Xin Zhao: the Seneschal of Demacia
シン・ジャオ:デマーシアの家令長

xinzhao

攻撃力
■■■■■■■■
防御力
■■■■■■
魔力
■■■
難易度
■■
価格1350 [ip]585 [rp]最終更新v6.12
ステータスLv.1...Lv.18
体力600922164
マナ27435869
物理防御25.93.585.4
魔法防御32.11.2553.4
移動速度345
ステータスLv.1...Lv.18
体力自動回復8.20.720.1
マナ自動回復7.30.4514.9
攻撃力583.3114
攻撃速度0.6252.6%0.901
間合い175
スキル名効果

一念
(Challenge)

Passive: AAまたは兵貴神速(E)で指定した敵ユニットのARを減少(15%, 3s)させる。この効果はスタックせず、また1体の敵ユニットにしか発動しない。

三槍撃
(Three Talon Strike)

Active: 5秒以内の次の3回のAAに追加物理DMが付与され、3回目の攻撃で敵にKnockup(1s)を与える。効果中にAAを行う毎に、このスキル以外のCDが1秒解消される。このスキルは使用時にAAタイマーをリセットする。

追加物理DM(1Hit毎): 15/30/45/60/75 + [AD × 20%]

Cost: 30MN CD: 9/8/7/6/5s

気焔万丈
(Battle Cry)

Passive: AA3回毎にCriticalが発生し、自身のHPを回復する。

CriticalDM率: 125/137.5/150/162.5/175%

回復HP: 30/35/40/45/50 (+0.4AP) + [増加AD × 20%]

Active: ASが増加(5s)する。

増加AS: 40/45/50/55/60%

Cost: 40MN CD: 16/15/14/13/12s

兵貴神速
(Audacious Charge)

Active: 対象の敵ユニットにリープし、その敵ユニットと周囲の敵ユニットに魔法DMとSlow(2s)を与える。

魔法DM: 70/110/150/190/230 (+0.6AP)

Slow: 25/30/35/40/45% 効果範囲: 225

Cost: 60MN CD: 12s Range: 650

三日月槍舞
(Crescent Sweep)

Active: 槍を振り回し周囲の敵ユニットに物理DMとKnockback及びStun(0.75s)を与え、このスキルを命中させた敵Championの数に比例して自身のARとMRを増加(6s)させる。一念(P)効果中の敵ユニットに対してはKnockback及びStunは発動しない。

物理DM: 75/175/275 + [増加AD × 100%] + [対象の現在HP × 15%] ※割合DMはMinionに対しては600DMが上限

増加AR, MR(1体毎): 15/20/25

Cost: 100MN CD:120/110/100s Range: 500

高火力のMeleeDPS
v6.12

目次

最終更新日時: 2016-08-10 (水) 18:33:54

Champion Spotlight

考察

粘着力の高い攻めに特化したMelee DPS
UltがJannaの物と同じく周囲の敵を分散させるため、使い所がとても重要

Pros
高めの基礎AD・基礎ASと、Meleeの中では長い基礎射程
WのPassiveと各種スキルによる高いJungle適正
対象指定のE(突進)→Q(打ち上げ)による信頼度の高いGank
低CDの打ち上げ、AoEスローにノックバックと豊富なCC
序盤の高い1対1性能を活かした積極的なCounter Jungle
ARの高い敵にもPassiveのおかげである程度の火力は出せる

Cons
Manaがかなり低い上に、常時フルコンボになりがちな関係でMana消費が激しい
通常攻撃がメインなのでCCに弱い
防御系スキルがUltのみで、逃げ性能も低い
Ultのタイミングを違えると味方に被害が及ぶ
ミニオン処理が遅い

スキル紹介

XinZhao_TirelessWarrior.pngChallenge
AR低下は1ユニットにしか発動せず、殴っている対象を切り替えた場合は、既に殴っていた対象のAR低下は消滅する。
XinZhao_ThreeTalon.pngThree Talon Strike
発動した瞬間にオートアタックタイマーがリセットされる。
ブラインド状態でも打ち上げ効果だけは発生する模様。(ダメージは無し)
殴る度にこのスキル以外のCDが解消されるので、CD低減を稼ぐとWとEのCDがあっという間に解消される。
XinZhao_BattleCry.pngBattle Cry
このPassiveのおかげでジャングルでの安定性が高い。
レーンの維持能力も上げてくれる。
Warwickのものと違い、塔だろうが何だろうが殴れば回復していく。

