Rumble: the Mechanized Menace
ランブル:戦慄の機甲兵

rumble

攻撃力
■■■
防御力
■■■■■■
魔力
■■■■■■■■
難易度
■■■■■■■■■■
ロール

ファイター (Fighter), メイジ(Mage)

実装日2011/04/26
価格4800 [ip]880 [rp]最終更新v6.8
ステータスLv.1...Lv.18
体力584801944
ヒート100
物理防御25.93.585.4
魔法防御32.11.2553.4
移動速度345
ステータスLv.1...Lv.18
体力自動回復80.618.2
なし0
攻撃力613.2115
攻撃速度0.6441.85%0.847
間合い125
スキル名効果

ポンコツタイタン
(Junkyard Titan)

Passive: イコライザー(R)以外のスキルを使うとヒートが増加(4s)する。50ヒート以上になるとデンジャーゾーン(Danger Zone)になり、イコライザー(R)以外のスキルに追加効果が付与される。100ヒートになると自身にSilence(6s)を与え、ヒートが急激に減少する。また、その間はAAに追加魔法DM(建物には無効)が付与される。

追加魔法DM: 20 + (Lv × 5) (+0.3AP)

スピットファイア
(Flamespitter)

Active: 3秒間前方の範囲を火炎放射器で焼き払い、範囲内の敵ユニットに魔法DMを与える(0.25秒毎に計12回のDM判定が発生する)。

魔法DM(1Hit毎): 6.25/11.25/16.25/21.25/26.25 (+0.0835AP)

最大魔法DM: 75/135/195/255/315 (+1.0AP)

デンジャーゾーン: 与えるDMが50%増加する。

魔法DM(1Hit毎): 9.4/16.9/24.4/31.9/39.4 (+0.125AP)

最大魔法DM: 112.5/202.5/292.5/382.5/472.5 (+1.5AP)

増加ヒート: 20 CD: 6s Range: 600

ジャンクシールド
(Scrap Shield)

Active: 自身にDMを軽減するシールド(2s)を付与し、更に自身のMSが増加(1s)する。

シールド耐久値: 50/80/110/140/170 (+0.4AP)

増加MS: 10/15/20/25/30%

デンジャーゾーン: シールドの耐久値と増加MSが50%増加する。

シールド耐久値: 75/120/165/210/255 (+0.6AP)

増加MS: 15/22.5/30/37.5/45%

増加ヒート: 20 CD: 6s

エレクトロハープーン
(Electro Harpoon)

Passive: 5秒毎に1スタック増加する(最大2スタック)。スタック増加時間のみCDRの効果を受ける。このスキルのRank1取得時に2スタックを得る。

Active: 指定方向に銛を放ち当たった敵ユニットに魔法DMとSlow(2s)を与える。このスキルによるSlowはスタックする。

魔法DM: 45/70/95/120/145 (+0.4AP)

Slow: 15/20/25/30/35%

デンジャーゾーン: 与えるDMとSlow効果が50%増加する。

魔法DM: 67.5/105/142.5/180/217.5 (+0.6AP)

Slow: 22.5/30/37.5/45/52.5% 弾速: 2000

増加ヒート: 10 CD: 0.5s Range: 850

イコライザー
(The Equalizer)

Active: 指定地点から指定方向に向かって1秒かけてロケットを落とし、範囲内の地面を5秒間炎上させる。炎上した地面の上にいる敵ユニットに毎秒魔法DMとSlow(35%)を与える。

毎秒魔法DM: 130/185/240 (+0.3AP)

増加ヒート: 無し CD: 110/100/90s Range: 1750(スキル)/1000(ロケット)/2750(合計)

マナ無し
ヒート(Heat)という独自のリソースを持ち、スキルを使用し続けると熱暴走を起こす
v6.8

目次

最終更新日時: 2016-11-05 (土) 11:41:54

Champion Spotlight

考察

Mageの割にManaが無くMeleeでOff Tank推奨という変わったタイプのChampion
Manaの代わりにHeatゲージを持つ

Pros
スキルコストが無い
優秀なAPレシオとベースダメージを持ち、Danger Zoneでは更に伸びる
Qと他の攻撃手段のコンビネーションによる高い火力
短めなCD
Ultはあらゆる状況で非常に優秀な射程と制圧力をもつ
二種類のAoEがあり効果時間も長め

Cons
終盤のHPが低め
Meleeの割に攻撃スキルの間合いが独特で、扱いには習熟が必要
Passiveの存在により常にHeatゲージを管理する必要があり、スキル撃ち放題ともいかない
最序盤が貧弱なのでRanged相手にレーンコントロールを取られやすい
通常攻撃のモーションにややクセがあり、前方にDoTを放つQの関係上LHが取りにくい
逃げ性能が若干低め

スキル紹介

Rumble_Junkyard Titan1.pngJunkyard Titan
オーバーヒート中でもサモナースペルやアイテムのActiveは問題なく使用できるが、このサイレンス状態はquicksilversashでも解除不可能。
通常攻撃の追加魔法ダメージにSpell Vampやrylaiscrystalscepterのスローなどは働かないので注意。

スキルが強化される条件はDanger Zoneの状態でスキルを使うこと。Heatが30〜49の時にスキルを使ってもそのスキルは強化されない。
Heatの減少はスキルを使用してから4秒後に10ずつ減少、更にその約2.5秒後に20ずつ減少していく。
CD低減を強化して連射しているとあっというまにオーバーヒートを起こすので、よく考える事。
Rumble_Flamespitter.pngFlamespitter
汚物は消毒だぁ〜っ!
corkiのガトリング(E)と似た性能で、向いてる方向しか消毒しない。
敵Championに対する合計魔法DMは75/135/195/255/315(+1.0AP)となる。
一方、Denger Zone状態の敵Championに対する合計魔法DMは112.5/202.5/292.5/382.5/472.5(+1.5AP)となり、Danger Zone状態で3秒間当て続けられればとても強力。
CD低減を稼げばオーバーヒートするまで消毒可能。
Rumble_Scrap Shield.pngScrap Shield
ほぼノーコストで使えるシールドな為か、持続時間と耐久値がとんでもなく低い。
移動速度増加は1秒しかないが、CD低減をしていればかなりの機動力となる。
Lane戦ではこのスキルで相手の攻撃をこまめに防ぐとラク。
Rumble_Electro Harpoon.pngElectro-Harpoon
弾速がとても速いので当てやすいが、方向指定スキルとしては1発あたりのダメージが低め。
発射時の隙が割と大きい。また2発目を発射させるのに1秒のクールダウンが必要なので注意。
Rumble_R.pngThe Equalizer
このスキルを使用してもHeatは増加しない。またDanger Zone状態でも強化されることはない。
射程距離が非常に長く、最大まで伸ばせば距離2000くらいまで届く。いかにも視界が取れそうだが実際は取れない。

