Vladimir: the Crimson Reaper
ブラッドミア:真紅の死神

vladimir

攻撃力
■■
防御力
■■■■■■
魔力
■■■■■■■■
難易度
■■■■■■■
ロール

メイジ(Mage), タンク(Tank)

実装日2010/07/27
価格4800 [ip]880 [rp]最終更新v7.3
ステータスLv.1...Lv.18
体力525841953
狂喜2
物理防御233.379.1
魔法防御30
移動速度330
ステータスLv.1...Lv.18
体力自動回復70.617.2
なし0
攻撃力553106
攻撃速度0.6582%0.882
射程距離450
スキル名効果

真紅の盟約
(Crimson Pact)

Passive: APによってHPが、HPによってAPが増加する。

増加HP: (1.4AP)

増加AP: [増加HP × 2.5%]

吸血
(Transfusion)

Active: 対象の敵ユニットに魔法DMを与え、自身のHPを回復して、「狂喜」が1増加する。「狂喜」が2の場合、次の詠唱可能時に真紅の衝動(Crimson Rush)(2.5s)状態になる。

魔法DM: 80/100/120/140/160 (+0.6AP)

回復HP: 15/25/35/45/55 (+0.35AP)

真紅の衝動: 「狂喜」が少しずつ減少するとともにMSが増加(10%, 0.5s)し、このスキルのDMが185%に上昇して追加回復HPが付与される。Minionには35%の追加回復となる。

追加回復HP: 20 + (Lv × 10) + [減少HP × 5% (+0.04AP)%]

Cost: 無し CD: 9/8/7/6/5s Range: 600

紅血の沼
(Sanguine Pool)

Active:血の海に沈むとともに2秒間対象指定不可状態になり、その上にいる敵ユニットに0.5秒毎に魔法DMとSlow(40%)を与え、与えたDMの15%を回復する。対象指定不可状態中はAAとスキルは使用不可能になり、このスキルを発動すると1秒間MSが37.5%増加し、時間と共に減衰していく。

魔法DM(1Hit毎): 20/33.75/47.5/61.25/75 + [増加HP × 2.5%]

Cost: [現在HP × 20%]HP CD: 28/25/22/19/16s Range: 350

血液奔流
(Tides of Blood)

Active: 最大1.5秒間詠唱を行い、解放することで周囲に魔法DMを与える。1秒まではチャージ時間によって威力が増加する。チャージ時間が1秒を超える場合、自身のMSが20%減少し、命中した敵ユニットにSlow(0.5s)を与えるようになる。

最小魔法DM: 30/45/60/75/90 (+0.35AP) + [最大HP × 1.5%]

最大魔法DM: 60/90/120/150/180 (+1.0AP) + [最大HP × 6%]

Slow: 40/45/50/55/60%

Cost: [最大HP × 8%]HP CD: 13/11/9/7/5s Range: 600

呪血の渦
(Hemoplague)

Active: 指定範囲の敵ユニットに疫病を付与し、その敵ユニットは4秒間受けるDMが10%上昇する。効果終了時に魔法DMを与え、敵Championに命中した場合、自身のHPを回復する。命中した追加敵Champion1体につき回復量が50%上昇する。

魔法DM: 150/250/350 (+0.7AP)

回復HP(1Hit目): 150/250/350 (+0.7AP) 効果範囲: 350

Cost: 無し CD: 150/135/120s Range: 625

マナの無いチャンピオン
スキルはHPを消費する
v7.3

目次

最終更新日時: 2017-02-08 (水) 12:32:35

Champion Spotlight

考察

Manaを持たず、HPを消費してスキルを放つChampion
スキルリワークによってHPを消費するか否かの駆け引きが生まれた

Pros
Passiveによって高HPと高APを両立でき、かつどちらも上げやすい
Qによるノーコストのハラス+回復に加え、CDの短いAoE
ターゲット不可のスキルによりタワーダイブが得意
高いHPと回復、実質無敵のWのおかげで生存性が高い
AoENuke+ダメージ増加のUltによる集団戦への貢献

Cons
装備にもレベルにも強く依存しているので順調に育てていないと何も出来ない
HPを消費するスキルの扱いにクセがあり、リスクを背負わないと火力が出しにくい
通常攻撃の性能が悪い
スキルの射程が短い
Wはコストが高く唯一の逃げスキルでもあるので使用するタイミングが難しい
ミニオン相手では回復量が控えめなQ、消費HPが非常に多いE
序盤の大きなダメージ交換が苦手