ActiveはQのCD解消を生かす為に、Q発動前に使っておこう。
CriticalDMはIE等の補正と加算計算される。例えばランク5でIEを持てば225%。
XinZhao_Charge.pngAudacious Charge
突進速度がとんでもなく茂みから飛び出すと反応できない。
突進後の隙も殆ど無いので、相手がBlink持ちでなければQによる3回攻撃が容易に決まる。
レベルを上げればCDが短くなる為、Qと併用すれば連続して突進できる。
XinZhao_CrescentSweep.pngCrescent Sweep
周囲の敵を吹き飛ばし、半ば強制的に1vs1の状態に持ち込む。
自身のPassiveであるChallenge発動中の敵ユニットはノックバックもスタンもしないので、逃げる際は要注意。

ビルド例

セリフ

Upon Selection
"To the arena!"
 決戦の地へ、いざ参る!

Movement/Attacking
"A Demacian does not retreat."
 デマーシアは退かぬ。
"Always forward."
 常に前へ。
"Here's a tip, and a spear behind it!"
 鋭いのは矛先だけではないぞ!
"Hunt or be hunted!"
 退屈させてくれるなよ!
"It shall be done!"
 任せておけ!
"My king commands."
 我が王のために。
"Only actions truly speak."
 行動で示すのだ。
"Perish with honor."
 名誉の戦死だ。
"Press the assault!"
 突撃する!
"Sound the march!"
 進撃せよ。
"Their lives are forfeit."
 命を粗末にしたな。
"The warrior's spirit is never broken."
 戦士の魂が朽ちることなし。
"To triumph!"
 勝利のために!
"Victory calls."
 勝利を叫べ。
"Fate has made its choice."
 運命は定まった。

Taunt
"I may be outnumbered, but not even the odds can stand against me!"
 多勢に無勢かもしれん。だが運命すら私を止めることはできん!

Joke
"Find me an immovable object, and I'll put this question to rest!"
 我が矛をもって全ての盾を突き通さば、世に矛盾はなし!

有志訳

Upon Selection
"To the arena!"
 いざ闘技の場へ!

Movement/Attacking
"A Demacian does not retreat."
 Demacianは決して退かぬぞ。
"Always forward."
 常に前進だ。
"Here's a tip, and a spear behind it!"
 ここが切っ先、その後が槍だ!
 (忠告を差し上げよう:槍は既におぬしの目前だ!)
"Hunt or be hunted!"
 狩るか狩られるか!
"It shall be done!"
 すぐ終わる!
"My king commands."
 我が主の命だ。
"Only actions truly speak."
 行動のみが真実を語る。
"Perish with honor."
 名誉ある死を。
"Press the assault!"
 突撃だ!
"Sound the march!"
 いざ行進!
"Their lives are forfeit."
 彼奴らの命を没収いたそう。
"The warrior's spirit is never broken."
 戦士の魂は永遠に不滅だ。
"To triumph!"
 勝利のために!
"Victory calls."
 勝利が呼んでおる。
"Fate has made its choice."
 運命が拙者を導いた。

Taunt
"I may be outnumbered, but not even the odds can stand against me!"
 拙者が最後の一人となろうとも、誰も拙者を打ち倒す事は出来ぬ!

Joke
"Find me an immovable object, and I'll put this question to rest!"
 何か動かぬ物を用意してくだされ、そこで休みながら答え(Joke)を探すと致そう!
 #岩の上で座禅でも組むんでしょうか。

小ネタ

ストーリー

デマーシア王ジャーヴァンIIIが、王宮最上階の輝ける大理石のバルコニーから朗々たる演説を行う時、その傍らには常にシン・ジャオが控えている。“デマーシアの家令長”の異名で知られるシン・ジャオは、ライトシールド王家に仕える専属の家令だが、黙々と監視の目を光らせるその謎めいた姿から、その「裏の顔」や出自に関する憶測は後を絶たない。晩餐会の席でまことしやかに語られる「ゾウンの二重スパイ」説や、デマーシア日報の社説で揶揄される「負債を抱えたルーン術師」説などが有名だが、シン・ジャオ自身はその素性について黙して語らず、大衆の好奇心は満たされないままでいる。だが、もちろんそれには理由がある。