ビルド例

セリフ

Upon selection

 (未公開)

Attacking

「こっちから行かせてもらうぜ!」

「第2ラウンド開始と行こうぜ!」

「頼むぜ、相棒!」

「こいつは相当揺れそうだ!」

「これがバンドルシティ流だ!」

「でかい奴は殴りやすいぜ!」

Movement

「料理してやるぜ!」

「エンジン全開!」

「痛い目に遭いたいのはどいつだ?」

「よし、調子はいいぞ」

「ああ、すぐ行くぜ」

「誰がチビだって?」

「一度言えば十分さ」

「ヨードルを見上げんの、初めてか?」

Rumble, While overheating

「あちっあちっ!」(喚くパターンなど数パターンある)

Tristy, while overheting

"Warning!"

Taunt

「来いよ!操縦桿すら握ってないぜ!」

Joke

 (Rumbleがしゃべろうとすると、機械が後ろにこけてランブルがコクピットから転がり出る。その後ランブルは機械を蹴って、動き出した機械に飛び乗る)

「ターボブースト!……おいおい……まあ、ここはキックスタートだな……くっ……」

「バーンドルシティー!……やべ、クラッチを踏み忘れちまった……くっ……」

Upon selection

"Let's get in a fight."

 ケンカしようぜ。

Attacking

"Thought you'd never ask!"

 頼まれないまま終わるかと思ったぜ!

"Ready for Round Two!"

 第2ラウンドだ!

"Baby, don't fail me now!"

 おい、今のオイラに勝とうと思うなよ!

"This is gonna be bumpy."

 こいつはガタガタ揺れそうだ。

"Time for a Bandle City beatdown."

 Bandle Cityによる制裁の時間だぜ。

"The bigger they are, the harder I hit 'em!"

 大きな奴ほど激しくぶん殴れるってもんだぜ!

Movement

"Now we're cookin'."

 料理してやるぜ!

"Revved up!"

 エンジン全開!

"Who wants a piece of this?"

 こいつを喰らいたいってのはどいつだ?

"Hold 'er steady."

 素直に動いてくれよ。

"Alright... I'm going."

 了解……今向かってるぜ。

"Who you calling little?"

 誰がチビだって?

"You don't have to tell me twice."

 オイラに言うのは一度で十分だぜ。

"Ever looked up to a yordle?"

 yordleを見上げたことはあるか?

Rumble, While overheating

"Hot hot hot! Oh! Ah! Hot hot hot hot hot!"

 あちっあちっあちっ! うわっ! あっ! あちっあちっあちっあちっあちっ!

Rumble mumbles

 (何かうにゃうにゃ言う)

Rumble mumbles

 (何かぎゃーぎゃー言う)

"Hot hot hot hot hot hot hot! Ooh, aah!"

 あっちあっちあっちあっちあっちあっちあっち! うああっ、ああっ!

Tristy, while overheting

"Warning! Warning! Warning!"

 警告! 警告! 警告!

Taunt

"Come on, I'm not even holding the controls!"

 かかって来いよ、オイラは操縦桿すら握ってないぜ!

Joke

As Rumble tries to speak, Trisy collapses and Rumble kicks it and hops back on.

 (Rumbleがしゃべろうとすると、機械が後ろにこけてRumbleがコクピットから転がり出る。その後Rumbleは機械を蹴って、動き出した機械に飛び乗る)

"Turbo on! Uh...wuuh*CRASH*? Just needs a little kick start there*kicks machine*. Hyup."

 ターボ・オン! あれ……うわぁっ? ちょっとばかり蹴りを、この辺に(ゲシッゲシッ)ふう。

"Bandle Citeh--Oops, forgot the clutch."

 Bandle Citehーーおっと、クラッチを踏むのを忘れてたぜ。

セリフ(Super Galaxy Rumble skin)

Attacking

「ヨードルの心は決して折れねえ!」

「恐怖ってのはどんなもんだい!」

「こいつはバンドルシティのためさ!」

「今日はもう6つも不可能を可能にしてやったぜ!」

「警戒ってのは腰抜けのすることだぜ!」

「メーターが振り切れるまで攻めるぜ!」

「俺を誰だと思ってやがる!」

 #元ネタは天元突破グレンラガン。特徴的なサングラスやドリル関連も含めてグレンラガンはこのスキンのモチーフの1つ。

「ミサイルが欲しいのか?」

「新たなチャレンジャー現るってか?」

「障害物は片付けないとな!」

「超銀河おしおきモード、オン!」

「どんなに高い壁だって、俺のドリルでブチ破る!」

「空をブチ抜き、星をブン殴る!」

「俺の怒りを受けて見やがれ!」

「俺がクライマックスだ!」

 #恐らく元ネタは仮面ライダー電王「俺は最初からクライマックスだぜ!」

Movement

「全システム、オールグリーン!」

「全身メタリックな俺、超イケてるぜ!」

「俺は止められねえ、止まらねえ!」

「再構成、再調整、再充填!」

「やられてもすぐ起き上がるぜ!」

「俺がみんなを守るんだ!」

「出力上昇!発進!」

「いいやつだって?最高と言ってくれよ!」

「必要なのは希望……とメタルアーマーさ!」

「闘志が俺の燃料だ!」

「照準を上空へ!」

「ヨードルの真価を見せてやる!」

「英雄は死なねえ、伝説となってよみがえるのさ!」

Joke

「こいつがヨードル流さ!」

Upon using Improved RecallRecall

「超時空スーパーレスキューモード!」

「現実歪曲ドラマチックゲート!」

「超次元テレポーテーション、発動!」

Using Improved RecallRecall near an allied tristanaTristana

(味方Tristanaの近くでRecall)

