this clue and trudged - too heavy to swim or run - in search of answers. He wandered without direction or sense of passing time in what felt like an eternal dream. By the time he stumbled upon the shores of Bilgewater, he could find no traces of the man he was. No house, no family, no life to which he could return. Terrified sailors who'd heard his tale directed Nautilus back to the Institute, but the summoners refused to relinquish the names of the others they commissioned. By then Nautilus had learned about the League of Legends and there he saw an opportunity to discover and punish those responsible for the time and life he lost.

    ''When consumed by utter darkness, there is nothing left but forward.''
    -- Nautilus

    コメント

    最新の20件を表示しています。 コメントページを参照 <<過去ログはこちら>>

    • ノーチは基礎ステは低いけどその分スキルが強いのでバランスが取れてたからスキルが理不尽だからnerfされたっていうバランスは基礎ASなり基礎MSなりを上げる方でバランスとった方がいいだろ -- 2017-09-17 (日) 16:58:36 <2128294441>
    • 基礎ASはまだしもフックスキル持ってるこいつでMS上げたら深海行き不可避 -- 2017-09-17 (日) 23:31:44 <2578807186>
    • まず素早く移動して何度も殴り倒すこいつは正直キャラデザインに合ってないからその辺は欲しいけど手に入れたくない部分 -- 2017-09-20 (水) 18:33:24 <2055518559>
      • そうだよなあーせめてCC面の強化があればどうにかなりそうだけど -- 2017-09-21 (木) 09:14:03 <2128294441>
    • ジャングルやってみたけどやっぱり狩るのおそいねー -- 2017-09-24 (日) 16:50:28 <16805068>
    • 岩界アーデントセンサーはありですか? -- 2017-09-24 (日) 18:25:09 <2120142205>
    • 他サポがいたとしてソイツがアデセン積んでないレアケ+他にガチタンクがいる+味方がAA極振り構成=積むのを考えない事もない。足止め性能が高いコイツは巨人でチートシールド張られた方が相手にとってはウザいし巨人が基本な気はする。 -- 2017-09-27 (水) 11:27:57 <3023135259>
    • ナーフされた奴が追いナーフされる度にノーチラス君の方見るのやめろ -- 2017-09-30 (土) 00:17:26 <2129217158>
    • 台詞のほとんどがそのまま -- 2017-09-30 (土) 00:50:37 <1888084589>
      • ナーフされてる連中への言葉に聞こえてきたら末期です。 -- 2017-09-30 (土) 00:51:13 <1888084589>
    • supとしてはだいぶ復活してると思ったけど、まだまだ勝率はいまいちなんだな。センサーメタが変われば日の目を見るだろうか -- 2017-10-03 (火) 23:15:32 <979273326>
    • いっそのこと開き直ってAP積んでみるか -- 2017-10-04 (水) 00:26:33 <2094255091>
    • C9がSKT相手にpickしてた。これはいけませんねぇ…。 -- 2017-10-05 (木) 21:58:55 <2578807186>
    • 結果はあれだったけどプロはバフされたのをしっかりpicするんだなって感心した。どこぞのtopがナーで負けたのとは大違い。 -- 2017-10-05 (木) 23:17:09 <1860798182>
      • マオカイ相手なら実際押し込めるし集団戦もいい勝負出来るし悪くない選択だったと思うよ。実際有利取ってたし ただFakerが凄すぎた -- 2017-10-06 (金) 09:58:07 <2128294441>
    • FullASのモンタージュあってこいつのAAに何か利点あるのかって思ったらWに思わぬ追加DMがあった -- 2017-10-05 (木) 23:23:51 <1990071102>
    • AS0.5以上は必須だな! -- 2017-10-05 (木) 23:41:02 <3540109383>
      • 命中時から計算開始でダメが入ったはず -- 2017-10-06 (金) 00:51:23 <3022977072>