スキル紹介

Vladimir_Crimson_Pact.pngCrimson Pact
HPによるボーナスはアイテム等の上昇分のみであり、自身の基本HPは対象外。このスキル単体で効果がスタックする事も無い。
HPによるボーナス対象はアイテム、ルーン、マスタリー、LuluのUltなど一部Champのスキルによる増加分。
このスキルで得た増加HPはSanguine PoolのHPレシオの対象となる。
Vladimir_Transfusion1.pngTransfusion
Vladの主力。低Lvでは頼りないが、レベルが上がってくると回転率はそれなり。
一瞬で発動し、発動後の隙も殆ど無いので低リスクなハラスが可能。Lv5になればCD5秒で連発できるので操作がかなり忙しい。
強化状態で打ったものも一回にカウントされるため、二回に一回強化Qが発動できる。
Vladimir_Sanguine_Pool.pngSanguine Pool
ツールチップには書いていないが、使用後1秒間は移動速度が37.5%上昇する(移動速度上昇は時間と共に元に戻る)。
HP回復はついているものの消費割合が大きく、殆どの場合は損耗して終わる。
無敵ではなくターゲット不可になるだけなので、FiddlesticksのW、MorganaのUlt等のLeashスキルは受けている最中に潜っても解除できず、潜る前にIgnite等のDoTを受けていると潜っている状態でもダメージを受け続ける。
このスキルは瀕死時やGankされた際の逃走に必要になるので、CDは常にチェックしておきたい。
また、あらゆる対象からターゲットされない為、UNIQUE Auraの効果もVlad自身から発生するもの以外は一切受け付けなくなる。
Crimson Pactによる増加HPもアイテム等で増加したHP扱い。Crimson Pactによる増加HPのみで見た場合,0.21のAPレシオともいえる。
Vladimir_Tides_of_Blood.pngTides of Blood
体力の消費量MAXの値が最大HPの10%というリスクの高いスキル。範囲攻撃に見えるが非貫通のため隠れている敵に当てにくく、積極的に敵陣に入り込む必要がある。
最大チャージでダメージにスローがつくが効果時間は短め。強化Qの加速時に溜めながら近づくと最大チャージで当てやすい。
Vladimir_Hemoplague1.pngHemoplague
ダメージ増加はDebuff扱いであり、サモナースペルのクレンズで解除される。解除された場合は当然ダメージも発生しない。
敵チャンプへのダメージの発生と同時に大きく回復するので事前に使用したWやEでHPの消費分をカバーできる。

ビルド例

    セリフ

    Upon Selection

    「川は赤く染まるだろう」

    Attacking

    「一杯いただこう」

    「ふむ……何か滴っているぞ」

    「美味そうな静脈だ」

    「血液型にはこだわらん」

    「血を頂こうか」

    「血の滲む努力だな」

    Movement

    「素晴らしい」

    「まだ飲み足らないな」

    「凝血しそうだ」

    「遠慮なく血を流したまえ」

    「血気盛んだな」

    「血の気が引いたぞ」

    「血塗られた道だ」

    「生死を分ける決断だ」

    「収穫の月か、言いえて妙だな」

    Taunt

    「その澄ました顔の下に流れるものを味わってやろう」

    Joke

    「マイナス思考だと?マイナス型の血は味わい深いぞ」

    #マイナス思考とマイナス嗜好をかけたジョーク?

    Upon Selection

    "The rivers will run red."

     川が血に染まるだろう。

    Attacking

    "I'd love a pint."

     さあ一杯いただこうか。

    "Hmm, something is leaking."

     うーん、何かが漏れ出しているね。

    "Deliciously vain."

     儚い美味さだ。

    "I'm a universal recipient."

     どの血液型にも適合しているよ。

    "Care to make a donation?"

     献血に協力する気は無いかい?

    "A draining exercise."

     血の出るような鍛錬だね。

    Movement

    "Wonderful."

     素晴らしい。

    "My cup is half empty."

     私の器は半分しか注がれていない。

     #(いわゆる悲観主義者を表す言い回しでもある)

    "The clot thickens."

     血が固まってしまう。

    "Please, let it all out."

     全て吐き出したまえ。

    "Let's pool our efforts."

     努力は溜めなければね。

    "I'm absolutely livid."

     確かに血の気を失ったね。

    "Trickling progress."

     滴るような進歩だ。

    "A vital decision."

     命に関わる決断だ。

    "A harvest moon, so aptly named."

     収穫の月か、実に相応しい名前だな。

    Taunt

    "You look like someone who's got a lot going on under the surface."

     色々と大変そうだな。 

     #直訳すると「あなたは表面下でいろいろありそうな人にみえる」人間の皮膚の下ではいろいろ起こってますね、血流とか。

    Joke

    "Go ahead, be negative. You'll be just my type."

     いいぞ、ネガティブになりなさい。私の好みのタイプだ。”

     #「Be Negative」が同じ発音で血液型の「B-」すなわちB型のマイナスとなりえるので「いいぞ、血液型B-。俺の大好物だ」ともとれる。

    セリフ(Blood Lord Vladimir skin)

    Attacking

    「零れ落ちる命を感じよ」

    「立て、そして戦え」

    「終わらせたいものだな」

    「闇夜に飲まれるがいい」

    「絶望の深さを知れ」

    「我が渇きを癒せ」

    「哀れな生物よ」

    Movement

    「我に跪け」

    「血の雨を降らそう」

    「我は闇夜に生きる者なり」

    「我に命令することなど出来ぬ」

    「我は王であり、支配者である」

    「我々は皆、心に怪物を飼っておる」

    「この地は我が領土なるぞ」

    「次はどの杯を飲み干そうか?」

    「この地を灰燼と化さん」

     (対応台詞不明"Kneel before Vlad.")

    Taunt

    「真の強敵との邂逅はまだか!」

    「仲間を集めよ。貴様の葬式のために」

    Joke

    「血の……ゴホッゴホッ!……貴様、一体何を食った?」

    「出でよ、我が……ゴホッゴホッ!……血の玉が……」

    Attacking

    "Feel the life drip away."