「今の俺ってどうだい、トリスターナ?」

「何度でも君のために戻ってくるぜ、トリスターナ」

「花火を打ち上げようぜ、ベイビー!」

Taunt

「俺は限度なんて知らないぜ、限界って言葉もな!」

「人は俺を無敵のランブルと呼ぶ!聞いたことあるだろ?」

「誰も俺を止められないぜ!例え千匹の虎でもな!」

Upon using Rumble_Flamespitter.pngFlamespitter

「ハイパーフレイムスピッター!」

「ヨードルの熱き魂の業火だ!」

「怒りの炎に焼かれちまえ!」

「ヨードルフェニックスファイヤー!」

Upon using Rumble_Scrap Shield.pngScrap Shield

「超銀河バリアー!」

「勇気千倍ガード!」

「勇気万倍シールド!」

Upon using Rumble_Electro Harpoon.pngElectro-Harpoon

「ターボショックロケット!」

「ナパームワイヤー!」

「スパーク!」

「ブッ飛び魚雷!」

Upon using Rumble_R.pngThe Equalizer

「ファイヤードリルフィナーレ!」

「熱血ドリルを食らえ!」

「超銀河カムバックブレイカー!」

「破滅の雨を味わいな!」

(対応台詞不明)

「超時空移動モード、オン!」

Attacking

"The fire in a yordle's heart never burns out!"

 yordleの心の中の火は燃え尽きはしないぜ!

"I don't know how to be afraid!"

 どうやったら恐れられるのか分からないな!

"Just watch me!"

 ただ俺を見ろ!

"This one's for Bandle City!"

 こいつはBandle Cityのためだ!

"I've done about six impossible things today... so far!"

 今日俺は六つ不可能な事をやった……今の所はな!

"Caution is for cautious people!"

 警告は慎重なやつらのためのもんだ!

"Push it 'till the limit breaks!"

 限界突破するまで押せ!

"Just who do you think I am?"

 俺をいったい誰だと思ってやがるんだ?

"Let's launch over it!"

 それの上に打ち上げろ!

"Challenge added to my challenge collection!"

 俺の挑戦集に挑戦が加わったぜ!

"Obstacle, prepare to be obliterated!"

 障害物め、抹殺される準備をしとけ!

"Super Galaxy Punishment Delivery Mode!"

 超銀河懲罰モードだ!

"When darkness closes in, drill right through it!"

 暗闇に囲まれたら、そいつをドリルで突破しな!

"Pierce the sky and punch the stars!"

 天を貫いて星を殴れ!

"Feel my fury with your skin and face!"

 お前の肌と顔で俺の怒りを感じろ!

"I am the max."

 俺は最高潮だ。

Movement

"All systems set to awesome!"

 全システムをヤバくセットだ!

"I'm all steel and style!"

 俺の全身が鋼でカッコいいぜ!

"Can't stop, won't stop."

 止められないし、止まらないぜ。

"Rebuilt, recalibrated, recharged."

 再設計、再調整、再充填。

"Knock me down, I'll get right back up."

 俺を殴り倒してみろよ、すぐにお返ししてやるぜ。

"I've got everyone's back."

 俺はあらゆる奴にお返ししてきたんだ。

"Rev up and roll out!"

 回転数増加で発進だ!

"Good guy? More like best guy."

 いい奴だって? 最高の奴の方が好きだな。

"All you need is hope. Aaaand a giant metal suit."

 お前に必要なのは希望だけだ。ああそれと金属のスーツだ。

"My fuel is fighting spirit."

 俺の燃料は闘魂だ。

"Set sights on the sky."

 空に信号を打ち上げろ。

"I'll show them what yordles are worth."

 俺が奴らにyordleの価値を見せてやるぜ。

"Heros don't die; they're reborn as legends."

 ヒーローは死なないぜ。伝説になって蘇るさ。

Joke

"This is how a yordle rolls!"

 これがyordleの活躍のやり方だ!

Upon using Improved RecallRecall

"Universe-splitting Mega Rescue Super Ability!"

 「宇宙分割メガレスキュー超技能」だ!

"Reality-bending Dramatic Entrance!"

 「現実歪曲式劇的エントランス」!

"Transdimensional Teleportation go!"

 行くぜ、「次元超越テレポーテーション」!

Using Improved RecallRecall near an allied tristanaTristana

(味方Tristanaの近くでRecall)

"How d'ya like me now, Tristana?"

 今どれだけ俺を好きなんだ、Tristana?

"I'll always come back for you, Tristana."

 お前のためにいつでも戻ってくるぜ、Tristana。

"Let's make fireworks, baby."

 花火を打ち上げようぜ、ベイビー。

Taunt

"Too much is my middle name! That's right, I have two middle names."

 多すぎるってのが俺のあだ名だ! そうだ、俺にはあだ名が二つあるんだ。

"They call me the Mighty Rumble. Maybe you've heard of me."

 俺はMighty Rumbleって呼ばれてるぜ。お前も俺の事を聞いてたかもな。

"Nothing can stop me! Not even a wall of tigers with smaller tigers for teeth!"

 俺を止められるものなんか無いさ! 歯が小さなトラになってるトラの壁でも無理さ!

Upon using Rumble_Flamespitter.pngFlamespitter

"Hyper Flamespitter!"

 「超火炎放射器」!

"Fiery Spirit of the Yordle Inferno!"

 「Yordle地獄の燃える魂」だ!

"Spinning Flames of Fury!"

 「回転する怒りの炎」だ!