リーグが結成される以前、ノクサスは「惨闘会」と呼ばれる見世物が開催されることで知られていた。これは一種の闘技会なのだが、実態は非常に残酷なもので――戦士が試合を勝ち抜いていくほど、対戦相手 (たいがいは戦争捕虜) が増えていくのだ。当然、どんな挑戦者であれ最後には必ず殺されてしまうが、代わりに大きな名誉を与えられるというわけである。この惨闘会において、当時ヴィスチェロと呼ばれていたシン・ジャオは、過去の記録の六倍近い、三百人の兵士と戦うはずだった。最後の戦いになるのは目に見えていたが、この前代未聞の挑戦を伝え聞いたジャーヴァンIIは、密かに闘技場へと潜り込み、シン・ジャオにこう申し出たのである――「デマーシアに仕え、お前に死刑同然の仕打ちを与えた者たちを罰せよ。さすれば自由を与えてやろう」と。王その人が危険を省みず自分に会いに来たことに驚きながらも、シン・ジャオは申し出を快諾した。そして事前の手筈どおりデマーシア軍の攻撃が始まると、ジャーヴァンはその混乱に紛れて、シン・ジャオと彼が戦うはずだった三百人の戦士を解放してみせた。その退却中、シン・ジャオはジャーヴァンを庇って一本の毒矢を受けた。どの勢力にも所属していない、自由の身たるシン・ジャオがとったこの献身的行動が、彼にジャーヴァンの側仕えという地位を与え、それは王が亡くなるその日まで続いたのであった。そして今、息子のジャーヴァンIIIに仕えるシン・ジャオは、自分を救ってくれた国のために、そして生きる目的を与えてくれた男の遺産を守るため、新たな闘技場――フィールド・オブ・ジャスティスへ足を踏み入れようとしているのである。

「死は避けられない。できるのは敗北を避けることのみである」
????? -? デマーシア軍事操典

''Death is inevitable, one can only avoid defeat.''

Whenever Jarvan III, the king of Demacia, delivers one of his rallying speeches from the glinting marble balcony atop the Royal Palace, Xin Zhao is at his side. Coined the Seneschal of Demacia, Xin Zhao is the personal steward of the Lightshield Dynasty. His enigmatic, silent vigil has led to an abundance of conjecture concerning his ''secret life'' and origins. Whether it's ''Zaun double-agent'' tendered at the dinner table or ''indebted rune mage'' mused in the editorials of the ''Demacian Constant,'' Xin Zhao betrays no hints to sate the curiosity of the masses... for good reason.

Years ago, Noxus was renowned for a spectacle called The Fleshing. It was a gladiatorial event with a cruel twist: as a fighter won matches, his number of opponents (generally prisoners of war) fought simultaneously would increase. This meant eventual death for every contender, but with unparalleled glory. Xin Zhao, known then as Viscero, was slated to face 300 soldiers, nearly six times the previous record. This was clearly meant to be his final match.

Jarvan II, hearing of this unprecedented feat, infiltrated the arena to offer him an alternative: serve Demacia and punish those who ultimately sentence him to death in exchange for his freedom. Xin Zhao accepted, astonished that a king would risk his own life on his behalf. Under the cover of a prearranged Demacian assault on Noxus, Jarvan liberated Xin Zhao and his 300 opponents. During their retreat, Xin Zhao took a poisoned dart meant for Jarvan. This act of loyalty, from a man who vowed no allegiance, earned Xin Zhao a spot at his side until the day the king died.

Now in the service of his son, Jarvan III, Xin Zhao continues to fight for his adopted country and honor the legacy of the man who gave purpose to his life.