     命が絞り出される様を感じるのだ。

    "Arise and face me."

     起き上がって我輩に対面せよ。

    "I want to make this last."

     これを最後にしたいものだな。

    "The night shall consume them."

     夜が彼らを飲み込む。

    "Witness the depths of despair."

     絶望の深さに直面せよ。

    "Slake my thirst."

     我輩の喉を潤すのだ。

    "Pitiful creatures."

     哀れな人間達よ。

    Movement

    "Kneel before me!"

     我輩の前にひざまずくのだ!

    "The skies will rain red."

     空から血の雨が降り注ぐであろう。

    "In darkness I am truly alive."

     暗闇でこそ我輩は真に生を感じるのだ。

    "No one commands me."

     誰一人我輩に命令など出来ない。

    "I am lord and master."

     我輩は権力者であり、支配者である。

    "There is a monster in all of us."

     我々自身の中にこそ魔物が存在する。

    "This is my realm."

     これは我輩の領域である。

    "So much blood waiting for purpose."

     多くの血液達が我に見出されるのを待っている。

    "Which vessel shall I empty next?"

     次はどの血管を空にすれば良いのだ?

    "I will leave this place in ruin."

     ここを廃墟と化してやろう。

    "Kneel before Vlad."

     Vladの前に跪くがいい。

    Taunt

    "How long must I search to find a real challenge?"

     真の挑戦を探すためにはどれだけかかるのだ?

    "Gather together your allies so you can pool your tears."

     貴様の仲間を集めて涙を溜め込んでおけ。

    Joke

    "Bask in... *coughing* What did you eat?"

     浴びろ……(咳き込む)貴様何を食ったんだ?

    "Ri... *coughing* Ugh, bloodball."

     湧き……(咳き込む)おい、血の球よ。

    小ネタ

    ストーリー

    ノクサスと嵐ケ原の合間に横たわる山脈には、古代の恐るべき秘術が隠された寺院が人知れず存在している。誤ってこの地へ迷い込んだ者たちは、みな体液を全て失った遺体となって寺院の周辺に散らばっている。しかし、若き日のブラッドミアにとっては、そんな死体など好奇心を駆り立てる対象以外のなにものでもなかった。彼はこの時、ノクサスを逃れて山を越えている途中であった。当時まだ十代であったブラッドミアは、前日、同年代の少年二人を――美しい真紅の花が咲き誇るところを見たいというだけの理由から――惨たらしく殺したのである。即座に彼は、自分の殺人衝動が抑え切れないこと、ノクサスに留まれば遠からず凶行の報いを受けることになることを悟ると、都市国家ノクサスを躊躇なく捨て、南方へと旅立ったのであった。

    点々と続く死体を追っていくと、ブラッドミアは今にも崩れ落ちそうな石の寺院にたどり着いた。中には一人の老僧がおり、澄み切った真紅の瞳でブラッドミアを見定めた。老僧を驚かせたのは、ブラッドミアが返した烈々たる邪悪な眼差しであった。少年の残忍な欲望を感じ取った老僧は、生命の源たる液体を自在に操る奥義をブラッドミアに伝授することを決め、通りすがりの旅人たちを練習台に研鑽を積ませた。やがて最後の教えを授ける時が来ると、老僧は、失敗は死に繋がることになると警告した。結果的にブラッドミアはこの試練に打ち勝ったが、そこには凄惨な驚きが待ち受けていた。試練の最中、老僧の血は一滴残らず搾り抜かれ、ブラッドミアに注ぎ込まれた。こうしてブラッドミアはその師と、過去の全呪血師たちの魔力のすべてを受け継いだのである。ただ一人取り残され、突然目的を失ったブラッドミアは、己の授かった魔術の素晴らしさを世に知らしめるべく、ノクサスへ戻ってリーグへの参加を要求した。無残に殺された近衛兵たちの姿を目にしたノクサス最高司令部は、ブラッドミアの非道な力を利用することを決断したのである。

    「己の中を流れるものによって、お前は命を吸い尽くされよう」
    -- ブラッドミア

    There is a temple hidden in the mountains between Noxus and the Tempest Flats, where the secrets of an ancient and terrifying sorcery are kept. The area surrounding the temple is littered with the exsanguinated corpses of those who have mistakenly wandered too close. These served only to pique the curiosity of Vladimir, when - in his youth - he trekked through these mountains during his flight from Noxus. A day earlier, the teenaged Vladimir had brutally murdered two boys his age, for no better reason than to enjoy the intoxicating scarlet bloom that surged forth. He realized immediately that he would never be able to suppress his murderous desires, and if he remained in Noxus, his foul deeds were sure to catch up with him. Without hesitation, he abandoned the city-state, and journeyed south.

    The trail of bodies led him to a crumbling stone temple. Inside he found an aging monk who appraised him with eyes of pure crimson. Vladimir surprised the monk by returning the wicked gaze with zeal. Recognizing the boy's sinister craving, the monk taught Vladimir how to manipulate and control the fluid of life, often practicing on passing travelers. When it came time for Vladimir to learn the final lesson, the monk warned that failure would result in death. Vladimir did not fail, but success bore a grisly surprise. During the ritual, every drop of the monk's blood was drawn from his body and fused with Vladimir's, imbuing him with his master's magical essence, and that of every hemomancer before him. Left alone and suddenly without purpose, Vladimir resolved to return to Noxus, demanding enrollment in the League to prove the supremacy of his craft. When the Noxian High Command observed the gruesome fates which befell the palace guards, they elected to avail themselves of Vladimir's unsavory talents.