"Rising Yordle Phoenix Fire!"

 「燃え上がるYordleの不死鳥の火」だ!

Upon using Rumble_Scrap Shield.pngScrap Shield

"Galactic Hyper Barrier!"

 「銀河ハイパーバリアー」!

"Courageous Giga-Guard!"

 「勇敢なギガガード」だ!

"Audacious Bravery Shield!"

 「大胆な勇気のシールド」だ!

Upon using Rumble_Electro Harpoon.pngElectro-Harpoon

"Turbo Shock Rockets!"

 「ターボ付き衝撃ロケット弾」!

"Explosive Face-Melter!"

 「爆発性の対面溶解弾」だ!

"Zap Action!"

 ザップ弾始動!

"Blammo Torpedo!"

 「排除魚雷」!

Upon using Rumble_R.pngThe Equalizer

"Flaming Drill Finale!"

 「炎上するドリルの終曲」だ!

"Drills of Defiance!"

 「反抗のドリル」だ!

"Super Galaxy Comeback Breaker!"

 「超銀河カムバック破壊弾」!

"Rain of Obliteration!"

 「消滅の雨」!

小ネタ

  • Rumbleが乗っている機体の名前は「Tristy」 これは彼がtristanaに好意を抱いているからではないかとJournal of Justiceは報道している。
  • 2011年4月26日にリリースされて以降、一度もスキンの追加・変更が行われていない最古のチャンピオン。この後はYorick、Skarnerと続いて未だにスキン追加・変更がない。
    (Riot曰く、Rumbleのスキンを1個作成するのは新Chamnpionを一人作成するのと同じ位の労力が必要なので、新スキンのリリースは絶望的との事)
    めでたくSuper Galaxy Rumbleという追加スキンが出ました。俺を誰だと思ってやがる!

ストーリー

「うへぇ、オレのアーマーにお前の顔がくっついちまったじゃねえか!」

ヨードルの中にあっても、ランブルは常に発育不良のはぐれ者だった。そのため、よく虐められた。生き残るためには他の仲間よりも負けん気が強く、機知に富んだ対応力が必要であった。こうして彼はどんどんと喧嘩っ早くなり、気に入らない相手は誰彼かまわずぶちのめすことで有名になっていった。当然のごとく爪はじきにされたが、ランブルは気にしなかった。物いじりが大好きで、機械に囲まれてさえいれば幸せだったのである。やがて、他のヨードルたちは暇さえあればガラクタ置き場で鉄くずを漁っているランブルの姿を見かけるようになる。

ランブルには素晴らしいメカニックの素質があり、教師たちからはピルトーヴァーにあるヨードル科学進化アカデミーへの進学を勧められた。そこでなら、ハイマーの高名な弟子たちの一人になるのも夢ではないだろう、と。だが、ランブルはその申し出を突っぱねた。ランブルにとって、ハイマーとその取り巻きたちは、ヨードルの優れた技術力をタダ同然で人間に売り飛ばしながら、その陰でヨードルが笑い者にされているのを変えようともしない、「裏切り者」と看做していたからである。

ヨードル科学進化アカデミーを卒業した人間たちの一行が、恩師の生まれ故郷を訪ねて船でバンドルシティにやって来た時、ランブルはその人間たちと面と向かって (少なくとも気持ち的には) 対峙してやりたいという誘惑に駆られた。当初は人間たちをじっくり観察するだけのつもりであったが、相手を挑発するような言葉を数回投げかけてしまった。四時間余りの激しい口論の末、ハイマーのような「立派な」ヨードルたちにとってランブルがいかに恥さらしかを耳に散々叩き込まれた上、ボコボコに殴られ血だらけで帰宅した。

翌朝、ランブルは密かにバンドルシティを発った。それから数ヶ月して街へ戻って来た時、ランブルは、ガシャンガシャンと音を立てながらかっ歩する、巨大なメカのコクピットに座っていた。そして呆気に取られる野次馬をかきわけながら、街の中心部へと行進していき、高らかに宣言したのである――ヨードルの卓越した技術力を世界に知らしめる、と。

''Ugh, it's gonna take forever to scrape your face off my suit!''

Even amongst yordles, Rumble was always the runt of the litter. As such, he was used to being bullied. In order to survive, he had to be scrappier and more resourceful than his peers. He developed a quick temper and a reputation for getting even, no matter who crossed him. This made him something of a loner, but he didn't mind. He liked to tinker, preferring the company of gadgets, and he could usually be found rummaging through the junkyard.

Rumble showed great potential as a mechanic, and his teachers recommended him for enrollment at the Yordle Academy of Science and Progress in Piltover. He may very well have become one of Heimerdinger's esteemed proteges, but Rumble refused to go. He believed that Heimerdinger and his associates were ''sellouts,'' trading superior yordle technology to humans for nothing more than a pat on the head while yordles remained the butt of their jokes.

When a group of human graduates from the Yordle Academy sailed to Bandle City to visit the place where their mentor was born and raised, Rumble couldn't resist the temptation to see them face-to-face (so to speak). He only intended to get a good look at the humans, but four hours and several choice words later, he returned home bruised and bloodied with an earful about how he was an embarrassment to ''enlightened'' yordles like Heimerdinger.

The next morning, Rumble left Bandle City without a word, and wasn't seen again for months. When he returned, he was at the helm of a clanking, mechanized monstrosity. He marched it to the center of town amidst dumbfounded onlookers and there announced that he would show the world what yordle-tech was really capable of achieving.