Leagueによる審判

展開する

Candidate: Xin Zhao
Date: 13 July, 20 CLE

志望者:Xin Zhao
日付:CL暦20年 7月13日

OBSERVATION
観察

Xin Zhao's presence, although patently reserved, seems to resound throughout the Great Hall as he enters. An expression of stoic determination drapes across his face, as oft-worn as his polished Demacian plates. His signature topknot billows behind him, white streaks glinting with every flicker of the lamps. In one hand, he carries a bladed battering ram passed off as a spear. He feigns difficulty bearing its weight, a ploy to mislead those with sharp eyes but brash wits.
Xin Zhaoが纏う雰囲気は、明らかに謙虚さを感じさせるものの、彼が入ってきた大広間(the Great Hall)全体に響き渡っているかのようである。
彼の表情には揺るぎない決意が表れており、それは彼の磨かれたDemaciaの徽章からも見てとれる。
特徴的なまげが松明の明滅とともに白い筋を閃かせながら、彼の後ろでうねるように動く。
片手には、彼が槍として使っている刃付きの破城槌を持っている。
彼はその重さを支えるのに苦労している風を装っているが、これは鋭敏な眼を持ちながら軽率な思考を持つ者を欺くための策略である。

His gaze never drifts from the ornate doors of the Reflecting Chamber, but he has analyzed every nuance of the Hall, from the spiked epaulets adorning the Statue of Thurmit to the slinking stress fracture snaking through the northern wall. He stalks to the doors with a stride that would be unhampered waist-deep in tar, and pauses to examine the inscription etched above.
彼の視線が回想の間(the Reflecting Chamber)の豪華な造りの門から逸れることは無いが、Thurmit像(the Statue of Thurmit)を飾る棘付きの肩章から、北側の壁に走るほんの少しのヒビ割れに至るまで、彼は広間の隅々にわたって注意を続けている。
彼はたとえ腰までタール油に浸かっていたとしても妨げられないほどの堂々とした足取りで扉まで歩き、上方に刻まれた銘を確かめるために立ち止まった。

The truest opponent lies within.
真の敵は内にあり。

With a touch, the looming marble doors part obligingly. Beyond them, a pervasive blackness spills forth, sprawling at his feet as the doors widen. This murk - the harnessed essence of darkness - absorbs light, cascading negative shadows around the rim of the entryway. Unimpressed by the conjuration, Xin Zhao steps into the blanketing ink.
彼が触れると、親切なことにそのそびえ立つ大理石の扉は開き始めた。扉の向こう側には、ただ暗闇が広がっている。
扉が開くにつれて、彼は歩を進める。
この暗闇は光を吸収し、扉の縁では不気味な影が流れるように動いている − 抑えられた闇そのものとでも謂えようか。
まやかしに動ずることなく、Xin Zhaoは一面に広がる暗闇へ足を踏み入れる。

REFLECTION
反応

The absence of light didn’t bother Xin Zhao much; he’d been blinded in fights before. He touched his forehead, fingers tracing a scar left by the edge of a Demacian shield, remembering the sensation of blood pooling in his eyes. The wound was a parting souvenir from a man the Noxian papers had called the Bone Grinder.
光が無くとも、Xin Zhaoにとっては大した問題では無かった。彼は以前にも戦闘時に目が見えなくなったことがあったのだ。
彼は自身の額に触れ、Demacia式盾の先端によって残された傷跡を指でなぞった。彼は眼に血が溜まっていく感覚を思い出していた。
その傷はNoxusの報道機関が骨粉砕機(the Bone Grinder)と呼んだ男からの餞別であった。

Funny name, really. They should have called him the Squeaker.
可笑しい名前だ、全く。奴らはあやつを鼠鳴き(the Squeaker)とでも呼べば良かったのだ。

A gap in the Squeaker’s teeth caused him to whistle whenever he exhaled, an effect which became quite ridiculous when he panted. Xin Zhao had dispatched the Squeaker handily back then, although cockiness blinded him to the obvious shield strike. He could still hear the Squeaker’s fateful battle cry - tinged with that absurd whistle - amidst the roar of thousands of bloodthirsty onlookers, attendants of The Fleshing. The familiar acrid stench of the arena still stung his nose, the perfume of bile dripping from slain opponents who lay scattered in all directions. He could still see the Squeaker’s eyes, lit with rage through slits in his tarnished helm, as he feinted with his chipped broadsword, shield poised to strike.
Wait, he could see him.
鼠鳴きの隙歯は彼が呼吸するといつも笛のような音を鳴らし、彼が息切れしたときには特にうっとおしいものであった。
当時、Xin Zhaoは鼠鳴きを易々と処刑したのだが、彼は慢心によって容易に見破れるはずの盾による打撃を見逃した。
彼は未だに鼠鳴きが死を予感させる勝鬨をあげるのを聞き取ることができた − あの滑稽な笛の音とともに。
それは血に飢えた数千人に及ぶ見物人、the Fleshingの観客による怒号の真っ只中のことであった。
闘技場に漂う嗅ぎ慣れた悪臭が彼の鼻をついた。そこら中に散乱する斃した敵から滴る胆汁の香りだ。
鼠鳴きの眼光が彼の眼に浮かんだ。刃こぼれの目立つ幅広の剣で仕掛けると見せかけ、盾で殴る用意ができたとき、薄汚れた兜の切れ目から覗く両眼は怒りで煌々としていた。
否、彼は見えたのだ。