    ''That which runs through you will run you through.''
    -- Vladimir

    Leagueによる審判

    展開する

    Candidate: Vladimir
    Date: 27 July, 20 CLE

    志望者:Vladimir
    日付:CL暦20年 7月27日

    OBSERVATION
    観察

    Vladimir moves with purpose, his long hair and robes flowing dramatically behind him as his deliberate strides carry him swiftly towards his goal. The heels of his polished boots ring out against the marble halls of the Institute of War, an unwelcome clamor in the otherwise oppressive silence. He spies his destination ahead, a great stone doorway.
    長い髪とローブを大きくたなびかせ、Vladimirは決意を持って進み、その落ち着いた大股の歩みが彼を目標へと軽やかに運んでいる。
    重苦しい沈黙の中、the Institute of Warの大理石の広間には彼の磨かれたブーツの足音が響き渡り、迎え入れられざる喧騒となっている。
    彼は前方の目標、巨大な石の扉を見ている。

    The regal demeanor of our guest is a hoax; a trap for those foolish enough not to look beyond the surface. The perfectly groomed hair, the extravagant attire, the manicured fingernails… these marks of nobility are false. The truly perceptive will not be deceived by this charade. From his cruel, angular features, to the vicious, yet regal, jewelry that adorns his fingertips, there is no doubt: this is a predator.
    我らがゲストの堂々とした振る舞いは悪ふざけであり、上面の奥を見抜けないほどの愚か者への罠である。
    完璧に梳かされた髪、贅沢な身なり、美しく整えられた指の爪…これらの高貴さの印は全て偽物だ。
    真に明敏な者はこのような真似事に欺かれたりはしない。
    残酷で骨ばったその体格から、彼の指先の物騒だが堂々とした宝石に至るまで、どこにも疑いの余地は無い。
    これは捕食者である。

    Vladimir pauses for a moment as he arrives, relishing the moment. He admires the craftsmanship with fickle, covetous eyes. A pair of panthers stand sentry in the relief of the marble archway, their lithe forms a tribute to their artisan's talent. An inscription above announces his destination: "The truest opponent lies within." He reaches out to caress the polished stone. The doors part at his touch, drifting silently open. Beyond them lay blackness. Vladimir licks his thin lips, and darts inside.
    到着と共にVladimirはしばし立ち止まり、その瞬間を味わう。
    彼が細工物を鑑賞する目は気まぐれで強欲だ。
    大理石のアーチのレリーフの中には一対の豹が番兵として立ち、彼らのしなやかさに工芸家の才能が表れている。
    「真の敵は内にあり」ここが彼の目的地だと、上方の碑文は告げている。
    彼は磨かれた石を撫でようと手を伸ばす。彼が触れると扉が分かたれ、次第に少しずつ開いていく。
    向こうに這っているのはただ黒色のみだ。Vladimirはその薄い唇を舐め、中へ駆けていく。

    REFLECTION
    反応

    Vladimir stood in the darkness of the Reflecting Chamber. For a moment there was only the silence and the expectant beating of his heart. Then there was a whisper.
    Vladimirはthe Reflecting Chamberの暗闇の中に立っていた。
    少しの間、そこには沈黙と彼の心臓の期待に満ちた鼓動のみがあった。
    そして、いつの間にかそこにささやき声があった。

    "Vladimir, my child," called a voice from the black. He recognized it instantly, and his hair stood on end. Out of the darkness strode another figure, of similar stature but clothed in the simpler robes of a monk. His ashen hair was rivaled only by the sickly pallor of his skin. His eyes were pure crimson.
    「Vladimir、我が子よ、」暗黒からの声が呼んだ。
    彼は即座にその声の主を聞き分け、そして彼の髪は逆立った。
    闇から歩み出たのは、似た体格をして、修道僧の簡素なローブに身を包んだ人影であった。
    彼の髪は灰のように白く、その肌の病的な青白さといい勝負であった。
    彼は真紅の目をしていた。

    "Dmitri?" Vladimir inquired, incredulous, "but, master, you are gone. I killed you."
    「Dmitri?」Vladimirは疑い深く尋ねた、「しかしマスター、あなたは逝っています。僕があなたを殺したのですよ」

    The figure threw back his head, howling with laughter. "I cannot be gone, Vladimir. I am a part of you." As if in response, the monk's body dissolved into a fine red mist. The metallic smell of blood filled the air. Vladimir closed his eyes and breathed deeply, the warm vapor bathing him in its welcome embrace.
    その人影は首を反り返らせ、笑いを轟かせた。
    「わしは逝く事ができぬのだよ、Vladimir。わしはお主の一部だからな」
    僧の体は鮮紅の霧へと解け、まるでそれが返事のようだった。
    血の金属的な匂いが大気を満たした。
    Vladimirが目を閉じ深く息を吸うと、暖かな蒸気が歓迎の抱擁だというように彼を洗い流した。