Leagueによる審判

展開する

Candidate: Rumble
志望者: Rumble

Date: 22 April, 21 CLE
日付:CL暦21年 4月22日

OBSERVATION
観察

Rumble clanks into the Great Hall with the least grace shown by any candidate since Gragas. He battles with the controls of his scraped-together battle-suit, peculiarly named "Tristy". The suit lumbers forward, a marvel of unrefined construction. Rumble's movements are jerky, quick; he seems to enjoy the frantic micromanagement.
RumbleはGragas以来のあらゆる志望者を下回る優雅さをもってGreat Hallへと機械を駆動させる。彼は、特別に「Tristy」と名のついた、ガラクタの継ぎはぎで出来た戦闘アーマーの操縦桿と格闘している。アーマーは地を踏み鳴らして前に進む。洗練されない構造物の驚異である。彼はひっきりなしの細かい作業を楽しんでいるようだ。その動きは素早く、まるで痙攣するかのようである。

The great ball of spikes that is Tristy's left hand rears back in front of the doors. As though self-aware, they fling open abruptly and the Reflecting Chamber's impenetrable darkness unfurls into the Great Hall. Rumble snorts with derision before urging the machine forward.
Tristyの左手、つまり巨大なトゲ鉄球が、扉の眼前で後ろに引かれる。まるで自立意思を持ったかのように、出し抜けに扉が開き、Reflecting Chamber内の見通すことの出来ない闇がGreat Hallへ流れ込む。Rumbleは馬鹿にした様子で鼻を鳴らし、マシンを前に進ませる。

REFLECTION
反応

Humans did love playing their games. Rumble doubted that important humans like Prince Jarvan were dumped in a dark broom closet while some League goon got all fancied up for a beat down.
人間達は自分達のやり方が気に入ってるんだ。Rumbleは、Leagueのバカ達がぶん殴ろうとうずうずしている中で、Prince Jarvan(註:多分Jarvan四世の事)のような重要人物が暗い掃除用具入れの中に押し込まれるような事が本当にあったのか疑っていた。

"Oh well, if the longlegs want to see what kind of champion I'll be, I'm happy to show 'em."
「まあいいや、俺がどんなチャンピオンになるのか足長どもが知りたいってんなら、喜んで見せてやろうじゃねえか」

He was bubbling with anticipation. "Itchy fist syndrome" someone once called it, except now his "fists" consisted of a pressurized, two-cylinder flame projection system and a pneumatic piston-mace assembly Rumble often referred to as "the short hello".
彼は期待に胸を膨らませていた。「拳のうずき症候群」と呼んだ者もいたが、ただし今の彼の「拳」は、時々彼が「挨拶の代わり」と呼ぶ、2気筒の高圧火炎放射器と気圧ピストン式の鉄球射出装置である。

He was only worried for the guy they'd sent to test him.
彼の唯一の心配事は、彼の試験のために誰が送られてくるかということだった。

"No need to worry," growled a gravelly, robotic voice behind him, "I will take it easy on you!"
「心配する事は無い、」低い無機質な声が彼の後ろから唸った、「お前など軽いものだ!」

Rumble hammered the control yoke, spinning Tristy’s cockpit 180 degrees with nauseating speed. He half-pulled the trigger to launch his electro-harpoon before he realized he was staring at a wall.
Rumbleはハンドルを叩き、めまいのするような速度でTristyのコクピットを180度回転させた。彼はエレクトロ・ハープーンの射出トリガーを半分引きかけたが、彼は壁を見ている事に気が付いた。

"Over here now!" The voice was behind him again, amused.
「今度はこっちにおるぞ!」再び彼の後ろから、愉快げな声がした。

Rumble punched one of the pedals when he spun back, whirling to face the owner of the voice. The instant the cockpit came to a stop, the harpoon misfired, hurtling straight for the poor League crony. Normally Rumble preferred to look someone in the eye before he impaled them on an electrified javelin, but he certainly wasn’t one to stand on ceremony.
Rumbleは振り向くと同時にペダルの一つを叩きつけ、声の主に向かうために旋回した。瞬時にコクピットは停止し、ハープーンは誤発射され、Leagueの貧弱な溜まり場にまっすぐ飛んでいった。普段Rumbleは、電気を帯びた投げ槍で誰かを串刺しにする時は、まず自分の目でその者を見る方が好きだったが、彼はやり方にこだわりすぎるタイプでは全く無かった。

As his eyes came to rest on the target, his enthusiasm evaporated.
彼の目が目標を捕らえることが出来た時、彼のやる気は沸騰した。

The harpoon plinked harmlessly off the shiny, finished exterior of a titanic battle-suit. It stood easily four times the height of Rumble's, supported by three multi-jointed legs thick enough to withstand mortar fire. Above them, the chest – an almond-shaped slab inset with purple gems – was visibly generating some sort of arcano-magnetic deflection field. The glowing plate was flanked by confoundingly intricate arm appendages which both suspended tactical, sixteen-cell missile arrays. Rumble knew by the heads of the missiles that each was outfitted with sorcerous motion tracking and remote guidance systems. The arms terminated in two ten-barrel rotary cannons nestled in exterior composite plating. The leering head of the behemoth was a fat bulb of tinted glass coated in sensory detection equipment, presumably housing the pilot. Where its mouth would have been, a gleaming cylinder protruded, clearly the business end of a focused-energy charging plasma emitter. In other words: a death ray. Worst of all, the armor of the colossus was anodized and decorated in flawless detail with blue flames, the exact pattern Rumble wanted to paint on his suit.
巨大な戦闘アーマーの完成された光る外装に、ハープーンは傷一つつけずにはじかれた。そのアーマーは、軽く見積もってもRumbleのアーマーの4倍の高さがあり、砲撃に耐えうるほど頑丈な三つの複関節脚に支えられていた。その上は胸部であり、紫の宝石達がはめ込まれたアーモンド形の鋼板が、魔術磁力による防御シールドを目に見える形で展開していた。その光を放つプレートは、その両方に16連装の戦術的ミサイルランチャーが付いている、嫌になるほど緻密な腕状付属物に両脇を固められていた。Rumbleはミサイルの弾頭から、その全部に魔力式行動検出装置と自動追尾装置が備わっている事が分かった。外部複合プレートに守られた10連装の回転式砲塔が2つ、アームの先端に付いていた。この巨大な怪物のいやらしい目つきをした頭部は、おそらくパイロットが中にいると思われる、感覚検知装置で覆われた太い電球型の色付きガラス質であった。その口があるべき所からは、鈍い光沢を放つシリンダーが突き出しており、どう考えてもそれは蓄積エネルギー収束プラズマ放射装置の銃口であった。要は破壊光線である。なお悪い事に、この巨像の装甲は、Rumbleが自分のアーマーに付けようと思っていた青い炎のデザインそのままを、細部に至るまで完璧な状態で塗装し飾られていた。