It was a disorienting sensation, watching an image of the mind’s eye manifesting in reality. Xin Zhao had barely enough time to duck, the tower shield raking the length of his mane. Instinctively, he dove away, falling unceremoniously on his haunches but narrowly evading a spinning slash as the Squeaker whirled about. His right hand tightened, seeking the reassurance of his spear, but his fingers grasped only palm. How had he been disarmed? The crowd above was chanting for carnage. Xin Zhao glanced up, noticing faces he’d seen before in another life. Capitalizing on his opponent's confusion, the Squeaker lunged, a fatal sword thrust obscured behind his battered shield. Sitting in the sand, Xin Zhao was caught unprepared, too late to dodge, too late to think.
理解し難い感覚だった。頭に思い描いていた情景が現実に姿を現したのだ。
Xin Zhaoには躱す時間がほとんど残されておらず、大盾は彼の長髪の端から端までを掠めた。
咄嗟に彼は飛び退いた。尻もちをついたが、鼠鳴きの放った回転斬りをかろうじて躱した。
彼の右手が緊張し、槍の安定を図ろうとしたが、彼の手は空を掴んだ。どういうわけか彼は武装を解除されてしまっていた。
上方にいる観客は大虐殺のために歓声をあげ続けていた。
Xin Zhaoが上を一瞥すると、かつての人生の中で見知った面々がいるのが判った。
敵の混乱につけ込み、鼠鳴きは突進した。彼はボロボロの盾で隠しながら致死的な剣による刺突を繰り出した。
砂地に座り込んでいたXin Zhaoは不意を衝かれ、避ける暇も無ければ、考える暇も無かった。

The Squeaker’s blade slid into the flesh between Xin Zhao’s eyes, its tip pressing against his skull. Gazing dully forward, his eyes focused on the base of the enemy blade, where he found his left hand clenched, a crimson trickle dripping down his wrist. He almost chuckled. While his mind reeled, desperately trying to cope with the recent series of events, his body, ever-vigilant, never failed him.
鼠鳴きの剣がXin Zhaoの眉間に刺さり、切先が頭蓋骨を突いた。
彼はぼんやりと前を見つめ、剣身の根元に焦点を当てた。その位置を彼は左手で握っていることに気が付いた。朱色の滴りが彼の手首へ流れ落ちていた。
彼は思わずほくそ笑みそうになった。
彼は眩暈がしていたが、必死になってこの瞬間の状況への対処を試みた。常に油断の無い彼の身体が動きを鈍らせることは決して無かった。

In a single motion, Xin Zhao was on his feet, his right hand snapping the blade with a decisive strike. He detected a squeak of surprise as he moved. His left hand - still gripping the severed blade - shot forward, finding its mark in the eye of the Squeaker’s helm. A thick, wet sound echoed in return, followed by a deafening cheer from the crowd.
Xin Zhaoは無駄の無い動作で立ち上がると、右手による迷いの無い一撃で剣身を折った。
彼は動く最中、驚きの笛の音を捉えた。
彼の左手は未だに折れた剣身を握っていた − 鼠鳴きの兜から覗く眼へ狙いを定め、腕を前に突き出した。
鈍く湿った音が響き返り、続けて観客から耳が聞こえなくなるほどの歓声があがった。