    The sound of sharp, labored breaths woke him from his reverie. His eyes snapped open, revealing a clearing in a serene forest. His heart raced in an excited rhythm. At his feet lay two mangled forms - one still, the other gasping - both drenched in blood. Vladimir examined himself in wonder. He was a boy no older than fifteen. In his right hand he clutched a hunting knife in a death grip - so hard, in fact, that the handle had cut him. His fine clothes were sullied everywhere with scarlet. He knew this moment. These were his playmates. These were his first.
    鋭く、疲労した息吹が彼をその夢想から起こした。
    彼の目が突如開き、穏やかな森の中の開拓地を見た。
    彼の心臓は興奮したリズムで高鳴っていた。
    彼の足元には2つの切り刻まれた体があり、1つは動かず、もう1つは詰めたような息をしていたが、どちらも血に浸っているのは同じだった。
    Vladimirは不審に思い、彼自身を観察した。
    彼は15歳未満の少年であった。
    死んでも離さないとばかりに、彼は右手に狩猟ナイフを握り締めていた。
    その握り方はあまりに強く、実際の所、柄が彼の手を切っていた。
    彼の上等な衣服のあらゆる場所が血の紅で汚されていた。
    彼はこの瞬間を知っていた。
    これらは彼の遊び仲間達であった。
    これらが彼の最初であった。

    The maimed figure crawled towards him, looking up with a mixture of sadness and bewilderment. The expression turned to hatred. A hand shot forward, gripping his boot. Vladimir recoiled, breaking free and stumbling backwards away from the dying child. The boy opened his mouth as if to scream, but no words came out. Instead, a torrent of blood spilled forth from his lips into the dirt. He extended an accusing finger at his murderer. Vladimir dropped his knife, and the darkness took him.
    痛ましく傷ついた体が彼の元へと這い寄り、悲しみと当惑の混じった視線を上に向けた。
    その感情は憎しみへと変わった。
    手が伸び、彼の靴を掴んだ。
    Vladimirは後ずさり、その死に行く子供の手を何とか蹴り解いて、後ろへとよろめいた。
    その少年は叫ぼうとするかのように口を開いたが、しかし何の音も出なかった。
    その代わりに彼の唇の間から血が吐かれ、地面へと落ちた。
    彼を殺した者を非難するようにその指が伸びた。
    Vladimirは彼のナイフを取り落とし、そして暗闇が彼を包んだ。

    A moment later he was standing at the foot of a mountain trail in the shadow of a great structure. Before him, propped on a spike, lay a blanched corpse. Beneath that lay a font of blood, hewn into the rocks by primitive tools. He looked up, raising a hand to shield his wind-burned face. The trail before him contained perhaps a dozen such specimens, set at even intervals along the path. He felt the now familiar quickening of his pulse. The thrill overwhelming any sense of dread, he ascended.
    一瞬の後、彼は巨大な建築物が影を落とす山道に立っていた。
    彼の目前には、杭に立てかけられた1体の青白い死体があった。
    その下には、原始的な道具によって岩肌に刻まれた血の泉が湧いていた。
    彼は建築物を見上げると、手を上げ、しもやけを起こした顔を風から守った。
    ここが道のちょうど半ばだとしても、彼の後ろの道には、このような実験物がすでに12体ほどあった。
    彼は、もはや慣れ親しんだ感覚となった、鼓動が早まる感覚を味わった。
    スリルはいかなる種類の恐怖にも先立っており、彼は前へと向かった。

    Wandering through the halls of this ancient structure, the trail of drained bodies guiding his path, Vladimir's excitement grew. He came at last to a great hall. All about him hung the deceased, their lifeblood settling in pools below. At the front of the grisly scene stood a robed monk, white hair slicked back out of his face. His blood-red eyes shone menacingly on his pale, implacable face as he beckoned to the enraptured traveler.
    この古代の建築物の広間をさまよった所、血の抜けた死体が道となって彼の進むべき方向を示していた。
    Vladimirの興奮は沸きあがった。
    彼は最終的に大広間に出た。
    彼の周りでは死人が吊られ、彼らの生き血は下に血だまりを作っていた。
    この陰惨な光景の奥に、撫で付けられた白い髪を持つ、ローブを着た僧がいた。
    彼は熱狂に駆られた旅人を手招きし、その容赦の無さそうな青白い顔の奥に、血のように赤い目が危険な光を帯びて輝いていた。

    Vladimir approached, unblinking; entranced by the spectacle, eyes locked on the man before him. The monk stared back curiously. "Have you no fear, boy?" he asked, interested. Vladimir shook his head wordlessly, never breaking his gaze.
    Vladimirは瞬きもせずに近づいた。
    この見世物に魅入られ、その目は目の前の男に釘付けになっていた。
    僧は妙な物を見たかのように見つめ返した。
    「怖がらないのか、ボウヤ?」彼は興味を持ってそう尋ねた。
    Vladimirは全く視線を逸らさずに首を振った。

    "I see what you are," the monk continued, "You are a harbinger, my child. A Crimson Reaper, come to collect." He smiled grimly, a peal of laughter following. "What is your name, young one?"
    「お前がどんな奴か分かったぞ」
    僧は続けて言った、「お前は先駆けだ、我が子よ。Crimson Reaper(真紅の収穫者)が刈り取りに来たわけだ」
    彼は陰鬱な微笑を浮かべ、そして笑い出すような気配を帯びた。
    「少年よ、名前は?」