Someone ripped off his dream design.
誰かが彼の夢のデザインを取り上げたのだ。

Rumble's fury overtook his awe. With a howl, he pulled every trigger, punched every button, and kicked every pedal that would fire something at the hulking monstrosity. In response, his trusty suit Tristy sputtered and fell over.
Rumbleの怒りは恐怖に先立った。吠え声と共に、彼は全部のトリガーを引き、全部のボタンを叩き、全部のペダルを蹴って、そびえ立つ怪物に何か打ち込もうとした。その結果、彼の信頼するアーマーのTristyは、爆発音と共にへたり込んだ。

Rumble tumbled from his seat, cursing. One of these days, he would install seat belts…right after he finished the designs for the Juicer. He rolled to his feet and gave Tristy a firm kick in the mace – the usual fix. Tristy shuddered back to life, but she became suddenly obscured by a looming shadow.
Rumbleは操縦席から転がり落ちて、悪態をついた。彼はいつかシートベルトをつけようと思った……ジューサーの設計が終わったらすぐに、だ。彼は立ち上がって、Tristyの鉄球にしっかりと蹴りを入れた。いつもの修理方法である。Tristyはぎこちなくまた動き始めたが、突然彼女は覆いかぶさる影で見えなくなった。

Rumble blinked.
Rumbleはまばたきした。

When he opened his eyes, his vision was filled by one of the giant’s tree trunk legs. It twisted slightly, and the wail of grinding alloys confirmed Rumble’s worst fear.
彼が目を開けた時、彼の視界は巨像の木の幹ほどある足で満たされていた。それは少し曲がっており、そして合金をつぶす時の物憂げな音が、Rumbleに最も恐れていた事が起こったのだと確信させた。

Tristy had been stomped flat.
Tristyは平たく踏み潰されたのだ。

There have been times in Rumble's life when he's had lapses of memory. They usually occurred when he was being bullied or beaten badly enough that he didn't think he’d pull through. Things just went dark. Usually when he’d come out of it, there would be a bunch of yordles either on the ground bloodied or looking at him like he had a wrench sticking out of his head (which was only actually the case once).
Rumbleは一生のうちで記憶が途切れる時があった。そうなるのは、彼がもう耐え切れないと思うほどいじめられたり、ひどく殴られたりした時であることが普通であった。辺りがただ暗くなるのだ。彼がそうでなくなった時には、通常、血を流して地面にのびていたり、あるいは彼の頭からレンチが生えているかのような目で彼を見ていたりするyordle達が集まっていた(実際の所は、一度だけそういうことがあっただけだが)。

In this instance, he was clawing madly at the foot of the steel mammoth, throat hoarse and fur in disarray. The foot remained in good condition.
今この時、のどが焼け付き、毛皮が乱れたまま、彼は鋼鉄のマンモスの脚部を狂ったように引っ掻いていた。脚部は良い状態のままだった。

With a popping hiss, the head of the beast split open, revealing an unmistakable bushy blonde afro.
空気のもれる軽い破裂音と共に、この獣の頭部が割れて開き、見間違いようのないブロンドのアフロヘアーをさらけ出した。

"Heimerdinger!" Rumble bellowed, "You're gonna pay for this! Deserter! Traitor! Get down here!" His voice cracked more times than he’d have liked.
「Heimerdinger!」Rumbleは吠えた。「オメーにこのツケを払わせてやるからな! 脱走兵め! 裏切り者め! ここに降りて来いよ!」彼の声は、彼が望む回数以上にかすれた。

"That would be a poor strategy indeed!" Heimerdinger exclaimed, after brief consideration. "You can return to Bandle City. I'm sorry it didn’t work out!"
「それは全くもって愚かな戦略であるね!」簡潔な考察の後に、Heimerdingerは声高に宣言した。「君はBandle Cityに戻れるんじゃぞ? これが役に立たなかったのはお気の毒じゃったな!」

"Return?!” Rumble laughed. "You think I’m done with you? This fight just got started! You already-" He was airborne before he could finish his sentence. It looked like something shot out from the death machine and exploded in front of him, but his vision was so blurry he couldn’t confirm it. He soared almost casually through the air until the wall stopped him.
「戻るってなんだよ!?」Rumbleはわらった。「テメーはこれでオイラが終わりだと思ってんのか? ケンカは始まったばかりだぜ! テメーはすでにーー」言い終わらないうちに、彼は宙に打ち上げられた。何かがこの殺人機械から放たれて、彼の正面で爆発したようだったが、彼の視界はそれが何かはっきりしないほどぼやけていた。壁が彼を止めるまでの間、彼はほとんど無防備な状態で宙を飛んだ。

"The probability of your continued existence is rapidly approaching zero." Heimerdinger remarked absent-mindedly.
「君の存在持続可能性は、ゼロに急速に近づきつつあるな」Heimerdingerは熱のこもらない様子でそう指摘した。

Rumble opened his eyes and coaxed his lungs to breathe. He was lying on his side facing Heimerdinger. Neither the wall nor the floor did a good job cushioning his fall. He wasn't going to be able to take many more shots like these.
Rumbleは目を開け、呼吸するために肺をなだめすかした。彼はHeimerdingerに顔を向けたまま横たわっていた。壁も床も彼の落下に対して十分な衝撃吸収をしなかった。彼はもうこのような射撃に耐え切れそうに無かった。

"You missed." He choked, managing a smirk. He wobbled to his feet, bracing himself against the wall.
「狙いが外れたぜ」彼はむせび、辛うじて冷笑を浮かべた。彼は壁に背を預け、よろめきながら立ち上がった。