To Xin Zhao's horror, the Squeaker did not topple over as expected; instead, he sat down calmly. Xin Zhao recoiled into a defensive stance, but the Squeaker only yanked the shard from his eye and shucked the helm. Xin Zhao fell to his knees, at once recognizing the blood-drenched face of his mentor, King Jarvan II of Demacia. Jarvan smiled, pleased with Xin Zhao’s distress.
Xin Zhaoは恐怖を感じた。予想に反して鼠鳴きは倒れなかった。それどころか、彼は落ち着いた様子で座り込んだのだ。
Xin Zhaoは防御態勢をとって後ずさったが、鼠鳴きはただ眼から剣の破片を引き抜いて、兜をとった。
その血塗れの顔を見るやいなや、Xin Zhaoは膝を折った。彼はその顔に見覚えがあった。彼の指導者、Demacia王 Jarvan II世(King Jarvan II of Demacia)の顔だった。
Xin Zhaoが悲嘆に暮れているのに満足した様子で、Jarvanは微笑んでいた。

“Why do you want to join the League, Xin Zhao?” The whistle was gone.
「なぜLeagueへ入ろうと思うのだ、Xin Zhao?」笛の音は聞こえなかった。

Xin Zhao’s voice cracked, “What trickery is this?”
Xin Zhaoの声がうわずった。「何の冗談だ、これは。」

“Answer the question.”
「質問に答えよ。」

“I represent Demacia…and her...true king.” Some part of Xin Zhao was aware that this was a cruel mirage, but the weight in his heart prevailed over reason.
「Demaciaの代表として...そして我らが...真の王のために。」
Xin Zhaoは頭ではこれが残酷な幻であると理解していたが、心の重圧が理性に打ち克ってしまっていた。

“To defeat your archenemy, Noxus?”
「大敵、Noxusを打ち負かすためか?」

“To serve the best interests of Demacia.”
「Demaciaに最高の利益をもたらすために。」

A pause. “How does it feel, exposing your mind?” The mutilated eye twitched, apparently attempting to study Xin Zhao’s response.
一瞬、沈黙が訪れた。「お前の心をさらけ出して、どう思った?」
切り裂かれた眼が不意に動いた。Xin Zhaoの返答を解釈しようと試みているようにも見える。

Horrible beyond comparison. “Not what I expected.”
喩えようも無いほど酷い気分だ。「予想していたものとは違いました。」

“Horrible beyond comparison? Really?” Jarvan gestured at the carcasses all around them. “And you have so much in your life to which you could compare.”
「喩えようも無いほど酷い、だと?それは真実か?」Jarvanは彼らの周りに散らかった死体を身振りで示した。
「お前は今まで同じような経験を幾度も味わったことがあるだろう。」

“I’ve had enough of this. Have I passed your test?” Xin Zhao was tired of the game, tired of being vulnerable.
「もううんざりだ。私は試験に合格したのか?」Xin Zhaoはその試合に疲れていた。傷つくことに疲れていたのだ。

“We've finished with you Xin Zhao, but you'll soon find that the true test has not yet begun.”
「我々の尋問は終わりだ、Xin Zhaoよ。しかし今に分かる。本当の試験はまだ始まっていない。」

The arena and the grinning, one-eyed face of Jarvan dissolved in a puff of black smoke. Xin Zhao found himself standing in a claustrophobic antechamber, facing a long corridor which he knew led to the League. Behind him, the ornate marble doors swung open softly, offering retreat.
闘技場、そして歯を剥きだして笑みを浮かべた隻眼のJarvanは一塊の黒い煙となって融けだした。
Xin Zhaoは彼の知るLeagueへ続く長い回廊に面した、閉鎖された前室にいることに気付いた。
彼の後ろでは、あの豪華な大理石の門がゆっくりと開き、後退を促していた。

He wanted to crumple. He wanted to turn and leave, never to set eyes on this place again. Instead, he heard the voice of Jarvan in his head. This time he knew it wasn't an illusion.
彼は自棄を起こしたくてたまらなかった。彼は振り返って出て行きたい衝動に駆られたが、そこへ視線が移ることは二度と無かった。
すると、彼の頭にJarvanの声が響いた。この時、彼はそれが幻でないことが分かった。

“This world is in need of men with the courage to bear weight which otherwise would crush us all. You’re a Demacian at heart, Xin Zhao. Have confidence in your strength, and your knees will never buckle.”
「この世界には我々の脅威に立ち向かう勇気を備える者が必要だ。
お前は生粋のDemacianなのだ、Xin Zhao。己の力を信じよ、然すればお前の膝は決して折れぬのだ。」