    "I am called Vladimir," stammered the bewildered youth.
    「僕はVladimirと呼ばれています、」まごついた若者はどもりながら言った。

    "You are now my charge, Vladimir," replied the aging figure, smiling. "Do not disappoint me."
    「わしは今からお前の師匠になるぞ、Vladimirよ、」年を取った人影はそう答え、微笑んでいた。「わしを失望させるなよ」

    Vladimir stared deeply into his mentor's eyes. The sight made his veins run ice. He had killed this man. He had taken his blood. And Dmitri had asked him to do it; had threatened him with death if he refused. The room around him went dark once more, leaving him alone again with the phantom of his master. The monk folded his arms across his chest. "Why do you want to join the League, Vladimir?" asked Dmitri expectantly.
    Vladimirは指導者となった者の目を深く覗き込んだ。
    彼の血はその光景に凍りついた。
    彼はその男、Dmitriを殺した。
    彼はその血を受けた。
    拒めば殺すと彼を脅し、その行為を課したのはDmitri自身であった。
    彼の周囲の空間は今一度暗くなり、再び彼はマスターの幻影と一緒にいた。
    僧が腕を組んだ。
    「なぜLeagueに入ろうとする、Vladimir?」
    期待を込めてDmitriは尋ねた。

    "I wish to bring honor to my noble house and to hone my craft," Vladimir answered immediately.
    「高貴なる僕の家に名誉をもたらし、魔術を研鑽するためです、」Vladimirは即座に答えた。

    The apparition before cracked a bemused smile. "Why do you want to join the League, Vladimir?" it repeated.
    目の前の死霊は当惑した微笑を浮かべた。
    「なぜLeagueに入ろうとする、Vladimir?」問いが繰り返された。

    "To fight for the glory of Noxus, my homeland," Vladimir replied, hesitant.
    「戦い、祖国Noxusに栄光を捧げるためです」Vladimirはためらいがちに言った。

    Dimitri's amusement vanished. He looked displeased. "Why do you want to join the League, Vladimir?" he echoed.
    Dimitriから笑いが消え去った。
    彼は不機嫌な表情になった。
    「なぜLeagueに入ろうとする、Vladimir?」彼はこだまのように繰り返した。

    Vladimir's face darkened. He answered, slowly this time, "I must kill."
    Vladimirの顔は曇った。彼は、今度は時間を掛けて答えた。
    「僕は殺さなきゃならないんだ」

    The old monk nodded. "How does it feel, exposing your mind?" he asked.
    老いた僧はうなづいた。「お前の心をさらけだして、どう思った?」彼は尋ねた。

    Vladimir bared his teeth. "Liberating, really," came his retort. As if in response, the door behind flew open, bathing him in light. He was alone.
    Vladimirは歯を見せて笑った。
    「自由な気分です、本当に、」そう彼は言い返した。
    返事であるかのように後ろの扉が開き、彼に光を浴びせた。
    彼は1人きりだった。