    • Q -- 2017-10-06 (金) 02:39:02 <3029386860>
    • Q上げノーチJGという電波を受信したんだが行けるかな? -- 2017-10-06 (金) 02:39:52 <3029386860>
      • クリア速度的に厳しそう -- 2017-10-06 (金) 11:05:35 <1786948503>
      • Eを2〜3ランクまで上げてからQ上げすれば良いんじゃね。遅いのはシンダーハルク持つまでだし、Eを途中まで上げて序盤凌ぐ感じで -- 2017-10-12 (木) 03:12:27 <1783188928>
    • 競技シーンで結構見れて嬉しいよ -- 2017-10-06 (金) 21:15:50 <2087083817>
    • 活躍するノーチくん見れてウレシイ・・ウレシイ・・・。でもまたノーチラス君?の脅威に晒されるのか・・・ -- 2017-10-06 (金) 21:33:15 <458303553>
    • 今はまだimpact専用機って感じだからセーフ -- 2017-10-06 (金) 22:37:34 <3205976750>
    • プロで使われるなんていけませんねぇ・・ねぇノーチラス君? -- 2017-10-07 (土) 00:47:51 <1933962493>
    • no blinkのADが取られやすいからそこにカウンター取るためのノーチなんだろうね -- 2017-10-07 (土) 01:54:04 <829081623>
    • シールド増強、AS増強でアーデントの一番似合うTank -- 2017-10-08 (日) 10:54:15 <2114804641>
    • こいつのQ判定おかしくないか?ブリッツスレッシュとかと違って疑惑の判定が多すぎる気がする。具体的には奥方向の判定 -- 2017-10-09 (月) 13:56:56 <2236868758>
    • 縦にも横にも微妙に見た目よりでかいよ -- 2017-10-09 (月) 14:45:36 <2055439214>
    • 判定でかいんでよく引っかかる。ブリッツみたいにミニオンの隙間狙うのは厳しいけど -- 2017-10-09 (月) 14:57:33 <979273326>
    • ブリッツやスレッシュと比べると判定が広い上に準備動作が見えにくいからうっかりしてるとどんどん引っ張られる。 -- 2017-10-10 (火) 01:36:23 <1888084589>
    • 方向指定中の→の矢尻ひとつ分は体感長い -- 2017-10-12 (木) 00:44:19 <654510041>
    • qヒット時後にサドンインパクトのるのかな。アフターショックが楽しみだな。 -- 2017-10-12 (木) 00:20:44 <1860798182>
    • 今でも雷帝もったりすると1コンボでごっそり減るからこれ以上ダメ上がると1コンボ1キルが視野に入りかねんな。 -- 2017-10-12 (木) 01:34:06 <1888084589>
      • そう今ですらやばいんだよな。篭手が強化されてガンブレ篭手igアビサルとか。igのスペルブレードがlssvのるのも強い。 -- 2017-10-12 (木) 22:02:11 New <1860798182>
    • 新ルーンはこんな感じかなぁ?http://jp.leagueoflegends.com/ja/featured/preseason-update/8400-8439?build=32201213 -- 2017-10-12 (木) 03:20:59 <3176066165>
    • 相性良さそうなのは沢山あるな。破砕、セカンドチャンス、ultの帽子、デリバリービスケットなんかも良さげ -- 2017-10-12 (木) 11:49:31 New <1783188928>
    • ねぇノーチラス君?言われる度気狂って海底に顔面こすりつけてそう -- 2017-10-13 (金) 15:19:55 New <828508001>
    • こいつは果たして生きてるのか船員の亡霊みたいなものなのか -- 2017-10-13 (金) 17:05:47 New <1923921670>
    • 結局今シーズンほとんどマントルの中で過ごさなかった? 調整雑すぎて同情するわ ほとんど使ったことないけど -- 2017-10-13 (金) 17:41:25 New <2129269928>
    • 誰も助けに来なかった(´・ω・`) -- 2017-10-14 (土) 14:55:07 New <2581228222>
    • これはいけませんねぇ... -- 2017-10-14 (土) 14:56:41 New <3705163409>
    お名前:

    コメント欄は投稿時の注意事項を守ってご利用ください。

    階層があるコメントは「Shift」+「左クリック」で全コメントの表示・非表示を切り替えられ、「右クリック」で対象コメントの表示・非表示を切り替えられます。

    変更履歴

    • vX.XX:
      • XXXXXXXXXX
        • XXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
    • vX.XX:
      • 実装


    スポンサードリンク