Xin Zhao rose to his fullest height and marched into the League of Legends.
Xin Zhaoは限界まで背筋を伸ばし、League of Legendsへ向けて進撃した。

コメント

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照 <<過去ログはこちら>>

  • 勇気にしていつものbuildにハイドラ入れるのいいわ -- 2016-12-06 (火) 19:05:03 <2577221971>
  • 割りと雪玉できたのもあるけど巨人もってハイドラ→スマイト進化だけ→TF→こっからはHP積みながらタンクにしたらカッチカチやった。敵5人につっこんでULTするとまじカッチカチ -- 2016-12-14 (水) 18:48:31 <1913772963>
    • 巨人シンジャオはもう賞味期限切れのようですよ -- 2016-12-15 (木) 11:49:09 <1015711560>
  • 使ってて全然楽しいけど、面白いとは全く感じない。間合いに入ったらブリンクしてあとはただただ殴るだけ、ダメージ交換とか存在せずただただ殴るだけ。それだけしてれば勝てるし、それ以外の方法(メカニクス)がない。脳死チャンプの極まれりという化石チャンピオン。そう楽しいし強いけど。Kiai! Bang! -- 2016-12-12 (月) 21:43:17 <2123891039>
  • ただ殴ってれば勝てるって幸せ -- 2016-12-16 (金) 23:09:35 <2094264024>
  • 唐突に質問してすまんがe打った後ってr出すまでにタイムラグあるのって仕様ですかね?ラグってるだけなのか?みんなはタイムラグ感じない? -- 2016-12-15 (木) 12:58:59 <2003319667>
  • Eは突進後にやりを回すモーションある Rは発動前に槍回すモーションある リベンみたいにモーションキャンセルしたら早くなるのかな -- 2016-12-15 (木) 14:32:25 <1015711560>
  • こいつでオラついたリーシンの相手するの好き -- 2016-12-20 (火) 14:36:33 <3069819594>
  • なんでだろう、ステータスも良い部類でARMR増加に一応の自己回復まで持ってるのに凄い柔らかく感じるのは -- 2016-12-28 (水) 23:37:45 <2097193225>
  • 打ち上げなかったり回復していなかったらただの脳死チャンプだから -- 2017-01-10 (火) 18:35:47 <604793931>
  • まあ突っ込む以上は相手複数いる場合集中砲火受けるからな。ガチタンに比べると防具もやや遅めだし -- 2017-01-13 (金) 02:46:54 <2055522494>
  • 初心者でもキーを叩いてるだけで勝てるのがウリだったのにやたらと向かい風で泣ける。赤バフの仕様変更が痛すぎるわ -- 2017-01-09 (月) 23:19:43 <3029351127>
  • あれってDOTダメの1判定分消えただけじゃないっけ。そんな痛い? -- 2017-01-13 (金) 01:41:46 <1913772963>
  • 育ったこいつほんと嫌い。我が物顔でこっちのジャングル入ってきやがる。頭良い奴は出会ったらワードだけ挿してさっさと帰るから囲めねえし。マジで腹立つ -- 2017-01-12 (木) 03:02:19 <2580703050>
  • 頭がいいっていうかチキンなだけじゃね -- 2017-01-28 (土) 01:14:01 <995457682>
  • なんでこいつはブロンズ帯で人気なのか 10ゲーム中5〜6ゲームは見かけるぞ -- 2017-01-15 (日) 11:09:56 <2115030661>
  • 始めたての頃ランクでブロンズに落ちたけどこいつ使ってシルバーまで戻ったわ懐かしい -- 2017-01-18 (水) 12:43:55 <1966417658>
  • レイトキャリーと化したシンくん。40分越えで勝率55%くらい -- 2017-01-24 (火) 02:01:52 <2110414014>
  • こいつめっちゃたのしいし勝てる、突っ込んでKIAI!でも相手の火力を見誤ったり無理なダイブで死んでしまう……。 -- 2017-01-25 (水) 11:03:12 <3538435393>
  • カジックスあたりのが突っ込んだ時の火力出るのが可哀想 カウンターで入ってこられると引く術がないから目も当てられない -- 2017-02-05 (日) 17:44:10 <2578644941>
  • カジックスはアサシンだから比べる対象が違うと思うんだけど -- 2017-02-12 (日) 16:23:50 <3069895683>