    コメント

    最新の20件を表示しています。 コメントページを参照 <<過去ログはこちら>>

    • 強化Qのゲージが減少中にEをチャージするとチャージ中はQのゲージ減少速度が低下するのって仕様?どっかで入ったっけこんな変更。 -- 2017-02-18 (土) 22:13:46 <1012645536>
    • かなり前からあるぞ -- 2017-02-19 (日) 04:56:33 <3697521850>
      • もしかしてリメイク当初から?パッチどれかわかる? -- 2017-02-19 (日) 17:35:03 <1012645536>
      • 6.10 -- 2017-02-21 (火) 18:53:35 <3697521850>
    • 低下じゃなくてそこで止まる Wでも同じ現象が起きる -- 2017-02-20 (月) 03:22:15 <2576791194>
    • mid vladのビルドパス教えてもらえませんか?ベルト、アビサル、ビサージュ、zonya、クリセプとほしいものがありすぎて。。 -- 2017-02-19 (日) 22:23:41 <2099149792>
    • ルーデンエコー→CDR靴→void→帽子or砂時計→砂時計or帽子→なんでもいい サイッキョ -- 2017-02-20 (月) 03:25:10 <2576791194>
      • チープスタリオンか? -- 2017-02-23 (木) 16:13:38 <1786992689>
    • ビサージュは考えてから積んだ方がいいかも大体はベルト→ペネ靴から状況次第でクリセプアビサル砂時計帽子かな -- 2017-02-20 (月) 07:34:26 <2063177591>
    • なるほど、リワーク前はよくtopで使ってたからビサージュはコアなイメージだった。midだとエコーやmpen靴みたいな火力装備のほうがいいのか -- 2017-02-20 (月) 23:10:14 <21694057>
    • 相手がmageならアビサルを早く完成させる、ルーンにスペルバンプ1つでも入れておくとサステインが段違いでダメージ交換の果てに相手がマナ尽きる -- 2017-03-23 (木) 01:34:54 New <1015202405>
    • こいつで帽子込みフルビルド&インファーナル3つ取った時どんな気分になれるの -- 2017-02-21 (火) 12:10:28 <2638308853>
    • 今日初めてこいつ対面に来たんだけどどうすりゃいいのか全くわからんかった。近づいたら血抜かれるしハラスしてもモリモリ回復してマナ足りなくなるし、モレロ積んでもだめ。どうすりゃいいの -- 2017-02-23 (木) 01:26:29 <3034357544>
    • 相手のゲージが赤くない時(強化Qが使えない時)にダメージ交換しかけるだけ。 -- 2017-02-23 (木) 04:18:43 <3009613211>
      • 補足、レベル1に限っては通常Qも強いから気をつけて。 -- 2017-02-23 (木) 04:22:37 <3009613211>
    • カシオペアをピックします、そして勝ちます。LBをピックします、そして勝ちます。他はorinna ryze kass solがオススメ こいつは立ち回りじゃなくてキャラ相性で勝つキャラ zedとかsyndraとかziggsじゃ逆立ちしても勝てん -- 2017-02-23 (木) 06:48:49 <2576791194>
      • syndra ziggsで勝てないのはまだしも(負けも無いが)、zedで勝てないのはちょっと・・・ -- 2017-02-23 (木) 11:18:19 <1036348667>
      • 勝てないぞ -- 2017-02-25 (土) 22:11:48 <2048086254>
      • ZEDメインだけどこいつに負けたことないよ -- 2017-03-10 (金) 05:42:10 <2127689112>
      • zed側は絶対vladからkillとれないだろうに -- 2017-03-10 (金) 09:04:57 <829079974>
      • ZED側は実質Ultナシでどうやって勝つんですかねえ・・・ W落とさせてからって誰でも思いつく事言うならそれ相手が下手なだけやねんで -- 2017-03-14 (火) 09:08:48 <3681237976>
    • topで使うとすごい弱く感じる、、midだと強いんだがなぁ -- 2017-02-23 (木) 09:54:50 <21497298>
    • 数日前にfrontpageでvlad勧められたものなんですが今どうなんでしょう。ryzeからの乗り換え予定です(他候補にはタリヤがいます)。 -- 2017-02-23 (木) 16:10:41 <2055695458>
    • めっちゃ強くはないけど前よりはレーン戦はマシになったな -- 2017-02-26 (日) 09:52:10 <2078175026>
    • ふっつうに強くない?今。buffきてからまた使いだしたけど思ってたよりめっちゃ強くなってる気がする。 -- 2017-02-24 (金) 15:52:56 <3054822631>
    • 処刑剣積まれて終わり -- 2017-02-24 (金) 16:19:07 <2581856585>
    • 強い。 ってか貧弱AAトップ3に入ってたようなこいつが、リメイク、buffを経た今、かなり優秀なAAになってて時の流れを感じる -- 2017-02-24 (金) 17:12:17 <2581840660>
    • 強い。他の貧弱回復クソザコ共に比べても後半なら処刑剣積まれてもかなり死にづらい -- 2017-02-24 (金) 17:29:29 <1946217041>
    • 今、強い(URF) -- 2017-02-25 (土) 23:29:18 <3069916855>
    • 初手エコーの人いる? -- 2017-02-27 (月) 20:22:04 <1905325651>
    • 初手エコーいる? -- 2017-02-27 (月) 20:46:09 <2578503173>
      • 初手いる? -- 2017-02-28 (火) 03:14:17 <2418400438>
    • いますよ -- 2017-02-28 (火) 07:24:25 <3023587000>
    • おるでかいざー -- 2017-02-28 (火) 09:06:36 <2576791194>
    • KR上位だと12/18/0が多いみたいだけど、個人的には右の回復増加とサモスぺCDが魅力的で0/18/12なんだがKR信者になるべきか迷うな。残り火採用型もあるみたいだし -- 2017-02-28 (火) 14:56:57 <3681264021> -- 2017-02-28 (火) 14:58:30 <3681264021>
    • 18/0/12かな。プロの話を持ち出されるとあれだが使ってて1番安定感ある -- 2017-02-28 (火) 22:57:39 <3701327403>
    • 俺は普通に12/18/0が1番使いやすく感じるな。  長く戦うから3%のも相性良いし、minion与ダメ増加はCS重視のvlad的に欲しい。 特に後半重視だと機動力ないし、gank耐性も含めて嵐乗りは外せぬ。 -- 2017-03-01 (水) 04:07:46 <2581840660>