"Why do you want to join the League, Rumble?" He thought Heimerdinger's voice sounded strange, but it was difficult to tell through the ringing in his ears.
「どうしてLeagueに入ろうとするんだ、Rumble?」彼はHeimerdingerの声が妙に思えたが、しかし耳鳴りのする中で本当にそうなのかを判断するのは難しかった。

"Oh now you want to chit-chat."
「おっと今度はおしゃべりがしたいのか」

"Your machine is destroyed. You will be unable to compete without-"
「君のマシンは破壊された。マシン無しでは君は参加することはーー」

"Why's that? I'm too small? Too weak? Tell me a new one. I'm the one they invited here, not my machine, and I'm not leaving that easy. Bandle City needs more loyal champions, and I'm not gonna back down from some big-haired Piltover lapdog." Broken and battered, Rumble's voice didn't lose any attitude. He brought his fists up, the motion was excruciating.
「だから何だって? オイラが小さすぎる? 弱すぎる? 他の事を挙げてみろよ。マシンじゃなくてオイラがここに招待されたんだ、それにオイラはそう簡単には引き下がらないぜ。Bandle Cityにはもっと忠実なチャンピオンが要るんだ、それにオイラは髪のデカイPiltoverの子犬なんかから逃げ出したりしないんだ」支離滅裂でぼろぼろだったが、Rumbleの声は気骨を失っていなかった。彼は拳を構えたが、その動きは痛々しかった。

"How does it feel exposing your mind?"
「君の心をさらけだしてどう思った?」

"How does it-? What kind of question is that? Let's finish this! You're gonna pay for what you did to Trist-"
「どう思ったってーー? 何の質問だよ? ケジメをつけようぜ! オメーがツケを払うんだ、Tristーー」

Heimerdinger was gone. Rumble was sitting in the cockpit, looking at Tristy's instrument panel. The pain was gone. He was back in the broom closet, but someone apparently turned the lights on. He couldn't suppress the smile that crept across his face. He hugged the dashboard.
Heimerdingerがいなくなった。Rumbleはコクピットに座り、Tristyの操作パネルを見つめていた。痛みは消えていた。彼は掃除用具入れの中に戻っていたが、明らかに誰かが電気を点けてくれたようだった。彼は顔に浮かび上がってくる笑顔を抑えることが出来なかった。彼は計器盤を抱きしめた。

"I thought I lost you for a second there, girl. But don't worry, I would've fixed you. Now we gotta go pay someone back for this whole mess."
「ベイビー、お前とお別れだとちょっとばかり思っちまったぜ。でも心配すんな、どうせオイラはお前を修理できたんだ。それじゃあ、この大騒ぎのツケを誰かに払わせに行こうぜ!」

He took hold of the yolks and kicked the pedals. Tristy sprung to action, leaping forward.
彼はハンドルを握り、ペダルを蹴った。Tristyは突如動き出し、前に飛び跳ねた。