    • xinもroleならassassinタグついてるぞ -- 2017-02-14 (火) 19:08:49 <1986632941>
  • Rの性能やばい ピールに良し分断に良しダメージも良し 使い手のセンスがでるスキル -- 2017-02-12 (日) 14:07:50 <1888202211>
  • QもWも状況次第で取っておくとかほぼ無くてハーッ!わーっ!!だから1スキルにまとめて調整とかでも良いんじゃないかな。方向指定ダッシュ突きとかでも追加してくれ -- 2017-02-18 (土) 00:09:30 <1009580860>
  • WWの変更で初心者へお勧めできる最後の森となりつつあるから無理にリメイクはしないどいてほしいな -- 2017-03-03 (金) 19:40:52 <3023431494>
  • なんやかんやでSkin強者なだけ愛されてるな(ドラスレへの嫉妬) -- 2017-02-27 (月) 06:44:35 <2011656030>
  • ガリだこれ -- 2017-03-02 (木) 19:18:21 <2037710971>
  • エージェントほんとすこ -- 2017-03-03 (金) 18:58:06 <2055344089>
  • うおおおおおおおおおおおかっけええええええええええええええええええ -- 2017-03-10 (金) 12:21:21 <1913772963>
  • こいつのTop強く感じるけどopggだとjungle100%・・・。なんか上位互換がいるのかな? -- 2017-03-10 (金) 15:01:54 <3536114481>
  • イレリア -- 2017-03-10 (金) 15:59:32 <1869527111>
    • XinのLv1からのQの火力と、Lv2のEの追撃性能が強いと思ってるけど、イレリアに低レベルからバースト出せる?イレリアあんまりやったことないから試してみる -- 2017-03-10 (金) 16:10:36 <3536114481>
  • "逃げ性能無い"けど、AAQハラス強いしとキル性能高くて強いよな。 ただ最近AArange長いの多いからなぁ。 上位互換という上位互換はいないと思うけど安定性が足りてない -- 2017-03-10 (金) 17:05:21 <2581840660>
  • 一年以上前だと思うけど、一時流行りかけてたからポテンシャルはあると思う。逃げ性能ないけど -- 2017-03-13 (月) 05:51:08 <3069916171>
  • 龍殺しのアメジストクロマで完全にカインやんちょっと練習するわw -- 2017-03-13 (月) 05:43:34 <1986857337>
  • こいつって相手のジャングルにどんどん入っていっていいの?逆に返り討ちにあうジャングラーいたら教えてほしい -- 2017-03-15 (水) 16:00:49 <1788486809>
  • やればわかるけど逃げ性能低いのと1vs1で勝つみたいなこと書いてあるけどそれは相手xin対策知らないだけで知ってる奴はxinに簡単に勝つ -- 2017-03-16 (木) 01:23:29 <1877947154>
  • でも積極的に動かないとダメ -- 2017-03-16 (木) 01:24:35 <1877947154>
  • 殴り合ったら勝てる相手が多いってだけなんで、適当に距離を取られてレーンが寄ってきたら逃げスキル無くてgg -- 2017-03-23 (木) 05:51:08 New <3029351783>
  • クリティカルビルドの xinが楽しすぎて頭おかしくなる  -- 2017-03-21 (火) 00:42:43 New <1906252200>
  • 序盤のgank失敗したらひたすら腐るのみだけど -- 2017-03-21 (火) 00:46:52 New <1906252200>
  • こいつジャングリング楽過ぎてビビるわ。そこまで早くはないけどめっちゃヘルス残る。1vs1も強いしgank性能も悪くないし、ult以外は操作楽だからいいね。ただ腐った時の何もできない感じは本当に悲しくなる -- 2017-03-21 (火) 04:42:51 New <1995334753>
お名前:

コメント欄は投稿時の注意事項を守ってご利用ください。

階層があるコメントは「Shift」+「左クリック」で全コメントの表示・非表示を切り替えられ、「右クリック」で対象コメントの表示・非表示を切り替えられます。

変更履歴

  • vX.XX:
    • XXXXXXXXXX
      • XXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
  • vX.XX:
    • 実装


スポンサードリンク