    • あと序盤のCDR5%は本当にありがたいんだよなぁ。 -- 2017-03-01 (水) 04:23:59 <3681264021>
    • こいつウルト使ってからのバーストってどうやって出すんですか・・・ -- 2017-03-01 (水) 02:34:51 <2011213158>
    • E展開→放出の間に実はultとQを打つことができるから E→Ult→Q→E発動が最大火力 -- 2017-03-01 (水) 03:32:29 <2576791194>
      • Eの溜め中にCC受けないようにWで潜って最大ためEを当ててこうな。 -- 2017-03-01 (水) 04:20:06 <3681264021>
      • まじすけしらんかった -- 2017-03-02 (木) 03:26:47 <2080343013>
      • ult発動から回復まで結構タイムラグあるから先にW切るの怖くない? -- 2017-03-03 (金) 22:26:22 <2099149792>
      • Vladが沼切った後のUlt終わるまでの残り2秒耐えられない状態だとたぶんそれはどんな切り方しても負けるんじゃないかな -- 2017-03-03 (金) 22:32:03 <2036903320>
    • 最大かは調べてないけど、よくやるのはゲージmaxなったと同時にE溜め→フラッシュ→R→Q→E解放→W粘着しながらベルト(できればゴーストも吐いてタゲ貰いながらギリギリでRの回復来て生き延びて帰る -- 2017-03-07 (火) 06:05:24 <1012843783>
    • 相手にこいついると集団戦勝てないんだけど、どう立ち回ればいいんでしょうか。ジンよく使ってます。 -- 2017-03-05 (日) 18:48:02 <1013997870>
    • 後半はやっぱり最強クラスのキャラだから序盤とか中盤で終わらせるしかない、後重傷積もう 後CCに弱いよ -- 2017-03-06 (月) 00:52:51 <3023587000>
    • 実はjhinに育たれるとvladは辛い場面は存在する 重傷剣とラピッドファイア持ってpoke気味に動こう -- 2017-03-06 (月) 07:54:57 <2576791194>
    • こいつでE溜めながらフラッシュウルトからのQ できたら強いんだろうけど指が足りねえ -- 2017-03-06 (月) 14:20:25 <1980155919>
    • 俺はこいつ使う時はEはノーマルキャストにしてるな 指が足りねえって思う場面がなくなるからオススメよ -- 2017-03-06 (月) 14:36:55 <2012381997>
      • そんなやりかたがあったか〜、ウルトをXにでも設定しようかとか思ってたけどこれなら簡単でいいな -- 2017-03-06 (月) 17:06:59 <1980155919>
    • マウスのサイドボタンにR設定してるワイ高みの見物 -- 2017-03-06 (月) 17:20:52 <3680514499>
      • サイドボタンの感度高すぎて意味の無い所でULT暴発を頻繁に起こすワイ低みの見物 -- 2017-03-07 (火) 07:16:16 <2577459903>
    • Qが強くなったおかげで安定度がやばい、ナーフが見えてきたレベル -- 2017-03-10 (金) 17:59:49 <2114254535>
    • 個人的にフラッシュやゴーストへの依存度がほかのキャラより高いと思ってるから0/18/12だ。でも右の与ダメも欲しいから悩ましいね。 -- 2017-03-11 (土) 02:48:04 <3054822631>
    • 右のじゃねえ左のだ。 -- 2017-03-11 (土) 02:48:27 <3054822631>
    • 18/0/12にするという選択肢 -- 2017-03-11 (土) 03:06:07 <2121038780>
    • E溜め中にQかRうつと溜めが強制キャンセルされるのね、、Eが溜めMAXになるタイミングでフラッシュインしないとだめなのか。。 -- 2017-03-11 (土) 10:21:36 <2099149792>
    • トップでこいつ来てボコられた -- 2017-03-14 (火) 08:39:45 <1869066291>
    • 集団戦の立ち回りが分かりません。たすけて -- 2017-03-15 (水) 19:51:35 <2576418615>
    • 序盤のキルチャンス逃さないためにイグナイト嵐乗りにしてるんだけどゴースト残り火の方がええんかな -- 2017-03-15 (水) 19:59:31 <2114805186>
    • お互いのチームの構成によるかな こいつはキャリー要素強いから集団戦で強いゴーストのが良い気はするけどイグナイトでレーン強くするのもありっちゃありだし -- 2017-03-15 (水) 21:34:11 <2579113174>
    • MSルーンとCDRルーンはやっぱ必要ですかね -- 2017-03-16 (木) 03:19:13 <838688495>
    • midなら別にいらん 汎用APMRで充分 AD相手も青APでいい -- 2017-03-16 (木) 04:43:43 <2576791194>
    • 青にCDR積むとビルドに幅が出来るから私は積むよ 靴が自由に決めれる -- 2017-03-16 (木) 19:27:53 <979329241>
      • 追記 MSルーンは好みによるから試してみると良い -- 2017-03-16 (木) 19:30:26 <979329241>
    • cdrルーンはほしい、レイトゲームキャリーだから強い時間帯に40%稼げるし -- 2017-03-21 (火) 09:39:48 New <712987885>
    • プロシーンでの採用結構増えてきたね -- 2017-03-18 (土) 10:11:03 <2578051895>
    • また調整されそう -- 2017-03-18 (土) 23:41:32 <3023587000>
      • 今ぐらいがちょうど安定してるような気もするけどね。それよかリサンドラとかアジールとかを -- 2017-03-19 (日) 05:43:20 <2011527197>
      • 調整してあげてくれ -- 2017-03-19 (日) 05:43:47 <2011527197>
      • いや今も見てるけどこれブラッドかベルトかどっちかにはナーフきてバースト落とされそうだわ -- 2017-03-19 (日) 09:12:34 <2578051895>
      • ベルトはもうナーフされまくったからなぁ。流石にブラドとケネンとイブリンくらいしか積まないものをナーフはしないでしょう -- 2017-03-21 (火) 03:51:41 New <2578918736>
    お名前:

    コメント欄は投稿時の注意事項を守ってご利用ください。

    階層があるコメントは「Shift」+「左クリック」で全コメントの表示・非表示を切り替えられ、「右クリック」で対象コメントの表示・非表示を切り替えられます。

    変更履歴

    • vX.XX:
      • XXXXXXXXXX
        • XXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
    • vX.XX:
      • 実装


    スポンサードリンク