Then she sputtered and fell over.
そして彼女は爆発音と共にへたり込んだ。

コメント

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照 <<過去ログはこちら>>

  • ランブルでベルト積みたいけど、仮面クリセプvoid砂時計と他に欲しいものが多すぎて買えないな、ベルト積むとしたらどんな状況? -- 2017-01-16 (月) 04:26:36 <2099149792>
  • 相手がベタ足のときはPen靴旧仮面のPenBuildでいじめ倒すけどそれ以外のときは大体ベルト初手かなぁ。アビサルの仕様変わってPenBuildの魅力下がったのもあるから大体はベルトクリセプまでは固定みたいになってる -- 2017-01-16 (月) 13:46:00 <2118223550>
  • クリセプって今いる? 正直仕様変更前はステータスの相性で積んでる面のほうが大きかったからもういらない気もする 追撃ならベルトでいいし -- 2017-01-16 (月) 13:57:18 <3743223114>
    • 中盤重視ならあってもいいと思う。 -- 2017-01-16 (月) 14:31:06 <1888208204>
  • 機動力が欲しい -- 2017-01-16 (月) 06:01:54 <713017091>
  • ベルトで我慢しよう -- 2017-01-16 (月) 13:40:12 <828551121>
  • 加速スキル持っているのに贅沢いいがやってとガチ徒歩勢がお怒りであるぞ -- 2017-01-18 (水) 22:10:37 <654510041>
  • WがRivenのEみたいになったらいいなーって思ったことはある -- 2017-01-21 (土) 05:55:12 <2086129669>
  • WがRivenのEみたいになったらいいなーって思ったことはある -- 2017-01-21 (土) 05:55:12 <2086129669>
  • 何気にインビジブル持ち相手の揺らぎは大きなバフだよな アカリやシャコを仕留めやすくなった -- 2017-01-18 (水) 22:05:16 <1906247058>
  • ルーン赤青紫全部MRpenに新仮面ソーサラーでMRpen50 -- 2017-01-24 (火) 02:51:26 <713018782>
  • ルーン赤青紫全部MRpenに新仮面ソーサラーでMRpen50でやってみたけど中々悪くないな ただ最序盤は青と紫はAPのが強かった -- 2017-01-24 (火) 02:57:43 <713018782>
  • ケネンのnerfで大会でランブルがpickされるかなと思ってたらADケネンが出てきた -- 2017-01-25 (水) 21:47:14 <2115887052>
  • 上手いランブルと下手なランブルって明らかにダメージの出方違うよね、あれ何が原因?ランブル数回しかやったことなくて最近興味ある。 -- 2017-01-27 (金) 09:21:59 <2113958979>
  • ゲージ管理かビルドか まあゲージ管理はできてなければ自分でわかると思うからビルドかな 旧仮面から皿靴直行でかなりダメージ出るようになる -- 2017-01-27 (金) 10:19:49 <3743223114>
  • ※Heatが30〜49の時にスキルを使ってもそのスキルは強化されない←ありがちなのがこれ理解してないとか -- 2017-01-30 (月) 19:31:18 <1906247058>
  • smebのジェイス対marinのランブル楽しみだったがLv1赤バフスティールでレーン戦どころじゃなかったわ -- 2017-02-07 (火) 03:18:16 <1906247058>
  • さすがmarin、未来予知のようなultだったな -- 2017-02-10 (金) 03:38:25 <2576418615>
  • ランブルjgって今どうなの?前流行ったど本体ナーフこずに消えた気がするんだけど -- 2017-02-13 (月) 03:21:57 <3671787049>
  • 最序盤強くないからメタじゃない。森での遭遇戦も強くない。あとはccがスローしかないのがガンク時の弱み。でもファームはそんな悪くないし、スキルダメージは高いしultの射程はあるから、レベル6からのガンクはかなり迫力ある方だと思う。集団戦の存在感は言うまでもないし、個人的にはかなり好き。トロールとは言われないけど趣味の範囲内って感じ。 -- 2017-02-13 (月) 19:23:04 <1887976253>
    • ランブルJGがtrollとは言われない趣味の範囲とかまじで言ってんのか? -- 2017-02-13 (月) 20:15:29 <3054769821>
    • 新規か -- 2017-02-13 (月) 20:21:10 <1946217041>
    • jgで使うぐらいならtopに行けってことならわからなくもないけど趣味の範囲って言ってるしなさそう -- 2017-02-13 (月) 20:36:16 <3705163409>
    • HP維持も楽でスキルのCDも短くて遭遇戦強いんだが? -- 2017-02-15 (水) 08:24:04 <3540144060>
  • 青エンチャnerfでJGにAPを持っていきづらくなった時代にやや減ったんじゃないかな 新しい森は前より相性悪いし -- 2017-02-15 (水) 08:15:29 <1906247058>
  • Pのダメージって表記ないん? -- 2017-02-15 (水) 00:17:21 <1946217041>
  • 荒らしか不明だが消されていた、また前の値が間違っていたので修正 -- 2017-02-15 (水) 13:10:24 <3697541729>
  • JgでAP確保したいときのためにランブルjgはじめたいんだけど、特別気を付けることってある? あと結局遭遇戦はそこそこ強い? -- 2017-02-18 (土) 07:04:01 <2129266169>
  • 遭遇戦はULT当てられるなら強い当てられないなら弱い -- 2017-02-18 (土) 08:14:33 <2118223550>
  • ランブルロード(MID横等の狭くULTで全面埋めれる場所)で戦えば2,3人はイケる。 -- 2017-02-21 (火) 12:22:45 <1995298120>
  • ultもいいけどE→Qだけで敵キャリーのヘルスを全部削りきれると相当気持ちいいよね -- 2017-02-21 (火) 00:09:06 <3023135610>
  • Legendary Skinで登場のメタリックな彼、オイル臭いカラダを隅々まで責め立てられ大悶絶! -- 2017-02-26 (日) 05:17:17 <2109784532>
  • また大会でやってくれたな・・・ナーフ不可避 -- 2017-03-02 (木) 20:12:06 <1999630007>
  • SKTvsKT見てると、ああ…ナーフされるんだろうな…って -- 2017-03-04 (土) 18:17:23 <2578051895>
  • 0/3/1から10/4/12まで持っていったのは凄かったな 良くも悪くもultが集団戦の勝敗を左右しすぎる -- 2017-03-06 (月) 09:32:59 <1906247058>
  • カルマnerfソラリnerfで仮面buffだから仮面持ったAPが暴れるとは言われてたしな どこかしらに調整は入りそう -- 2017-03-06 (月) 10:00:56 <1906247058>
  • こいつQの変更来てからずーっとナーフ不可避って言われ続けてるな。実際は構成選ぶし使うのも難しいチャンプだしバランスいいと思うがね。 -- 2017-03-06 (月) 15:14:33 <995520181>
  • ブン回ったときの印象が強すぎるからだろうね、腐ったときなんか本当しんどいし、森の介入次第では容易に腐るからそこまでぶっ壊れてるとは思わないわ -- 2017-03-06 (月) 15:16:26 <2122243843>
  • レーン戦でも仮面素材出来上がった時の理不尽ダメージ本当好き -- 2017-03-08 (水) 11:27:28 <2035651513>
  • プロの試合見てるけど上手いランブル使いが居る場合はBAN必須みたいになってて悲しいmarin、smeb、huni、balls... -- 2017-03-09 (木) 04:19:01 <1906247058>
  • senpaiのsupランブルが強過ぎて震える -- 2017-03-13 (月) 23:02:57 <1789402790>
  • 神よ鎮まりたまえ、鎮まりたまえ(トロール増やさないで -- 2017-03-16 (木) 15:56:51 <2576418615>
  • よーし ムンド出しちゃうぞぉ〜^^ -- 2017-03-15 (水) 19:58:45 <985606828>
  • 使い始めてみたけどどうしてもオーバーヒートしてしまう 戦闘前にどのくらいのヒートでキープしてとかそういうコツがあったら教えてほしい -- 2017-03-19 (日) 04:53:27 <2055210647>
  • 60でも強化EWQできるんだし50切らないようにしとけばいいんじゃない -- 2017-03-21 (火) 06:33:25 New <1015529132>
    • 続き)絶対オーバーヒートしたくない場面だったら40くらいにしとけば強化Qはいつでも打てるしからまあ50前後でいいんじゃないの -- 2017-03-21 (火) 06:38:50 New <1015529132>
  • 自分はガチるつもりの時は30〜35を維持してWで50にしてQEE→2度目Qでヒート と回すことが多い -- 2017-03-21 (火) 20:46:55 New <2012293195>
  • rubmleのq minionに対してdmg下げて -- 2017-03-24 (金) 02:02:37 New <2048633058>
お名前:

コメント欄は投稿時の注意事項を守ってご利用ください。

階層があるコメントは「Shift」+「左クリック」で全コメントの表示・非表示を切り替えられ、「右クリック」で対象コメントの表示・非表示を切り替えられます。

変更履歴

  • vX.XX:
    • XXXXXXXXXX
      • XXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
  • vX.XX:
    • 実装


スポンサードリンク